« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

住むと言う事

 そもそも、住むと言う事は、生きると言う事で、生きるの大きなカテゴリーの中の一つの重要なテーマ。
衣食住の住です。
 さて、なぜ唐突に住かと言うと、サプライズなのですが、福岡に転勤となりました。3月頭には
引っ越しすることとなりました。まあ、人生色々あります。簡単ではないですね。

 また、単身赴任。チョット抵抗感はありますが、実際には少し楽しみではあります。
・ 本格的な畑作
・ バイクのツーリング
・ セルフビルドの勉強
・ 料理 
・ テニス 再開

今回の単身赴任も前向きに課題を持って取り組みたいものです。
下の娘が高校1年生ですので、あと2年の単身赴任猶予期間とも言えます。

J師匠、Jさん、Hさん、Kさん含め色々な方と知り合いになれているので、
生活の幅を広げたいものです。
東京では出来なかった事が多いので。

問題は陶芸をどうするか?でしょうか。

色々、ありますが、ボチボチやって行きましょう。
当然仕事も。

とんな事でバタバタしていて先週はブログ更新しませんでしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ大寒

 もうすぐ大寒。今年2014年は1月20日が大寒だそうです。一年で一番寒い頃を指すそうで、なかなか寒い日が続きますね。


 農閑期。ビニール掛けをして、ニンジンの種でも撒こうかと思っていたけど、師匠から「無駄」との指摘で、断念。余りに寒いので、ホウレンソウも他の葉レタスも余り育たない。無農薬、無肥料をやっているけど、なかなか厳しい。本格的にやるなら、無農薬無肥料畑と無農薬有機肥料畑に分けて、やらないと、自家消費もままならなくなりそう。無肥料は5年掛かるとか、、、、、大変だ。

 半導体業界は2012年ぐらいが分岐点だったようで、スマホとタブレットが売れて、PCが減る時代となった。どんどん進むのだろうな~この傾向は。車は、電気自動車が伸び悩み、ハイブリッドは絶好調。トヨタのリチュウムイオン電池の正式搭載は先送りで、IGBT基板の切り替えも2018年以降。新しい技術が生まれて、新旧交代するのはだんだん早くなっている。まあ、ここでは書けない技術のスピードで経済も動いている。

 2014年は技術動向は難しさを増しそう。その鍵は、技術開発を行わなくなった日本メーカー。先々の見えない物に投資しなくなった弱電業界の先は、あるのだろうか?団塊の世代の人件費にお金が掛かり、技術開発にお金が回らなくなった日本のメーカー。さて、今年はその傾向が多少は変わるのだろうか?その点を注目したい。

 年が明けてからの行動記録。
1月6日月曜 仕事始め。14時から日枝神社に会社として初詣。その後新年会で、軽く一杯。
 
  7日火曜 夕方から水戸で賀詞交歓会。軽くビールを一杯。ワインも少し。

  8日水曜 終日オフィス。休肝日

  9日木曜 約束の新年会。新年会は水戸で。帰りは11時頃。

  10日金曜 約束の新年会第二段。Iさんと牛タン屋で。

  11日土曜 午前ヨガ。午後仕事。無駄な仕事でした。夕方、陶芸仲間の新年会。幕張本郷で。

  12日日曜 午前中畑の様子を見て、買い物に徒歩で。午後から陶芸。休肝日。

  13日月曜 昨年の上の娘の成人の日は大雪。今年は快晴。午前中 映画かぐや姫を観る。

  14日火曜 終日オフィス。

  15日水曜 10:30AMまでオフィスで、それから出張。Tさん、Kさん、I君と会食。兵庫泊。

  16日木曜 山口で仕事を済ませ、午後は福岡。Kさんと佐賀市で一杯。鳥栖(佐賀)泊。

  17日金曜 北九州で仕事。帰りは福岡空港20:00発。満員のリムジンに何とか乗れて、11時少し前に帰宅。

  18日土曜 午前ヨガ。昼食はキャベツ焼き。大根をスライスする時に右手親指を削いでしまって、失意。またやってしまった!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

技術の進歩と言うもの

新年も明けて、はや15日です。1月15日水曜。本日から関西、九州の出張。戻りは金曜の深夜か?
何ともマッタリとした正月を過ごしたものだから、仕事始めて、とっても慌ただしく感じるのは、私だけだろうか?

 こんな慌ただしい生活を送りながら考えるのは、技術の進歩は本当に人を幸福にしているのだろうか?と言う命題。
 人類の進歩と言われるが、遺伝的にこの200年がとっても進化した分けではない。200年で進化などほとんどしない。技術の進歩が人類の進歩だと言っている。
技術の進歩で、できなかった事が出来るようになって本当に幸福になったのか?
人類は欲を抑えることができないで、暴走しているのは事実。地球温暖化と言う、とんでもないパンドラの箱を明けた。その事で、さらに欲に対する抑制が利かなくなって来ている。

アメリカの1%の人が90%の富を握り、99%のを牛耳る事が「グローバル化」と呼ばれる強欲の正体。
誰もが持っている強欲。それを認識するか否かは別にしても、実にこの強欲=煩悩は大変な物である。
この煩悩を抑えるために、宗教があり、哲学があるはず。それが科学技術の進歩と言う強欲の権化が、その抑制を取り放っているのが現代。

科学技術の進歩、認識の進歩は、欲の抑制と一緒でなければ恐ろしい話しになる。慌ただしく生活をしていると、何が自分にとっての幸福なのかが分からなくなる。立ち止まって、この幸福、まずは、自分と自分の周りの幸福について、考えてみる必要がある。強欲を抑制する事で、幸福が見えてくるかも。強欲は必ずしも悪いことばかりとは言えないのかもしれないが、強欲が人の心を苦しめることには違いない。

実に、難しい命題。

技術の進歩、この先には何があるのか?
時空を超えることが可能になれば、人類の寿命も延びそうだが、、、、、始まりがあれば、終わりがある。
これは、理(ことわり)であり、この理こそが強欲の抑制、技術の房総の抑制になるのかもしれない。

しかし、ダイエットできていない私も煩悩の炎に焼かれている衆生の一人である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます

 2014年も開けて4日。昨日の夕方千葉の自宅に戻って参りました。九州は熊本に、家内の実家に里帰りして来ました。娘二人と家内と私、計4名での大移動。14年前に転勤でいた九州以来の熊本でのお正月。2日には探検部OB会で集まりもでき、何とも穏やかな正月でした。

 やはり田舎はいいですな~。

 そんな訳で、今年の抱負をいくつか抱き、それへの始動を開始したいものです。まあ、何とかなるさ。

 そんな正月を過ごし、本日4日は朝から増上寺お参り、子安神社でお払いを受けて、母の家に寄って帰ってきました。何だか体が重く、風邪をひき始めている感じ。チョットヤバイのでした。

 さて、2014年はどんな年になるのでしょうか?そして、どんな事をするのでしょうか?積極的に活動したいものです。

 まずは、新年の挨拶まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »