« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

断水

 何でも、気温が低くて、水道管が凍って、凍結による水道管破裂による水漏れで、浄水場の貯水槽が空になり、断水だそうです。


 トイレが大変。でも、水道のありがたさが良くわかります。実に、水道のありがたさ。そうです、ライフラインと呼ばれる意味がよくわかる一日でした。帰宅(21時過ぎ)したら水道が出るようになっていました。ありがたや。早速、ヨガで少し汗をかいた体をシャワーで洗いました。「ありがたや」

 九州、雪で大変でしたが、凍結でまたもや大変。そして、断水。よく考えれば、そういったリスクもあるのだと分かるのですが、そこまで読めないのが凡人の悲しさ、予想だにできませんでしたね。

 そんな分けで、水道に感謝の一日でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

九州大雪

 私の住んでいる九州 大雪です。


 本日は仕事で、佐賀まで。雪の中、滑る車を制御しながら、ユックリと運転を心がけ、何とか目的の半分を済ませ、佐賀まで行ってきました。

 雪ですね。タイヤチェーン、スタッドレスタイヤをはめている車は、トラックやタクシーぐらい。一般車=乗用車はほとんどはノーマルタイヤで、滑りながら進んでいました。国道で少しの登り路で、スリップして立ち往生している車があり、大渋滞を発生させていました。

 実に雪に弱い九州です。

 明日は、今日の雪が本格的に凍って、チョット大変。歩いて出勤しましょう。


 私の軽トラはパートタイム4WDなので、実にイイ具合です。雪道でも、滑るのは、滑りますが、それでも二輪駆動に比べれば、比較にならない運転のしやすさです。4WD恐るべし。

 そんな分けで、佐賀まで行ってきた割には、運転時間が長く、チョット疲れた感じです。

 今日も早く寝るとしましょう。


 さて、。さて、今週末は出張。月火の出張にしたかったのですが、相手の都合で、木金に結果オーライ。月火だと、雪で身動きが取れなかったかも、、、、。

 それにしても、右肩は相変わらず、痛いですね。何とも、面倒です。痛みを常に抱えているのは。

 鼻孔のデキモノはほぼ収まったようです。

 風邪ひかないように、免疫アゲテいかなくては。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター試験ですね

 本日と明日は、センター試験です。受験生の皆さん、実力を発揮されることを願っております。体調に気を付けて。


 一昨日は、滋賀からのお客が、昨日は北九州からの後輩がやってきました。一昨日木曜日は大学で講演があり、それを聞きに行っていました。

 講演者は、業界では超有名人の泉谷渉氏。IoTについての講演。実に興味深く聞くことができました。知らない事を知るのは、実に楽しいですね。

 チョット講演内容を記録したいのですが、、、、、右肩が痛くて、長時間キーボード打てません。また、別の機会に。

 先週金曜日の晩にラウンド1なるエンターテイメントスポーツ楽しむ施設に、生まれて初めて行ったのですが、、、。何が原因か、良くわからないのですが、右肩が筋肉痛になり、この一週間ズーット痛いのです。とにかく、不快です。それで、PCのキーボードを打つのも、マウスを持つのも、本を右手に持って読むのも、痛いのです。同じ姿勢で固まると、どうも筋肉がツルようで、痛くなります。

 昨年、年末からは右足の膝が痛く、それがほぼ気にならなくなったと思ったら、右肩の痛みです。

 実は、昨年年末から右鼻腔の奥がデキモノができて、それが次第に、奥から手前に移ってきて、痛みはないのですが、腫れています。これも気になりますが、、、、、。

 痛いのが多い、1月です。体調不良と言えそうです。

 そんな分けで、痛い記録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋肉痛?

 本日は、ひたすら右方辺りが痛い。多分筋肉痛だと思われる。昨日の朝(成人の日の朝)から痛い。遅い筋肉痛だと思われますが、終日痛いと、それだけで、結構参りました。


 とにかく痛みは人の思考を奪います。

 家内のアドバイスに従い、明日はシップを貼りましょう。少しは痛みが取れる事を期待して。

 筋肉痛が続くのは、回復力が落ちている為でしょうか?つまりそれは、加齢?多分そうなのでしょう。36歳のKさんと一緒に遊んだことが原因なのでしょう。


 とにかく、痛い一日でした。

 寝ても、寝返りが打てない。寝返りを打とうとするする度に痛みで覚醒し、寝返りを堪える。それって、やっぱり異常?そう異常です。でも、それも身から出た錆、錆び付いた体が原因。鍛えなければ。

 そんな分けで、本日はヨガを休んで、Meetingでした。

 明日は、この痛みもマシになるでしょう。

 シャープも東芝も、その他諸々の経済活動も、ひとまず横に置いて、痛みと向き合うこととしましょう。痛たたた、、、、、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は釣りに行きました

 昨日、2016年1月10日日曜日は、朝から釣りに行きました。

 例によって、Kさんにおんぶに抱っこ状態の、全てお膳立て頂いた状態での釣りです。ありがたや。

 Hさんも一緒。三人で朝3:30出発。伊万里湾から壱岐方面。外海は波、ウネリが大きく、釣りにならない、立っていられない状態で、波の小さな湾内、湾近くで主に釣りました。

 釣果はイトヨリX3、アラカブX2、真鯛小型X1、超大型X1、片口イワシX50以上。面白かった。私が片口イワシを入れ食いで釣っている時に、タイラバ仕掛けで船頭のKさんが超大型真鯛(メス)を釣り上げたのでした。実に美しいピンクの鯛でした。相撲の優勝者がよく掲げる鯛並み以上の大きさで、かろうじてクーラーに入る大きさでした。

 昨日は、イワシを全て捌き、刺身、煮つけ、唐揚+南蛮漬けを作って、ギブアップ。本日はイトヨリを煮付けました。明日は鯛の刺身を焙っていただく予定。

 本日は、朝食後、洗濯、掃除、図書館、畑。旗kで緑肥のスルゴーを刈り、セイダカアワダチ草を刈り、、、、、、ニンジンを収穫。明日、会社に持って行っておすそ分けですね。

 払い機で草刈。冬のセイタカアワダチ草はなかなか手強い。刈ると、一面種が舞って、容易に刈れない。私の畑の種変は耕作放棄地で一面セイタカアワダチ草。畑の侵入を食い止めるべく、耕作地の周りを刈り取っておきます。面倒ですが、冬の間に少しでも刈っておくと、春先に生える植物がセイタカアワダチ草だけでなく色々な雑草が生えます。これも結構楽しみです。

 今年はマルチを多用しようと考えています。昨年、雑草対策が余りに大変だったので、今年はその対策を施してみる予定。

 イワシの頭と内臓を他の生ごみと一緒に畑に埋めました。犬だろうと思われる動物にいつも掘り返されるので、今回はかなり深く埋めてみました。さて、どうなるか?チョット楽しみです。たぶんかなり掘られるでしょうが、果たして底まで届くか否か?

 植物性生ごみの場合は、掘り返されることは無いのですが、動物性の生ごみの場合は必ず掘り返されます。まあ、深さ20cmぐらいが限界なようですが、、、、。今回は40cm以上に深さに埋めたので、掘るにしても大変でしょうが、、、、。イノシシやサルでないので、酷い事にはなりませんが。
 さて、金曜日の遊びにより右肩が極度の筋肉痛。明日、ヨガに行けるのか?腕を上にあげるのに一苦労。ついでに、釣りでも右腕を酷使。これまた筋肉痛本日はそんな分けで、軽くしようと温泉に行きました。温泉は銭湯とは違い、実に気持ちの良い、気の抜ける、全身がクタクタになる感じです。ホント久しぶりです。

 さて、そんな分けで、本日もリア充の成人の日でした。

 明日からも、仕事楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発再稼働のリスク

 本当に必要な情報はなかなか見つからない。為政者は不都合な情報をなるべく国民に知らせたくない。その為には、心地好い、耳触りのイイ事象だけ発信する。


 川内原発再稼働は、どうして行われたのか?誰の意向なのか?原発稼働しなくても十分電力は余っている。まして、再生可能エネルギーをより沢山導入することで、将来的コストは削減できる。どうして、原発再稼働が必要なのか?一部の美味しい汁を吸う吸血鬼たちの為であるのは、明らかなのに、、、。

 原発再稼働には反対したい。
 その理由はダイヤモンド社から出ている「広瀬 隆」氏の主張に顕著に表れている。

フクシマ原発からの
放射能漏洩はトテツモナイ量に!
全く報道されない「トリチウム」の危険性

をぜひ読んでいただきたい。絶対安全がないことは、我々日本国民は3.11で知ったはずなのに。知らないことは、罪である。無知は、未来を閉ざす。
 多分、安部首相は周りのブレインに、アメリカの圧力に左右されているのだろう。選挙で原発再稼働反対主張することでしか、決定的な主張の場がない。選挙には、どうしても行こう!
 原発は未来の子孫への負の遺産でしかない。それを知る必要がある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年の経済動向&株価予測

 経済予測に関しては、大した根拠を私自身持っていない。従って、色々な人が言っている内容を私なりにまとめて、考えてみたということ。


 株価については、プレーヤーであるので、期待値が入っているので、余りあてにならない。しかし、プレーヤーとしてはこんな感じで年初考えているという覚書みたいなものである。まあ、当たるか外れるか、後から見てみよう的な、そんな感じである。

 さて、経済であるが、中国経済の減速が宣伝されている。「爆買いは終わりだ」とか、「中国の不動産バブルは既に破裂している」だとか、、、。そんな事を喧伝しているマスコミも、その結果がどう日本に影響するかを考察していないし、どうも一面だけ取り上げて危機感を煽っている感じである。

 中国経済は、緩やかな経済成長になり、「爆買い」も緩やかに減っていくことになると思われる。中国輸出に頼っている企業は減速となり、インフラ関連企業(例えばパワーショベルなどの油圧機器機械メーカーや工作機械メーカー)は2015年以上に売上ダウンとなると思われる。全体としては中国の影響を受けるのは確か。

 原油価格が$30台まで下がったのが2015年。2016年は緩やかな値上がりを示し、$60台までは回復すると言う意見に賛成。できれば$80ぐらいまで上がるべきであるが(再生可能エネルギー採算ライン)、2016年中は無理か?いずれにしても、アメリカの戦略=石油産油国の国力削減=対ロシア。つくられた相場と言えるので、分からないことが多い相場である。

 原油安、中国経済減退と余り良い材料は無いが、日本経済は、2015年並みの感じになるのではないでしょうか?いずれにしても、労働力不足が顕著になり、人件費は高騰、それにつられて給与所得者の収入も上がる傾向に。インフレ率は2%程度は達せでいるのでは?日銀の量的緩和の経済政策のおかげではなく、労働力不足が招くインフレであると言える。

 次は、株価。日本経済が2015年並みであるという前提に立てば、ゆるやかなに上昇、2万円超えは4月ぐらいか?ブラジルのオリンピックが終わる頃には、一旦下げて、2万円前後をうろうろか?そんな感じである。

 株価はまだら模様で、業績が良い企業と、悪い企業で、株価は分かれ、経営者の力量が問われる。これまで、調整が上手い人がトップに立ち、穏便に事を運ぶ事を尊ばれたが、今後は経営者らしいリーダーシップを持った経営者が引っ張る会社が伸びる。特にグローバルに展開する意思を鮮明に出している会社が伸びるでしょう。まあ、いつの時代も伸びる会社、現状維持の会社、衰退していく会社があるもので、その原因は経営者次第であるのは、変わらないのだが、、、、。

 日本の半導体衰退の現場を見ただけに、経営者次第だな~と思う。自分で情報収集せずに、部下から上がってくる情報を正として判断する馬鹿な管理職の多い事。部下から上がってくる情報の裏の取り方、確かさの判断方法すら分からない経営者が多かった半導体関連企業、それが衰退していった原因の一つ。もう一つは、優秀なエンジニアを優遇しなかった為に、競合相手に流れて行ったと言う事実。平等こそサラリーマンといった流れで考えれば、優秀な人材であればあるだけ、馬鹿らしくなって辞めていく。それが分からない経営者が何と多い事か。日本の半導体の衰退は、優秀な若手エンジニアとその他との差別化が無かった為の人材流出であったと、、、、考える。

 これは、鉄鋼、造船、半導体、液晶といった産業の流れでもある。

 話が横に逸れた。株価は全体では2万円前後。伸びる会社、伸びない会社の差別化が進みそうだ。

 さて、半導体で言えば、Samsungが四川省で300mmウエハーの最新工場を稼働させた。そして、UMC、TSMCの中国進出。これは台湾の法律改正で、300mm最新プロセツを中国に建設できるようになったのが大きな原因。それに輪をかけて、中国政府が半導体産業に2兆円の支出を表明、他、民間から4兆円を調達して、6兆円の半導体投資が始まった。日本は蚊帳の外であるが、2015年のTSMCの設備投資抑制(110億ドル⇒88億ドルに減額)は、中国進出の為であったのか?と考えたくなる現象です。スマホ部品、先のIoT成長への布石でしょうか?

 そういった意味では、IoTへの備えをしているのは、日本ではTELと村田製作所ぐらいで、他は判断を先送りしている感じですね。まあ、水面下で進んでいるのかもしれませんが、、、、、設備投資無く、IoTへの備えは無いと思うのですが。IoTの成長に乗ろうと思えば、2016年から設備投資して備えないと、2018円になってからでは遅いと思われますが、、、、、、、いかがでしょうか?

 まあ、色々予測を書きましたが、書きながら、自分自身の情報不足を痛感しましたね。もう少し、今年は情報収集に時間を割かないと、、、、。

 2016年初頭の大雑把な考えていることは、こんなところで。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます

 正月も二日になり、多少落ち着いた感がします。
2016年 どんな年になるのでしょうか?また、どんな年にするのでしょうか?
 幸福感はその人次第。頭で幸福と感じることができれば、幸福であることは確か。要は自分次第で、幸福感は決まるということ。で、あれば明るく元気に生活することが、あるいは、そう振る舞うことが幸福に繋がる。まさに真理です。そう、自分にも言い聞かせて、ご機嫌な毎日をおくりたいものです。
 さて、2016年の予想です。
 半導体業界は2015年ー0.9%程度だったようです。2014年での予想では、プラス2~3%予想であったのが、マイナス成長が結果のようです。その一番の原因はスマホの成長鈍化にあり、DRAMやフラッシュメモリーの値段下落にあったようです。
 さて、2016年は2%程度の成長と予測される方が多いようです。2016年の成長は0~2%程度とするのが妥当かと、、、、。
 ただ、半導体ティップメーカーの占化が進んで、Intel、Samsung、TSMCの先鋭化(14nm以下の開発)とLegacy技術によるIoTの拡大がより鮮明になりそうです。しかし、IoTの拡大は、2016年には起こらず、2018年以降になるようです。従って、2016年はモヤモヤした感じが続きそうだと言うのが、当たっているような気がします。
 TSMCの設備投資は当初110億ドル超えと言っていたのが、2015年後半の動向では88億ドルまで絞ったようです。また、IntelのEUV露光装置も15台発注が2015年4月にあり、話題になりましたが、全機種の納入は2016年に入ってから。SamsungやTSMCが追従する(発注する)のは2016年中盤以降となりそうです。TSMC辺りは、現在の露光装置で7nm線幅加工が可能だと言っていますが、果たしてコスト的には可能なのか、どうか?まだ、判断が付かない感じです。
 そんな技術的なことも含めて、iPhoneの動向が半導体のトレンドを司っている感じです。2015年は7月以降イメージセンサーが不足して、Apple以外のメーカーのスマホ生産の足かせになったようです。2016年はイメージセンサーで買収トップを走るSonyのより踏み込んだ増産、そして、Samsungその他のメーカーの追従がなされるでしょう。
 Appleが有機ELディスプレーの採用に動き出したことで、これまでの液晶メーカーの危機意識は否応なしに上がってきています。いずれにしても、Appleの動向でこの業界、一喜一憂している感がします。昔のIntelの動向に業界が一喜一憂したのに似ています。
 iPhone関係で言えば、マイクロンジャパン(東広島)のMobile DRAMのシェアがどうなるか、東芝+サンディスクの動向がどうなるか、Sonyがどこを買収して増産するのか?こういった事がiPhone関連と言えます。
 後、注目すべきは車載LSI関連。イメージセンサーのSonyの占有率、ルネサス、デンソーの設備投資も注目です。車載関連は、景気の動向にあまり左右されない、着実に進む内容で、信頼性が極めて高くないといけないデバイスでもあるので、All Japanで確実に進めてもらいたいものです。
 そんな分けで、2016年の大きな成長は期待できないですが、ある程度着実に進みそうです。
 世界全体の景気は、ブラジルのオリンピック以降不安定要素が大きくなりそうです。
 この点については、また、次回。次回以降、世界全体経済の動向と日本の株価の動向についても考えたいと思います。(今日はチョット時間が足りませんでした)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »