« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

絶品のゴーヤチャンプル

 今日は久々に家で独り晩飯。28日木曜日は会食、29日金曜日は博多どまりの、家内と会食。30日土曜は師匠のJ氏夫妻と花火を見ながらの飲み放題バーベキュー(ブランカと言う所で)。本日は家内は実家の熊本に、私は休日のお仕事。と、言うことで、久しぶりに料理。


 畑で採れたゴーヤを料理しました。ゴーヤチャンプル。ゴーヤと豆腐、豚肉、そして味噌味。実に美味しかった。自分で作って言うのも何だけど、自作の野菜=超贅沢な食材を使った、とっても美味しい料理でした。満足。写真を撮るのを忘れました。食べてしまいました。

 さて、本日は休日出勤仕事。畑に行きたかったのだが、、、、残念。代休取って畑仕事しましょう。

 サラリーマン仕事も畑仕事も、テニスも、最近肉体系の活動が増えています。体を動かすということは、実にイイ。そうです、とっても体にいいのです。何だか少し若返った感じがするのです。錯覚でもイイ!「元気があれば、何でもできる!」と猪木さんが言っていた通り、元気であれば、何でもできる気になる。実にイイことです。肉体労働、知的労働と言う分け方があるけど、両方バランスを取りながら生活するのが一番です。

 そんな分けで、最近は肉体派で頑張っている今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホント、まるで梅雨のようです

 蒸し暑いだけでなく、降ったり止んだりの雨模様の一日でした。表題の通り、まるで梅雨です。梅雨入り宣言してから、二週間カラカラだったことを思えば、旱魃よりいいのかも?しかし、こんな湿度だと、人も植物も同じくカビが生えて、病気になりますよ。日照時間が足らずに、夏野菜は不作。野菜高騰を招いています。


 そんな中、土日は畑に精を出していました。
Dsc_2029大型の蜘蛛、畑の守り神、害虫駆除係。昨日も頑張ってくれていました。

Dsc_20322可憐なオクラの花。オクラは元気で、ボチボチ実を付けてくれます。ありがたい。


Dsc_20332_2 小豆、黒豆、大豆はワンサカと茂っています。5月に蒔いた枝豆も、このぐらい茂れば収穫できたろうに、、、、雨が降らず、水もあげれずでは、育たないよね、、、、雑草ですらそんなに育たな方わけだから。
 ちなみに枝豆は大豆です。ただ、枝豆として収穫するには、日光のそんなに強くない春先に蒔いたものが柔らかく、美味しいそうです。
 同じ大豆で巣も、蒔く時期で食べ方が異なるのは、面白い話ですね。ワサワサ茂っている大豆の写真左側は、サツマイモ。こちらも、日照不足に悩みながら、何とか頑張っています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デトックス?

 お盆休み明け、腹筋が痛い。そう、筋肉痛。どうも畑で、鍬を振るい、畝を立て、草刈も、草刈り後の草集めもして、少し力仕事(仕事ではないが、、、、)し過ぎたかな?汗も半端ない量をかいています。

 
 昨日、2014年8月17日日曜日は、午前中テニス予定でしたが、テニス大会とかで全部埋まっていてテニスは不可でした。それで、頑張って朝(10時ですが、、、)から畑。イヤー鍬を振るうと、汗が出るは出るは、、、2リットル以上は出ていたはず。10時から14時までおおよそ4時間の畑。汗が出るは、出るは。
 
 おかげで、自分の体からやはり一種独特の臭いがするのですよ、これが。ワキガや加齢臭とは違う独特の汗かきの臭い。
 着替えを持って行っていたので、パンツ以外は全部着替えて、とんこつラーメンを食べて(替え玉をしてしまった!)、それから色々とツーリング。そう、古民家を探すべく、考えているのですが、その前に気に入った土地がないか、ホッツキ走っている分けです。バイクで走るので、あんまり余裕はないのですが、、、、。その後、いつもの平山温泉で汗疹のための治療とラグジュアリー。
P1000139畑の隅に撒いたヒマワリが開花しました。雑草に負けそうになりながら、周りの雑草を3回刈って、何とか開花まできました。

 いいですね、野菜もいいですが、花もいい。ちなみにこのヒマワリは一昨年の種です。

 実に久しぶりのヒマワリですね。

P1000143小豆と黒豆が誇っていますいます。雑草がはびこる余地を無くして、頑張って茂っています。大豆の勢いがイマイチなところなので、小豆と黒豆は3列×5mなので大した量ではないのですが、それでも期待しています。


写真が横向きなのは、私が多分メンドグサがりやだと思います。
P1000148バジルが頑張っています。バジルがこんなに強いとは知りませんでした。雑草に負けそうになりながら、ここまで来ました。

生バジルはなかなか素敵です。

畑三昧、とんこつラーメン、温泉、帰宅後のビール。これを幸せと言わず、何が幸せか?体を動かす、思い切り動かせる幸せは、何物にも代えがたいですね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪意は悪意を生む

 最近のニュースから。

 イラク、過激派スンニン派過激派と言われる先頭組織への米国の空爆。
 ウクライナでのマレーシア航空撃墜事件。ウクライナ問題。
 尖閣諸島の領有権問題。
 同じく、竹島の領有権問題。
 期を同じく、ベトナム、フィリピンと中国の領有権問題。

 どうも戦争が戦争を呼び、悪意を引き起こしているようである。人間と言うのは、なかなか過去の歴史からは学べない。何とかならないかと思うのだが、軍事力=暴力装置が強ければ強いほど、使ってみたくなる。何とも、いやはや。

 明るく、前向きな善意で世界を覆えればいいのだが、人間の心は戦争を引き起こし、相手を殺すことを目的化する暴力装置の発展は、自分自身も滅ぼす可能性が高いにも関わらず、止められない。

 そう、日常の中で慌ただしく生活していると、悪意を持つ自分、他人の悪意をつい忘れてしまう。悪意で生きている人もいる。そんな事をコロっと忘れてしまう。戦争関連のニュースを見ると、そんな悪意、憎悪、殺意が世界を覆いつくそうとしていることを思いだす。悪意に立ち向かうには、その存在をキッチリ見極め、その上で対処を考えなくてはいけない。

 川内原発再稼働と世界で起こっている戦争はよく似ている。刹那的な対処療法。目先の対処。困難を前に、逃げる思考。それが悪意が入り込む余地を作るのかもしれない。

 原爆による無差別虐殺を日本が受けて(長崎、広島原爆投下から)69年のこの夏、相変わらず世界は戦争が無くなっていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »