« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

結構寒くなりました

 紅葉ももう終わりかな?結構、朝晩は寒くなりました。明日からドイツ、オーストリア、オランダの出張。ベルギーも行く予定だったのだけど、アポ先からキャンセルくらって、今回はベルギー無し。

 昨年は12月頭にドイツで大雪に会い、往生した。11月末のヨーロッパは寒い。ドイツの最高気温6℃、最低気温はほぼゼロ。

 とにかく寒い、もも引きを持参。今回二週間。チョット大変。で、寒くて大変だけど、まあ行かないと、と、言う義務感に駆られて行くわけです。

 12月6日帰国、そして翌週は九州。結構ハードなスケジュールであるのだが、これで2013年もほぼ終わり。帰国後に忘年会多数。太らないように気を付けないと、、、、、。増やすのは簡単で、減らすのは、ホント大変。

 畑は、ミックスリールや、小松菜、水菜がやっと大きくなりつつある。ほうれん草は芽が出ているが、なかなか育たない。ジャガイモの収穫は帰国後検討。引っ張るだけ引っ張ろうと思うのですが、、、、、どんなタイミングで収穫するのがいいのやら。爪の鷹が赤くならない。赤くならずに、あまり良い色でない色に移行。

 ヤッパリ畑はいいね。田舎暮らしに憧れますね。

今週の行動記録;

18日月曜 早出、終日オフィス、Eさん来社。

19日火曜 終日オフィス

20日水曜 早朝から栃木に出張

21日木曜 早朝から茨城に出張

22日金曜 終日オフィス

23日土曜 朝ヨガ、昼食食べてからイオンへ土産を買いにお買い物。夕暮れどきに畑で野菜に声かけ。バイクで。

何だか結構忙しいかった。早出が多く、眠かったね、今週は。

 今週はY君が先週の土曜に亡くなったとの連絡があり、結構死を考える週でした。誰もが行く道、精一杯生きたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新できないほど、、、、、

 更新できていないですね。先週は5日間ズーットオフィスでの勤務。朝定刻の7:40に家を出て、くたびれ果てて20時ぐらいに帰宅。

 これが一番こたえる。英文の契約書関連、等、等。あかん、どうにも仕事が遅い。進まない。困ったな~。まあ、何とかなる目処は立ったけど、、、、。

 昨日、夕暮れ時に大学時代の後輩が亡くなったとの一報あり。詳細不明。彼は3年後輩だけど、、、、、、浪人したりしていたので、今年50歳かな?あるいは49歳かな。どうして亡くなったのかは分からないが、まだまだ若い。残念。10月に開催されたOB会には顔を出していたようだし、、、、。残念の一言。冥福をお祈りする。合掌。

 なんかな~彼の喋り方、ジョークの言い方、亡くなったとは、チョット信じられないな~。チョット心に穴が空いた感じ。

Sn3k09682


先週月曜に撮影した会社隣の公園の銀杏。青空によく映える黄色です。美しい。

それにしても、関東の冬は寒さだけ除けば、カリフォルニア的な清々しさです。

4日月曜 振替休日

5日火曜 早出、

6日水曜 鉄道技術展 幕張メッセに午後から。

7日木曜 終日オフィス

8日金曜 終日オフィス

9日土曜 ヨガ

10日日曜 陶芸

11日月曜 ~ 15日金曜 終日オフィス(13日水曜 USAのお客来訪。)

16日土曜 ヨガ、畑、大地を守る会の短角牛生産者の食事会、丸ノ内で。素晴らしいお肉を頂きました。

17日日曜 午前クリーニング取りに。掃除、昼食。午後は何をしようかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は高尾山と楽天優勝で盛りだくさん

高尾山に行ってまいりました。

人がいっぱいで、まるでディズニーランドだね、と話していました。

Dsc_1127_2


 富士が見えて、曇りでしたが、雨降らず、何よりの天気でした。6号を登り、その後1号を降りの往復徒歩です(まあ当然と言えば当然ですが)。

 リンドウが咲いていました。

Dsc_1123


高尾山名物の天狗は立派な銅像がありました(奥の院)。

それにしても、人が多かった。残念なのはほとんど紅葉が始まっていないと言うこと。ウ〜ンやはり温暖化の影響なのでしょうか?

これだけ人が多いのは、やはり関東だから。東京と言う大都市の人口の多さを感じました。

Dsc_1131

帰宅して、晩飯食べて、さて、日本シリーズです。一年の集大成、ここまで進んで来る人たちは、プロフェッショナル中のプロ、一流どころばかり。ショーマンシップも素晴らしい。まさか9回裏にリリーフでマー君こと田中投手が登場するとは、、、、いやー驚きました。これぞ、エンターテイメント。久しぶりにプロ野球を楽しみました。

そんな盛りだくさんの一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »