« 4月に入りましたね~ | トップページ | 花冷え »

ミャンマー考察

 

ミャンマーはまだ見ぬ国。バングラディッシュはトランジットで降り立った事があった。そして、タイは延べで言えば1ケ月ぐらいはいただろうか?しかし、ビルマ=現ミャンマーは一度も行ったことのない国。

 イメージはベトナムに近いような気がするのだが、、、、、。

 ベトナムは人口9000万人弱。数年で1億に達する。非常に若い国。隣国はカンボジア。大虐殺で有名であるが、ここも行ったことは無い。そのまた隣国のラオス。知り合い夫婦が赴任していた(奥様が看護師で、旦那は外務省)が、これまた行ったことは無い。そして、ミャンマーやブータン、イスラムのパキスタン、アフガニスタンなど行ったことのない国が続く。

 インドや中国と言った大国は注目されるし、言ったことがあるが、余り注目されない小さな国は行ってみたいな~。

 インドネシア、マレーシアも少し齧った程度で、知っているレベルにはいないが、まあ、それはそれ。やっぱり仏教国が気になる。

 ミャンマーはおおよそ5000万人(もう少し少ないと言う話もある)程度。韓国の人口に近い。スズキ自動車が、唯一の自動車会社で、キャリー(軽トラ)を生産している。そのキャリーに私は乗っているのだが、なかなかヨロシイ!下駄的な乗り物。私の持っているYAMAHA XJR1300は下駄的な乗り方はできない。

 乗る前に、まずカバーやチェーンセキュリティーを外し、チョークを引いて暖気して、それからオモムロニ乗らなければならない。そして、帰ってきたら、1時間程度エンジンを冷やしてからカバーを掛けないと、カバーが溶けてしまう。その点、スズキ・キャリーはまさに下駄。何の用意もなく乗り込める。実に素敵な乗り物である。まして、私のキャリーはパートタイム4WDであるので、非舗装のヤバい道でも大丈夫。大した物である。

 さて、そんなキャリーをミャンマー唯一の自動車会社で、その上、作っているのがキャリーである事に、大変親しみを持つのである。

 基本、車はHONDA、バイクはYAMAHA、軽トラはスズキ。自転車はシトロエン。そんな生活が、何だかとっても充実しているのは、良い事である。

 やりたいこと、継続したいことを書き出してみた。久しぶりに。

 バイク=ツーリング、農業、テニス、ヨガ、陶芸、古民家再生、自給的生活=パーマカルチャー的生活、Ceramicsの仕事、ヒーターの仕事、温泉、飲み会、キャンプ、カヌー、釣り、、、、、、切がない。困ったもんだ。体がいくつあっても足らない。
 今週の土日は博多で講習会。講習会の合間に、色々妄想がめぐる。それも、楽しいか?!
 明日も早起き。Good night!

|

« 4月に入りましたね~ | トップページ | 花冷え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマー考察:

« 4月に入りましたね~ | トップページ | 花冷え »