« ノキア考察 | トップページ | 天気次第のゴールデンウイーク »

小沢一郎氏無罪と経済

 小沢一郎氏に無罪判決が出て、かれもある程度動けるようになったような。それにしても検察の何たる不可解さ。まさに人の領域にあらず、悪鬼の領域なのでしょうか?

 さて、小沢一郎氏に無罪判決が出た事で、何か変わるのでしょうか?多分、多少は変わると思うのですが。まずは、消費税増税。これは単なる増税にはならず、目的税化するのではないでしょうか?福祉税?かな。その駆け引きが本格的に始まるとイイのですが。さらにTPPの件。これもアメリカの言いなりにならずに、政治的駆け引き材料に使われることでしょう。それ以上に、TPP自身が骨抜きに?

 もう一つ沖縄米軍基地問題。これも中国との関係、尖閣諸島問題など、アメリカ側が日本への取引条件にするカッコウの題材になるでしょうね。そして、経済的には一番重要なのが為替の安定。

 為替が今、日本がゴールデンウイークに入っていることをいい事に、79円台まで円高に進んでいます。これも政治駆け引きですね。超円高からまた、超・超円高に戻るみたいですが、、、、、、、。

 政治と経済は切っても切れない関係にあります。円高が進むことは、日本の国力が強まると言う事ですが、実はピークを過ぎると減速すると言う法則があります。何でもそうですが、これ以上ないところまで進むと、逆に振れるのは当たり前。その時が日本の財政問題が世界的に顕在化させられる時です。財政問題はいつ勃発するのでしょうか?

 まあ、そんな色々な案件がある中、小沢一郎氏が政治の表舞台に立てるようになったのは日本としては、喜ぶべきことでしょう。

 さて、政治課題はどう動いて行くのでしょうか?小沢氏の言動&動向に注意していきたいですね。

|

« ノキア考察 | トップページ | 天気次第のゴールデンウイーク »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/54605428

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎氏無罪と経済:

« ノキア考察 | トップページ | 天気次第のゴールデンウイーク »