経済・政治・国際

半導体業界 IoTをにらみ各社沸騰

 最近、経済的な事は余り言及しないようにしていた。


 色々理由はあるのだが、少しは言及すべきかと思い、書いてみましょう。

 フラッシュメモリー(NAND)業界の投資競争が激化。昨年10月ぐらいから始まったSamsung、続いてペーパーの注文書をチャンと出すようになった東芝、そしてSK-Hinx。IntelやMicoronも控えており、最大のXMCが2022年への投資が2017年末から始まる。XMCの動向はなかなか見えてこないが、、、、、。

 今のNANDは造った先から売れていく状態。需要が供給を上回り、引く手あまた。それはデーターセンターの需要が大きく、IoT、AI、G5などデーターが増える要因しか見当たらない。データーはドンドン増える。データーセンター間、中継地間の光ケーブルによる通信需要も伸びる一方。

 NANDの巨大投資に対して、TSMCもすごい勢いで投資している。そう、IoTには沢山のデバイス需要が発生している。

 IoTが進むのは、生産現場、そして自動運転を睨む自動車業界。

 生産現場は、生産現場の環境(温度、湿度、使用電力、稼働状態、生産映像など)を送り込むことで、ムラ・無駄を省くコストダウン、稼働率向上、納期短縮、在庫削減など現場改革が進む。

 自動車は、現在100ケ程のLSIが使われているが、EVPHV などが進むことで、1.5倍ぐらいになり、自動運転になると3倍程度の増加が見込めるようだ。まさに走るコンピューターと言える。自動車の進化により、LSIの需要は鰻登り。

 半導体業界が活況を呈するのと同じく、電子デバイス(チップコンデンサーなど)の需要も増え、モーター需要、光通信需要がガンガン増える。

 逆に、ガソリンの消費量は減り、鉄の需要やアルミの需要は減りそうだ。鉄やアルミに代わってカーボンファイバー需要(CFRP)が指数関数的に増えそうだ。2020年以降に極端に増えそうだが、、、、。

 ここで詳しく語る余裕はない。しかし、ソフトバンクの孫社長が引退を撤回した気持ちがよくわかる。すごい変革の時代が来そうな予感がある。

 そう、食の世界でも大きな変化がありそうだ。グローバル化が進む一方で、ローカルな食が大切にされそうだ。

 一極集中=都市化が進む一方で、地方の衰退、そして地方の見直しが進みそうだ。発展途上国は都市化が進むが、先進国は集中し過ぎた都市化の見直しが始まっている。
 
 そんな社会変化も進みそうだ。

 一つ一つが未来予測論文のテーマになる内容であり、市民の生活に直結する、生活の変化と言える。

 あー寝ているのがもったいない変化だ。ビジネスチャンスとか言うのではなく、変化することはワクワクする。そんな時代になりつつある。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの最大の経済政策

アメリカの大統領選挙で報道は埋め尽くされている。余り言われていない話まくただが、アメリカの最大の経済政策は戦争である。戦争で軍需産業が潤い、景気がよくなると考える輩がまた跋扈しそうである。

 ブッシュ大統領の時代に、イラクでアフガンでどれだけ殺しまくたとか。意味のない戦争と言われているが、軍需産業にとっては、意味があろうがあろうがなかろうが、そんなことは関係ない。とにかく武器を消費してくれればok。
そんな時代が再燃するんだろうか?
ブッシュの夢よまた再びか?

良心の時代は終焉し、ポピリズムの闘いの時代。

こんな事を考えているのは、私だけだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

USAの大統領選に思う

 11月8日がUSAの大統領選だとかで、日本のニュースも盛り上がっていますね。果たしてどうなる事やら。


 トランプ氏は政治の素人で、不動産王。ビジネス界ではそれなりに成功した人物なのだろうが、政治、行政は全くの素人。70歳まで経験してこなかった分野で、いきなりトップに立とうと言うのだ。素人でもアメリカの大統領は務まるのだろうか?

 どんな分野でも、それなりにその業界での智がある。それは、外から見てもわからないことではあるが、、、、。

 日本の半導体の衰退は、総合弱電メーカーが創生期には、それなりの経験を積んだ人物が事業部長でトップを務めたのだろうが、事業が拡大し、会社の中でそれなりに大きな部分を占めるようになったら、素人の事業部長だとか、素人の社長だとかが采配を振るい始めたのだろう。そうなると、その智の無い素人リーダーの周りには、口当たりの良いサポーターが集められ、素人が素人を集めた集団になり、結局どうしようもなくなり、衰退していったのだと思われる。

 素人がリーダーになって、口当たりの良いサポーターに囲まれて采配を振るう、そうなると会社の衰退程度であればいいのだが、それが世界のリーダーであるアメリカ大統領となると話は別だ。地球を7回は破滅させるだけの軍事力を持ち、そのボタンンを押せる人物が勢いだけの人物でいいわけがない。

 世界はポピュリズムが席巻している。ギリシャしかり、UKしかり、ベネズエラしかり。その結果、苦しむのは市井の民であるのだが、、、、。市井の民は、余り知識も無ければ、先々を考えたりもしない集合体。どうしたもんじゃろうのー。そんな感じであるが、さて、さて。

 他国の事だと傍観していたのだが、トランプ大統領誕生となれば、そうは言っておれなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本経済考察

 株価考察は、外れることが多いので、自分自身、かなり凹んでいますが、ここで、日本経済を考察しておきます。忘備録的な記録です。


 日本の人口構成が、超高齢社会になっているのは、以前から言われている話。そんな老人が大多数を占める社会である日本は、雇用が改善して、求人倍率がバブル(1980年代)の頃並みだとか。

 リタイヤした老人が多いので、現役世代の求人は多くなるのは、理にかなった話。そして、社会保障費が膨れ上がり、その対策として、消費税の税率アップがあったわけだが、選挙対策として、その税率アップも先送りにして、借金で社会保障費を賄おうと言う安倍政権。

 日本の雇用は、65歳を超えた団塊の世代とそれに続く世代が大きい為に、労働者不足が起こっているのは確か。そんな事、分かっていた話であるが、、、、。もっと言えば、大都市の満員電車も緩和傾向にあるわけで、さらに人口が減っている現在、空き家が増えている。特に地方と呼ばれる人口が流出傾向にある田舎では顕著。

 こんなことも、当たり前であると言えば、当たり前。馬鹿らしいぐらい、当たり前の事である。そして、老人が増えることで、老人が引き起こす社会問題も多くなる。痴呆老人による交通事故、逆走だとか、踏み間違いだとか。そして、モンスタークレーマー。あるいは、マナー違反な老人集団。そんな社会現象が顕著に。

 日本企業が目指すべきビジネスは、日本の需要ではなく、世界の需要拡大であることは明らか。日本の需要は減る。中には増える需要もある。介護だとか、医療だと、葬祭だとかは増える。2030年ぐらいまでは確実に増える需要がある。それを目指す企業もあるのは確か。

 製造業ではそうはならない。中国がこの5年間に76兆円電車インフラ整備にお金を使うと表明している。

 半導体では紫光集団が5.4兆円今後5年間に投資(買収も含めて)すると言っている。(半導体の全世界での売上高は40兆円程度)

 中国は、景気減退を何とか収めようと、バブルを起こしながら、進んで行くようだ。この5年は。

 日本の製造業は、それを他人事とするか、チャンスとするかで、考えは変わる。ただ、日本の中の需要に対する製造業は、厳しい時代と言える。日本国内向け需要に対する製造業は、どんどん減っていくことになる。これも、当たり前の現象。

 ドイツのインダストリー4.0と言う製造業革命。IoTの革命。通信規格G5。8Kディスプレーなど。なかなか面白いテーマが並ぶ。そんな中で、製造業として、世界とどう戦うか?それが面白くなってきた。

 世界は、かなり面白い。

 世界は多様な需要があり、製造業も多彩だ。

 ダイバシティー=多様性を楽しみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界経済ですか?

 マクロ経済、ミクロ経済。よく目にする言葉ですが、経済学が学問になっているのが、ある種不思議。


 前野隆司氏の「脳はなぜ「心」を作ったのか」を読んでいると、腑に落ちる部分が多い。経済学も同じで、錯覚を起因として発生している活動だと捉えると、全く別な見方=学問ができるのではないだろうか?

 まあ、経済学は色々な手法を使い、人の活動をコントロールしようというのが、究極の目的ですが、私から見たら、将来を見越して、ギャンブルに勝つための学問みたいです。

 経済学議論は横に置いて、中国経済のリセッション(景気後退)がにわかに騒がれています。中国経済のリセッションによる影響がアメリカの雇用統計にも表れたとかで、市場予想を下回る5.1%の失業率は中国経済の影響だとか、そんな論調が見えます。

 中国のリセッションは、色々な意味で長引きそうですね。中国自身が、生産設備過剰=供給能力過剰を解消するには5年は掛かると言っている分けで、2020年のオリンピックの頃まで引きずりそうです。

 株価はどこが底だか分からなくなってきて、さて、さて、と言った感じですが、私が気になるのが、サムスンの行方。半導体世界第二位(第一位はインテル)の設備投資動向です。世界最大の半導体工場の起工式を今年2015年5月に行った後、製造設備が飛ぶように売れているといった話が聞こえてきません。ASMLやLAMの状況を調べていないので、なんとも言えませんが、TELの状況から言えば、かなり「?」マークがつく状況です。

 東芝・四日市のFab5の設備導入はどんな理由だか(だいたいの理由は想像できますが)、分かりませんがStopして、新Fab2(古いFab2を壊して、更地にしてから立て直したFab)への設備投資を先行するようです。サンディスクのお金がFab2と言うことなのでしょう。256Gの48層のフラッシュメモリー生産を急がないと、サムスンにまた引き離されて、負けてしまうのに、、、と心配になります。頑張れ、東芝。大分と加賀の工場はどうなるのでしょうかね?、、、、国内勢=例えばSonyとかが買えば、循環としては良くなるのですが。

 まあ、東芝の株はしばらく買いませんが、、、、。

 Sonyとマイクロンの設備投資は堅調のようです。

 デンソーとデンソー関連の会津若松・富士通も粛々と進んでいるようです。

 ルネサスは那珂工場だけが動きがあるだけで、他の工場は音沙汰無し。元三菱電機系の四国の工場はどうなってしまったのでしょうか?

 日本には北は北海道から南は鹿児島まで、色々な所に半導体工場が散らばっています。独自の生き残りを掛けて活動されているのでしょうが、なかなか全体像は見えてきません。元気な所はニュースになるので、目立つのですが、、、、。まとめた動向記事が見てみたいものです。

 中国のリセッションの大きな影響を受ける韓国経済、日本も無傷ではいられない状況下です。その中でも、半導体に注目して行きたいと考えています。

 注目の企業はサムスン、アップル、インテル。注目の国は中国、韓国、ベトナム。注目の株を40社ぐらいに絞り込んで、注目していきたいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

VWや東芝 大企業の病

 昔、江戸時代は世襲制が当たり前で、武士であろうと町人であろうと、家と言う存在を個人の生存以上に重要視していた。


 征夷大将軍の徳川の超であろうとも、家の価値観に押しつぶされる存在であった。現代は、家と言う概念がかなり希薄になり、個人の生き方が自由になったと言える。

 ところが、こんな自由になったはずの現代において、家みたいな価値が残っているのが企業である。企業はその存在する意味として、公の存在であり、公的な振る舞いが要求されるが、企業の内部は企業統治としての(ガナバンスと言う意味でなく、まさに企業内=家庭内価値観)いびつな制度と言える。

 日本が特殊な分けでなく、ドイツのVWをはじめ、エンロンなど破綻した大企業もそうであったように、企業内での身勝手が通ってしまうのが現代社会。

 東芝の会計処理を「不正」と言わず、何と言うのか?そんな東芝がフラッシュメモリーで世界と戦っている。256Gの48層3Dデバイスが最新らしいが、当然サムスンは量産で凌駕すべく、韓国、中国同時量産だとか、、、、。いやはや、不正会計で足を引っ張っているどころではない。この勝負、付いていけないと、DRAMと同じ道を歩むこととなる。

 四日市工場の設備投資動向に注目したい。年間2000億以上の投資無しには、生き残りの道はないようだ。サンディスクがお金を出している新第二製造棟への投資は進みそうだが、第5製造等の設備投資はストップしてしまった。やはりお金の調達の問題だろうか?

 VWの問題もまだまだ尾を引きそうだ。トヨタや日産がほくそ笑んでいるのか?実際は分からないが、中国的不正、中国社会に染まってしまったのかも、しれないVW。

 VWについては、また別の日に考えをまとめて、触れたたいと思います。

 大企業の病は色々ですね。

 よっぽどベンチャーの方が、精神衛生上良いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経平均株価円割れ

 ばかなか大変ですね、株価。

 NYも上海も続落ですか、、、、、日経も1800円を割り込んでいますね。これからズルズルと下がりそうですね。

 まだ底ではない感じです。上海株価は政府が支えているのでしょうが、ズルズル下がる感じで、底が見えません。一年前の株価よりは高いわけで、それでヨシとすべきなのかもしれません。

 中国経済の実態から言えば、まだまだ下がる余地はありそうです。18000円を割れば、マインドが冷え込んで、上り調子になるには、かなり時間がかかりそうだと、最初に言ったように、底もまだまだ見えません。

 こんな中、とても株式投資で勝てる気がしません。3年は保持するつもりで買うのがスタンスですから、目先上がりそうだと言う雰囲気では買いません。

 投機(陶器ではありません)と投資、似て非なるものです。あくまで、投資にこだわります。そう、ギャンブルであることは間違いないのですが、投機は短期間、投資は短期間でない期間(あやふやですが)に出資します。

 なかなか難しいニュアンスですが、そのニュアンスを守りながら、株式で遊んでいます。あくまで、遊び。下の娘の学費を稼ごうとは思っていますが、、、、、、。
 遊びは、遊び。経済の読み込みが大切です。

 来週もズルズルと行きそうです。

 では、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海株価 分からんな~

上海株価表示が、横一本線になっている。G20開催中だから?分からんな~。中国政府のコントロールなのかしら?


中国政府が勝手にアメリカ国債を売りさばいたとかで、アメリカがどぎまぎしている報道があったが、株価を支えるために、現金が必要であったとか、、、、、。

 チャートこのグラフは、SBI証券の上海株価 10日間表示から拝借してきました。
9月3日から横棒。下落が止まったというより、無理やり横一本にしてみましたと言った感じ。中国恐るべし。
アメリカNY株式も日本の株式も、中国経済の成り行きに注目中。さて、いつごろ落ち着くのやら。
それにしても、上海株価を横一本にしてしまう中国、チョット怖い感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株の底を考えてみる

大した運用実績があるわけではないのだが、ここ1年ほど、真剣に株と向き合っている。そしてこの世界同時株安である。どこが底で、どこの時点で買いなのか?それを少し考えてみた。


リーマンショックと同じ「暴落」と定義すると、、、、、チョット大変。
ここ10年の日経平均株価を表示。2008年9月にリーマンショックが発生。一旦さげたもののしばらく小康状態を保ち、そこから11月末にかけて下げ、2009年2月に回復基調に。少し回復したものの2011年3.11で低迷。日本はもう終わりだ、とか、色々な国の人がつぶやいていたようようですが、、、、。
チャート
さて、今回の中国初の株全面安。中国経済に限定されたものではなく、USAもEUも、そして日本も安くなっています。
金利ほぼ0%の日本で、株式運用が注目されている現在、どこが底かは大切な事項。先日書いたブログで18000円を割ると、マインドが凍り付くと書いたのですが、18000円割りそうな感じですね。16000円を割って、そこで一旦落ち着くのでしょうかね?これは、駄目ですね、予想付かないですね。底を打って、上昇基調になっても、プレイヤー全体が「上昇基調」との気持ちにならないと、本格的上昇にはならないので、時間が掛かりそうです。そう、年内は全体的上昇とはいかないかもしれないですね。
 
今回の原因の中国経済ですが、中国・共産党発表の経済動向であり、共産党に不利な事は書かないので、どこまで真実で、どこからがフィクションなのか分からないといった、不透明感が言われています。
シャオミ(小米)の減産はこの春(4月ぐらいから)言われていました。もしかしたらシャオミは中国のこういった経済減速を予想していたのでしょうか?だとしたら、やはり、その動向には注目です。

サムソンの最近の動向が分かりません。世界最大の半導体工場の起工式を5月に韓国大統領を招いて行っていますが、その動向が分かりません。そろそろ装置の発注が始まってもおかしくないのですが、、、、、フォーキャストも出ていないようです。

東芝・四日市の設備導入フォーキャストも白紙になったみたいで、ますます、半導体関連は先行きが見えなくなっています。

しかし、車関連の半導体、イメージセンサー関連の半導体、モバイルDRAM、データーセンター向けフラッシュメモリーなど、面白いテーマは沢山あるのですが、、、、。新工場と言うより、M&Aの方が進みそうですね。富士通・三重、パナソニック魚津、ルネサス甲府。日本には良い工場がまだまだ沢山あります。M&Aにも注目かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景気と株

 景気と株の事書くのを忘れていました。上海株暴落の時に書いた通り、売れる株は売りました。その後、日経の株は結構持ち直して、「私の読みは間違いだったかな?」と、揺らいでしまいましたが、中国元の切り下げ、中国GDPの低迷、そして日本のGDPの低迷、さらには韓国経済の落ち込み、などなどが重なり、NYも東京も下げましたね。この下げの底はどの辺りでしょうか?

 これまた、推理。仮説と検証。自分の立てた仮説が正しかったか?間違いであったか?それは時間が教えてくれる。

 私の読みでは、日経19000円を割って、18000円台でしばらく硬直。まあ、17000円まで下がるとは思えないのですが、17000円台まで下げると、マインドが氷ついてかなりやばい事になりそうですが、、、、、。少なくとも、一ヶ月、二ケ月は様子見ですね。

 興味がある株がお買得になると、買いたくなるのですが、そこは我慢。しばらく、株は凍結と言うことで。投資は行わないけど、注目はしていこうと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧