« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

秋ですね

 9月21日に帰ってきて、その時は「暑いな~」と思っていたら、26日ぐらいから涼しくなり、半袖では「チョット寒い」と言う朝晩です。かなり秋らしくなってきました。

 今週は東京エレクトロンとアプライドマテリアルの合併(2014年)が突然降ってわいてきました。半導体製造装置業界も生き残りをかけた「成熟産業」になったと言えます。まさに鉄鋼業界などと同じ。まあ、体力があるうちに合併だとか、売却だとかをやるべき。そういった意味では東京エレクトロンの判断は、正しかったのかもしれまえん。まあ、歴史がその成否は判断するでしょう。

 半導体デバイスメーカーはルネサス、エルピーダに集約。その集約から外れたパンソニックと富士通。小さなところでは、セイコーエプソン、ミツミ電機など独立で残っている会社は無いでは無いですが、、、。NECがルネサスに参加するのも遅きに逸した感はイガメナイ。そんな中、世界第三位、日本では最大の半導体製造装置メーカーである東京エレクトロンの行動は、実に興味深いと言える。

 後、半導体製造装置業界では、日立ハイテク、アドバンテストなどがあるが、、、、、まあ詳しく語るとまずいので、止めておきましょう。新聞ネタ程度で止めておくのが、安全。

 飲食費支出(2005年)は日本は74兆円に達し、GDP502兆円の7分の一。農業、水産業、食品加工業の1087万人/総就業者数6151万人=6分の一。74兆円の内生鮮品への支出は18%。

 半導体業界なんかよりもよっぽど大きくて、安定している。とにかく、半導体業界は安定しない。イノベーションが激しく、どうにもこうにも。先が見通せない。まあ、戦争の環境に比べれば、安定した生活と言えるが、、、、、。どうせなら、農業でイノベーション(IT関連技術を使ったものではなく、自然栽培技術によるもの)を起こしたほうが面白そう。大地を守る会から、食材を買うこととなり(私の奥様の判断)、早速野菜が届いた。長野産の無農薬トウモロコシの美味しいこと。有機栽培だろうな~。

 無農薬、あるいは減農薬、無化学肥料、有機栽培系などの食材を販売しているのは、20年ぐらい前は、自然食品販売店でしか入手できなかったが、今は先に挙げた「大地を守る会」や、「ラディッシュボーヤ」、「ナチュラル&ハーモニー」など色々な選択肢がある。食が見直されつつある反面、ファーストフードが大変流行る。この落差は、二極化なのかもしれない。収入が多い人ほど、健康志向で、食材に気を配る。収入が少ない人は、とにかく安価に手軽に食べられる食品に走る。

 アメリカは収入が多い人で、肥満者は少なく、収入が少ないグループ程肥満が多い。アメリカの街中で人々を眺めえいれば、分かる話であるが、、、、、日本もそうなるのだろうか?格差社会はどんどん進んでいる。私は、無収入でも農業がイイのだが。なかなか難しい問題。踏ん切るにはそれなりに覚悟と準備が必要。

 最近、古民家再生に興味があり、その書籍を読み始めました。古民家再生で住まいを自分の手で作り直したい欲求が、フツフツと。

 そんな今日この頃です。海外旅行も行きたいし、農業もしたいし、バイクでツーリングもしたいし、ヨガも継続したいし、陶芸にもう少し本格的に突っ込んでみたいし、古民家再生も手掛けてみたいし、さらにはテニスも復活させたいし。やりたい事、多し。

先週から今週の行動記録;

16日月曜 出国、オランダ着

17日火曜 オランダからドイツへ

18日水曜~20日金曜 ドイツ国内をウロウロ。20日ドイツを出国。

21日土曜 18:00成田到着 眠い。時差ボケ。

22日日曜 午前は家でオトナシク、午後陶芸

23日月曜 午前 畑、午後 お彼岸 墓参り Dry day

24日火曜 通常業務 終日オフィス

25日水曜 ビッグサイト見学、午後からオフィス

26日木曜 終日オフィス、メッチャ忙しい。

27日金曜 終日オフィス、昨日の続きでメッチャ忙しい。Dry day

28日土曜 ヨガ、午後畑(14:00~16:00)

 秋です。紫蘇も終わり、茄子ももうじき終わり、ピーマンも元気がなくなりつつある。ニラは元気。私の畑は、秋の収穫祭とはいかないな~。端境期で畑は少し寂しい状態。

 もう少し時間有効に活用することを心掛けようかな?まあ、のんびりやるのも幸せではあるのだが、、、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事帰国

Dsc_1080_4Dsc_1093_6今回はオランダ、ドイツの出張。

最高気温16℃、最低気温6℃。結構寒い。夏の気配は去り、秋の世界になっていた。今回は結構移動が多くて、くたびれた。自分でスケジューリングしたので、文句の言いようはないのだが、、、、。まだ、眠い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょいと忙しいので

 ちょいと忙しい。台風がやってくる。

 来週はヨーロッパ出張。果たして、出発できるのか?成田空港はまさに台風とバッチングする。乞うご期待!ドラマやね~。

 行動記録;

 9日月曜 早出、昼過ぎから羽田⇒金浦(キンポ)・ソウルへ

 10日火曜 朝からMeeting、午後ゆっくりめ。夜会食

 11日水曜 金浦⇒羽田、そのまま顧客のオフィスへ。暑い。汗だくだった。

 12日木曜 終日オフィス

 13日金曜 午前中バタバタと問題の案件の納期の件で打ち合わせ、10:30出発宇都宮へ、帰社は17:00。タンネのパンをゲット。

 14日土曜 ヨガ、図書館。昼はざるうどん。13:40畑に出発、16:10帰宅、プチトマト台風前に処分。ジャガ芋植え付け、玉葱撒種、秋取りキュウリを撒いてみる。収穫プチトマト、ニラ、米ナス、長ナス、ピーマン、大葉、バジル、間引き人参。

 15日日曜 特に予定なし。台風で朝から雨。

 週末ファーマーではやはり物足りない。ハーブガーデンと野菜農場、無農薬田んぼでドジョウの育成、やりたい事山積み。その合間に陶芸とバイクのツーリング、古民家再生。ウ〜ンチョット忙しい。今の仕事をしながら、果たしで?

 さて、今日は終日家ですね。処分しないとね、物を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年東京オリンピック 決まりましたね

 2020年の東京オリンピック 決まりました。さて、日本の財政問題は、その時まで火を吹かないで済むのでしょうか?2020年とは6年半先(約7年後、以下7年と表記)。どんな社会になっているのでしょうか?

 人口減少は加速していますよね。2012年は24万人の人口減でした。202年頃は100万人単位の人口減になってるのでしょうね。

 財政赤字に歯止めがかかっているのでしょうか?99兆円の財政出動予算を組んでいる安倍政権は、どんな評価を受けているのでしょうか?

 原発問題はどうなっているのでしょうか?どのぐらいの原発が再稼働しているのでしょうかね?その時までに地震は?津波対策は?法律整備は?

 今から7年経つと私は58歳になっています。どんな生活を送っているのでしょうか?元気かしら?農業に転職しているのでしょうか?それとも、都会で相変わらず働いているのでしょうか?

 7年後の世界、日本の世界における地位など、心配は尽きませんが、まあ、それでも元気に生きていれば何とか、、、、、なっていて欲しいものです。

 2020年は団塊の世代がほとんど70歳を迎えます。現役世代の5倍の医療費を使い、自分で払った5倍以上の年金をもらい、過ごしている団塊の世代。本当にこのまま逃げ切るのでしょうか?第二次世界大戦後、すぐに生まれた団塊の世代は、好き放題やって、後世に付けを残して、本当に逃げ切ることができるのかは、多分2020年頃に分かってくる話です。有り得ない~と思っているのは私だけでしょうか?

 年金、健康保険、介護保険、為替、財政問題など言い出せばキリのない不安材料が転がっています。そう、庶民(衆愚)は、そんな耳障りの悪い話は聞きたくないのです。難しい話は聞きたくなく、偉い人達が決めてくれればいいのです。そんなマスゴミに教育された日本国民が育っています。自分で考えない、心地いい話だけ聞いて、バラエティー番組でポテトチップスを食べながら笑って過ごしたいのでしょう。

 日本の世界における地位、価値は、どんどん下がっていくのでしょうね。でも、悲観ばかりしても仕方ありません。農のイノベーション=自然栽培だって世界から注目される時代が来ます。多分、、、、。

 2020年の東京オリンピックニュースを聞きながら、色々な思いが浮かび上がります。

 先週の行動記録;

2日月曜 終日オフィス 弁当持参

3日火曜 終日オフィス 弁当持参、夜会食

4日水曜 有給休暇 午前畑、午後から市川プランタンにスラックスを買いにお出掛け。

5日木曜 午後から埼玉と茨木の県境に出張、45分一本勝負で帰りにビールをいただく。

6日金曜 終日オフィス

7日土曜 午前 下の娘の高校の文化祭、帰りに船橋のカフェ蔵 六三三〇 でランチ。午後はまったりと外出せずに過ごす。

8日日曜 午前畑 イタリアントマトを撤収、2畝作成、大根とペパーミントの種播き。午後陶芸、高台削りワイン器と花瓶の2ヶ。粘土再生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPPと日本の農業、そして工業

 日本の農業が危機に瀕していると言う状況を報道するメディアは少ない。農業団体やJAの反対はタマに報道するが、現在の日本の農業がどうなっていて、今後日本の農業はどうなっていくのかは、なかなか報道されない。

 日本の農業生産は、GDPの1%程度であり(食料品としてのGDP換算は流通に大部分取られる)、そんな業界に税金を落とす(補助金などを出す)のは、非効率であり、矛盾だという意見がある。しかし、第二次世界大戦で疲弊した日本が高度成長するために労働力を提供したのは、農村であり、さらに外貨を持たない日本の食料を提供したのも農村である。その農村が崩壊の危機に有り、そのトドメを指すのがTPPと言うわけだ。食料自給率40%を切る日本は、まだ外貨を持っているから食料輸入が可能だが、ご存知のとおり、為替などどうにでも変わる。そう、1ドル100円前後で推移しており、日本の工業力をもう少し落とそうと思えば、70円ぐらいを2年もやれば、日本の工業はホント崩壊する。今でも半導体、液晶、携帯、タブレット、PCなどは衰退産業となっている。

 その後、1ドル300円ぐらいにすれば、工業は崩壊しているは、財政赤字で行き詰まっているは、食料買う金も無くなるは、そんな日本の像が思い浮かぶのは私だけだろうか?国際経済、国際政治は実にエゲツナイ。食料自給率が高かったアフリカエチオピアなど、商品価値が高いコーヒーを作るようにIMFなどが指導したが、その事によってその国の食料自給は崩壊し、高価な輸入食料を買うために、コーヒーを作り続けなければならない構造になった。そう、そんな搾取が当たり前の国際社会である。

 そんなワケで、日本の農村の崩壊は農業の崩壊であり、そして、日本という国の搾取のステップに他ならない。歴史が語る現実がそこにあるのに、日本のマスゴミは表層的な雰囲気、気分を伝えるだけ。日本を憂う人々の本当の事は報道しないのが、日本の歴史でもあるのだが、、、、。インターネットがここまで発達したのだから、違う報道がモット進んでもいいのが、、、、。なかなか難しい。

 小麦粉、大豆、コーンなどここ数年値上がり傾向である。特にコーンなどバイオエネルギーなどと言った矛盾だらけの言説で、えらく値上がりをして、誰かがエラク儲かった。食料値上がりで儲かるのは、食料輸出国でああるのは言うまでもない。それは米国をはじめとした欧米であり、日本はどんどん苦しくなる。

 まあ、私が憂う事ではないのかもしれない。私個人とその家族、そして、周辺の仲間が飢えなければいいのかもしれない。しかし、時代はそんな簡単に個人の思惑を許さないのも歴史は語っている。

 なかなか、難しい。

 さて、今週の行動記録;

26日月曜 早出。

27日火曜 終日オフィス

28日水曜 終日オフィス

29日木曜 栃木出張、上野で会食

30日金曜 昼日中往復45分ぐらい歩いて、外勤。東京オフィス街はとにかく暑い。35℃は超えていたそうな。

31日土曜 午前ヨガ、図書館、ヨークマート。午後 母訪問。

9月1日日曜 午前畑、午後買い物(涼みに)でイトーヨーカドー、イオン。扇風機購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »