« 中国の上空で考えていたこと | トップページ | ビジネス・経営の書籍の中でよく言われる「ビジョン」 »

日本の国力の低下を感じる

 チョット最近外国に行くたびに、他国の物価が「高いな~」と感じることが多い。中国、韓国、台湾でも日本より、イヤイヤ福岡の田舎であるみやま市より高いと感じる。まして、ヨーロッパでは「買い物するのが嫌になる」ぐらい高い。特にEU圏は電車(2.4€)もバス(1.7€)も高く感じる。以前のドイツでは「意外とタクシーは安いんだ」と思っていたのに、今回は「こんなにタクシー代が高いと、使えないじゃないか!」と思うほど高い。感覚的には日本の倍。

 為替の問題で、こうなっていると感じるのだろうが、実は世界の最低賃金が既に日本に比べて高くなっている。
https://www.multilingirl.com/2017/08/minimum-wage-ranking-in-the-world.html
このランキングではすべてドル計算になります。簡単に考えて、ざっと、他の国と比較するだけなので、1ドル=100円と計算しておけば、大丈夫です。

20位  スロベニア=5.15ドル
19位 バハマ=5.35ドル
18位  スペイン=5.38ドル
17位 韓国=5.58ドル
16位 アンドラ=6.45ドル
15位 日本=6.56ドル
14位 イスラエル=6.99ドル
13位 米国=7.25ドル
12位 カナダ=8.9ドル
11位 ドイツ=9.99ドル

10位 オランダ=10.11ドル
9位 英国=10.13ドル
8位 ベルギー=10.31ドル
7位 アイルランド=10.45ドル
6位 サンマリノ=10.77ドル
5位 ニュージーランド=10.96ドル
4位 フランス=11.03ドル
3位 モナコ=11.58ドル
2位 ルクセンブルク=13.05ドル
1位 オーストラリア=13.59ドル

またここには載っていませんが、近隣諸国の大都市におけるパートなどの最低賃金は、上海で300円ほど、

また香港で、500円程度とされていました。
 この掲載記事の日時が分からないが、韓国は既に日本の最低賃金を超えている。今のテクノロジーの発展は、人件費が安い所に移る産業よりも、半導体のように税金が安いなどの、企業にとっての優遇処置を取る地域に移る傾向がある。
 人件費が安い所に移る産業の一番は縫製業。縫製業はミシンと人手。その為、ユニクロなどの洋服はMade in ChinaからMade in Vietnamが多くなっている。

 しかし、日本の国力は為替の問題だとか、何だとか言っても、下がってきているのは確か。まあ、世界から笑われ者になるアメリカ政権の飼い犬的な日本の現政権であれば納得せざる得ないが、、、、。

 海外へ出ざる得ない身としては、何だかチョット寂しいのであった。

#セラミックス#Al2O3 #アルミナ#SiC #炭化ケイ素#BN #窒化ホウ素#Si3N4 #窒化ケイ素#AlN #窒化アルミ#配管ヒータ#ジャケットヒータ#ヒーティングジャケット

https://www.facebook.com/LuckDesignHeaterCeramics/?modal=admin_todo_tour

 

#Ceramics#Al2O3#Alumina#SiC#SiliconCarbid#BN#BoronNitride#Si3N4#SiliconNitride#AlN#AluminumNitride#PipingHeater#JacketHeater#HeatingJacket

https://www.linkedin.com/company/luck-design-company-limited/


 

|

« 中国の上空で考えていたこと | トップページ | ビジネス・経営の書籍の中でよく言われる「ビジョン」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の国力の低下を感じる:

« 中国の上空で考えていたこと | トップページ | ビジネス・経営の書籍の中でよく言われる「ビジョン」 »