« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

混沌たる世界

 アメリカの大統領選挙が残した事象で大きかったのは、言ったことを「そんな事を言った覚えはない」だとか、「言っていない」だとか、そんな子供じみた言い張りが世間には通じるんだと言うこと。


 セクハラの事実は闇の中だが、それすらも「そんな事はやっていないし、それは罠だ」と言い張る、それにより世間はそれを承認する。

 これは、UKのEU離脱、フィリピンの大統領選、そしてUSAの大統領選と世界はその流れで変わり始めている。

 言い張れば、大声で言い張ればいいのだ!と、言った風潮が世界を覆い尽くそうとしている。韓国の大統領弾劾も同じ罠だ。大統領が私腹を肥やすために行ったことではない、そんな事が200万人集会を起こさせる、このヒステリックさ。誰が裏で企んだことなのか?企んだ人の思惑から大きく成長した世論。ヒステリックな。

  格差が開き、教育レベルも大きく開き、、、、、世界は文明の衝突を起こしている。地域による格差、生まれによる格差、能力、運による格差、いろいろな格差が大きくなり、マルクスが言うところの階級闘争なのかもしれない。

 そして、言葉は軽くなった。言った言わない、気分で人を非難し、そして、排斥することが許される風潮。それが、助長されている。そして、人権も軽くなる。政治家がマイノリティーを軽んじ、排斥。それを賞賛するあるカテゴリーの人々。いつかは自分に向けられる刃物だとは今は知らないで。

 世間を見渡せば、人々は感情で、雰囲気で動き、これまではマスコミがそれを煽っていたが、これからはSNS。ツイッターやフェイスブックの影響力が大きくなる。マスコミを利用するSNS。そして、それはFree。Freeである事の意味は、非常に危うい情報であると言うこと。有料だから確かだとは言わないが、Freeである意味は、ある種の偏向がそこに既に入っていると言うこと。

 新聞が読まれなくなって、NHK視聴費を払わなくて、情報源はコマーシャルで支えられたFreeのTVとSNS。情報はFreeだという観念は実に危うい。

 世界は思っている以上に危うい。

 農は、畑は、、、、、今日は終日雨。11月27日日曜日。
 雨だと、動きが悪い。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪ひいてしまった

 先日、とある本屋で、「日本テレビの○○と言うニュース番組ですが、トランプ次期大統領について伺いたいのですが、、、、」と声を掛けられたのですが。


 トランプ、トランプと日本は過剰にマスコミが反応しているようで、なんだか嫌な感じ。そこでコメントは断った。正直、トランプ次期大統領であって、現大統領のオバマ報道が日本のマスコミ、もう少しあっても良さそうなものなのに。

 トランプ次期大統領が決まって、株価が上がった。18000円に近づく勢いである。実に驚き。年内にやはり株は処分した方が良さそうだ。2017年の春には、かなり下がっていいそうだ。まあ、未来のことは分からないのが、スタンスだが、虎の子のお金をトランプ旋風で失いたくはない。

 トランプ次期大統領について色々考えることは、当然あるのだが、まあ、そんな事に気を使っているどころではない。他に考えないといけない案件が山積みしている。考えるには、材料を揃えないと。材料は情報、その情報収集しないといけないのだが、風邪ひいて寝込んでいたら、何もできやしない。困ったもんだ。

 考えないといけないこと;
 ① 株の売却 さて、どうするか?

 ② 古民家の件、色々学ばなければ。専門家に考えてもらうにしても、自分で色々学んで、情報収集しておかないと、面白さが半減してしまう。2017年来年の2月から本格稼働。

 ③ 仕事のこと。New Businessも考えなくては。

 ④ 畑のこと。

 ⑤ やりたいコンサルタントの事。

 何を優先させて、進めるか、考えなければ。

 うーん、マインドマップを書いて、このもやもやを一度はき出さないと、優先順位が付かないね。

 人は考える葦であると、ソクラテスは言ったが、考える事は、なかなか仕込みが大変である。情報収集しながら、考えて先に進んでいくしかないのですね、、、、。なかなかタフですね。

 まずは、風邪直して、元気にならないと。健康でないと、気力が充実して来ませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの最大の経済政策

アメリカの大統領選挙で報道は埋め尽くされている。余り言われていない話まくただが、アメリカの最大の経済政策は戦争である。戦争で軍需産業が潤い、景気がよくなると考える輩がまた跋扈しそうである。

 ブッシュ大統領の時代に、イラクでアフガンでどれだけ殺しまくたとか。意味のない戦争と言われているが、軍需産業にとっては、意味があろうがあろうがなかろうが、そんなことは関係ない。とにかく武器を消費してくれればok。
そんな時代が再燃するんだろうか?
ブッシュの夢よまた再びか?

良心の時代は終焉し、ポピリズムの闘いの時代。

こんな事を考えているのは、私だけだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »