« 大きな買い物 | トップページ | 農作業の後の温泉は、極楽 »

久しぶりの千葉

 単身赴任先から、久しぶりに自宅に戻っています。羽田に到着して、とにかく人が多い。以前は、平気、気にもならなかった人の多さは、久しぶりに大都会に出てくると、とにかく人が多いので、戸惑う。新橋で、待ち合わせだった。SL広場、すごい人混み。都会だな~。やっぱり、田舎は良いね。


 私の所属する業界は、何だか動きが激しい。まあ、生き残れれば良いのだが、、、、、。真剣に考えないと、生き残りは厳しい。なかなか、、、、、まあ、ブログで書くことではないので、止めておきましょう。

 春めいて来ました。そう、苗を育てなければ、、、、、。ジャガイモは植えたのですが、ニンジンとグリンピースを播きたいのですが、、、、。そろそろ農閑期も終わり、畑はイソガシクナッテきます。

 今年の新卒の就職は、かなり良かったようで、売り手市場だとか。そうなんですよね、団塊の世代と呼ばれる人たちが、2014年に皆さん65歳以上になられたので、若者を雇う余裕が出て来たのです。私の所属する組織は、団塊の世代より、少し下がった方々が、60歳以上になって、特別社員と言う名前の契約社員として、働いていますが、彼らの給与は新卒の給与よりやはり高い。その上、文句は言ううけど、体は動かないときたもんだ。正直、60歳超えた方々は、ご遠慮してもらいたいのですが、そうも行かないのが現実。団塊の世代から5年下がった世代の卒業が終わらないと、本当の新卒売り手市場は来ないのかもしれません。

 年金問題で、厚生労働省は年金支給を60歳から65歳に引き上げましたが、さらに70歳まで引き上げる計画であるようです。しかし、70歳ぐらいの、文句ばかり言い、体は動かない老人が職場に居るのは、やはりマズイデスネ。定年延長ではなく、何か他の手を考えないと、いけないのですが、、、、、。

 日本の世代人口がいびつなのは、やはり第二次世界大戦があったからなのです。戦争が諸悪の根源であるのは、昔からの歴史が語る事実なんですが、現日本の自民党政権は、「戦争ができる国」への制度変更を行っています。憲法を骨抜きにする、あるいは憲法も変えてしまおうと言う話です。歴史がどう評価するか?まあ、怖い話です。

 同様に原発再稼働を既定の路線、常識なのだと言った雰囲気をマスコミを含めて作っていますが、福島の放射能漏れ、汚染は未だにどうにもなっていない事実に蓋をして、また同じ歴史を作ろうと言うのですから。原始村のオピニオンリーダーの方々はホント怖くないのでしょうか?多分、自分の責任は感じていないんでしょうね。そんな、無責任、お金に目がくらむ人が一杯いるのも人間の悲しいサガですね。業の深い存在です。

 さて、そんな日本で、どうやって生きていくべきなのか?やっぱり自分の食料自給率アップが、自由に生きると言うことだと考えています。稼ぎが少なくても、食料をある程度、自分で作ることができるのであれば、ヤッパリ強い。そして、給与だとか組織だとかに、囚われない生き方が、私の目指すものだな~と最近思う様になってきました。

 やりたいことは沢山ある。そして、それにはやっぱり自由でないと出来ないことが多い。時間の自由、金銭的な自由、組織拘束からの自由。尾崎豊の歌ではないですが、自由と言うのはなかなか難しいものです。

|

« 大きな買い物 | トップページ | 農作業の後の温泉は、極楽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/61280194

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの千葉:

« 大きな買い物 | トップページ | 農作業の後の温泉は、極楽 »