« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

読書メーターはどうよ?

 最近「読書メーター」に書籍を登録し始めた。まあ、クラウドの一種だが、なかなか便利。ただし将来的に自分のプライバシーが保てなくなるリスクと記録が消えてしまうリスクがあるが、、、、。

 そんなこと言っていたらキリがないと「自分に言い聞かせ」て、利用を始めた。これがなかなかよろしいのです。図書館で本を借りることの多い私は、これまで読み飛ばしてきたのですが、チョット記録しておくのに便利で、さらに書籍のカバーが映像で表示されるので、さらに探しやすい。まだ使い方が全部わかったわけではないのだが、、、、。実に面白い。これまで読み飛ばしている本を本棚に挙げておくだけで、記録の糸をたどるのに便利。

 また、PCを選ばない、クラウドでどこからでも記入や登録ができるのは、便利。将来的にタブレットを検討している私としては、もっと使いやすくなるかも。ちなみにミニタブレットが欲しいのだが、その理由は自炊した書籍を持ち歩きたいと言うこと。容量にして30G程度で、持ち歩ける容量であり、何かの時に読み返すとか、あるいは調べるなど、かなり便利になるのではないかと思うのだが、、、、。まずは、タブレットを手に入れてから、考えましょう。タブレットの条件は、スマートホンより大きいこと(老眼があり、スマートフォンサイズは厳しい)。そして、PDFを見ることができること。

 自炊をしたおかげで、かなり自宅の書籍は減ったのだが、その書籍を実は読書メーターみたいな形で一覧できるようにしておけば、面白いかなと思っています。

 読書の形態も変わっていきますね。しかし、読書自身は変わらないと思うのです。読書にプラスして映像だとか、音声だとかはアリだとは思うのですが、読書自身がなくなることはしばらくはなさそう。

 今週の行動記録;

 19日月曜 終日オフィス 夕食はHさんと中華。

 20日火曜 11:30AMからお出掛け。15時戻り、それからMeeting2件。くたびれた。

 21日水曜 昼の飛行機で九州に。ひさしぶりの九州出張。久留米泊まり。めずらしい。

 22日木曜 終日九州。博多駅でIさんと会食。若い人と会食すると、何だか若返ります。

 23日金曜 勤労感謝の日 母の家に。外で昔一緒に仕事したOさんにバッタリ。10年以上ぶり。6年生の息子さんがいるとか。世間は狭い。

 24日土曜 朝から掃除。そしてヨガ、図書館。昼食は「キャベツ焼き」という名のお好み焼き。午後から畑の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついでに皇居、元江戸城の桜田門にも寄りました

 帰りに日比谷公園から三越まで散歩しました。

Dsc_0225_5


Dsc_0230_3


Dsc_0231_2


実に美しい紅葉です。特にイチョウの黄色が美しい。いい季節です。

桜田門前の広場はとっても空が広く、そして気持ちいい。これはチョットすごいこと。こうやって大都会にオアシスが残るのは、実に大切なこと。この空間こそが大切だと感じるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土と平和の祭典2012 に行ってきました

 土と平和の祭典2012 今年で6回目だそうで、本日、18日 日曜 に日比谷公園でありました。オーガニックな農産物、生産者、流通者など数多く出店され、ミニコンサートも行われていました。加藤登紀子さんも参加。

Dsc_0212


 無肥料、無農薬の農業を目指す私としては、大変楽しく過ごせました。これに行けた理由は、J-Wabの日曜朝やっているロハスサンデーでゲスト出演された藤岡亜美さんが「これから日比谷で、参加します」と言っていたのをキャッチして、急遽日比谷に向かったのです。

 原発事故後の人々は、食の安全について考えているようになったのでしょうか?それとも、変わらずでしょうか?どうなんでしょうか?

 私自身はテニスの師匠でもあるJさんの無農薬・無肥料野菜が美味しいので、大変興味を持ったと言うのが経緯ですが、3.11以降日本の意識は変わったのでしょうか?

Dsc_0214


 本日はこの祭典でオーガニック野菜、食べ物、加工食料品などが試食、販売されていて、昼食をこちらでいただきました。香取より来れれたお店で、おむすびといなり寿司、そして鹿肉のソーセージ、コーヒー、米粉のスープ、肉まん。お土産に宮崎のニンニク、山芋、鶏肉の燻製、干し大根、ジュース。長野のりんごジャム。レタスにゴボウなどをゲット。色々お店の人と会話しながら楽しい、そして大変天気に恵まれた日和でした。

Pb180738


このコーヒー(紙カン)も美味しかった。カンコーヒーだと見くびってはいけない。なかなか美味しなコーヒーでした。

こんなイベントに参加したのは初めて。オーガニック、安全な食べ物を生産されている方々は、なかなか皆さん笑顔で元気でした。

なかなかいい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走の総選挙ですね

 師走の選挙。なかなか慌ただしい師走となりそうです。選挙の行方はわからないけど、とにかく選挙に行って、後世への責任を果たしましょう。選挙にも行かずに、「政治が悪いから、景気が悪い」などといった批判はしないことです。

 選挙に行って、投票する。その為には、何を根拠に投票するのか、よく考え、よく情報を集めて判断しなければなりません。こんな事は大人であれば、当たり前。この当たり前が、一番大切なのでしょう。

 次の4年間を決める選挙。既に破綻することが目に見えている年金問題、破綻しかかっている健康保険、年年歳歳増える一方の生活保護世帯、ものづくり日本お空洞化、円高、株安、財政赤字、さらには東北大震災の復興、そして福島第一原発の始末。そして、これからのエネルギー政策。そんな事を国民が考えるようになると、民度が上がり、より良い社会を目指そうという機運が高まることでしょう。

 外交的には、オバマ大統領が4年継続。中国共産党の最高指導者に習書記長が就任。そして韓国の大統領選も12月、日本もとうとう師走に総選挙で、日本首相選び。世界が動いていますね。

 さて、目先の仕事が大変、そして目先の日本経済がとっても大変。リーマンショックの時も大変でしたが、なんだかそれに似た雰囲気の不景気です。対処療法がほとんど分からない。中国経済も原則、実質経済成長率ゼロではないかと言われています。そして、欧州の経済はマイナス成長。まあ、成長だけが絶対ではないので、マイナスすることもあって不思議ではない。

 経済成長があって、景気が良くなることが望まれるのだが、、、、、私は団塊の世代の方々に早々に引退いただき、若い人に椅子を譲ってもらいたいものだと考えています。トータルの経済成長より、高齢者の若者に仕事を譲る方が大切ではないかと思うのですが、、、、、。

 私の母も年金暮らしで、「景気が悪いもイイも、よくわからない」と言います。当然でしょう。商売をしているワケでなく、年金暮らしだと、消費だけです。稼ぎはありませんから、稼ぎが悪くなるだとか、失業者が増えるだとかしても、実感が湧かない。周りに同じような年金生活者ばかりですから尚更です。

 で、早めに団塊世代とその次の世代の方に席を譲ってもらって、若者の就職を支援することで、世の経済は回ります。トータルとして人口縮小するわかなので、トータルでの経済成長は望めなくても、若者の手取りが増えることで、若い人の消費が増え、それで経済が回ればいいのではないかと考えるのです。

 団塊の世代で元気な方は、ボランティアだとか有機農業だとか、やれることは多くあります。ぜひ、元気に社会貢献を目指してもらいたいものです。

 選挙へ向けた報道を見ながら、こんな事を考えるのでした。

 今週の行動

12日月曜 午後に茨城に出張。

13日火曜 午前来客 午後 都内顧客説明会 紛争物質に関する調査依頼

14日水曜 朝から新潟出張

15日木曜 栃木に出張し、帰りに久しぶりにHさんと会食

16日金曜 お休み 朝からまな板にかんな掛け、午後は終日自宅 

17日土曜 午前ヨガ 午後 授業参観 終日降ったり止んだりの天気

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食糧危機とは?

 日本における食糧危機とは、GM作物を取らなければならなくなる事象だと言える。無農薬、無化学肥料作物は高価で、かつ非主流。こういった安全な食料を得ることが、格差社会であるとも言える。

 安全で安心な作物は高価であり、GM作物が代表するような危険かもしれない食品を取らざる得ない人との格差が大きくなる。これが日本における食糧危機。

 国民を飢えさせないと言う意味では、現代の日本の経済事情からすば当然、札束で食品を買ってくる事ができる。これはしばらく可能であろう。しかし、過度に輸入食料に依存すると、国内の安全で安心な作物が衰退する。なくなりはしないが、貧しい人々は、その安全安心を得ることができない。これが、現代の食糧危機と言えないか?

 ポストハーベスト問題といい、GMといい、残留農薬といい、食がこれだけ軽んじられるのは、やはり民度が低いから。庶民には知らしむべからず。今も昔も日本の政の方針は変わらない。日本の官僚機構は延々と奈良時代から続いてきた。時の為政者は過去の官僚制を真似て、そのシステムを温存してきた。現代も、その官僚制のシステムは変わらないし、その性癖=知らしむべからずは変わらない。

 しかし、現代はWebを通じて知ることがある程度可能となった。そこに愚民からの脱却が、民度向上の可能性があるのではないだろうか?

 原発の安全性に対して疑問を抱くのは誰しも同じはず。しかし、知ることを放棄し、考える事を放棄すと言うことは、太平洋戦争を引き起こした一部のエリートによるシステムへの反省はない。福島の原発事故は、非常に悲しむ出来事であるが、これをキッチリ見極めると、日本の次なる進み方の光明が見えてくるのではないか?

 食料問題も同じ。危険な食品、その対極の安全安心を知ることで、民度が上がり、次なる進むべき姿が見えてくるのでは?

 しばらく、この食品・農業について集中的に知識を得ていきたい。ビジネスチャンスがあるとともに、一番したい仕事かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺伝子組み換え食品

 放射能物質が発見された時、人類はその危険性を予知できなかった。それと同じように、緊急の毒性は認められないGM=遺伝子組み換え食品はを現時点で安全だとか危険だとか判断することはできない。もし危険の可能性が少しでもあるなら(あるいは現代社会では判断できないのであれば)、こういった作物は食品に使うべきではないと言うのは、じつは当たり前のことだが、利益に目がくらむと、それすら通らない。

 こちらの記事をぜひ参照。http://uskeizai.com/article/300902692.html#more

カリフォルニアで「遺伝子組み換え食品(GMO)の表示義務化(Proposition 37)」に関する住民投票が行われた。

結果は反対53- 賛成47で否決された。 モンサントの勝利に終わった。モンサントを中心に食品メーカーなどが4560万ドルを費やし、GM表示義務化を潰しすために大々的なキャンペーンをおこないました。

一方、オーガーニック系の食品メーカーや農家らの献金額は870万ドルと微々たるもの。 結局、モンサントなど大企業が力ずくで同案を潰したことになる。

 原爆、水爆といい、GM食品といい、人類はなかなか学ばない。そして、刹那的である。これも民度のなせる技かもしれない。
 現在の日本も食料は危ない。一つはカロリーベースで自給率40%。そして、日本で作られている作物も農薬、化学肥料の問題からは逃げられていない。農薬でベタベタになった野菜、化学肥料付けで、栄養素が激減している野菜。
 そして、無農薬、無化学肥料農業は原発と同じく「そんなことできるわけはない」との一言で切って捨てられる。原発と同じ、沈黙は賛成でしかない。
 なかなか食料問題は難しい。エネルギー問題と同じぐらい大切なことであり、ホント難しい。
知れば知るほど、読めば読むほどその難しさが、困難さが見えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうなることやら~アメリカ~

 アメリカの大統領選が終わった。その2日前にロシア大統領プーチンが「オバマ支持を表明」していた。これは、オバマ大統領が再選するという事象を確信していたと言うこと。まあ、あくまで大統領選は演出でしかないのだが、、、、、。

 さて、オバマ大統領再選によってどうなるのか?ハッキリ言えるのは、オバマであろうと誰であろうと、パックス・アメリカーナ=アメリカの平和、強いてはアメリカによる世界平和(秩序)=世界の警察官としてのアメリカの時代は終わった。

 次に中国での共産党幹部の交代。色々報道されているが、中国の今後の方向はアメリカの影響を排除して進むと言うこと。

 アメリカの影響力は70億を突破した人類の食料問題のある種の鍵を握っていると言うこと。化石燃料からの離脱が課題であった4年前、実際には今でも非常に重要な課題ではあるのだが、シェールガスによりオイルピークを上手く乗り切る目処がアメリカは確信を持ったと言うこと。再生可能エネルギーは急速に広がる必要がったが、緊急性が下がった。そして化石燃料を使う以上は、CO2排出は増大して、気候変動、温暖化は止まらない。そして、旱魃が起こるたびに、アメリカの存在感は増す。大豆もトウモロコシも小麦粉も多くはアメリカに頼っている。

 食料問題ではマスマスアメリカの存在感は増す。軍事力よりも、大きな影響力があるアイテムになる。

 そんな事は誰しも想像できることで、日本の農政は、知っていながらの知らぬふり。アメリカの意向=食料をアメリカに頼る属国日本と言う図式。この図式を壊さない農政。その点だけでは不幸な政治である。まあ、官僚がかなり悪いのだが、、、。政治も悪い。その政治家を選ぶ国民の民度に問題があるのは事実。ホント、マスゴミの面目躍如=愚民再生計画は成功している。そして、格差社会を大きくしていく日本。

 暗いとか、ダメとかは言わない。唯一、ネット社会の増大で、民度が上がることを期待したい。知る事に喜びを感じる。これも文化。そして、知が広まれば、民度もあがる。

 畑でトウガラシが真っ赤に色付き、軒下に干しています。

Pb100736_3


何かクリスマスの飾りみたいで、Goodである。

今週もなかなか思い通りにはいかない、返事が来ない週でした。

5日月曜 いきなり出張。茨城⇒栃木

6日火曜 続いて茨城出張

7日水曜 終日オフィス

8日木曜 終日オフィス

9日金曜 夕方お出かけ、先端技術の話を聞けた。その課題も。その課題に絡めると、ビジネスチャンスなのだが、、、、。

10日土曜 朝遅く起きて、ヨガ。昼食後、畑。本日はカブとミックスリーフの種を蒔きました。これで大体、畑は満杯に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うーん明るい経済記事か~

 写真掲載から。11月2日7時前 住んでいる集合住宅から火事が見えた。消防署に電話したけど、まあ既に連絡済みだったようでした。それにしても、火の勢いはすごい。まあ、黒煙もすごかったけど、、、、。

Dsc_0087


 ホントは富士山を見ようと思ってベランダに出たら、黒煙が見えた(家内)。それで火事を発見したわけです。

 家事は財産だけでなく、思い出の写真も奪っていきますから、、、、、、。怖いね。これから寒くなるので、より、火の元には気を付けないとね。

Dsc_0089

 土曜日、JIMTOF=工作機械展で説明委員を行った。すごい人数の来場者でビックリしました。工作機械はほとんどが金属加工マシーンで、素晴らしい精度を誇る日本のマシーンです。高精度マシーンは、リニアモーターが増え、制御もミクロンアンダー表示があるようになりました。すごいなー、しかし台湾韓国のキャッチアップもあり、明るい将来ではなさそう。それでも物づくり立国日本、何とかなるさと、明るく頑張る!明るくが大切。

 そう、そう、結構危機を予測する経済記事を書いたりするのですが、あるかたから暗い話ばかりではチョットとしんどいと言われました。そうですね、不安を煽る記事ばかりではやはりまずいですね。

 人はどんな経済状況でも生きていかないといけないわけで、そこには希望がないとまずいのは確か。特に中小企業においては「希望」無しには、日々の生活で背中が丸まってしまいますね。

 不安な先行きであれば、あるほど、希望のある話も必要です。なかなか、いい指摘を頂いたと思いました。

行動記録;

10月最後の週は

29日月曜 早出、終日オフィス

30日火曜 予備日で空けていた日、結局外出せず終日オフィス

31日水曜 午前中横浜でMeeting、夜会食

11月

1日木曜 都内で英語のMeeting、夕方からはそれに関するMeeting

2日金曜 夜、寄り合い

3日土曜 JIMTOF 展示会 体重が重くて足が痛い!体重減らさないと、、、。

 今週は不摂生、外食三昧、よろしくないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »