« 明けましておめでとうございます | トップページ | 原発再稼働のリスク »

2016年の経済動向&株価予測

 経済予測に関しては、大した根拠を私自身持っていない。従って、色々な人が言っている内容を私なりにまとめて、考えてみたということ。


 株価については、プレーヤーであるので、期待値が入っているので、余りあてにならない。しかし、プレーヤーとしてはこんな感じで年初考えているという覚書みたいなものである。まあ、当たるか外れるか、後から見てみよう的な、そんな感じである。

 さて、経済であるが、中国経済の減速が宣伝されている。「爆買いは終わりだ」とか、「中国の不動産バブルは既に破裂している」だとか、、、。そんな事を喧伝しているマスコミも、その結果がどう日本に影響するかを考察していないし、どうも一面だけ取り上げて危機感を煽っている感じである。

 中国経済は、緩やかな経済成長になり、「爆買い」も緩やかに減っていくことになると思われる。中国輸出に頼っている企業は減速となり、インフラ関連企業(例えばパワーショベルなどの油圧機器機械メーカーや工作機械メーカー)は2015年以上に売上ダウンとなると思われる。全体としては中国の影響を受けるのは確か。

 原油価格が$30台まで下がったのが2015年。2016年は緩やかな値上がりを示し、$60台までは回復すると言う意見に賛成。できれば$80ぐらいまで上がるべきであるが(再生可能エネルギー採算ライン)、2016年中は無理か?いずれにしても、アメリカの戦略=石油産油国の国力削減=対ロシア。つくられた相場と言えるので、分からないことが多い相場である。

 原油安、中国経済減退と余り良い材料は無いが、日本経済は、2015年並みの感じになるのではないでしょうか?いずれにしても、労働力不足が顕著になり、人件費は高騰、それにつられて給与所得者の収入も上がる傾向に。インフレ率は2%程度は達せでいるのでは?日銀の量的緩和の経済政策のおかげではなく、労働力不足が招くインフレであると言える。

 次は、株価。日本経済が2015年並みであるという前提に立てば、ゆるやかなに上昇、2万円超えは4月ぐらいか?ブラジルのオリンピックが終わる頃には、一旦下げて、2万円前後をうろうろか?そんな感じである。

 株価はまだら模様で、業績が良い企業と、悪い企業で、株価は分かれ、経営者の力量が問われる。これまで、調整が上手い人がトップに立ち、穏便に事を運ぶ事を尊ばれたが、今後は経営者らしいリーダーシップを持った経営者が引っ張る会社が伸びる。特にグローバルに展開する意思を鮮明に出している会社が伸びるでしょう。まあ、いつの時代も伸びる会社、現状維持の会社、衰退していく会社があるもので、その原因は経営者次第であるのは、変わらないのだが、、、、。

 日本の半導体衰退の現場を見ただけに、経営者次第だな~と思う。自分で情報収集せずに、部下から上がってくる情報を正として判断する馬鹿な管理職の多い事。部下から上がってくる情報の裏の取り方、確かさの判断方法すら分からない経営者が多かった半導体関連企業、それが衰退していった原因の一つ。もう一つは、優秀なエンジニアを優遇しなかった為に、競合相手に流れて行ったと言う事実。平等こそサラリーマンといった流れで考えれば、優秀な人材であればあるだけ、馬鹿らしくなって辞めていく。それが分からない経営者が何と多い事か。日本の半導体の衰退は、優秀な若手エンジニアとその他との差別化が無かった為の人材流出であったと、、、、考える。

 これは、鉄鋼、造船、半導体、液晶といった産業の流れでもある。

 話が横に逸れた。株価は全体では2万円前後。伸びる会社、伸びない会社の差別化が進みそうだ。

 さて、半導体で言えば、Samsungが四川省で300mmウエハーの最新工場を稼働させた。そして、UMC、TSMCの中国進出。これは台湾の法律改正で、300mm最新プロセツを中国に建設できるようになったのが大きな原因。それに輪をかけて、中国政府が半導体産業に2兆円の支出を表明、他、民間から4兆円を調達して、6兆円の半導体投資が始まった。日本は蚊帳の外であるが、2015年のTSMCの設備投資抑制(110億ドル⇒88億ドルに減額)は、中国進出の為であったのか?と考えたくなる現象です。スマホ部品、先のIoT成長への布石でしょうか?

 そういった意味では、IoTへの備えをしているのは、日本ではTELと村田製作所ぐらいで、他は判断を先送りしている感じですね。まあ、水面下で進んでいるのかもしれませんが、、、、、設備投資無く、IoTへの備えは無いと思うのですが。IoTの成長に乗ろうと思えば、2016年から設備投資して備えないと、2018円になってからでは遅いと思われますが、、、、、、、いかがでしょうか?

 まあ、色々予測を書きましたが、書きながら、自分自身の情報不足を痛感しましたね。もう少し、今年は情報収集に時間を割かないと、、、、。

 2016年初頭の大雑把な考えていることは、こんなところで。


|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 原発再稼働のリスク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/62993568

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の経済動向&株価予測:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 原発再稼働のリスク »