« 考えることは、容易ではないようだ | トップページ | ルノーの思惑 植民地化 »

苦しい時にこそ、原点に立ち返る

 なかなか、半導体関連の景気は厳しくなりつつある。一本調子で上がっていくことは無いと思っていたが、急激な減退。しかし、当然と言えば当然。急激に上がったモノは急激に落ちる。株価と同じである。


 半導体が調子が悪い時にこそ、自分の原点に返って、考え直さなければ。本当に自分が目指すモノは何なのか?忙しさにかまけて、忘れていた、見失っていたモノが思い出される。本来目指すべきものは?????

 そんな分けで、振り返りの週間である。

 自分と言う存在、自分が起こした事業、何を目指していたのか?お金儲けか?そう、当然利益は出さないと存続しないが、お金儲けが目的な分けではない。お金を儲け、お金は手段でしかない。お金を得て、何がしたいのか?

 カルロスゴーン=日産の総帥が逮捕された。多分、彼も見失ったんだと思う。雇われ経営者としては、株主がどんだけ儲けているんだ?俺が稼いだのに!と思った事だろう。しかし、彼はお金は手段でしかないことを思い出すべきだったのかもしれない。まあ、人の心は分からないけど。

 そう言う自分はどうなのか?そう、忘れていた事が多い。忙しい時は、目の前の事象しか見えない。本当に自分が目指すモノを見失いがち。

 「世界を股にかけて、ビジネスがしたい」これが私の原点である。どうして、学生時時代にインドに行ったのか?ベナレス(バラナシー)のガンガー(ガンジス川)の畔で、荼毘に臥される人々を感じて、諸行無常の響きを感じて、自分の目指すべきものを感じたのではなかったのか?人はすぐに忘れる存在で、色々感じたこと、考えたことも忘れてしまう。特に、バブル的にお祭り騒ぎの時は、目先しか見えなくなる。

 目指すべき、「世界を股にかけてビジネスをする」それは、「世界中の人に幸いをもたらすことが究極の目指すべきもの」と言う実に青臭い事だ。青臭いが、実に確かな事。だからビジネスをしておるのだ、、、、と言える。

 今まで克ち得た知識経験で、この危機もキット乗り越えられる、この半導体の落ち込みも乗り越えられると信じたいし、信じている自分がいる。

 楽しくなってきた。さて、さて、頑張ってやろう!楽しくやろう。

|

« 考えることは、容易ではないようだ | トップページ | ルノーの思惑 植民地化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦しい時にこそ、原点に立ち返る:

« 考えることは、容易ではないようだ | トップページ | ルノーの思惑 植民地化 »