日記・コラム・つぶやき

敗戦記念日と終戦記念日

 毎年思うのだが、敗戦記念日が正しく、終戦記念日と言うのは、偽善ではないのか?こんな事を毎年考える自分も、結構変だと思う今日この頃。


 大衆は、見たくないモノは見ないで、見たいモノだけを見る。そんな大衆にはなりたくない、と、言うのが本音だ。3.11で福島原発がメルトダウンして、その後片付けもままならない状況下で、他の原発再稼働が始まっている。先陣を切って九州電力が走り始めているのは、実に残念だ。

 九州電力は再生可能エネルギー買い取りに消極的で、平気で接続を拒んだりしている。そんな会社だから、平気で原発再稼働を押し切っている。鹿児島知事も、再稼働反対して、当選したのにも関わらず、トーンダウン。亡くなられた沖縄知事を見習ってもらいたいものだ。

 言い換えで、大衆をごまかそうとする。福島原発の事故も無かったことにしようとする勢力が盛り返してきている。正直、福島原発の事故検証を済ませてから、再稼働の安全基準を考えるべき。福島原発は、本当に津波が原因だったのだろうか?地震による配管損傷や配線損傷が原因ではないのか?そんな基本的に事をないがしろにして、進める現政権は、やはり危うい。そして、憲法改正して、戦争ができる国にして、何がしたいのか?戦争がしたくて、現在保有している武器をぶっ放したくて、憲法改正をする。目的がハッキリしているのに、押しつけられた憲法だから改正しなければならないと言う言い換え。

 まあ、大衆、民度が上がらないと、どうにもならないのだから。手本としているアメリカが、トランプ大統領を選ぶ民度なのだから、目指すべきでは無いのは明らかなのに、、、、。どうせ目指すなら、ヨーロッパの良心と言われるドイツを目指すべきかも。

 お盆と言うこともあり、敗戦記念日が15日と言うこともあり、色々考えていることを書き出してみた。書き出すと、ますます腹ただしく、暑くなる。暑い夏だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今が一番若い!

 昨日8月5日の活動は、こんな内容でした。


 朝5:40起床
  6:00から部落の天満宮のお掃除、月に一度。第1日曜日の朝6:00から。冬は7:00から。 一時間 大汗をかきながら、清掃しました。
  帰宅後、シャワーで汗流し。

  9:00 出発、家内を車のエアコン修理に出しており、その車屋まで。

  10:00 テニス 荒尾運動公園で。荒炎祭と言う祭りの会場のため、出店の準備が始まっていました。暑かった。サングラス忘れて、これまた大汗。一時間。
  帰宅して、昼食。ぶっかけうどん。

  昼寝をしてしまい、さすがに疲れた感が、、、。

  17:30 庭の水やり。土曜に夕立があったので、軽めに。
        その後、継続して草取り。
        カボチャ3ヶ収穫。
        汗がポタポタしたたる、滝汗状態。これも一時間。

  終わって即、シャワーで汗流し。

  兎に角大汗。野外での活動は、汗だく。かなり消耗しました。

  やっぱり、危険な暑さです。35℃超え。

  そして、これだけ活動できるのは、今が一番若いから。後、10年後に果たしてこれだけ動けるか、チョット自信がありませんね~。

  そこで言いたいのが、やりたいことがある人は、早めに会社組織を離れて、始めないと、体力的に大変キツいと言うこと。今(ただいま56歳)でも結構キツいのに、10年後にリタイヤしてから、何か全く違うことを始めるというのは、結構難しい。会社組織に隷従して、楽しいことを始める機会を逸するのは実にもったいない。

 早めに辞めて、色々やりたいこと始めた方が楽しい!
こんな以下の本もあります。
 

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい

生100年時代の個人M&A入門 (講談社+α新書)


  思っているほど、体力・気力は衰えるものです。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪意と闘う、リスクを取る なかなか難しい

 色々な事を新たに始めると、必ず摩擦が起こる。その中には、かなりの部分悪意が入る。


 悪意の大部分は、嫉妬だったり妬みだったり、嫉みだったりするが、その悪意を持つ人が、それを認識することは、少ない。

 嫌われる勇気と言われるが、嫌われると、それなりに凹む。そして嫌われること自身を「嫌な事だ」と感じる。それは、人間の持つ社会性の一つだろう。しかし、それを突き抜けない限りは、つまり、摩擦を恐れない限りは、新たな事はできない。嫌われるからと言って、委縮しているようだと、新たなステージには立てない。

 結局、新しい事を行うという事は、摩擦、嫉妬、妬み、嫉みが発生するという事。そういった事象が発生する前提で、物事を進める、新たに始める事が耐雪。

 新しい事を始めるという事は、リスクはあるし、色々摩擦も起こる。それでも、新しい事を始める事が、人間に課せられた性質=遺伝子なのだと最近思う。

 最近の記事から

 孫正義氏 発言


 
 孫正義氏であろうと、爆売れしているホンダジェットであろうと、摩擦を引き起こしている。なかなか、思うようには行かないのが現実だが、足を引っ張られたからと言って、挫けたりはしない。

 規模は全く違うが、私も挫けずに、新しいビジネスを目指そう。そんな事を、畑の草刈をしながら、つらつら考えたのでした。ホント、暑い。チョット危険な野外活動です。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しい食べもの

 美味しい食べもの、最近は、どこそこのお店が美味しいと言う雑誌記事やFacebookなどのSNSが流行りだが、本当に美味しいものを食べよう、創ろうと思うのであれば、鉄腕ダッシュがテレビ番組でやっている通り、自分たちが一から育てたり、漁で取ったりするのが一番おいしい。


 美味しいものと言うのは、実は安全であること、そして、思い入れがあることが大切。ただ何となく食べて、美味しさを味合うのは難しい。一つ一つ味わうには、思い入れがあって、それで味わうことが可能。

 流石に、狩猟はしないが、自分で育てた無農薬・無肥料作物が実に美味しい。

 美味しいと言うのが、実は素材が8割、残りが料理だと、料理の達人が言っていたが、まさにその通り。いかに美味しい食材を仕入れることができるかが、料理人の腕を決めると言っても過言ではない。料理人がそうであれば、一般の我々も当然、美味しい食材を手に入れるのが、美味しい食べ物にありつく最短の手段。

 そういう意味では、やはり田舎暮らしは、美味しい食べものを得やすい。野菜は特に新鮮さが大事。魚もそうですが、野菜も採れたてを頂くのが一番美味しい。

 新鮮で、無農薬で、化学肥料・有機肥料すら使わない、雑草のような野菜たちは、実に美味しい。決して見栄えのいい野菜たちではないが、食べると分かる。野菜本来の味を味わうことが可能。

 美味しい食べものに恵まれると言うのは、幸せなことです。

 ぜひ、田舎暮らしをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風7号一過

 台風7号が過ぎ去りましたが、家の野菜、ヒマワリ等に被害がありました。まあ、仕方がないのですが、この半夏生の頃に台風が来るなんて、、、、。


 南の太平洋沖には、台風の卵=熱帯低気圧が既に生まれており、それがまたもや日本に接近するとか。

 やっぱり、かなり気象は変わってきているんですね。

 魚の取れ高も変わっているし、九州は完全に亜熱帯化しているし、その割には冬は極端に寒いし、、、、、。二酸化炭素が増えて、地球温暖化が良いとは言えませんが、氷河期、冷却期よりは幸せかな?作物が育たない氷河期は、間違いなく、食えなくなり、戦争を始めるのが人間ですから。

 今のEUの難民問題も、食える食えないがそもそもの原因。それは氷河期ではなく、乾燥が進むことで、農作物が作れなくなる。そもそも乾燥が進むのは家畜による放牧が原因。リサイクル可能な日本的な里山農業は世界には少数派。牧畜の食べつくす農業が砂漠を、乾燥地帯を増やしているのは、歴史を見れば分かるはず。歴史を見て、分かっているけど、その牧畜による食べつくす事を止めれないのが人類。

 難民問題は、それだけでなく、基本的には植民地の歴史がその反動として出てくる問題。昔、そこから利益を得ていた地域が、搾取した地域から反逆にあっていると言うのが、歴史なのかもしれない。

 さて、台風。大風です。農業者にとっては、「ヤバイよ、ヤバイよ!」と言う現象。特に露地栽培のトマトなど、被害は寛大。実を沢山付けている今だからこそ、被害が大きい。

 台風過ぎて、農作物被害=野菜が高くなりそうです。

 お風邪が去ると、カエルが鳴き始めました。もうすぐ本格的な夏です。

 なかなか、大変な夏になりそうな、予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田舎で暮らしながら

 田舎暮らし、福岡県みやま市 人口三万余り。隣接する市は、大牟田(福岡県)、柳川市(福岡県)、筑後市(福岡県)、八女市(福岡県)、南関市(熊本県)と多いのですが、空が広くて、開放感があって、とってもイイ田舎です。


 そんな田舎に移り住んで、おおよそ10ケ月になります。

 そうなんです、とっても気に入っているのです。畑仕事はできるし、継続して、テニスやヨガもできる。福岡空港も一時間程度で行けて、韓国、中国、台湾は近くて(ヨーロッパや北米はまだ行く機会が無い)、東京もボチボチ近い。大阪、関西も実は新幹線の駅が筑後船小屋や久留米から乗れば、すぐです。鹿児島や、熊本も近いと言えば近い。佐賀にも車で容易に行けます。

 こんなビジネス環境いいのに、余り大手会社が進出していないのは不思議。まあ、それだから田舎が維持できるのですが。

 通勤はおおよそ10分。たまに東京周辺に出掛けて、満員電車に乗ると、「よく通勤していたな~」と過去の自分に感心するのです。

 都会のリタイアした人たちは、毎日何をして暮らしていらっしゃるのでしょうか?田舎は、ヤルことが多くて、とてもボーットテレビなど見ている暇はないのです。まあ、まだリタイヤしていませんし、リタイヤする気は今の所無いです。

 農業、DIY(古民家修繕)、草取り、ヨガやテニス、バイクに乗って、風を感じて、車で阿蘇を回ったり、その内陶芸も復活したいし。まして、ビジネスも持ちよく行いたいし、、、、。海外出張、国内出張など、色々やっていると、ホント手が回らなくなってしまいます。これも、田舎暮らしができるからですが。

 若い人達も、ぜひ田舎暮らし検討してもらいたいものです。営業職でも、マーケッターでも、製造業でも、田舎は起業しやすいし、勤め先もそれなりにありますよ。

 要は、田舎に飛び込む勇気があれば、充実した田舎暮らしを創造できるのではないでしょうか?

 また、老後を考えている方々も、博多まで一時間程度の田舎暮らしは刺激もあり、楽しい田舎暮らし、楽しいリタイヤライフを過ごせますよ。

 気に入る古民家は、キット見つかります。しかもトッテモリーゾナブルに。

 田舎暮らし、いいですヨ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界はすごい勢いで変わっていく

 ご存知だろうか、

中国のインフラ

 

日本の新幹線の総距離は3,000Km

中国の新幹線の総距離は22,000Km

日本の高速道路の総距離は11,000Km

中国の高速道路の総距離は130,000Km

米国が過去100年で使用したセメントは450億t

中国が過去3年で消費したセメントは660億t

ものすごい勢いで変わっていく。

日本のマーケットは縮小していく。中国も高齢化で、ある程度縮小していくのかもしれないが、現時点でその様な影は見えない。

中国は、インフラ関連投資から、情報産業投資に切り替えつつある。まず最初にやったのが、LED製造。次はLCD(液晶ディスプレー)。昨年からは、半導体に投資。DRAMとフラッシュメモリーに大きな投資。巨大工場がいくつも姿を現しつつある。

町中は、クラクションが無くなり、ゴミのポイ捨ても減り、まるで日本の町と何ら変わらなくなりつつある。そう、そう、日本の町と圧倒的に違うのが、車の高級感。スズキ自動車が中国市場からの撤退を発表していたが、軽自動車など、町中で見ない。高級車が日本のより多く走っている。

人口は日本の10倍、日本のGDP4.939兆USD(2016年)、中国は11.2兆USD(2016年)。既に日本の二倍を超えた。EURO圏を抜き去っている。

先日、ラジオで「デジタル専制政治=AIによる」が話題になっていた。そう、AI技術が専制政治を創り出す。まさに中国がその方向で、すごい勢いで進んでいる。

信号無視、スピード違反、政府に対する反抗的行動を行うと、個人の信用が得られず(スマホ決済やクレジットカード作成ができない)、飛行機や新幹線に乗れないようだ。また、アパートを借りるのも不動産取得も困難になるとか。

ダボス会議でイスラエル人歴史学者のユバル・ノア・ハラリ(無神論者)がAIによるデジタル専制主義を講演したそうだ。

すごいことが、起こっている。日本のこの波の外に居ることはできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月下虫音=ゲッカチュウネ

 ここ一年ぐらいであろうか、夜のラジオ番組 Love FMの月下虫音を聴いて過ごすことが多くなった。


 大田こぞうさんがナビゲーターをやっているのです。大宰府在住で、福岡の天神に来て、DJ ナビゲーターをするのです。趣味は虫や、その他小動物が好きで、藪が好み。なかなかなものです。

 語り口が、実にイイのです。また、選曲も好いのです。一日の終わりに、心地よくなる曲を選んでくれます。タマに、外れもありますが。

 月曜~木曜の21:30~23:00までLiveで。日曜は録音で21:00~22:00。実に頑張り屋さんなのだ。ぜひ、全国の虫好き、アイリッシュミュージック好き、小動物好きの方々に聞いていただきたい。

 そのうち、お会いすることができるでしょう。

 J Waveのラジドのナビゲーターの山田玲奈さんとも、フリーマーケットで握手できたし、その内会いたい人には会えるのだ。キット。

 Face Bookにはチョコっと挙げたが、若菜晃子さんの座談会に参加。これも刺激的でした。編集者と言う人種は、ある種面白い。以前、千葉の新検見川に住んでいた時のご近所に、編集者さんがいて、何度か飲んだことがありましたが、やはり面白かった。先述のラジドの渡辺祐(たすく)さんも編集者。この方も、実に面白い。

 世のか中は、知らないことだらけ。好奇心を磨けば、世界は実に楽しい。森羅万象、知らないことだらけ。

 そう、自分でもあまり意識してこなかったが、ラジオ好きかもしれない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この土日

 この土日(2018年6月9日、10日) 天気が良くって、ほとんど畑仕事に費やした。と、言いながらも、ほとんど草取り、雑草取りです。二週間前に、草取りした所が、雑草で覆われるのは、見事というか、脱力感、無力感に取らわれる事象です。


 うちの野菜さんたちも頑張っているのですが、残念ながら雑草君たちの方が成長が早い。そうなると、雑草に覆われて光合成が十分できずに、成長が遅くなる。そうすると、収穫もおぼつかなくなる。で、その為の対策で、雑草取りがあるのです。

 水が一番、二番が光合成。なかなか大変です。

 畑仕事もさることながら、今週の日曜日のテニスは、荒尾テニス場が、シングル大会だとかで貸し切りで、一般お断りだそうで、テニスありませんでした。おかげで終日草取りと、その他農作業ができました。クタクタになるまで、アウトドアで作業ができる幸せ。健康であるから可能で、更に言えば、古民家再生の畑付家だから可能な事です。ありがたい。

 農業を少し始めた時から、あれこれ8年ですが、始めたころは、終日、それこそ朝の八時から日が沈む6時過ぎまで畑で過ごして、「あークタビレタ」ぐらいで過ごせたのが、残念ながら昼食と休憩で二時間は休んで、その上、五時には引上げです。体力は、続かなくなっています。今が一番若い!

 6月に収穫は、タマネギ全部、ジャガイモ全部、グリンピース、スナップエンドウ、キヌサヤの完全撤収。

 種蒔は、大豆、黒豆、小豆。

 先に播いた枝豆(本来は一緒の大豆、若くして収穫するか、完全枯れてから収穫するかの違い)の根元の土かぶせ。雑草の抑制と、風に強くする対策です。

 鍬と雑草を引き抜く手の握力。ヤッパリくたびれます。

 そうそう、昨日9日土曜に大牟田タラム(カフェ&Book shop)にて、若菜晃子さんの座談会がありました。業界の違う人の話を聞くと、脳みそが刺激されて、楽しいものです。https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1771523359593979&set=a.448378338575161.1073741825.100002089953476&type=3&theater

 最近、余り刺激的な生活は送っていないな~。何か停滞している。6月の中国出張後からは活動的に動きましょうかね。

 チョット楽しくしないと!停滞は、健康に精神に良くないよね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のニュース

 最近のニュース; 忘備録


 ・トランプ大統領誕生から、言い張れば嘘も真実になる そんな風潮が

 ・ トランプ大統領を見習っているのが日本の総理大臣 安倍晋三。加計もモリも言い張ることで、嘘も真実になる

 ・ 日大アメフト部と財務省のセクハラ、根は同じではないのか?何とかなると逃げきれると思った人々。反省などするわけがない。

 ・ 90歳女性の運転する自動車が、赤信号で横断歩道に突っ込んで、それから歩道に乗り上げ女性一人を殺傷。80歳以上の運転する車は、自動停止機能付きの車である事が必然にならないモノか。

 ・ ISの自爆テロと言い、EUの難民拒否傾向と言い、世の中悪意で満ち満ちている。全世界的な傾向。まあ、今に始まった話ではないが。

 ・ 悪意の本質は、嫉妬と妬み。それによる足の引っ張り。それが発展すると、戦争となる。人の事が気になる内は、幸福ではないようだ。まずは、人を嫉妬しない、妬まないことから。

 ・ AIばやりだが、AIやビッグデータ、IoT、5G、自動運転、センシングなどの言葉を考えればビジネスチャンスが見えてくるが、それがどうした?本当に幸福になれる技術なのだろうか?どうも、目指すべき未来が、胡麻化されている感じがするのは、私だけだろうか?

 ・ 農業をやると、生命について考える。慣行農業(従来通りの農薬、化学肥料を使った農業の事)の圃場では虫もカエルも余りいない。私の畑では、カエルも、蝶も蛾も蟻もナメクジだって、蜘蛛だって沢山いるぞ。それを狙って、鳥も多くやってくる。実に気持ちのいい畑だ。

 ・ 福島原発であれだけやらかして、それでも原発やろうとする、その神経が良くわからない。そんなに儲かるのだろうか?原発の周辺は。

 ・ 中国でEVが始まっている。果たしてどんなモビリティの世界が来るのか、実はよくわかっていない。ガソリン車は3万点の部品が必要で、EV車だと1万点だとか。チョットすごい産業構造変換がやってくるのだろうが、私にはまだ良くわからない。興味シンシン。

 ・ 考えて、自分で判断するのが良しとするひとと、嫌悪する人がいる。人それぞれ。権威主義者はホント考えないね。宗教も同じだが、どうして昔の人が言った言葉を信じれるのだろうか?聖書も仏典も経典も教典んもコーランも聖典も。皆、昔々の人が語った言葉が記されている。頼りたくなるのは分かるが、だからと言って、、、、、いいのだろうか?オーム真理教が形を変えて、また盛んになってきているようで。世界的傾向なのだろうか?

 ・ 人生100年時代だとか。92歳越えのマレーシア首相誕生。本当に100歳時代が来るのだろうか?ヨガをやりながら考え込んでしまう。本当か?それは幸福なのだろうか?

 また続けたい。次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧