« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月ももうすぐ終わり

 2015年が始まったと思っていたら、1月ももうすぐ終わり。2月の月初には、1月の決算を行わなくてはならず、チョットセワシナイ。


 月締めと言うのは、ある意味丁度いいのでしょうが(人間の記録力からの判断)、一月と言うのはあっという間に過ぎてしまいます。私の母が、「二月は逃げる、三月は去る」と言っていました。特に学生時代、受験時に言っていたような気がします。

 さて、無農薬・無肥料栽培の畑です。今は農閑期ですが、水はけの改善の為に、溝を切りました。昨年は鍬で少し溝を掘った程度でしたが、今回はスコップでスコップ幅より少し広めの溝を、おおよそ30cm切っています。私には珍しく、地味に掘っています。そう、一気に掘ってしまいたいのですが、体力が付いてきません。人力で掘るというのは、実に大変な作業です。粘土質で思いだけでなく、笹の根が地中深く存在して、溝堀を邪魔します。根があると、それを切断してからでないと、土を溝からあげることができません。機械でもあれば話は別なのですが、今のところ、2月ほど前に買った草刈用の払い機が唯一の機械。

 溝堀だけでこれだけ大変なので、人力で耕すのはもっと大変。今年は、まずは軽トラを購入して、耕運機を容易にレンタルできるようにしたいものです。軽トラは中古と決めているので、本体価格は安いのですが、維持費が大変。まずは、駐車料金が掛かること。そして、車検やら、税金やら保険やら。とっても大変な費用です。困りました。しかし、やっぱり必要なのです。

 どうやって維持費を捻出するか?やっぱり農業で稼ぐしかないわけで、今年は少しでも農産物を現金に換える努力をしないといけません。趣味でやっているだけではいけないと言うことです。

 しかし、田舎にいると、スーパーで売られている野菜の値段の安いこと。無農薬だとかオーガニックなど売っている所がほとんどないのも田舎ならでは。そうなんです、田舎ではなかなか無農薬・無肥料の美味しい野菜にお金を出そうとしないのです。まずは、田舎のスーパーで売られている野菜は、都会で売られている野菜より2日~3日は新鮮です。そして、形の悪いものなどが投げ売りされていることがあります。私の作る野菜などは全てと言っていいぐらい、虫に食われているし、形が悪いのです。ただ、美味しいと言うだけ。見た目だけだと美味しさは伝わりません。

 難しいですね。そして、無農薬・無肥料の価値を認めてくれる人がはたしてどれだけいて、余分に払えるリッチ(裕福)な方がどれだけいるのか?田舎では難しいでしょうね。やっぱり都会に出荷するしかないのでしょうね、、、、。地産池消はなかなか難しい。

 さて、思っている以上に、現在の生活の糧である仕事が忙しく、どうもいけない。忙しいという字は心を亡くすと書くので、忙しいのは好きになれない。できれば、ボチボチやりたいのですが、なかなか思うようには行きません。

 さて、さてどうしたものでしょうか?

 やりたいことが多いというのは、それはそれで悩ましいものです。さて、さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食料自給率の向上案!

 テレビニュースで、大分県の耕作放棄地対策の一つとして、放牧活動を行っているようだ。http://www.pref.oita.jp/soshiki/11601/kouchihouki.html


 チョットいい話。温暖な九州では一年中放牧しても牛は育つようで、飼料費用無しで畜産ができるようである。これで、日本の畜産、ひいては食肉の問題が解決するとはとても思えないが、なかなか良い取り組みであることは、確か。

 耕作放棄地がどんどん増えて、その耕作放棄地を放置すれば、それは森林に戻る分けだが、それもありなのかもしれないが、外に出ていくお金をセイブすることで、日本の経済成長がマイナスであっても、生活は豊かになる可能性については、先日書いたが、そう、とにかく外に出ていくお金をセイブする傾向は貴い。

 原子力発電に反対なのは、最終処分に回答がなく、子孫にツケを回す、その考えが嫌で、原発反対であるが、もう一つは、ウランと言えども、輸入品であること。そう、外にお金を出すエネルギーはできる限り減らすべき。石油、天然ガスもほぼ輸入品。だからこそ、それらを海外から購入する量を減らすことが重要なのです。だから省エネ技術は貴い。

 さて、耕作放棄地問題として、所有者が複雑になって(遺産分けで所有権が複数になり、同意すら得られない資産)しまい、どうにもならない土地は、10年耕作放棄になれば、国が吸い上げ、有効活用として安価に貸し出すか、安価に販売すると、いいのだが、、、、、。耕作放棄地をまとめて、牛の放牧に使うのはVery Goodな考えであることは言うまでもない。耕作放棄地を有効に活用できる制度を作るべき。制度がないと、耕作地として借りることすらできないのが、今の日本である。

 ホント、耕作放棄地を何とかしたいものである。

 まあ、制度の問題も大きいが、一番の問題は、農地の税制問題であるかもしれない。この話はまた別の機会に。

 とにかく、安価に耕作放棄地を借りて、農業をしたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明るく考えること

 アベノミクスなる政治が行われているけど、景気が良くなるという幻想を持つべきではないのは、これまでの自民党政治の延長で考えればよくわかる話。

 政治に頼らない、独立独歩、Independentに生きないといけないのは、今に始まった話ではない。そう、政治に頼るということは、ヤクザに頼るのと似ている。まあ、言い過ぎか?

 さて、今の日本は毎年26万人強の人口減少があるそうな。12万人減少の年にも書いたが、26万人とは、また大きい。今後、限界集落だけでなく、チョットした集落も消えていく。ごく一部の優秀な地方自治体を除けば、人口減少を食い止めることはできない。それでも、、、、、、日本全体の景気向上など、方法論としては海外輸出しかないではないか?ごく当たり前の話。しかし、外にお金が出ていかなくなれば、それはそれでイイ循環。そう、エネルギーも食料も自給率アップすれば、それだけで収入が減っても平気なのだ。

 で、何が言いたいかといえば、日本の経済成長を目指すのではなく、色々な自給率の向上を目指せば(外に出ていくお金をセイブすれば)、間違いなく豊かになるのです。その為にも農業が盛んになることは大切だし、その農業の中でも無農薬・無肥料のエコな農業が盛んになれば、なおいい。エネルギーも原油が安くなるだけで、これほど恩恵があるのです。原油・石炭・ガスやウランを輸入しないで済めば、それだけで日本は豊かになる。

 自給率の向上と輸出の拡大、どちらが大切かと言えば、これからは自給率の向上が目指しやすいし、有意義であるようだ。省エネ、循環可能エネルギーの拡大こそが、、、、、日本の生きる道かも?人口1億人超えの社会で、これが達成できれば間違いなく歴史に名の残る国となるでしょう。戦争に勝つよりも、人類の救世主と成り得ます。

 とまあ、そんな事を夢想する年の初めでした。

 夢としていますが、本気になればできる話だと思いませんか?循環可能エネルギーと言えば、太陽電池ときますが、太陽電池に対しては有効だけど、決定打ではないと私は考えています。日本における循環型エネルギーの鍵は海だと思います。海上風力発電、海流発電、潮流発電、海上太陽電池などなど。日本の国土は狭いけど、日本の海はまだまだ大きい。エネルギー革命が起こっても不思議でないポテンシャルです。

 そんな、事を考えています。循環型エネルギー拡大を行うには、まずは一人一人のリテラシーの向上でしょうね。

 ね、明るい話でしょう?楽しくなる話ではないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けまして おめでとう ございます

 2015年 新たな年がはじまりました。気持ちを新たに、日々命を一生(一笑)懸命燃やして、精進したいと考えております。


 2015年 今年にやりたいことを色々書き出してみると、ヤッパリOut Doorでした。特に、今年は農業の充実と、古民家の入手を目指したいと思います。

 無農薬、無肥料の農業も、現在の畑では、2年目。船橋の家庭菜園では、4年目。船橋の家庭菜園では、トマトの豊作、大根の豊作など、農園らしくなってきたようです。2年目の今年は、少しは改善して、進めたいと考えております。

 そう、今年は自家消費、自給率の向上だけでなく、外販も課題です。無農薬、無肥料の価値を認めてくれる方でないと、難しいですね。都会の、特に東京にはは、無農薬無肥料の自然栽培の価値を認めてくれる余裕のある方々が多いのですが、田舎はそういった裕福な方は少ないのです。田舎でしか、自然栽培などできないのですが、需要は都会に多くあるということです。マーケティング的には、明らかに都会で販売しないと、商売にならないのですが、デリバリー=搬送費を考えると、なかなか難しい話です。今後、こういったデリバリーやプロモーションも考えないと、、、、それより売ることが可能な作物の育成が先なのですが。

 まあ、ボチボチやりましょう。現時点で農業は趣味の段階ですから。

 今年は山歩きを再開したいと考えています。しかし、独りで山歩きは、少し寂しいので、家内と歩こうと思うのですが、いかんせん単身赴任、千葉と福岡では、そうは頻繁に会うことも叶わず、さて、どうしたものでしょうか?

 そう、昨年は畑にのめり込みすぎてツーリングもほとんどできませんでした。釣りに行く機会も少なかった。カヌー、シーカヤックもやってみたいし、体重5Kg落としてサーフィンもやりたいし。陶芸も復活したいし、古民家再生も手掛けたいし、、、、、体がいくつあっても足らない。困った。お金も必要だ。困った。

 と、色々やりたいことは多いのですが、ボチボチやるしかできないのですから、ボチボチやりましょう。

 そう、色々やりたいことあるので、今年はお酒を頂く機会を減らしましょう。そうすると多分、ダイエットにも効果あるし、時間もできます。色々始めるには、その時間を得るために、あきらめることも、やめることも、捨てることも必要なんですね。

 まずは、お酒を頂く機会を減らす事が目標でしょうか?

 さあ、今日3日はお天気Good!散歩に、歩きに行きましょう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »