« 遺伝子組み換え食品 | トップページ | 師走の総選挙ですね »

食糧危機とは?

 日本における食糧危機とは、GM作物を取らなければならなくなる事象だと言える。無農薬、無化学肥料作物は高価で、かつ非主流。こういった安全な食料を得ることが、格差社会であるとも言える。

 安全で安心な作物は高価であり、GM作物が代表するような危険かもしれない食品を取らざる得ない人との格差が大きくなる。これが日本における食糧危機。

 国民を飢えさせないと言う意味では、現代の日本の経済事情からすば当然、札束で食品を買ってくる事ができる。これはしばらく可能であろう。しかし、過度に輸入食料に依存すると、国内の安全で安心な作物が衰退する。なくなりはしないが、貧しい人々は、その安全安心を得ることができない。これが、現代の食糧危機と言えないか?

 ポストハーベスト問題といい、GMといい、残留農薬といい、食がこれだけ軽んじられるのは、やはり民度が低いから。庶民には知らしむべからず。今も昔も日本の政の方針は変わらない。日本の官僚機構は延々と奈良時代から続いてきた。時の為政者は過去の官僚制を真似て、そのシステムを温存してきた。現代も、その官僚制のシステムは変わらないし、その性癖=知らしむべからずは変わらない。

 しかし、現代はWebを通じて知ることがある程度可能となった。そこに愚民からの脱却が、民度向上の可能性があるのではないだろうか?

 原発の安全性に対して疑問を抱くのは誰しも同じはず。しかし、知ることを放棄し、考える事を放棄すと言うことは、太平洋戦争を引き起こした一部のエリートによるシステムへの反省はない。福島の原発事故は、非常に悲しむ出来事であるが、これをキッチリ見極めると、日本の次なる進み方の光明が見えてくるのではないか?

 食料問題も同じ。危険な食品、その対極の安全安心を知ることで、民度が上がり、次なる進むべき姿が見えてくるのでは?

 しばらく、この食品・農業について集中的に知識を得ていきたい。ビジネスチャンスがあるとともに、一番したい仕事かもしれない。

|

« 遺伝子組み換え食品 | トップページ | 師走の総選挙ですね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/56088831

この記事へのトラックバック一覧です: 食糧危機とは?:

« 遺伝子組み換え食品 | トップページ | 師走の総選挙ですね »