« 明けまして おめでとう ございます | トップページ | 食料自給率の向上案! »

明るく考えること

 アベノミクスなる政治が行われているけど、景気が良くなるという幻想を持つべきではないのは、これまでの自民党政治の延長で考えればよくわかる話。

 政治に頼らない、独立独歩、Independentに生きないといけないのは、今に始まった話ではない。そう、政治に頼るということは、ヤクザに頼るのと似ている。まあ、言い過ぎか?

 さて、今の日本は毎年26万人強の人口減少があるそうな。12万人減少の年にも書いたが、26万人とは、また大きい。今後、限界集落だけでなく、チョットした集落も消えていく。ごく一部の優秀な地方自治体を除けば、人口減少を食い止めることはできない。それでも、、、、、、日本全体の景気向上など、方法論としては海外輸出しかないではないか?ごく当たり前の話。しかし、外にお金が出ていかなくなれば、それはそれでイイ循環。そう、エネルギーも食料も自給率アップすれば、それだけで収入が減っても平気なのだ。

 で、何が言いたいかといえば、日本の経済成長を目指すのではなく、色々な自給率の向上を目指せば(外に出ていくお金をセイブすれば)、間違いなく豊かになるのです。その為にも農業が盛んになることは大切だし、その農業の中でも無農薬・無肥料のエコな農業が盛んになれば、なおいい。エネルギーも原油が安くなるだけで、これほど恩恵があるのです。原油・石炭・ガスやウランを輸入しないで済めば、それだけで日本は豊かになる。

 自給率の向上と輸出の拡大、どちらが大切かと言えば、これからは自給率の向上が目指しやすいし、有意義であるようだ。省エネ、循環可能エネルギーの拡大こそが、、、、、日本の生きる道かも?人口1億人超えの社会で、これが達成できれば間違いなく歴史に名の残る国となるでしょう。戦争に勝つよりも、人類の救世主と成り得ます。

 とまあ、そんな事を夢想する年の初めでした。

 夢としていますが、本気になればできる話だと思いませんか?循環可能エネルギーと言えば、太陽電池ときますが、太陽電池に対しては有効だけど、決定打ではないと私は考えています。日本における循環型エネルギーの鍵は海だと思います。海上風力発電、海流発電、潮流発電、海上太陽電池などなど。日本の国土は狭いけど、日本の海はまだまだ大きい。エネルギー革命が起こっても不思議でないポテンシャルです。

 そんな、事を考えています。循環型エネルギー拡大を行うには、まずは一人一人のリテラシーの向上でしょうね。

 ね、明るい話でしょう?楽しくなる話ではないですか?

|

« 明けまして おめでとう ございます | トップページ | 食料自給率の向上案! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/60928768

この記事へのトラックバック一覧です: 明るく考えること:

« 明けまして おめでとう ございます | トップページ | 食料自給率の向上案! »