« 本日は成人の日です | トップページ | 峠は越えて »

大雪の後

 14日月曜成人式 大雪。その大雪の中、ノーマルタイヤの車で、母の家まで様子を見に行きました。まあ、タイヤは滑る、運転はしづらい、危ないで、ロクなことはありませんでした。

 母が昨年12月30日に異常な痛みで寝込んでいました。多分内臓系の問題ではないかと思われ、正月は養生して安静にしていたのですが、食べれない、食べない日々が続き、これでは衰弱するばかりでマズイと言うことで、7日に近所の掛かり付けの医者に見てもらいました。

 CRPと言う血液成分値が高く、炎症が見られるとのことで、膵炎を疑われ、薬を飲んでいたのですが、14日月曜時点で改善の様子はなく、15日火曜午前中に掛かり付けの医者に相談に。

 そんなに食べれていないとは「知らなかった」とのことで、急遽紹介状を書いてもらい入院へ。16日水曜総合病院に行って、消化器系の診断を。

 16日午前で私は姉に母を任せて仕事=出張に。

 16日夕方 どうも内臓系ではなく、循環器系とのこと。心臓に腫瘍が見られる、結構新しい動脈剥離が見られる、肺に新鮮な血の塊が見られるとのことで、その総合病院では「専門はいない」とのことで、急遽転院。専門医者のいる病院に緊急搬送。16日の19:30に到着。

 翌日17日木曜 急遽出張先から帰ってきたら18日金曜に緊急手術。心臓を一旦止めて、開いて腫瘍除去するとのこと。説明が17:00から行われました。

 18日金曜日 10:30に手術前面会 11:00手術室搬送 17:30に手術終了後の面会。本人は人工呼吸器付けて、寝たまま。手術は無事終了とのこと。

 何とも怒涛のような一週間でした。本人もビックリ、子供である私、姉、弟、家内もビックリ。内臓系だと思っていたのが、心臓で、しかも複数の疾患に繋がり、、、、、まあ、色々あります。

 心臓を止めて、人工心肺にして、心臓手術を行うと言うのは海堂尊さんの小説「チーム・バチスタ」で知っていたけど、現実に私の母が、心臓手術を受けるとは、何ともいやはや。

 高齢ということもあり、どうなるかと心配ではあるが、現代日本の名医の名高いY先生の落ち着いた説明、そしてその手際、感謝と現代医学の進歩に驚きです。いやーすごいですね、現代医学は。

 放置しておくと亡くなっておかしくない病状であり、チョット前では助かること自身が難しかったのではないでしょうか?

 そんな一週間でした。

 15日の午後、16日の午後、17日の午前に仕事しただけで、今週はほとんど仕事していないな~。まあPC持ち歩いていたので、PCで出来る仕事はしたけれど、、、、。チョット落ち着いて、仕事しなくちゃ。

|

« 本日は成人の日です | トップページ | 峠は越えて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/56575582

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪の後:

« 本日は成人の日です | トップページ | 峠は越えて »