« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

原因があって、結果が

選挙に行く人が少ない。そうすると、選挙に行く人の意見が反映される。


当たり前の事なのだが、、、、、。

投票率が低い選挙からは、「国民の賛同を得られた」と、過剰に意識する自意識過剰の首相が生まれ、持っている銃をブっ放したがる。そして、喧嘩をしたがる。

これも自民党に投票した方々の意見の反映であろう。公明党に投票した方々もご同類。強い日本を取り戻す?どんな日本を取り戻すのか?大日本帝国なる強がりで幼稚な日本を取り戻したいのだろうか?アメリカの戦争の片棒を担いで、カッコつけたがる国家になるのだろうか?

TPPもしかり。国としての権利である関税。これを差し出すというのだから?自らの堀を埋めた大阪城みたいに、しばらくするとアメリカに自由にされている。江戸から明治の開国時に不平等条約を結ばされた屈辱を再度である。

ホント、今の自民党は日本をそこまで貶めて、何がしたいのだか、、、、。

これも選挙に行く人が少ない為に起こった結果。

人は真実を見るのではく、嘘でも心地いい事を信じる。その結果がどうなろうと。

これを衆愚と言うのだが、反知性主義とも言う。

民度のなせる業。

さて、台風が過ぎて、資格試験も済んで、大豆、小豆を播くのを忘れていました。今週末、頑張って播きましょう。遅いですが、、、、、今度は水やりをしないと。

なかなか思うように行きませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取りあえず

取りあえず終りました。資格実技試験。ガッテン系の資格。そう、古民家再生には必要かな?といった資格。何とか終りました。実技なので、発表まで、本当にOKであったのか、それともNGであったか、発表ままで分からない。何か決定的なミスがあれば、それで一発失格。まあ、多分大丈夫であったと思っているのだが、、、。結果が出るまで、分かりません。

それなりに、努力しました。木、金、土の3日間。お酒も飲まずに、頑張りましたが、、、、結果は分かりません。
それでも、取りあえず、試験は終りました。ペーパーテスト、そして実技。久しぶりの勉強でした。大して難しくはないのですが、、、、、それなりの努力をしないといけないのかな?と思い、頑張ってみました。
さて、試験は終りました、この夏、やらないといけない事は、あと1つ。チョット大変かな?それでも頑張りましょう。
色々、考えることは多いのですが、本日は、やはり、少しクタビレマシタ。
早々に寝て、回復に努めることとしましょう。
地元の夏祭りの日で、お祭りの音がするのですが、台風が横を通っているよですが、、、、、、。自分の事で一杯の週末でした。
明日から、また、頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャオミの調達減速の理由(仮説)

シャオミ(小米)が調達を減速させた話は、以前に書いた。実際に5月ぐらいから極端な減速だという、デバイス納入者の言葉であったが、その理由の仮説が立った。


キーデバイスの不足が原因。アップルがそのキーデバイスを買い占めている状況で、シャオミには流れてこない=シャオミが調達できない。だから、生産を減速させ、調達を控えた。そのキーデバイスはCMOS=イメージセンサー。Sonyが世界No.1であるデバイス。2000億の投資を今年初めに発表し、続いて追加400億円の投資も発表。Sonyの一人勝ち。

Sonyの何がそんなに優れているのか?これは、明日講演を聞いて学びたいと思うのだが、Sonyのハイエンドなデバイスが手に入らないと、ハイエンドなスマホが成り立たない現実がある。やはり、アップルはチョットすごい。品薄になることを予想して、買い占めに走り、先行したアクションを起こすのだから。

もし、私の仮説が正しければ、シャオミと中国のその他のスマホメーカーは、しばらくは安価な低グレードなスマホ生産でしのぐしかない。そんなに長い時間、Sonyが勝ち続けるわけではないが、それでもそんな経済の流れを、感じられることに感謝。

色々な課題があり、明日の講演が楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もし、○○の方向を選んでいたら

自分に、そんなに責任があるわけではないが、少しは責任があるのは自覚しているだけに、寝覚めが悪いというか、タラレバを考えてしまうというか、、、、。リーマンショック(2008年)からこちら、かなり波乱に満ちたビジネス街道を歩いているのだが、、、、、。


昨日Tさんと博多で会食。もう25年ぐらいは付き合っているTさん。私自身は、尊敬する人物であり、ビジネスパーソンとしては優しすぎるキライのある方。Tさんの相棒のKさんが、精神的にも体調的にも不調になられて、それをTさんが背負い、これからも頑張るとの話でした。

Tさんの技術は素晴らしく、実にチャレンジ精神旺盛な方なのだが、いかんせん営業という世界のノウハウをあまりマスターされていない。そこが、私が求められるゆえんなのだが、、、、。一回り以上年上のTさんが、さらに頑張らねばと言う言葉が、私の感じ方の問題だが、悲痛に聞こえる。うーん何とかしたい、してあげたいのだが、自分のビジネスで手が一杯な私には、さて、さて、何ができるのか?

最近前野隆司氏の書籍を数冊立て続けに読んだ。さらに数冊、購入済みで読む予定。その書籍に頷くことの多い私であるが、実際にアクションを起こすときに、やはり自分中心的で、利他の考慮が足らないのを自覚している。滅私的な利他を望んでいるわけではないが、なかなか利他には行きつかない自分がいるのが、良くわかっている。楽しく生きる=幸福に生活しようと思えば、心は無であり虚空を認識しながら、利他に働き、究極はさらなる無になる。悟まえの利他すらクリアーできていない自分がいる。なかなか、難しい。

Tさんと会食して、新たな発見と、焦れる感覚が多かった。アルコールが入ったこともあったのだが、、、、。

そうそう、帰りに折り畳みの傘(からし=黄色)を忘れてきてしまった。10年以上の相棒。とても強くて、軽くて、いい傘だったのだが、付き合いにも終わりが来る。まして、アルコールが入った事で、置き忘れるとは、何たる失敗。失敗するのも、私。情けないのも私。残念な私である。

話が飛ぶ。色々飛ぶ。そんな日です。

明日は母校に講演を聞きに行きます。雨のようです。そして、今度の日曜日26日は資格試験の実技試験。3日のトレーニングが必要。木、金、土の3日間。頑張らなければ。

そんな、支離滅裂な水曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海株の暴落

 上海株の暴落に、色々な方が言及している。色々意見を聞(実際は読むばかりですが)くのは、実に面白い。そう、皆それぞれのポジションがあり、そう言いたい、そう思い込みたい人たちが、それぞれの立場で言及していることが、実に良くわかる。


 今回の上海株の暴落は、バブルが弾けた分けではないと言い張る人たちの根拠は、「上がり過ぎた株が、下がっただけ」と言う論調。実に人間らしい。そう、バブルが弾けたというのは、株価であろうと、土地の値段であろうと、チューリップの球根であろうと、上がり過ぎた(過熱し過ぎた)ものが、下がる現象をバブルの崩壊と人類は言っていたのに、それをバブルの崩壊ではないと、言い張る人々は、まさに今の自民党と同じ。憲法違反を違反でないと言い張り、なし崩し的に法律を変えて、憲法まで変えようとしている輩と同じ理論。

 実に面白い。よく言われる、「人は見たいものを見る、聞きたい言葉を聞く」と言う表現があるが、まさにそれである。言い張れば、何とかなるという話。

 そして、ギリシャと同じように言い張れば何とかなる、言い張れば次の世代の人たちが何とかしてくれる。問題の先送り。それがヒトの性であるとは言え、露骨だな~。

 上海の株は、まだまだ下がる。そして、底が何処だかわからないぐらい下がる。そして、ニューヨークも東京も無傷ではいられない。

 と、言うことで、私は逃げることとしました。取り敢えず、心理的に売っても可能な株は売って、上海の株価の下がり具合を見き分けてから、再度考え直しましょう。

 これだから、株の売買は止められない。自分の仮説、見識、推理を実際にブツケテみて、玉砕するもあり、極端な利益を上げるのもあり。ギャンブルですが、推理を伴ったギャンブル。自分の推理の正しさ、謝りを実証できるのですから、面白。

 私は、現在、小米(シャオミー)の動向に注目しています。東芝の四日市の投資スピードが落ちているのは、東芝の不正決算の問題だけでは無いと思うのです。小米の調達が極端に下がっているこの現実。少し、分けが分かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風が来ますね

 台風11号が四国、中国地方を横断する方向で進んでくるとのこと。


 16日木曜に会う約束をしていた方とのアポイントは、取り敢えず台風の影響でお流れ。関西から出張されてくるTさんは四国・中国横断台風の影響をもろに受けるので、とのこと。

 そして、憲法違反と言われて、世論調査では反対が多い安全保障法案の採決強行を、本日7月15日水曜に行うと言うらしい。自民党の良識は影をひそめ、「安倍首相がそこまで言うなら、仕方ないじゃないか」と言った採決。自民党の谷垣幹事長など、本意なのでしょうか?良識は?健保違反ですよ?

 あり得ない法案ですね、、、、、。

 その陰で、着々と原発再開が起こっています。そう、川内原発。それを切っ掛けに続々と原発再開が進んでいます。福島・原発事故の収束はまだ見えない、まして放射能処理の方策すら見えない状況で、、、、、事故の検証をナイガシロニシテ、なし崩し的に進める安倍政権。良識は無いのでしょうか?

 歴史的転換点、第二次世界大戦につき進んで行った古い日本のように、、、、日本は忘れて、突き進むのでしょうか?それにしても、原発問題は、余りに性急すぎますし、安保問題も今である意味が何なのか?不思議です。

 与党の公明党、いいのか?あなた方は?

 結局、民度なのでしょう。選挙に行って、声を上げるしかないのが、現実。とにかく選挙に行きましょう。

 台風、安保法案、原発再開。波乱な今週です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マジャク釣りin荒尾2015

P7110990  師匠夫婦とマジャク釣りに行ってきました。真夏日、朝から暑い!久しぶりの晴れ間、バイクで出掛けました。


P7110989

 おおよそ1000人の参加者だとかで、なかなかの盛況ぶりでした。そうそう、世界遺産に決まったので、炭坑ガールズと言う地元のアイドル(?)のパフォーマンスもありました(ダンス)。しかしな~炭坑節をアレンジしてもな~。チョット工夫が足らない気がします。荒尾市役所の方々。


 雲仙の方から黒い雨雲が来はじめ、12時までと言うタイムリミットを一時間ぐらい早めに切り上げました。
 帰宅して、シャワーを浴びたら、外は土砂降りの雨になっていました。非常にラッキーな梅雨の晴れ間のイベントでした。

 あ、参加費500円払うのを忘れていました。師匠の奥様に払わないと。
P7110993

参加者おおよそ1000名。干潟でのイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農的生活にはまだまだ遠い

 ギリシャの行方と世界経済、日本経済の行方が気になる。特にギリシャのデフォルトは対岸の火事ではあるが、日本も他人ごとではないのは、国債発行残高を見れば明らか。前から唱えているように、この国債発行残高を何とかしようとすれば、ハイパーインフレで、お金の価値を下げるしかない。


 日本銀行もインフレを意図して、お金をジャブジャブ(異次元の金融緩和)にして、インフレを起こそうとしているが、、、、、なかなか。国債発行残高はどんどん増えて、やがてギリシャのようなデフォルトがあり得るのかもしれない(超円安、円の暴落)。そういった意味でギリシャの行方を注目したい。

 株だとか、経済だとか、面白いのであるが、、、、、農的生活ができていない。やはり、もう少し時間を作らなければ。朝、畑を見回る為に、早起き(4時かな?)するために、早寝(10時に寝る?)するとか、、、、、。どうも、ある種、生活を変えないと、人生も変わらない。

 理想的には、早朝、畑で作物を収穫して、軽くランニングして、朝食を取って、ネットで株をチェックして、出勤。チョット欲張り過ぎか?

 本を読む時間も確保したい。古民家再生&DYIや陶芸、農、知的読書の時間。理想には遠い生活です。

 今年初収穫のトマトを頂きました。密度の高いトマトで、さらに味の濃いトマトでした。沢山収穫できるといいのですが、赤くなったのはまだ1ケだけ。今年の夏野菜はどうなりますかね?オクラが見当たらないのは、残念。今から種播いても、間に合わないだろうか?チョット検討。

 自給率の向上も、まだまだ程遠い生活です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリシャの国民投票結果が出ましたね

 ギリシャの国民投票が事前世論調査通り、緊縮財政に「No!」で結果が出ました。ほぼ、予想通りなのでしょう。


 さて、EUはこんな理不尽なギリシャを相手にするのでしょうか?イタリアやスペイン、そして実際にデフォルトを起こしたポルトガルなど、緊縮財政で痛みを伴う財政政策を実施して、立て直しを諮った国々は、こんなギリシャを相手にするのでしょうか?

 まあ、政治の世界なので、どんな結論が待っているのかは分かりませんが(EU離脱だとか、ロシアに支援を求めるなど、、、、)、目先起こるであろう事象、円高ユーロ安、そして株安。

 株が大幅に安くなるであろうと、空売りを仕掛けている人たちがいますよね、キット。空売りとは、証券会社から株を借りて(借りた時の金額に金利をプラスして返さないといけない)、その株を売り、安くなってから買戻し、その差額を儲けるという仕組み。

 空売りの大変怖い所は、下がると思っていたところが、株が値上がりした場合。本来の株は買った値段以上の損失は無いわけですが、空売りでは青天井に損失が発生するようです。当然ですが、私は空売りは行いません。なぜなら、取れるリスクは、現物としているので。

 信用取引もしません。信用取引と言うのは、借金をして株ゲームを行う行為で、借金してまでゲームをしてはいけません。空売りもネガティブなので、ネガティブを想定すること自身、健康に良くなさそうですね。

 さて、ギリシャの話。ギリシャ国民が緊縮財政に対する痛みを嫌い、「No!」と言った結果は、ギリシャ国民がその結果を受け入れるしかない。個人レベルで考えれば、破産した結果は受け入れざる得ないと思うのですが、不思議な国です。ギリシャは。有史以来、複数回デフォルトを起こしている国民ですから。

 さて、今回のギリシャで日本株はどこまで下がるのかしら?2万円は切るような気がしますが、、、、。1.8万円程度まで下げることは無いとは思うのですが、、、1.9万円の上の方で止まってもらいたいと思う今日この頃です。

 まあ、いずれにしても、波乱な週明け。トレーダーは「ワクワク」しているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョットだけギリシャ問題

 明日、ギリシャで国民投票が行われるそうです。投票前の調査では、IMFやEUが唱えている緊縮財政に関して、「ノー」とする国民が過半数を超えているそうです。


 年金も、公務員の雇用も維持する方針に「Yes」で、緊縮財政を強要されるのは、「No」だそうです。

 そう、EUはギリシャを見放さないと、ギリシャ国民は高をくくっていると言うこと。はたして、EUの国々はそんなに人が好いのでしょうか?ポルトガルなど、緊縮財政を実施して、大変な状況ですが、ギリシャだけは特別扱いと言うことでしょうか?

 まあ、他国の国民の事で、よくわかりませんが、日本も現在同様な崖へまっしぐらですが、唯一違うのは、通貨が日本円であること。日本円、日本政府の暴落はあっても、ギリシャのようにEUに残るのか、出ていくのかと言う状況は元々ないということ。

 そんな事を言いたくて、ギリシャ問題に触れたのではありませんでした。ギリシャと日本の比較しても、話にならないので、ギリシャの国民投票結果「No」と出た場合の日本経済、そして日本株価の行方について、少し触れたかったので、書いているのでした。

 多分、国民投票結果は「No」ですが、もし{Yes」であった場合は、大きな影響はありません。「No」であった場合、株価は下がります。2万円を切ることとなりそうです。本来であれば、持ち株を売って、現金にして、下がってから、再度買い戻せばよいのですが、それができる個人投資家は、私も含めて、なかなかいないようです。

 その売りの判断は、なかなか難しい。買うより、売りの方がよっぽど難しいものです。まあ、それも勉強の一つでしょうか?株の投資は売って決済しない限りは、マイナスを打っていても、損は確定しません。そこが株の面白い所であり、難しい所です。

 いずれにしても、ギリシャと言う事象に対して、ファンドマネジャー=運用のプロは一旦株を現金化して、離れているのかもしれません。但し、日本の年金機構はそれが政策的にできないので、株は大して安くなっていないと言えるのかもしれませんが、、、、。

 歴史的事象ギリシャの行方については、大変興味深く注目しています。

 私自身の対策としては、6月中に変動が大きい株は売って、変動の小さな、配当の高い医療系事業を行っている会社に切り替えていますが、この程度の対策で、ギリシャ問題は傷が浅く済むのか、全く自身がありません。人におすすめもできないのが、正直なところです。

 先にも言いましたが、今回のギリシャ問題では、一旦株から離れるのが、一番の方法だと思われますが、果たしてそれができる個人投資家はいるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気予報が外れて雨

 土曜日、貴重なお休みなのに雨です。シトシトした雨。まいりました、今日は畑で種蒔きと苗の定植をしようと考えていたのに。まして、バイクにも乗れません。もう3週間乗っていない。今日、明日で乗らないと、一カ月も放置となります。

 まいったな~梅雨だから仕方ない、とは言え、結構凹んでいる。本当はカッパ着て畑仕事すべきなのかもしれないけど、泥のついたカッパを洗う場所だとか、後始末ができない。農業をやるなら、やはりある程度のスペースがないと、厳しい。

 集合住宅の小さなアパートではどうにもならない現実がある。やはり、早いとこ古民家入手に動かないと、、、、、。

 雨の日は、取り敢えず図書館に本を返して、借りて、、、、、。晴耕雨読。ムリはしない。先週の日曜日に一日中草取りをやっていたら、スクワットを沢山した後のように、太ももがすごい筋肉中になり、火曜日のヨガで少し良くなったけど、水曜一杯まで筋肉痛で苦しんでいました。

 なかなか、体が思うような状態ではありません。イメージでは、この程度で筋肉痛に苦しむなんて?といった、もっと若いイメージですが、残念ながら年相応、イメージ通りには行きませんね。

 何とか少し雨が上がれば、少し畑に行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »