« いつまでも暑いですね | トップページ | 大雨でした »

アメリカのデフォルト

 アメリカ議会がデフォルト起こしそうですね。実際にデフォルトになるのか、否かは歴史が語るわけで、私はそれを予測しようとは思わないので、そこをここで議論はしない。

 もし、アメリカがデフォルトに陥った場合、どんな社会現象が起こるのか?これが注目すべきものであると思う。小さな例では、デトロイトのデフォルト、そして日本では夕張市。これらが参考になるのだが、、、、、デトロイトの報道は少ない。夕張市の国家年金(厚生年金や国民年金)は破綻していないので、部分的な参考にしかならない。

 日本の国債がどんどん膨らんでいるのは、数年前からわかっている話。そして、その膨らみ方は、自民党・小泉政権時代より加速している。安倍政権になって、さらに加速。国の借金が増えている。破綻は来ないと言う経済学者はいる。しかし、破綻せずとも、ペーパーマネーは文字通り紙となり、インフレが襲ってくるのは確か。そんなインフレが来るのであれば、お金を預金していても、無駄になるのも真実。だからといって現物に替えるには金もプラチナもまだまだ高値。さらに、株式等は、国家破綻を前にすれば、もっと危ない。

 現金を外貨に替えるのをある種のお金持ちは、円高時に行ったようだが、、、、それも本当のお金持ちでないと出来る相談ではない。そう、家賃170万円に住まう人や、海外に別荘を持ち、月に一回はその別荘に行くような人々。有り得ないね、庶民には。外貨、USA$の政府がデフォルトするなどといった現象が起こる中、安全な通貨など無いのも事実。

 最近ギリシャ報道が少なくなっているけど、どうなっているのやら。医者や弁護士などの知的職業人がギリシャから逃げ出していると言う報道があった。さもありなん。まあ、あそこは地続きで、容易に外国に行ける。そう、日本語では海外と外国は同一。しかし、大陸の方々は、海外は、ユーラシア大陸から見れば、アメリカ大陸だとかオーストラリア大陸などが海外で、必ずしも外国と海外は同一概念ではない。

 まあ、そんな事はどうでもいいのだが、困まるね~日本の政府デフォルトが起こると。アメリカの予算法案が通る通らないのデフォルトとは性格が全く違うだろうけど、参考にはなるよね。日本のデフォルトが起こると、預貯金当てにしていた人々はホント困るよね。インフレ、物価高、そして預貯金凍結など、第二次世界大戦後におとずれた世界が待っている。為替もとんでもなく安くなるだろうね。まあ、輸出しやすくはなるけど。アメリカが元気だという保証もないしね。中国が世界経済を握っている可能性もありだね。

 まあ、こんな暗いことを書いている内が華。実際にデフォルトが起こる前に、猛烈なインフレでしょうから。あ、その前に猛烈な円安ですね。

 アメリカのデフォルトニュースを見ていると、こんな事を考えてしまいました。

|

« いつまでも暑いですね | トップページ | 大雨でした »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/58375209

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのデフォルト:

« いつまでも暑いですね | トップページ | 大雨でした »