« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

結構な雨の日曜日

 雨です。日曜日の雨は久しぶり。週末の雨は、結構痛い。


 昨日は降ったりやんだり。その中で、ひたすら雑草取り。鎌を使ったり、手で抜いたり、ホーと使ったり。どうして雑草の成長はこんなに早いのだろうか?雑草並みに作物(例えば枝豆)成長してくれるなら、こんなに苦労しないのだが、、、、。

 草刈ついでにニラとジャガイモの試し掘り、間引き人参。そんな物を収穫しました。

 雨の中、泥まみれになりながら草刈をした昨日とは違い、本日は本格的な雨なので、雨の中の作業は、カッパ着ようが、どうしようがずぶ濡れになるので。

 雨の日曜日は、なかなか厳しい。

 テニスもできない、畑もできない。ヤルことに制限が入るのは、実に悔しい。

 先日、ウリだとかカボチャだとか、コショウ(鷹の爪)の苗をただで持っていけという事で、頂いた苗を先週植えた。チャンと根付いていました。先週、植えたのは唐芋もあり、50本ぐらい植えました。これもだいたい根付いたようです。唐芋の苗は、10本150円の投げ売りの物で、カラカラになった物を植えたのですが、根付くんですね、、、すごい生命力です。

 秋まで雑草に負けないように世話すると、実りが期待できます。

 頑張って、草刈に勤しみましょう。

 そろそろ、古民家探しを始動させよう。ネットで見るだけでは進まない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月7日天気良好

 お天気良好。昨日まで雨降っていたので、畑はかなり湿った感じですが、雑草が抜きやすい。実に楽に抜けます。


 4月に入ってから、草刈、草むしりばかりの畑作業が続いています。

 かなり収穫を引っ張ったニンジンも終わり、エンドウももう終わりです。早生、中生、晩生とある中の中生、晩生のタマネギをボチボチ収穫。早生は間に合わず、中生、晩生しか植えていないので、、、、、、それにしても出来が小さい。昨年に比べて出来が悪いようだ。

 ジャガイモが茂りだしている。昨年、秋のジャガイモは全滅したので、この春のジャガイモは草木灰を購入して、切り口に付けて植えたところ、発芽率は90%以上で良好でした。さて、出来はどうなりますやら。

 夏野菜の苗を自前では用意しておらず、今年は購入。引越やら出張やらで水やりができそうもなかったので、最初から諦めていたのだが。そろそろ苗も購入しなくては、時期を逸してしまう。

 引越、仕事、地震と色々と忙しい。そして、草刈、草むしり。かなり体力消耗。チョット自信喪失。こんなに体力無かったっけ?と自問自答。

 趣味のヨガはかろうじて継続。

 畑は死守。

 仕事は、ほどほどに。

 バイク、阿蘇方面への道が、、、、、、一番いい季節なのだが、どうしたものやら。諫早、島原方面も魅力的ではあるのだが。

 陶芸は棚上げ。

 古民家取得、再生は体力的に問題が。

 ほんとやりたい事、やるべきことが多くて、困る。

 熊本の家内の実家の屋根補修もまたヤラネバ。

 今回の引越で、荷物の多さに呆れたので、荷物捨てて、身軽になろうと決心したのでした。まずは、CDや本。次に衣類。その他色々。まずは、体重減らして、そこからかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月になりました

 地震であたふたしていたら、5月にってしまいました。4月14日(自分の誕生日)の晩に前震と呼ばれる最大震度7の地震が起こり、16日の未明に本震が起こり、16日早朝から、買い物やら、水やらを調達して、熊本の家内の実家に赴き、あれやこれや。17日一杯、熊本で過ごし、18日早朝から、仕事。


 20日一杯仕事して、21日から船橋の家の引越の為に帰宅。22日船橋の荷物出し。23日は船橋から福岡へ移動。24日は荷物入れ、25日荷物の片づけ。

 26日仕事。29日金曜からゴーーーーールデンウィーク 30日、1日隈本と家の片づけ。畑も。畑が大変なことになっており、ひたすら草刈、草むしり。

 2日月曜は仕事。4月の締め作業。3日火曜は雨、畑をあきらめ、家の事。

 自分の体力の無さに驚いている。疲れが取れないのだ。一晩寝ても、全然回復した感じがしない。ひたすらクタビレテイル。畑仕事だと、二晩寝れば完全復活であったのに、引越と熊本の地震の始末はそうはいかない。畑仕事は、大地からエネルギーをもらっているのかもしれない。自分の年齢(54歳)を甘く見ていたのかも、、、、、。

 今回の熊本地震の解決は、まだまだ時間がかかります。避難所生活を行っている方々も3万人程度いる現実、まだまだ時間がかかります。何か自分にできることがあればと、思うのですが、、、、、。

 今回の熊本地震、最大加速度1580ガルを記録。地球の重力が980ガルなので、すべての物が宙に浮いたという事。これだけ大きな地震でありながら、この程度の被害であることは奇跡的かもしれない。すばらしい、日本である。

 ちなみに四国の伊方原発は650ガルの耐震性を有しているそうだ。
 鹿児島・川内原発は620ガルの耐震設計。

 日本の原発、安全性はどうなってしまったのか?

 これでいいのか?日本。

 原発村の復権が続いている。どうなってしまったのやら、、、。

 選挙に行きましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »