« 食糧危機とは? | トップページ | 土と平和の祭典2012 に行ってきました »

師走の総選挙ですね

 師走の選挙。なかなか慌ただしい師走となりそうです。選挙の行方はわからないけど、とにかく選挙に行って、後世への責任を果たしましょう。選挙にも行かずに、「政治が悪いから、景気が悪い」などといった批判はしないことです。

 選挙に行って、投票する。その為には、何を根拠に投票するのか、よく考え、よく情報を集めて判断しなければなりません。こんな事は大人であれば、当たり前。この当たり前が、一番大切なのでしょう。

 次の4年間を決める選挙。既に破綻することが目に見えている年金問題、破綻しかかっている健康保険、年年歳歳増える一方の生活保護世帯、ものづくり日本お空洞化、円高、株安、財政赤字、さらには東北大震災の復興、そして福島第一原発の始末。そして、これからのエネルギー政策。そんな事を国民が考えるようになると、民度が上がり、より良い社会を目指そうという機運が高まることでしょう。

 外交的には、オバマ大統領が4年継続。中国共産党の最高指導者に習書記長が就任。そして韓国の大統領選も12月、日本もとうとう師走に総選挙で、日本首相選び。世界が動いていますね。

 さて、目先の仕事が大変、そして目先の日本経済がとっても大変。リーマンショックの時も大変でしたが、なんだかそれに似た雰囲気の不景気です。対処療法がほとんど分からない。中国経済も原則、実質経済成長率ゼロではないかと言われています。そして、欧州の経済はマイナス成長。まあ、成長だけが絶対ではないので、マイナスすることもあって不思議ではない。

 経済成長があって、景気が良くなることが望まれるのだが、、、、、私は団塊の世代の方々に早々に引退いただき、若い人に椅子を譲ってもらいたいものだと考えています。トータルの経済成長より、高齢者の若者に仕事を譲る方が大切ではないかと思うのですが、、、、、。

 私の母も年金暮らしで、「景気が悪いもイイも、よくわからない」と言います。当然でしょう。商売をしているワケでなく、年金暮らしだと、消費だけです。稼ぎはありませんから、稼ぎが悪くなるだとか、失業者が増えるだとかしても、実感が湧かない。周りに同じような年金生活者ばかりですから尚更です。

 で、早めに団塊世代とその次の世代の方に席を譲ってもらって、若者の就職を支援することで、世の経済は回ります。トータルとして人口縮小するわかなので、トータルでの経済成長は望めなくても、若者の手取りが増えることで、若い人の消費が増え、それで経済が回ればいいのではないかと考えるのです。

 団塊の世代で元気な方は、ボランティアだとか有機農業だとか、やれることは多くあります。ぜひ、元気に社会貢献を目指してもらいたいものです。

 選挙へ向けた報道を見ながら、こんな事を考えるのでした。

 今週の行動

12日月曜 午後に茨城に出張。

13日火曜 午前来客 午後 都内顧客説明会 紛争物質に関する調査依頼

14日水曜 朝から新潟出張

15日木曜 栃木に出張し、帰りに久しぶりにHさんと会食

16日金曜 お休み 朝からまな板にかんな掛け、午後は終日自宅 

17日土曜 午前ヨガ 午後 授業参観 終日降ったり止んだりの天気

 

|

« 食糧危機とは? | トップページ | 土と平和の祭典2012 に行ってきました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/56133029

この記事へのトラックバック一覧です: 師走の総選挙ですね:

« 食糧危機とは? | トップページ | 土と平和の祭典2012 に行ってきました »