« 写真縮小に成功 | トップページ | 先週からの写真 »

ハッカーの問題にすり替え

 どこの新聞もコンピューターウイルスによる遠隔操作事件の本質をごまかそうとしている。本来、この事件で追求されないといけないのは検察であり、真犯人問題よりも検察の逮捕の問題の方が大きな事件である。

 無罪の人間に自供させる、この検察の技は大したものである。そう、そうやって事件は解決される。自供の強要、自供の誘導。その取り調べのあり方こそ、追求されるべき事件だと思う。

 田中良紹さんの書かれている事が、事の本質である。それにしても、日本の取り調べは、実にテクニカルであり、実に閉鎖的。ホント見える化(ビジブル=bisible)するしかないと思うのだが、、、、、。

 日本のエリートは飼い慣らされた羊でしかないのかも?アメリカの日本への誘導が成功しているのかも?瀬戸内寂静とさだまさしの対談の中で、70年安保を静める時に、従順な羊化政策が取られた。団塊の世代のその安保の挫折感が、現在のシステムなのだと言う説。うなづかされる。

 いずれにしても、社会システムがどうにこうにも動脈硬化を起こして、部分的に壊死を始めているのかもしれない。東京都石原都知事がその象徴的存在であるかもしれない。

|

« 写真縮小に成功 | トップページ | 先週からの写真 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/55987471

この記事へのトラックバック一覧です: ハッカーの問題にすり替え:

« 写真縮小に成功 | トップページ | 先週からの写真 »