« 苦しい時にこそ、原点に立ち返る | トップページ | 月曜はヘトヘト »

ルノーの思惑 植民地化

 この言葉に収れんされる、植民地化。そう、フランスが得意な植民地政策。現代版植民地政策。ルノーはガバナンスなどと言う前に、植民地によって現在も、これからも利益を、不労所得を得ようとしている国である。植民地利益を得れなかったドイツとイタリア、そして日本とは、そこが大きく違う。


 植民地支配に関しては、一枚も二枚も上手なフランス。そして、現代版植民地支配の資本掌握、決議権取得のやり方。それに抵抗する植民地支配をされる側のニッサン。

 被支配者のクーデター、こう見るのが、正し。もっと言えば、フランス対日本となるのだろうが、それを飛び越えて、言う事をきかないフランスへの懲らしめに、これを使ったトランプ政権かもしれない。目の上のたん瘤的なフランス。ドイツのような対話を、柔和に進める気配のないフランス。そもそもトランプ政権のバックボーンたるロックフェラー自身が変わりつつある現代、当然、ロスチャイルドとの関係も変わる。もっと言えば、中国財閥との関係も。誰が結果的に利益を得るのか?もしかしたら、ニッサンは中国との連携を模索して、独立を考えていたのかも?

 まあ、世界の政治は、世界の歴史は、おおよそ200年経ってから、まともに評価される。それまでは、その時の権勢者が歴史を作る。これは、日本では大化の改新の時代から、当然と言えば当然な話。

 それにしても、「現代版植民地支配システム」なんですね。良くわかった仕組みです。支配者側から見れば、被支配者をいかに虐げて、絞って、支配者は、不労利益を得るのか?これが大切な事象。その大切な事象をかれこれ200年以上続けているフランス。日本=アメリカからの反撃など想定内かもしれない。

 カルロスゴーン事件を飛び越えて、「植民地支配」に思い至って、腑に落ちた。

 まあ、サラリーマンであった私も体験したことだが、支配者、被支配者の関係は、簡単ではない。容易ならざる関係である。そういった観点から見れば、また別の事象が見えてくる。面白い。

|

« 苦しい時にこそ、原点に立ち返る | トップページ | 月曜はヘトヘト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルノーの思惑 植民地化:

« 苦しい時にこそ、原点に立ち返る | トップページ | 月曜はヘトヘト »