« 2018年10月も今週で11月に | トップページ | 苦しい時にこそ、原点に立ち返る »

考えることは、容易ではないようだ

 このブログの表題が「考えていること」と銘打っている。従って、考えることが、生業みたいに思っているのだが、、、、。


 あるテーマに対して考えるという事は、そのテーマに関する情報を仕入れることから始める。そして、仮説を立てて、その仮説を検証しながら、仮説との相違がどうして生まれたかを考えながら、先に進めるわけだが、、、、。なかなか容易な作業ではない。

 情報収集がまず容易ではない。

 例えば、ある商品を販売したいと思う。マーケティングのセオリーである3Cについて情報を収集する。3C=Company、Customer、Competitor Companyは自社のこと。どうして、この商品を販売するのか?意味は?社会的な貢献度は?誰が喜ぶのか?自社にとっての優位性、技術的・サービス的な優位性や意味、等々。   Customerは想定顧客は誰なのか?どんな顧客なのか?どんな使われ方、顧客にとって購入するメリットは?気分は?等々。Competitorは競合相手、どんなモノが競合相手なのか?競合相手の価格は?競合相手の姿・形は?どんなアクションを仕掛けてくるのか?等々。

 机の前で考えても、ほとんど情報は入ってこない。そう、インターネットで情報を仕入れる?インターネットの限界も多い。確かに、取り掛かりにはインターネットは欠かせない。しかし、それが全てではない。特に競合相手など、簡単に特定できないし、特定しても、相手の手の内を知るには、容易ではない。ではどうしたらそう言った情報を入手することができるのか?それを考えることは容易ではない。で、容易ではないことを=考えて実行することを往々にして放棄する人が多い。

 これは大手会社の経営者でも、考えることを放棄する人のいかに多い事か。まあ、だからこそ、衰退する会社があり、そして伸びて行く会社があるのだから。

 で、色々な事を考えるのだが、昔から、考える人と、考えない人がいて、考える人=苦行を行う事ができる人には、成功報酬があり、考えることを放棄した人には、そういった成功報酬はない。ここで言う成功報酬は金銭的なものではなく、自分の仮説が正しかった、などの達成した事によるドーパミン放出の成功報酬である。

 インターネットは3行以上は大部分読まれないようで、まして、書籍など読む人はやはり少数派だとか。まあ、そんなモノかもしれない。教育のなせる業か?

 最終的には、個人の資質もあるが、教育と教育方法がいかに大切か、と、言う事か?まあ、これも仮説だが。

|

« 2018年10月も今週で11月に | トップページ | 苦しい時にこそ、原点に立ち返る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考えることは、容易ではないようだ:

« 2018年10月も今週で11月に | トップページ | 苦しい時にこそ、原点に立ち返る »