« 敗戦記念日と終戦記念日 | トップページ | 中国の上空で考えていたこと »

中国の田舎で考えていること

 前回の中国は、唐山と言う田舎=北京から車で三時間。


 今回は山東省から車で2時間の田舎=Ziho市(日本語に無い漢字)。

 どうにも田舎訪問が多い。

 田舎、田舎と言っても、Ziho市500万人の人口を抱える地方都市。福岡市はおおよそ154万人、福岡県でおおよそ505万人。福岡県に匹敵する市であると言える。なんとも巨大な田舎である。

 見渡す限り、高層マンション。20階建以上が当たり前で、地平線の向こうまで、マンション群がある。こういうのを田舎と言えるのか疑問であるが、、、、。

 ホントすごい都市化。500万人の都市には、いまだ地下鉄は無い。

 前回の唐山も300万人超え。

 日本は人口減少、高齢化で苦しんでいるが、中国は、人口増加、物欲で苦しんでいる。国民が豊かになれば、物が増える、移動が増える、消費が増える。この消費が増える中国は、上海のような大都市は、ある程度開発が進み、飽和した感じがあるが、地方都市はまだまだこれからといった感じ。

 年収300万円を超える中間層が厚くなり、消費、移動は益々増える。借金をして車を買い、マンションを買う。海外旅行に家族で出掛ける。そんな、高度成長期の日本と同じ事が中国でも起こっており、その規模が一桁多い。

 言ってしまえば、一桁多い消費が進んでいるわけだが、その一桁の大きさが、やはりすごい。圧倒的消費、どこまで行くんだろうか、と、考えてしまう。中国共産党幹部は権力闘争と平行して、この巨大な国の舵取りを行うのだから、チョットすごい。日本の舵取りも大変だとは思うが、これだけ巨大だと、地球が崩壊しかねない。

 ある種、面白い時代。ソフトバンクの孫氏が引退を取りやめたぐらい、面白い時代が来ている。そう、前向きにトラエタ方が精神的にはよさそうだ。

 さて、私のビジネスもどうなりますか?楽しみましょう。

|

« 敗戦記念日と終戦記念日 | トップページ | 中国の上空で考えていたこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/67130387

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の田舎で考えていること:

« 敗戦記念日と終戦記念日 | トップページ | 中国の上空で考えていたこと »