« 北朝鮮の干ばつ | トップページ | 無農薬無肥料の農的生活とビジネスの両立 »

G20とは政治ショー

 G20が今月末、もう来週であるが、大阪で行われる。

 

 政治ショーだというのは当然なのだが、その裏にはどんな人たちが、右往左往しているのだろか?

 

 アメリカの当政府お抱えのジャーナリスト(と呼べるかどうか別だが)やら、中国の報道部隊やら、色々皆さん右往左往しているのでしょう。当然、政府高官、担当者、下っ端役人まで含めて、準備に追われている事でしょう。

 G20で何が飛び出すのか、25%の関税の報復合戦に停戦・終戦が来るのか、ファーウェイ叩きが少し収まるのか?世界景気はどうなるのか?環境問題は、エネルギー問題は?文明の衝突と言われているキリスト教圏の人々とイスラム教圏の人々の衝突はどうなるのか?

 こうして見てみると、問題は既に国別問題よりも、地球規模の問題になっている。そういった問題に立ち向かうには、人類はやはりエゴイスティックだ。〇〇ファーストと言う言葉が流行るように、なかなか難しい。

 〇〇ファーストと言うのは、自分さえ良ければ、自分の周りさえ良ければ、それが最善であると言ったイメージを発信する。そう、そこには地球の規模、世界規模でのバランスは視野に入っていない。翻って、自分の存在も、実にエゴイスティックだ。他の生命を頂いて、存在しているモノとしては、、、、。

 雑草を引き抜きながら、雑草も命だよな、と思いながら、カボチャファースト、スイカファーストという事で、他の生命を奪い、優先させる。それの何が悪いのか?と言った内なる声も聞こえる。しかし、雑草にも命があり、その命に感謝や尊厳を認める感情も大切なような気がするのだが。その感謝や尊厳と言う感情があれば、除草剤は使おうとは思いにくいのだろう。それにしても、なかなか難しい。

 文化・文明が、この野獣のエゴイスティックな存在を昇華してくれるのかも知れない。

 G20に注目しながら、そんな事を考えてしまうのであった。

|

« 北朝鮮の干ばつ | トップページ | 無農薬無肥料の農的生活とビジネスの両立 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北朝鮮の干ばつ | トップページ | 無農薬無肥料の農的生活とビジネスの両立 »