« 宗教とは? | トップページ | オリンパスのデジカメ 故障? »

11日ぶりの記述

 なかなか、忙しいこの二週間でした。


 14日は熊本で、旧友たちと久しぶりに会食したり、16日は東京駅丸の内、新丸ビルでドイツビールを飲みながら、諸々の事を話したり、船橋の自宅で食器を洗ったり、掃除機掛けたり、10Km以上の散歩したり、ガテン系の免許申請したり。20日は熊本大学でTELのCEO東氏の講演を聞いてインスパイヤーされたり。

 相変わらず写真は撮っていません。まあ、撮っても載せるわけにはいかない内容ばかり。畑は雨が降らず、どうなっているのやら、、、、。本日24日土曜日、久しぶりに汗を流しに行きます。

 自然栽培と言う名のジャンルに属する私の畑は、かなりプアー(貧しい)な(パンの世界だとリーンな、と言う表現になりますね)感じですね。有機肥料も入れないので、なかなか粘土質な畑から変わりません。

 畑の記事は、本日写真を撮って載せましょう。

 さて、日本の半導体の方向性ですが、これからどうなるのか?IoTの爆発的な拡大期をこの5年迎える状況で、どんな立ち位置なのか?

 半導体には二つの流れがあり、Intelの突き進んでいるムーアの法則に則った微細化の流れ。それとはチョットちがう、色々なモノがインターネットに繋がっていく方向。一番のトレンドは車ですね。車はインターネットに繋がることで、自動運転、自動制動の時代に突入します。そこで使われるデバイスは、高信頼性、高耐久性。現在最先端の14nmの線幅よりも45nm線幅のデバイスの需要が爆発的に増えるとのこと。

 NikonはASMLに対抗して微細化に進んでいますが、Canonはその微細化の世界から脱落していますが、ある種の復活が期待されます。TELも古くなった機種の需要が増えているようです。

 イメージセンサー、アナログ、マイコン、パワーデバイスなど日本のお家芸的なICがこれから増えるという事。そこで、日本がキッチリものづくりできれば、今後も、ものづくり立国が可能だと言う事。なかなか面白い将来像=ビジョンです。

 伸長する分野、のびる会社など多くありそうです。そう、中国の人件費の高騰は、日本にとっては追い風になる可能性もあります。

 世界の最先端を走る高齢化日本。世界の見本になる事が、多く発信できる可能性が高まっていますね。あー面白い。自然栽培の畑も、半導体も、仕事も、テニスも、ヨガも、散歩も、バイクも、株取引も、そういったモノ全てひっくるめて、楽しいですね。

 

|

« 宗教とは? | トップページ | オリンパスのデジカメ 故障? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/62537988

この記事へのトラックバック一覧です: 11日ぶりの記述:

« 宗教とは? | トップページ | オリンパスのデジカメ 故障? »