« フランスの大統領選挙ですね | トップページ

スターウォーズを見て

 スターウォーズがいつの時代を想像して描かれた物だかは知らないが、シンギュラリティと言われる2045年以降の話であることは確かだろう。


 人型自走式(走ることも可能)ロボットが当たり前に使われ、AIと思わしき頭脳を駆使して人のアシストを行う、そんな時代を描いている。

 そんな進んだ、多分人は余り働かなくても、たいていの事はロボットがしてくれる時代だろう。核弾頭以上の破壊力を持つ新兵器が話題に上っていたが。エネルギー問題も多分ある程度解決しているのだろう。

 そんな時代なのに、相変わらずドンパチ戦争を行っている人類が描かれている。言うなれば、ドンパチを描くために、場所を宇宙に持って行ったのだろう。

 ベトナムからの帰りの飛行機で見たのだが、ベトナムの発展を目の当たりにして、「平和というのは、人を幸福にするんだ」と感じた後だけに、未来の人類には、戦争の愚かしさをそろそろ分かってもらいたいものだ。

 ISやシリアへの空爆を行う超大国の大統領は、映画で描かれる帝国の支配者そのもの。気に入らない者は殲滅すると言う映画で描かれる悪の帝国。平和の維持の為に、色々議論を尽くして努力する姿勢の無い国。人類は、馬鹿な事ばかりしてきたのだから、そろそろその歴史を検証して、AIを駆使しても構わないので、ましな未来を創る努力をしてもらいたいものだ。

 2045年に訪れるというシンギュラリティについては別途、書きたい話題だ。AIだとかデーターセンター、IoTだとかロボット、ナノテクなど話題には事欠かないのだが、いかんせん私の頭がまとまっていない。まあ、まとまることはないのかもしれないのだが、、、、常にINGだから。

 しかし、スターウォーズがいかに愚かしいのか、マスコミはチャンと報道すべきだと思うのだが、、、、、マスゴミに期待するのが、いけないことかも。

|

« フランスの大統領選挙ですね | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/65287416

この記事へのトラックバック一覧です: スターウォーズを見て:

« フランスの大統領選挙ですね | トップページ