« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

「株安の今が投資のチャンス」と言う記事

表題の「株安の今が投資のチャンス」と言う証券アナリストたちの記事が目に付く。この株価が安い時に買うべきだとか、、、、、。株価は19000円に戻したとたんに、もう「買い」だとかと騒ぐヤカラが幅を利かせる。まるで原子力村の住民の様に「原子力は安全だ!」と再稼働をさせるために、言い張る人たちのように、実に無責任なヤカラ=アナリストが多いことよ!


株価は少し戻しただけ。まだ底を付いたとはとても言えない。

中国経済が今後どうなるか分からない状況で、日本の経済も無傷ではおれない。特に中国輸出産業は打撃を受ける。さらに、韓国経済も中国に引きずられて、同様に下がる。韓国に輸出している産業も、大変な目に合う。

中国に車を輸出している世界中の車メーカーも打撃を受けざる得ない。運輸も、下がる。鉄鉱石も石炭も下がる(需要が減退)。資源が余る方向に転がる。

中国の経済減速、低成長どころかマイナス成長になる状況から、日本の株価は19000円台を維持できるとは思えない。18000円台で一時停滞すると私は予想している。もっと悪い予想をすれば17000円台での停滞、それ以下での停滞かもしれないと思っている。

そんな状況下で、株が安くなった今が買いだと言う人たちの、感覚を疑う。それは、ギャンブル=投機(投棄?)ではないかと思う。まあ、無責任なプロフェッショナルを名乗るヤカラが多いことよ。

日本内需もGDPもマイナスである。外需に頼っている産業も、世界全体が減速、減退(リセッション)それば、全体での勝ちはない。リーマンショックとは違う形でのリセッションが起きているのだろう。

まあ、ポジションをどこに持つかで(立つかで)、言動も違ってくる。原子力村々の民の様に、後世に遺恨を残すと分かっていながら、そのポジション(現世利益)がそう言わせるのだろうが、人間は悲しい生き物である。

経済成長が必ずしも、幸せをもたらしてくれる分けでは無いことに考えを及ぼしてみましょう。なかなか難しい考えではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すきな女性歌手

好きな女性歌手=ボーカル一考。


まず上がるのが、竹内まりや。続いて、中島みゆき松田聖子松任谷由実

竹内まりあは私の7歳年上。中島みゆきは10歳年上。松田聖子は1ヶ月年上、松任谷由実は8歳年上。私の好きな女性歌手は皆さん年上ばかり。
しかも、その若さには驚かされる。好奇心を持って生活すれば、それだけ若さを維持できるということかも。

日々の生活で、好奇心、クリエイティブな事を置き去りにして生活してしまうと、時間の経つのも早いが、老けるのも早いのかも。

たまたま、竹内まりあのライブ動画をネットで見る機会があったが、なんと若いことか?とても、とても専業主婦シンガーソングライターとは思えない。変にアンチエイジングしている感じでなく、ラジオなどで聞くインタビューも、とても魅力的である。

先月だったか、竹内まりやのライブが福岡であったのだが、行ってみたいものである。意外と、地方の方が取りやすかったり?まあ、そんな甘いものではないだろうが、チケット手に入れようと思えば、ファンクラブに入るべきなのかも?

福岡・天神・博多辺りでライブを見る楽しみを持ちたいものである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株の底を考えてみる

大した運用実績があるわけではないのだが、ここ1年ほど、真剣に株と向き合っている。そしてこの世界同時株安である。どこが底で、どこの時点で買いなのか?それを少し考えてみた。


リーマンショックと同じ「暴落」と定義すると、、、、、チョット大変。
ここ10年の日経平均株価を表示。2008年9月にリーマンショックが発生。一旦さげたもののしばらく小康状態を保ち、そこから11月末にかけて下げ、2009年2月に回復基調に。少し回復したものの2011年3.11で低迷。日本はもう終わりだ、とか、色々な国の人がつぶやいていたようようですが、、、、。
チャート
さて、今回の中国初の株全面安。中国経済に限定されたものではなく、USAもEUも、そして日本も安くなっています。
金利ほぼ0%の日本で、株式運用が注目されている現在、どこが底かは大切な事項。先日書いたブログで18000円を割ると、マインドが凍り付くと書いたのですが、18000円割りそうな感じですね。16000円を割って、そこで一旦落ち着くのでしょうかね?これは、駄目ですね、予想付かないですね。底を打って、上昇基調になっても、プレイヤー全体が「上昇基調」との気持ちにならないと、本格的上昇にはならないので、時間が掛かりそうです。そう、年内は全体的上昇とはいかないかもしれないですね。
 
今回の原因の中国経済ですが、中国・共産党発表の経済動向であり、共産党に不利な事は書かないので、どこまで真実で、どこからがフィクションなのか分からないといった、不透明感が言われています。
シャオミ(小米)の減産はこの春(4月ぐらいから)言われていました。もしかしたらシャオミは中国のこういった経済減速を予想していたのでしょうか?だとしたら、やはり、その動向には注目です。

サムソンの最近の動向が分かりません。世界最大の半導体工場の起工式を5月に韓国大統領を招いて行っていますが、その動向が分かりません。そろそろ装置の発注が始まってもおかしくないのですが、、、、、フォーキャストも出ていないようです。

東芝・四日市の設備導入フォーキャストも白紙になったみたいで、ますます、半導体関連は先行きが見えなくなっています。

しかし、車関連の半導体、イメージセンサー関連の半導体、モバイルDRAM、データーセンター向けフラッシュメモリーなど、面白いテーマは沢山あるのですが、、、、。新工場と言うより、M&Aの方が進みそうですね。富士通・三重、パナソニック魚津、ルネサス甲府。日本には良い工場がまだまだ沢山あります。M&Aにも注目かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い日の農作業

昨日、日曜は師匠が旅行で不在なので、テニスは無し。朝から畑に。昨日の続き。

里芋の周りの草刈をしました。雑草に負けて、大きくなれない里芋が多数。そんなに放置したつもりはないのですが、、、、、。今年は、梅雨が長くて、良く雨が降りました。その後、梅雨明けと同時にカラカラに。21日以上雨が降らなかったのです。ホント、ポンプ買って、散水できるようにしないとまずそうです。
手作業の里芋の草刈に1時間。その後、払い機で他の畝の草刈を行い1時間。色々やったり昼飯(インスタント・ソース焼きそば)食ったり。4時間が限界でした。もう少しやれそうでしたが、用意していた2ℓの飲料水が底を尽きそうだったので、あきらめました、昨日の最高気温33℃。沢山汗をかきました。
その後、温泉に行ったのですが、温泉に浸かっていたら、右足のすね部分がツリ、体を洗っていたら、左足の足裏がツリました。こりゃミネラルバランスが崩れたという信号。参りました。カリュウム不足。塩分は、ソース焼きそばで十分取れていると思うので、カリュウム不足とは、、、、。それにしても、2ℓ以上の汗かきは、それなりの対策をしないとまずいようです。
土日で少し夏バテ。食欲も少なめ。体重減ったかな?少し減っていましたが、、、、、一番減った時に比べると、3Kg増えています。ウーンもっと減らしたい。
農業関連のブログをいつも拝見しているのですが、皆さん体力あるわ~。私なんて、草刈だけでヘトヘトですから。畝立てを手作業でやろうとすると、チョット厳しいですね。
耕運機借りて、土をひっくり返さないと、雑草の残った根から、また発芽して、もとの黙阿弥。そろそろ玉葱、ニンニクなどの畝も用意しておかないと、、、、、。それ以上に、秋のジャガイモに挑戦しないと、、、、。チョット時間がありません。土日では時間は限られ、その上、暑さで長時間は難しく、、、、、農作業をやるならやったで、悩みが生まれますね。
今週火曜日は台風が来ます。畑のつる用のネットに被害が出ないといいのですが、、、、、。

まあ、なるようになるしかないのですが、、、、。

楽しい事は、それはそれで悩ましい事でもありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景気と株

 景気と株の事書くのを忘れていました。上海株暴落の時に書いた通り、売れる株は売りました。その後、日経の株は結構持ち直して、「私の読みは間違いだったかな?」と、揺らいでしまいましたが、中国元の切り下げ、中国GDPの低迷、そして日本のGDPの低迷、さらには韓国経済の落ち込み、などなどが重なり、NYも東京も下げましたね。この下げの底はどの辺りでしょうか?

 これまた、推理。仮説と検証。自分の立てた仮説が正しかったか?間違いであったか?それは時間が教えてくれる。

 私の読みでは、日経19000円を割って、18000円台でしばらく硬直。まあ、17000円まで下がるとは思えないのですが、17000円台まで下げると、マインドが氷ついてかなりやばい事になりそうですが、、、、、。少なくとも、一ヶ月、二ケ月は様子見ですね。

 興味がある株がお買得になると、買いたくなるのですが、そこは我慢。しばらく、株は凍結と言うことで。投資は行わないけど、注目はしていこうと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二週間ぶりの畑

 お盆で、先週は船橋の自宅にて過ごしたので、九州の畑は、ホッタラカシ。まあ、雨が降っていたので、そんなには気にしていなかったのですが、、、、、、、、。

 マイリマシタ、雑草に占拠されていました。そう、雨が降って、高温で、いかにも植物の育成に適した環境となっており、作物にとっては素晴らしい。雑草にとっても、素晴らしい環境で、二週間前に草刈した場所も、エエエエ!と驚くぐらいの雑草の育ち方。

 頑張って、草刈しました。計3時間余り。払い機で大方払って、そして、作物の近くは手作業。鎌が錆びていて、それの研ぎから始めた次第。まあ、まどろっこしい事。それでも、切れ味が良くなると、草刈効率、力の削減も可能になり、良いことずくめ。しかし、悲しいかな、安物の鎌はイクラ研いでも、切れ味が劇的に良くなる分けではないのです。千円以下の鎌の悲しい現実。

 私の使用している包丁は、結構高価であった為か、研ぐと素晴らしい切れ味になり、なんとも気持ちがいいのですが、鎌はそうは行きません。高価な鎌を買ってみようかな?それとも、雑草の草刈を極力しないように、マルチ多用にしようかしら?悩ましいものです。

 極力お金を掛けない、従って、化学肥料も有機肥料も、まして石灰も播きません。ひたすらその土地に合った作物で、畑やってます。昨年は、普通の蔓キュウリで成績が悪かったので、今年は地バエキュウリを試した結果、良好でした。今後、地バエキュウリにしようかとも思っていますが、七夕キュウリ(遅く種を播いたもの)で、ドイツで購入した古い種があったので、それを播いてみたところ(2年前)、発芽して育ちつつあります。チョット楽しみ。ピクルスで見るあの小ぶりなキュウリです。

 とにかく、本日も暑かった。32℃以上は上がったかな?殺人的な暑さではないですが、汗だくは7同じ。4時間ぐらい畑に居て、2リットルのお茶はほぼ飲み尽くしました。しゃがんで草刈をしていたら、立った瞬間にめまい。立ちくらみと言うやつです。こりゃダメダと思って、本日は撤収。明日、また再度挑戦。雑草との戦いは、まだまだ続きます。明日は、里芋の手での草刈。草に負けて、育っていない株が多数見られます。来年からは、マルチにしようと誓うのでした。

P1011097 大豆、小豆を播こうと思って、雑草だらけの蕎麦畑を払い機で徹底的に刈ってから二週間後の状況。

 雑草の写真、撮ったのですが、雑草写真は、何が作物で、何が雑草かも分からない写真です。 

 もう、何が何だか、、、、、草刈すれど無力感に、、、、、。次の写真は、小豆を播いて、発芽している畑の写真ですが、雑草ばかり強くて、小豆の姿は見えません。この後、じみに手作業で草刈しましたが、小豆が早く茂ってくれないと、雑草に埋もれてしまいます。雑草が生えている所は、小豆の発芽率がイイんですね。何かあるんでしょうね、、、、、。大豆は畑を肥やしてくれるのですが、小豆は根球菌がないようで、大豆のような作用は無いようです。それでも小豆は使いますが、大豆は味噌つくりしない現在、余り使いようがなくって、、、、、、。まあ、贅沢言ってなくって、頑張って、畑豊かにしないと。

P1011098

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆ですね

8月も中盤。お盆ですね。8月15日は敗戦記念日でもあるのですが、我が娘の誕生日でもあります。18年前に生まれたのですが、元気に日々過ごしています。親としては、実にうれしいことです。


原発の再稼働、安保法案の審議、ギリシャ問題、プエルトリコのデフォルト、上海株価暴落、中国経済のリセッション。まあ、色々ありますね、、、、。ホント、グローバルに世の中動いています。しかし、人一人動けるのはローカルであり、守るべきは家族であり、地域であり、地域環境。

久しぶりに雨が降っています。ホント久しぶり。20ℓのポリタンク2本と2ℓのペットボトル30本ぐらいは畑に水を撒いていたのですが、焼け石に水とはまさに、そのこと。雨は実にありがたい。沢山降ると災害になりますが、降らないなら、降らないで、それも大変。

雑草、伸びるだろうな~。作物も頑張って育ってくださいね。




チョット落ち着いて、経済テーマについて考えをマトメテおきたいのですが、なかなか落ち着きません。このお盆、チョット落ち着いて考えてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨が明けたと思ったら、雨は全く降らない

私の住む九州北部の梅雨明けは7月29日と思われる、との気象庁の発表。例年より10日遅いとのこと。結構な雨続きで、トマトがほぼ壊滅。成っていたトマトを収穫、一部鳥と思われる方々に食べられましたが、、、、、。


先週は全く雨が降らなかったので、多少は水やりをと、思っており、セメントを練る箱(=タフフネと呼ぶそうだが)に、雨水を溜めており、こういった水不足の時に、そこから汲み出して、畑に水をやるのですが、、、、、。

そのタフフネ(通称;フネ)に何と、オタマジャクシが泳いでいるではありませんか?水を汲み出すと、オタマジャクシ諸君の生命に関わるので、汲み出しはアキラメマシタ。2ℓペットボトルも常備しているので、そちらで用は済ませましたが。

昨年も、今年の春も、オタマジャクシは居なかったのだが、この梅雨明けにオタマジャクシとは、、、、。トホホである。まあ、シバラクハ静観。余りに天気が続くと、そのフネも干上がってしまうのですが。さて、それまでに育ってくれるのでしょうか?

本日は10時過ぎから、畑で作業。それこそ週に一回から二回程度しか畑に通えないので、やることは山のようにあるのですが、、、、二時過ぎに作業アキラメマシタ。余りに暑いのと、飲み水が、あと少しとなったので。日射病、熱射病は怖いので。あきらめるのも大切。

ズボン、作業着だけでなく、パンツまで脱がないと、軽トラのシートを濡らすこととなるので、全部着替えます。

チョット汗だくが過ぎますかね。

汗疹予防に平山温泉で汗を流して、帰ってきたら、洗濯物は乾いていました。

そんな土曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »