« 五月の連休は、東京おのぼりサン | トップページ | 筋肉痛から脱出 »

なかなか上手く言えないのですが、

 なかなか上手く言えない事象があります。

 頭を整理しても、心が整っていないと、なかなか上手くは表現できない事が、色々あります。

 そんな中の一つに、泥臭く、一生懸命行う価値と言うものがあります。

 組織の中で、それなりに上の立場に立てば、色々な泥臭いことを部下に任せ、自分ではなかなか直接行わない、そんな事があります。そう、そんな錯覚があります。私にもありました。そんな、錯覚をしたら、人生は実は幸福ではなくなります。自分の事を自分で行うことに抵抗が出たら、それは非幸福の始まり。

 自分の食事、自分の洗濯、自分の掃除。そんな当たり前の事が、他人がやってくれるものだと思う、この傲慢な錯覚。自分の日々の生活の事を自分でできなくなる、非幸福(不幸とは言っていませんから、、、、。)

 組織の中で、仕事をして、組織の階段を登ると、自分でやるべきこと、面倒な事を他人がやってくれて当たり前だと思う傲慢な心が生まれます。そんな心が、非不幸を招きます。生活のこまごました事象抜きに、幸福を感じることはできません。そう、幸福とは、日々の小さな積み重ねこそが、幸福感を招く事象だと言うのに。人間は権力を持つと、本当の事=幸福が分からなくなるのでしょう。

 そんな、勝手な事を言う私も、組織の幻想に惑わされた一人ですから。

 昨日、鶴瓶の「家族に乾杯」を見ていたら、植木職人の82歳のヤンチャなおジイさんが出ていた。未だに現役で働いていらっしゃる。そして、喋ることがトッテモ元気で生意気。そうなんです、現役で働いていると言うことがどんだけ大切な事か。組織の中で、働いていると、課長だから、部長だから、常務だから、専務だから、社長だから、、、、、、そんな言い訳を自分にして、体を動かし、活躍する場を削いでいる人のいかに多い事か、、、、、。

 農をやりれば、いかに細々した事象化大切で、楽しく、幸福か、、、、分かるのですが。そんな分けで、今日は筋肉痛で、チョット大変。土曜日曜と畑で精一杯働いたら、全身筋肉痛。これも、また楽しかり!細々した事を実際にして、その結果も細々した内容でしかないのですが、それでも農は楽し。さらに言えば、元気になる、そして孤独で、楽しい。

 今日も、そろそろクタビレマシタ。早々に寝ることとしましょう。

|

« 五月の連休は、東京おのぼりサン | トップページ | 筋肉痛から脱出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/61580483

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか上手く言えないのですが、:

« 五月の連休は、東京おのぼりサン | トップページ | 筋肉痛から脱出 »