« 農作業の後の温泉は、極楽 | トップページ | 4月に入りましたね~ »

AKIRA

 AKIRAを観た。金田が哲夫に飲み込まれそうになるシーンは、もののけ姫でたたり神に飲み込まれるシーンに似ていた。


 どちらが先かを調べると、AKIRAは1988年、バブル絶頂期。もののけ姫は1997年、失われた10年の真っただ中。AKIRAが先なんだ。

 それにそても、象徴的。AKIRAが眠っていたのは、東京オリンピックの建設途上の建物の、地下深く。そして、東京が崩壊していくシーンは、津波に飲み込まれる東京のようであった。

 2020年東京オリンピック。無事できればいいが、AKIRAの予言的な感じが、どうもヨロシクない感じ。原発の再稼働、素人にはその安全性は分からないが、AKIRAは一度東京を壊滅させている。そして、二度目の壊滅。

 そう、一度目の壊滅は太平洋戦争。二度目の壊滅は、予言的でしかないが、、、、、怖い感じ。

 AKIRAの映画を見て、こんなに示唆されるとは。そう、予言でないことを祈りたい。東京壊滅なんて、見たくもない。

 原発の再稼働、すでに3.11は4年経ち、過去のものとしたいのかもしれない。しかし、過去であっても、まだ済んでいないことが多すぎる。福島原発の後始末、放射能汚染、放射能流出。まだまだ終わっていない。終わらせる技術がないのが現在の人類である。

 手を付けてはいけない技術、暴発した場合に、コントロール不能になるエネルギー。まさに、AKIRAの世界。なんとも、示唆に富んだ映画だった、このAKIRAは。

|

« 農作業の後の温泉は、極楽 | トップページ | 4月に入りましたね~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/61363637

この記事へのトラックバック一覧です: AKIRA:

« 農作業の後の温泉は、極楽 | トップページ | 4月に入りましたね~ »