« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

探検部OB会に出席

 本格的冬到来、そんな感じのこの一週間でした。


 そんな寒い中、寒い事を承知で、OB会にバイクで参加。南小国までバイクで。あー寒かった。

 行きは、和水町まで出て、玉名-立花線を北上、その後国道三号線に出て、そこから菊池を目指すはずだったのが、通行止め。仕方なく、黒木を目指し、日向狭を経由して鯛生金山に抜けるはずだったのが、狸に化かされた感じで、元の県道13号黒木線に出てしまい、振出しに戻る。
 その時点で15時前。何とか鯛生金山に辿り着き、そこからひたすら小国、南小国を目指し、目指す宿へのアプローチで少し迷い15分ぐらいロス。到着は16時過ぎ。

 ひたすら寒かった。
Pb290002
 お宿は、まさに合宿所。雑魚寝&コタツでご飯。久しぶりに旧友と再会。早速酒盛り。その前に寒いので温泉へ、、、。
 皆いいオジサンになり、孫ができた人が2名。もうそんな齢ですね。

 いずれにしても、集まれた人たち(8名)は、健勝で過ごしてこれた人たち。

 なにより、なにより。

 さて、来年は私が幹事を仰せつかりました。今度は、佐賀、長崎方面でとのリクエスト。どうなりますやら。

Pb290004

 一晩明けて、帰りは黒川温泉郷を左手に見ながら、山並ハイウエー経由で、大観峰を左手に見ながら、北外輪山上を菊池渓谷を抜けて、菊池まで。


Pb290006 高岳は薄っすら雪化粧でした。写真では見難いですね。寒いはずだ。

 菊池から山鹿に抜けて、山鹿から平山温泉を抜けて、和水町の「大塚カレーと珈琲ユキコ」で、コーヒーとカレーを頂きました。
 この大塚カレーと珈琲ユキコを知ったのは、先週の図書館前の「ねねの市」で。カレーが独特で、スパイシーでありながら辛くないカレー。お腹から温まります。ぜひ、カレー好きの人には味わってもらいたいものです。ユキコさんは長崎・壱岐のご出身だそうで、縁で和水町住民となられたとか。
 和水町の響きと、漢字がイイですよね!
 この町で古民家探そうかな???
 思案中。
 まあ、寒いツーリングでした。結構消耗したかも?
 でも、変わらない友人たちとの語らいで、心は温まりました。そう、自分が18歳の時に出会った友人たち、もう35年になるんですね。35年前に心が飛ぶのは、どうしてでしょうか?不思議だ。
Pb290008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大な薩摩芋

 どうしてこんなに大きな薩摩芋ができるのやら。
Pb231216まるで、カボチャのような薩摩芋。手袋はMサイズ。子供の頭ほどもあるのです。

 こんな薩摩芋、食べれるんかしら?多分食べれるでしょう、果たして美味しいのでしょうか?

 最低でも一週間は乾燥させようかと思っていますが、、、、、。無肥料、無農薬です。
また、今年、耕作放棄地に初めて薩摩芋を植えたところです。
 不思議だ。

 昨年、植えたところは、まあ、凸凹ありましたが、まあ、まあでしたが、この薩摩芋の品種はこの地だけに植たのですが、極端に豊作です。不思議。
Pb231215粘土質の畑に合う品種なのでしょうか?

 表面は白のお芋です。

 他の人に既にかなり分けましたが、、、、まだ、コンテナ2杯+ペール缶2個分あります。食べきれないので、当然、おすそ分けを実施しますが、、、、、それでも、限界があるので、さて、どうしたものでしょうか????

 久しぶりに、写真を撮ったので、ついでに人参の姿も。すくすくと育っていますが、まだ、小さい。間引きがもっぱらの仕事です。
Pb231221
葉っぱが美味しい頃です。虫がほとんど来ていないのは幸いです。

 九州は暖かいので、雑草も元気です。

 今週は、3日間畑に通い、玉葱の定植、スナップエンドウ、キヌサヤ(熊本ではアクシャ豆=アクシャ打つほど(愚痴を言うほど)沢山できる豆)を播きました。そして、薩摩芋の収穫。色々やれましたが、まだ、やるべきことは沢山あります。さすが、百姓(=沢山の仕事があると言う意味)は面白い。

 本日も、健康で、元気に働けました。

 畑は14時まで、その後、Business=仕事でした。帰宅すると、18時過ぎ。クタクタです。

 昨日(22日日曜)も、午前中図書館、昼一から畑、18時からMeeting(仕事)で、フルで働きましたから、これで2日間、畑と仕事の両立をしています。なかなか、クタビレタ連休でした。

 では、おやすみなさい。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

大牟田 図書館前 ねねの市

 図書館にたまたま行ったら、ねねの市というマルシェ(市場)をやっていました。そこで徳永農園さんんからピクルスの瓶詰と大塚カレーとcoffeeユキコのカレーを買って帰りました。カレー絶品、ピクルスも絶品。これはすごい!

 あー美味しかった!徳永さんは、大牟田・宮崎地区で農園をやっているそうで、色々なイベントでの販売がメインとか、、、、。大塚カレーと珈琲ユキコ さん方は和水にお店があるとか、、、、今度平山温泉に行くときにでも寄らせて頂きます。
 若い人が、頑張っているのを見るのは、何だか元気が出ます。これだけインターネットが流行っているのに、こういった素敵な情報はなかなかゲットできませんね、、、。
 
 しかし、美味しいは、素敵ですね。

 さ~てと、畑に行きますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス・パリのテロ

 憧れのフランス・パリで凄惨なテロが起こりました。ISがテロ声明を出しているようですが、どうしてこうなってしまうのか?


 文明の衝突、宗教的要因、、、、色々考えられますが、このテロ組織がお金を持っていることが大きな要因だと思われます。石油採掘所を押さえていて、闇に石油を売り、そのお金で組織維持を行っているとか、、、、。本当の所は分かりません。どこかの国がお金を出しているのか、あるいはとんでもないお金持ちがお金を出しているのか???どこからお金をひねり出しているのやら。

 それにしても、亡くなった方々には、お悔やみ申し上げます。普通の市民生活を過ごしていた人々が、突然戦闘に放り込まれる恐怖。想像すらできない凄惨さです。
 
 近年、フランスは、これで二回目。新聞社が襲われた、「シャルリー・エブド襲撃事件」 。そして、今回。また、アメリカの同時多発テロ「9.11」(2001年)など、世界は悪意のテロで充満している感じがする。インターネットが発達することで、人々は難民化したり、ISのような戦闘組織の募集を行ったり、、、、、複雑化するとともに、悪意が大きくなっているのだろうか?

 なぜフランスが狙われたのか?その点は分からないのだが、、、、ある意味都市の恐怖が広がりそうである。

 フランス・パリはこれまで1回行ったことがあるのだが、一度はドゴール空港からパリをかすめて、田舎の工場に仕事で行って、その帰りにパリの街を一日散策する予定だったのが、交通機関のストで、空港で20時間缶詰だった記憶がある。パリの街を散策することなく、憧れの街になってしまった。

 エアー・フランスを使って、ドイツ・フランクフルトだとか、オランダ・アムステルダムなどに行くと、フランス・ドゴール空港で夜中のトランジットなどを何回か経験したのだが、、、、とてもフランスを知っているとは言えない。知らない町・憧れの街パリ。お悔やみ申し上げるしかない。実に残念な事件である。

 悪意の連鎖を断ち切るには、、、、難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪意の存在する世界

 よく、人の心には悪魔が巣くっているとか、野獣の心を持っているとか言われます。そんなエゴイスティックな心に加えて、暴力や暴行、虐待などといった、他人を殺傷する行動までを引き起こす心が確かに存在しする。


 どこそこの国は暴力的だとか、どこそこは治安が悪いだとか、虐待や虐殺が行われているだとか、、、、、歴史を振り返れば、戦争は虐殺の歴史であり、虐殺の前には必ず虐待が存在している。どうにかこの負の連鎖を断ち切れないモノか?そう言う思いに駆られるのだが、歴史認識から言えば、絶望的である。

 今回の日本国憲法をナイガシロニした戦争法と言われる法律を公明党が一緒に通したということが、日本にとっては結構、暗黒的な展開になりそうである。

 戦争法の後の、TPP。これは、日本の国益の減損でしかない。現首相が「国益の為」と言っているのは、アメリカの国益の為であり、中国覇権へのけん制でしかない。歴史的には、アメリカの絶頂期は過ぎ、どんなスピードで凋落するかが、これからの歴史の課題であるのだが、その「溺れる者は藁をもつかむ」のたとえ通り、現政権はアメリカにシガミツカレル状態をヨシとする詭弁を弄するところが、なんとも醜悪である。

 これも、それも民度の問題。そう、民度は為政者にリードされる面はあるが、結局はその国民の問題。昔と違い、とんでもない為政者が現れたら、変更すればいいのだが、その認識すら持たない愚民化が進んでいるのも確か。投票率が全てを物語っている。

 それにしても、最近は悪意ある法案、条約などが決まっていく。挙句の果ては、日本国憲法変更なのでしょうが、そこまでは無理でしょう。小さな選挙、大きな選挙に関わらず、自分たちの事を決める選挙には、行くべきです。行きましょう!

 日本の政治やその中の生活に、悪意が満ちてきているような気がするのは、私だけでしょうか?悪意とどうすれば距離が保てるのか、また、そういった悪意に対峙する作戦をしっかり考えなければならない時期なのでしょう。

 この間の日曜日から本日水曜日(11月11日ポッキーの日)まで、また新たな体験、発見をしたので、こういった悪意について考えさせられました。自分自身が悪意に取りつかれないようにしなければ。

 4日間の体験(小旅行)は、また別の機会に書きたいと思います。

 今月11月は、月末の週末、探検部OB会のみがイベント。12月は忘年会シーズンという事もあり、イベント目白押しになりそうですが、抑えて生活したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり分からないIS

 幽霊を信じますか?正直、私自身は、「幽霊やお化け、妖はいた方が面白いし、楽しい」とは思うのですが、ファンタジーを信じるか否かと同じ、信じられない。存在が、繰り返し同じ現象を見ることはできないし、再現性が無いと私自身は思っている。


 実は、幽霊やお化け、妖と同じく、同列で語ってはいけないと言う人が多いが、神も再現性がないので、信じることがあまりできない。完全に否定する気にはならないだが、、、、、だからと言って、信じる気にはやはりなれない。

 現代科学は、繰り返し、あるいは再現性があるかないかが、工学的、科学的考え方なので、チョットやそっとでは、信じることにはならない。

 そんな分けで、イスラム教だとかキリスト教だとかでの、争いごとに命を掛けるのが、イマイチ分からない。イスラム教のIS(イスラム国)の争いも、根本的な所で理解できていないのかもしれない。

 文明の衝突などと言っているが、、、、、無神論者の私には、本当のところが分からない。別に現生だけが全てであるとは思っていないが、だからと言ってあの世も信じる気にはならないし、ましてや天国も地獄も極楽も信じることはできない。

 さて、さて、どう理解したものか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »