« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

The exploration 探検

 昨日、とっても久しぶりに晩飯を独りで、自宅で摂りました。

 チョット手持ち無沙汰で、テレビをつけ、色々チャンネルを回していたら、関野吉晴さんの「グレイトジャーニー」をフジテレビのBSでやっていました。探検です。そう、学生時代探検部に所属していた私にとって、実に甘酸っぱい響きのある単語なのです。関野さんは1949年生まれ。私よりも13歳も歳上となります。最近、自分の年齢を気にしないようにしているのですが、結構気になっている自分がいます。そんな中、現役で探検を行っている関野さんの映像を見ると、とっても元気が出ました。

 何がしたいのか、自分のしたいことに、実に忠実に行動を起こしている関野さんを知り、驚きと感動を覚えたのでした。

 ネットで検索すると、イトイ新聞で対談をされており、これも興味深く読ませていただきたました。

 いいな~、自分のしたいことに実に忠実に生きる。そのしたいことが、知りたいことであると言うこと。自分の知らない人びと、知らない土地、知らない生活。これらを知りたい、まさに探検=The exploration。人間、年齢ではない、やりたい事をやるには、自分に言い訳をしないことである。植村直己さんの書籍を読み、本多勝一さん梅棹忠夫さんも読んでいた私としては、関野さんの事をこれまで知らなかったのは、実にうかつであったと反省。何とか上野の国立科学博物館で開催されている「グレートジャーニー」を見に行きたいものだと思うのでした。

 見に行ったら、また日記を付けたいものです。

 さて、先週はJet Lageで少し苦しみましたが、何とか立ち直った感じです。

18日土曜 帰国

19日日曜 チョットお買い物

20日月曜 早出 終日オフィス

21日火曜 昼食後突然眠気が襲ってくる感じ。

22日水曜 7時丁度に自宅を出発、朝から横浜へ直行。夕方、品川で会食。

23日木曜 6時19分の電車で羽田へ。福岡へのフライト

24日金曜 福岡⇒成田便で帰宅

25日土曜 午前ヨガ、図書館、食品の買い物、料理。午後はのんびり。夜にグレートジャーニー鑑賞。

26日日曜 午前畑。ごご陶芸。

まあ、こんな感じのいつものペースに戻りつつ。

色々思うところが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェット・ラグ(jet lag)で眠い

Dsc_0706ドイツは菜の花盛。この写真では分かり難いけど、菜の花畑は壮観でした。

Dsc_0709

 英語で、Jet lag、日本語では時差ボケ。年齢を重ねるほど、これが辛くなる。今回は、さてどうなるでしょうか?

 昨日帰ってきた。飛行機では、当然エコノミーで、しかも真ん中の席。11時間のフライトはチョット辛かったな。映画も面白いのがなくて、、、、、、。うーん、昨夜は20時で寝てしまった。今朝は5時ぐらいからうつらうつらで、覚醒しながら横になっていた。

 日中は眠くならないように頑張って畑まで歩いていき、昼食のチャーハンを作り、デパートまで出張のカバンを見に行った。それでも、やっぱり眠い。

 さて、今週の行動記録、

12日 日曜 出発、フライトは11;55発 独へ

13日 月曜 さあ、最初の仕事、訪問

14日 火曜 展示会

15日 水曜 展示会場でMeeting3件&夕食会食

16日 木曜 顧客訪問

17日 金曜 午前仕事 午後から移動 フランクフルト21:05のフライトで帰国

18日 土曜 16時前に到着。17時ぐらいに帰宅(成田が近くて何より)

19日 日曜 掃除機をかけて、畑を往復徒歩。昼食後デパートに車で。何ともシャキっとしない。

 円安が100円を超えた。独に行って、現在のレートだと色々高いと感じるのは私だけではないだろう。昨年年末にも出張したが、その時のレートは€1=JP\110だったのが、現在JP\135ぐいらい。25円も安くなって、、、、何だか損した気分。JP\120ぐらいが適正なレートだと感じるのだが、どんなものだろうか?

 まあ、金持ちファンドなど、マネーゲームが動かす為替レートなどに一喜一憂させられるのは、実に腹ただしいのだが、これも人の世のなせる業、受け入れるしかない。

 まあ、無事帰って来れて、ありがたい。眠いけど、ありがたいことである。

Dsc_0765
ビールは美味かった!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円安&株高、その先には?

 円安で株高が進んでますね、、、、、。まるでバブルの再現みたいな感じになってきあmしたね。バブルの頃に「株高、高景気、土地高で誰も困ってはいない!」とある経済学者が宣わっていた。しかし、バブルは一時の夢。ホンの一時期の絶頂のために、10年以上も不景気を被らないといけないバブルって?

 そう、あまりに不景気が続いて、バブルの後の不景気にアキアキした経済人が、ロクでもない夢をみているのかもしれない。

 そう、ある財閥系商社の部長が「戦争でもあれば、景気良くなるんですがね、、、、」ととんでもない事を言っていたいことを思い出した。ホント、人間って喉元すぎれば熱さ忘れる生き物なのでしょう。何とも悲しいですが。

 やっぱり株はこの際、8月までに売ってしまおうと思う今日この頃です。

 さて、行動記録;

6日月曜 こどもの日の振替休日 終日自宅で仕事をしていました。

7日火曜 14時までオフィス、それから成田に向かい、香港へ。

8日水曜 香港でMeeting 旨いチャーハンを晩飯で食べました。

9日木曜 10時のフライトで成田到着は16時。帰宅してから仕事を2時間程度。

10日金曜 終日オフィス。一生懸命集中して頑張ったけども終わらず、21時に撤退。あーしんど。サバケナイ自分に残念な気持ち。英語のメールは、時間かかってあかんな~。

11日土曜 朝8時過ぎから雨。午前中ヨガ。昼食は焼きそばお好み焼きを作って娘と二人で。家内は仕事で、かないの分も作りました。午後から、仕事。サバケナイ自分の宿題。

明日から出張。

 色々ストレス強度が高い中で生きています。やはり、畑だとかバイクだとか、陶芸だとか、、、、、趣味の時間をもう少し取りたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウイークも今日で終わり

 全くもって、瞬く間に連休最終日。本日は朝から仕事三昧。自宅で仕事。何だかノリが悪いのですが、それも自宅のせい?

 連休を振り返ってみたのですが、何をやったという訳でなく、何と無く終了。自宅のこともほとんどできていない。まして仕事も。仕事は本日、どうしようもなくって、片付けています。あー喉が痛いし、何と無くだるいし、気合の入らない日です。連休最終日5月6日。

29日月曜 バイクで印旛沼へツーリング。 7764歩

30日火曜 出勤。昼飯は佐賀のKさんと東京大丸・つばめ食堂で。夜は東京・Kさんの送別会で、チョット一杯。 12363歩

1日水曜 午前中は何をしていたのやら?午後から家内と東京にお出掛け。東京駅傍の北海道と京都物産館でお買い物。本来は高島屋でスーツを作ろうかと思ったのですが、、、、、。夏物はやめました。 9422歩

2日木曜 筑波山ハイキング  22216歩

3日金曜 午前 畑の支え棒=竹取り、苗購入、午後 津田沼蔦屋でCD借りて、その足で畑に。ナス、バジル、ウリを植える。11977歩

4日土曜 松戸近辺のオーガニックレストランに行ったのですが、お休み(ネットで確認したんですが、、、、)、代わりに八柱のオーガニック・カフェで昼食。うーん、少しは参考になったかな? 12097歩

5日日曜 東京銀座に下の娘の見たかった藤城精治さんの展覧会を見にお出掛け。日本橋に車を止めて、色々歩きました。夜は母と自宅で餃子。家内には感謝。 11435歩

6日月曜 終日自宅で仕事。あー疲れた。

 まとまった休みだから、何か特別なことが出来るわけでなし。人が多いこのゴールデンウイークに旅行計画は、もういいかな?過去に散々混んだ経験を積んだ今としては。

 明日から、通常業務。アメリカの株価が最高を記録。もう日本の株はどうなるのか?高値(山=高騰)の後は下落(谷=暴落)が待っているのですよね?これが世の理(ことわり)。やっぱり8月の選挙前に全て売っておこうと思うのでした。しかし、赤字の株はなかなか売りにくい。思い切りが大切か?

 しかし、メーカーの株価はイマイチ。証券と銀行等の金融系の株価が高値で、日経平均株価を支えているような、、、、。競馬・競輪・パチンコなどのギャンブルはやらないので、株でギャンブル気分を楽しんでいますが、まあ、そろそろ足を洗ってもいいかな、と、思う今日このごろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波山に登りました

 自分の体力がどんなものかと、試しに筑波山に登って見ました。いやはや、体重の重いこと!頂上直下の御幸ヶ原(標高800m)の手前500mぐらいで、かなりバテてしまいました。何とも情けないやらです。この体重(現在なんと83Kg)を標高差500m持ち上げるのは、簡単ではない。既に初老である51歳、筋力の衰えも感じずにはおれない。

 上りも下りも徒歩。まあ、久しぶりやね、、、、、と思いながら登ったのですが。途中で元気な女性(私と年代は近い!)二人ずれに抜かれたのですが、下りの道で、その二人の女性が登ってくるのとスレ違いました。つまり、彼女たちは二回筑波山に登ったと言うこと。「時間があったので、」とのことですが、すごい体力。まあ、なんかのトレーニング兼ねてのことでしょうが、それでもすごいな。

 上りでバテて顎が上がり、下りの行程で股関節が痛くなった私としては、すごい女性たちがいることで、驚き。元気を頂きました。すごいな~。

 まだまだ鍛えたら、いけますよ、エベレスト。三浦雄一郎さんのように。まあ、80歳でエベレスト=チョモランマに登るのは超人であるのでしょうが、51歳で顎出していては、人生楽しめませんね。チョット頑張ってトレーニングしないと。

Dsc_0664 家内は至って元気。旦那である私は、ついて行くのが一杯一杯。なんとも、いやはや。

Dsc_0682


まあ、いずれにしても、頑張ろう。一日二回ぐらい筑波山登れるぐらいの体力つけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民間企業での赤字

 人生に山あり谷ありであるように、民間企業も儲かる時があり、儲からない=赤字の年があっても不思議はないのですが、赤字続きはいただけません。エルピーダもルネサスも富士通もパナソニックも半導体関連はほとんど赤字か赤字スレスレ。日本の半導体は厳しい状況です。

 そう、結局日本でモノづくりは難しくなりつつあるのは、間違いなさそうです。少子化で子供が減っています。さらに、定年延長で60歳定年を65歳に5年引き伸ばしたことで、若者の職を奪っています。実に残念な日本です。正直、60歳以上の方で、どうしても残ってもらいたい方は2割もいないでしょう。8割の方は若者の職を奪っています。

 民間企業の赤字もこの辺りが、実は影響しているのかもしれません。若者に比較すると、長く生きているだけあって、老練で口が達者です。そういった方々が組織の成長の足を引っ張り、停滞を招いていると言えそうです。Yahoo、楽天、ユニクロなど注目企業は、従業員の平均年齢は若い。SonyやPanasonicなど昔は若かった企業で、平均年齢が上がっている会社は軒並み業績低迷。そう、新陳代謝ができない、従業員の流動性がない、新しいことに取り組むのを嫌がる。そんな組織になりつつあるのが日本の大手企業かもしれません。

 結局、組織のトップの考え一つ。組織のトップ次第で、どうにでも変わるのかもしれません。少なくとも赤字が2年続いたら、トップは責任を取るべき。色々な責任の取り方があるので、人それぞれですが、エルピーダの坂本社長、JALの社長などは、自分の報酬を返上しましたね。あるいは、辞職した方も当然います。伊藤忠の元社長の丹波さんも一時期報酬返上しましたね。

 権限と責任。やはり組織のトップ次第ですね。

 まあ、モチベーションと組織の活性など、色々やり方、切り口がありますが、古い会社程、停滞色が強く出ますね。

 今の高齢化した日本、そしてその象徴である民間企業。やはり既存の組織をどうこうしようと考えても、無理なのかもしれません。新しい組織を作った方が良いのかも、しれませんね。まあ、リスキーですが。しかし、衰退していく既存の組織にしがみつくよりも、リスクを取った方が、人士楽しいかも?

 まあ、色々考えさせられることの多い昨今です。

Dsc_0651_2
亡くなった父のお墓にある藤棚。満開です。

Dsc_0652_2印旛沼に家内とタンデム。小旅行。眺めのいい橋の上から。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »