技術

今更ですが、Qセルズ破綻考察

 太陽電池メーカー 「Qセルズ」が破綻して、法的整理に入っている。1999年4人で創業。2008年は生産量世界第一に輝いたが、2010年はかろうじて黒字を確保。昨年2011年は赤字。そして2012年はニッチモサッチモ行かず、破綻。

 2011年のドイツ国内の太陽電池投資額はこれまでで最大規模であったにも関わらず、中国品に圧倒的に押されて、2011年の売上は2010年比の25%減。急遽コストダウンの為にマレーシアに生産工場を移すも間に合わず、、、、、。

 これは技術的に多少優れていても、価格競争の前には小さな防波堤でしかないと言うこと。大量に生産するれば、同じ技術の土俵(この場合は多結晶シリコンの太陽電池)では大量に作ることで技術力は磨かれ、その技術はすぐにコモディ化する。

 それを防ぐには、最初からコストダウンの計画を織り込んで、人件費の安価な、税金の安価な国や地域での生産を視野に入れておかなくてはならない。現在、自動車部品メーカーがこの波に翻弄されている。

 物づくり、特に大量生産の物づくりは、安価につくる方法を設計段階から織り込んでおく。その為に多少、性能が不足しても、価格でシェアを伸ばす以外に手は無い。競争相手がそうやって来るのだから、違う戦略=大量生産をしない選択か、もしくは相手の量産価格よりもより安価につくる方法を確立すべき。

 これからのものづくりは、こういた事が非常に大切である。

 本当はQセルを例に出すまでも無く、日本のメーカーは煮え湯を飲まされてきた歴史があるのであるが、、、、。

 余談だが、電磁鋼板で新日鉄が韓国ポスコを相手取り訴訟を起こしている。新日鉄で開発した技術が中国宝山鉄鋼に流れた事件での損害賠償と生産停止の訴訟である。この成り行きにも注目したい。Qセルズと新日鉄情報漏えいは、ある意味同じ話ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイバーシティー=多様性

 ダイバーシティー を訳すと「多様性」だとか。

 多様性こそが過酷な生存競争を打ち勝つ手段かもしれない。

 Jさんに師事させて頂いている「無農薬&無肥料農業」はまさにダイバーシティー。と、言うのも、どんな野菜、作物でも、潤沢な肥料を与えると、均一な出来栄えになるとか。しかし、その潤沢な肥料で育った作物は、美味しさがイマイチであることもあるが、台風などの被害に会い易い。

 Jさんの作るお米は台風が来ようが、結構な日照りが続こうが、チャンとお米も野菜もできるそうだ。ただし、潤沢に肥料を与えた場合に比べて8割程度が限界なようだが。そして、潤沢に肥料を与えなかったタメに、育ちにバラつきが生まれる。良く育つ固体種、小さな固体種など。そう、まさにダイバーシティー。

 人間の組織もダイバーシティーの方が実際強い。エリートだけ、同質な人間だけで固めた集団は、ある時点ではイイのかもしれないが、、、、、台風などの過負荷が掛かると、ポッキット折れたりする。多様性こそが人類の存続、種の存続条件かも。

 そのダイバーシティーに逆行しているのが、遺伝子組換え作物。そして、工業的発想の均質化、標準化。逸脱した考え、逸脱した行為こそが、次へのステップになり得る。サボる人もいれば、勤勉な人もいる。でも、その多様性こそが人類が生きてきた道である。

 ダイバーシティー=多様性に関しては、もう少し考えて見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LED記事を見て

 LEDの価格について下記の記事があったので、参考までに添付します。

ご存知の通り、LEDは照明の世界では「省エネの切札」と言われています。LEDと張り合っていたのが有機ELですが、圧倒的に価格が下がっていくLEDになかなか追いつけないのが現状です。

 LEDの主流はサファイア基板をベースにその上にGaN(窒化ガリュウム)を成長させて、そのGaNを半導体化することで、青色(Blue)光を発します。その青色を赤(Red)と緑色(Green)の蛍光体を通すことで、白色化します。

 Red、Greenの蛍光体は窒化物系でセラミックス粉末です。

 LEDを造る為に、大きく成長する産業分野があります。

 サファイア 高純度アルミナが原料で、その原料を使って単結晶を引揚げます。この高純度アルミナと単結晶製造分野は毎年30%以上の成長を見込んでいます。

 サファイアに膜を付ける装置MO-CVD(Metal Organic-Chemical Vapor Deposition)が伸びる。造っても造っても足らない状態。

 先に出した蛍光体(RとG)も成長分野です。

 その他、LED周辺の部品も大変な勢いで伸びています。例えば、放熱用の部材だとか、リフレクターだとか、、、。

 詳しく書くと、本になりそうなぐらいの成長分野です。

 2010年LED照明用マーケット 5億ドルと言われています。2020年には135億ドルになると言われています。おおよそ年率1.4倍の成長となり、ある種とほうもない成長と言えます。

照明のLED化が今、世界的に進んでいます。

LED照明器具に搭載される白色LEDの寿命は、4万時間以上と蛍光灯の約4倍もあるので

交換頻度が少なく、かつ消費電力が蛍光灯に比べて10~40%少ないといった利点が

あるからに他なりません。

特に日本では、2010年4月に施行された改正省エネ法への対応策として、

LED照明の導入企業が増え、そして東日本大震災後、その勢いは増しています。

こうしたLED化の動きを後押しするのが、白色LEDの低価格化です。

白色LEDは、白熱電球や蛍光灯といった既存光源に比べて、高価とされてきました。

光束1lm当たりの単価(明るさ単価)は、2005年時点では10円/lm程度。

それが、2011年に入ってからは、業界平均で約0.7円/lmにまで下がりました。

この単価下落は、今後もしばらく続くとみられており、このままのペースで進めば、

2015年には0.2円/lmを切り、ついに白熱電球と同等といえる水準になるでしょう。

忘れてはならないのが、白色LEDの発光効率向上も今後数年は続くということです。

カタログ値が200lm/Wにも達する白色LEDは、2012~2013年に登場するとみられ、

実使用条件で200lm/Wに達するものも、5年以内に製品化されると予想されます。

安価かつ高効率な白色LEDが手に入ることで、

照明関連事業に参入する土壌が整い、市場はさらに拡大するチャンスが生まれます。

機器メーカーのみならず、ゼネコンやIT企業などが新規ビジネスとして取り組み、

人感センサや照度センサといったセンサ類とIT技術を連携させた明るさ制御などの

技術が注目を集めることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の先端産業動向 Ⅳ

 久しぶりに先端産業動向の話。

 LEDが注目されている。これは、白熱球に比較して十分の一、蛍光灯に比較しても三分の一のエネルギー消費量で、かつ長寿命。蛍光灯の3倍程度の寿命とか?LEDは固体発光なので、劣化が非常にし難い。しかし、周辺部材は普通の電機部材を使っているので、そちらの寿命の方が問題かも?10年使って、火災を起こすなどと言ったリスクが無いワケでもなさそう。長寿命と言うのは、それなりにリスクのある話。

 LEDを一般照明でなく、投光器や水銀ランプの代替、車のヘッドランプの代替など高出力の物への要求が高い。問題になるのは、熱。電気から光への変換効率が高いとは言え、高出力にすると熱の問題が大きくなる。LEDの発光チップは1mm角以下の小さな物であり、その小さなチップにかなりの電力を注ぎ込むワケで、小さいだけに熱集中の問題が大きくなる。

 その熱を逃がすのに、熱伝導率のいい物質を使うと言うのはこれまで、普通に行われてきた。サブマウント(LEDの小さなチップを乗せる板)に熱伝導率が良くって、絶縁の窒化アルミが使われたりしているが、その下に普通の銅板では問題がある。高熱伝導のMMCやカーボンなども当然検討されるのだが、ここに来てヒートパイプと言う私にとって伏兵であった技術が来そうである。

 ヒートパイプは古い技術で、お風呂の追い炊き湯沸器などに使用されたり、車両の放熱などの一部に使用されたり、、、、、。結構使われる所が多いのだが、小さくして、その上で、ヒートパイプ性能を行うとは、、、、、。人間、色々考えて進歩する者ですね。

 ヒートパイプの信頼性が高く、汎用化してくれば、、、、、LEDだけでなく、LSIの放熱、EV車のモーター放熱など色々用途は増えそうである。これは、チョット注目すべき技術だと、思った次第です。

 そう、投資家ならこういったメーカーに投資を考える?私は取り合えずは、その技術の拡大用途に突っ込んでみたい気がしますが。

 今後、こういった現象があちらこちらに起こるだろうと思われます。まさに激動。技術もマーケットも。そういった意味では、ある種の連鎖反応を起こすのが人類なのかもしれません。

 発電方法の変換、電力貯蓄概念の変換、省エネといったレベに無い各種要素技術の変換、省エネ価値の変換、浪費、消費哲学からの転換、成長の限界と言うの概念への転換。

 そんな変換、転換の時代の起点が3.11であったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパコン世界一

 スパコンスピードで日本の富士通+理化学研究所のスパコンが世界一になったとか。このスパコン技術は大変な進歩を遂げている。

 私が学生(27年前)だった時に、シュミレーション(応力解析、有限要素法や境界要素法)に使っていたが、私が流したプログラムなど、ほんの数秒で終わってしまうのだろう。

 容量が桁違い、これは分割要素が非常に細かく出来ると言うこと、そして、その要素要素を一つづつ関連付けて計算させる事が素早く出来る。確かにプログラムの出来不出来でスピードは違うのだが、そこは腕力で計算できるようになった。

 自動車の衝突(衝撃)シュミレーションも容易(1日ぐらい)で可能だとか。

 すごいな~。

 しかし、このニュースで富士通の株は上がらないな、、、、、、。日本で唯一のスパコンメーカーになって、世界一をゲットしたと言うのに。まあ、収益に対する貢献は疑問であることには違いないのだが、、、、、、。

 それでも、世界一のスパコンが日本にあることを誇りに思うし、科学の進歩に貢献することは間違いないと思うのである。

 そうだな、25年ぐらい前に、富士通のスパコン向けの基板に穴を孔ける工程につかう素材をやっていたな~。何か懐かしいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の先端産業動向 Ⅲ

 今年の夏至は6月22日。キャンドルライフを提案している。電気を消してスローな夜を。
興味のある人は、こちらから 
http://www.candle-night.org/jp/
 ちなみに、その日の20時から東京タワーのライトも消えるそうです(そのイベントは24日週末)。増上寺に集まって、消灯のカウントダウンをするそうです。

 福島第1原発事故で日本のエネルギー政策は見直されることとなった。新たな原発は多分20年は建設できない。これまでの「消費は美徳」と言う生き方は見直される起点にもなる。そこで、新しい考え方=哲学が必要となる。そう、江戸幕府が無くなり、明治維新の時に「開国」と言う衝撃が走り、生活が一変したように(100年の太平の眠りから、富国強兵)、そんな変化が訪れそうな予感。(例えば、経済成長よりBe Happy!スローライフ?)

 さて、先端産業動向をここでは述べるわけだが、、、、、。再生可能エネルギーの最先端技術について。

 再生可能エネルギーの一番は水力発電、そして風力発電。風力発電の技術について。
 風力発電と言えば、三枚羽の風車型が主流である。大型にすればするほど、投資効率(発電量/投資金額が大きくなる)がよくなるとかで、一枚の羽の長さが50mにもなるそうだ。そうなると、風力発電の高さは100mを超えるそうで、とんでもない大きな建築物である。ちなみに32階建てのオフィスビルの高さは150m程度。とんでもなく大きい。

 そんな大きな風力発電であるが、高所でのメンテナンス作業は困難で、一度建設してしまうと、容易に大掛かりなメンテナンスはできない。とくに発電機部分はフリーメンテナンスにしておきたいところである。そこで、ベアリングに窒化珪素あるいはサイアロンと言われるベアリングが使用されるようになってきた。耐久性が高く、対候性に優れるというのが理由。

 そして、発電された電力は周波数変換機を通って送電される。その時にIGBTと言われる素子を使うのであるが、その素子は現在はほとんどSi=シリコンであるが、SiC=炭化ケイ素単結晶を使用した素子が次第に普及しだしている。変換損失が少なくて済む。また、電力変換にはどうしても熱が発生する。その熱を逃がす課題あり、そこにはAlN=窒化アルミ基板やMMC(Metal Matrix Compsites)などの最先端素材が使われる。

 単なる風車と見えるが、各所に先端技術が生かされている。そして、その先端技術こそが日本の生きる糧。

 他に再生可能エネルギーとして、現時点ではあまり注目されていないが、マイクロ水力発電がある。落差5mの水の流れがあれば安定した電力が得られる。日本の環境から考えて、このマイクロ発電がかなり伸びることとなろう。これにも風力発電と同じく、電力の周波数変換が必要であり、さらに二次電池も模索される。
 発電と充電、今後は一体での開発が課題かも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災の影響2 色々な事が起こっている

2011年4月1日 

 現在の日本は、とても「エイプリールフール」といった感じではない。まして、新年度の始まりと言った華やかな雰囲気でもない。自粛、自粛といった雰囲気で、なかなか暗いのだが、そうは言っても、人は生活している分けだし、世界は動いている。

 そんな中、震災による影響がだんだん見え始めているが、まだ見えない事が多い。増して、行方不明者が1万人以上いて、なおかつ福島第1原発事故による放射能汚染は広がるばかり。客観的に見ても、とても収束に向かっているとは言えない。まだまだ、色々な事が広がりそうである。
 和歌山から東の太平洋側の養殖地はかなりの被害を受けて、真鯛やカンパチの養殖被害が大きいようである。そして、養殖に使うエサ代が高騰しているらしい。日本の食卓は、肉だけでなく、魚がメインディッシュになるのは言うまでもない。食料としての魚が、福島沖で放射能に曝されて、西の養殖場も被害を受けて、北の八戸でも漁船がいまだに陸に上がったまま、、、、、。今後、日本人の食卓に乗る魚が減るのは目に見えている。

 さて、工業の世界でも色々大変である。まず報道されているのが、トヨタであり、続いてホンダ。部品調達が滞って、フル操業の目処はまだ立っていない。自動車産業の陰に隠れてしまっているが、スマートフォンの産業がある。部品は液晶とバッテリーとLSIとその他の電子部品。2011年の出荷台数予測が4.5億台(http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aL113cmivBmE)。PCの出荷台数3.5億台(2010年)を軽く抜き去って行った。携帯電話の形がスマートフォンにドンドン変わる。そう、ヒンジ(折りたたみの蝶番)が要らなくなるか?あるいは、新たな形に進化するかも?
 スマートフォンはオジサンには使いづらい、結構小さなディスプレーである。これのオジサン用(ではないが)として、タブレットも伸びる事が盛んに言われている。このスマートフォンにはDRAMは余り使われない。そして、その心臓であるCPUはインテルのシェアは5%であるとか。
 まさに、マイクロソフト+インテルの終焉と言えるかもしれない。そして、必ずしもアップルが勝ち続けていると言えるか、どうか。それだけでなく、DRAMの需要が右肩上がりと言う予測が果たして本当か?と言った状態になってきた。繰り返すが、スマートフォンにはDRAMは沢山使わない。まさに、クラウドの進化と言える。
 そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのスマートフォンであるが、それに使われる低温ポリシリコン型液晶ディスプレーの生産が滞るかも?しれない。震災被害である。

 この震災で、昨日「原子力発電に関して、これまである14の計画は白紙撤回も含めて検討する」と、庶民の居酒屋談義みたいな事を言っている菅総理。簡単に言い放っていいか悪いかは別にして、現在の日本でこれ以上の原発建設は10年は無いだろうし、福島原発はこれ以上の被害の広がりが出る、出ないに限らず、収束には年単位の時間が必要。チェルノブイリ事故があった25年前から、現在いまだに放射能漏洩が起こっているとか、、、、。

 原発に変わるエネルギー源を早急に出さないといけない。それは化石燃料の高騰が予想されるからである。地球温暖化と言う良く分からない要因よりも、人口爆発している国々で、エネルギー需要が急増し、需要と供給のバランスから言っても、化石エネルギーは中期的な目(1年単位)で見ても高騰する。
 そんな不安なエネルギーではまともな経済活動は行えない。そこで、安定的(価格的)に得ることのできるエネルギー源が必要。

 さて、LNGへの緊急避難は行うが、長期的にはどうするのか?政治主導と経済と技術のバランスで日本の生き残りが掛かってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

放射能汚染

 広瀬氏の 講演http://www.ustream.tv/recorded/13570192?lang=ja_JP を聞くと、関東千葉にある自宅を引き揚げるべきと思うのだが、、、、、、、、色々な思いが交差する。決断しないで、後悔する?かもと思うのだが、、、、、決断できない。

 福島第1原発の放射能汚染は深刻で、、、、、そして進攻している。しかし、マスゴミの報道は「軽く、軽やか」である。そう、東京電力が現在一番の広告宣伝主である。

 千葉なんか引き払って、、、、、と思う思いが、

 なかなか決断できない理由は??????沢山ありすぎて。

 広瀬氏の講演もそのうち消されるかもね。

 さて、どうしたものか?経済活動者としては関東圏の営業活動は、すぐに捨てられない。まして、西日本だけで経済活動が成り立つ日本ではない。どうしたものか?若年層=18歳未満の学齢期の人達だけでも疎開=避難させるべきかも????と真剣に思うのだが、、、、。パスポートを取得に走る方々が激増だとか?

 昨日とうって代わって、放射能汚染の広がりに心が奪われる。さて、どうしたものか?

 放射能と放射線は似て非なるもの。放射線を出し続ける元が放射能=放射能物質=放射線を出す=原子が崩壊している物質。放射線は一過性。放射能物質が体に入る(呼吸や食物摂取で)とその放射能物質が対外に排出されない限り放射線に被爆=されされる。局所的に晒されると、その部分が癌化するか、もしくは被爆によるヤケドを負う。そのヤケドは修復不可能となり、、、、、。

 まあ、この場では語らない。この被爆による影響はかなりの年数(100年以上の単位)で残る。その証明がチェルノブイリ原発事故。現在でもなお放射性物質が漏れ続けている現実が、その影響の長さを語っている(チェルノブイリ事故から25年と言うのも何かの因縁を感じる)。

 さて、さて、どうしたものか?????様子を見ながら考えるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発は「絶対」安全だと言ったヤツ

 どこの先生が書いたのか忘れたし、その本が見当たらないのだが、原発は「絶対」安全で、確かだと書いたヤカラがいた。その人をこの場で糾弾するつもりは無いが、そのヤカラが「想定外だ!」と言うのは何だか許せない。

 その安全だと書いていたヤカラは「団塊の世代」である。ある種、専門かであれば、あるだけ、そして、立場が言わないといけない(例えば推進派からお金を頂いている先生)人であればあるだけ、良心の呵責を感じてもらいたい。

 大津波は想定内、大地震も想定内。そう、半減期が3万年だとかというとんでもない物を扱う場合は、それを想定内にしないと。また、戦争も同じ。原子力施設がミサイルのターゲットになった場合には、どうなるのか?これをやはり想定しないと。

 エンジニア、科学者の端くれであれば、この最後の良心の呵責を持って、言動を起こすべきだし、そのように願いたい。それにしても、、、、、つまらん団塊の世代が多すぎないか?

 エンジニアであれ、科学者であれ、人類の幸福度アップが、科学の進歩の目標ではないのか?これすら考えないヤカラがいるのが、いけない。人間のやる事に「絶対」はない。これは、いつであろうとも、いかなる状況であろうと、、、、、そう思ってやらないと、いけないはずなのだが。

 さて、福島原発はやはりかなり困難を極めている。そして、その困難を日本は、あるいは人類は乗り越えないといえない、はずだ。現時点では見守るしかない。Fukushima50の方々、プラス20の方々。皆さん、文字通り生命を掛けて頑張っている。それに対して、声援を送りたいのだが、どうすればいいのやら。

 ここで、被爆した場合の症状だとか、理屈だとかは語らない。取り合えず、福島原発で起こっていることを、見守る。次期を見て、放射能の問題に対しては語ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島50+20

 マスコミが報道しない「福島50」。ネット上でもまだあまり書き込みが少ない。東京電力写真を中心に、下請け会社の社員も含めて、50人が地震発生から、ズーット残って頑張っている。

 50名のエンジニアたちは、放射線被爆量はハンパ無い。彼等は既に死を覚悟して頑張っているそうだ。海外のメディアが報道して、どうして日本のメディアは報道しないのか?東京電力幹部は、何をしているのか?

 報道規制、報道管制しているのだろうが、頑張って、日本を守ろうと、命を投げ打って、頑張っている彼等をぜひ報道してもらいたい。

 そして、原子力発電のエンジニア。60歳以上の方々だそうだが、20名がこれに加わるそうだ。海外では「サムライ」が居る日本を絶賛しているそうだ。その話を今日、あるセミナーで聴いた。日本のマスコミはホント何をしているのか?

 東京電力の幹部は別にしても、現場のエンジニアには逃げずに、名実共に命を掛けて頑張っている彼等をぜひ、報道して、励まし、そして頑張って欲しい。エンジニアとして、同じ日本人として、実に素晴らしい。単純に自己犠牲を賛美している分けではない。800名の社員がいて、750名は非難している。50名は自分の意志で残っている。こんな人々が日本を支えているし、現実にこれ以上の放射能被害を防いでいる。

 放射能汚染地域の自衛隊も消防隊も頑張っている。また、民間の会社も入って頑張っている。こんな姿を外国のメディアは報道する。日本のメディアはどうしてだろう?何故だ?

 東京電力の不手際は不手際として報道して、叩いて構わない。しかし、頑張って、踏ん張っている「福島50」を報道規制する日本のメディア、マスコミの出現を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧