« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

1月の晦日

 転勤となりました。2月1日付けの辞令で東京勤務。出向。九州から離れるコトとなり、チョッピリ寂しい。イロイロやり残したことも多くあり、、、、、、。まあ、1年と3ケ月の短期間でしたが、結構充実した日々を過ごせたカナ?と思うのですが。

 出会い、やはり師と言える人との出会いがあったおかげで、楽しく過ごせました。

 体重が80Kg切ったら、大型バイクの免許を取り、と考えて、市主催のテニス教室に通い、体重を落とし、そして免許取得、さらに大型バイク=YAMAHA XJR1300を購入。ツーリングで関東(自宅)を往復。テニスは師と一緒に継続。ヨガも継続。畑も師からイロイロアドバイスをもらい楽しく、大汗をかきながら開墾しました。

 テニス、バイク、畑、自炊生活が始めたコトで、継続がヨガ。止めたコトは、テレビと車の生活と電車通勤(自転車通勤に代わった)。単身赴任生活だから、家族との接触も、、、、、、極端に少なくなった。電話はあるけど、なかなか接触と言う意味では、、、、、。

 やはり何かを止めないと新しい事はできない。時間と言うのは有限であると言う事が良く分かった。何かを始めたいなら、まずは、止める事を始めないと、どうにも始まらない。

 よく、「睡眠時間を削って」と書かれているノウハウ本があるが、正確には、夜にのんべんだらりとお酒を飲んでいる時間や、テレビを見ている時間、そんな時間を削って、早く寝ることを行っていると言うことか?いずれにしても、何かを止めて、生まれる時間を使うしかないのだろうな?

 さて、来月(2月1日)からどんな生活を作るのか?どんなコトを期待されているのか?どんな山が、谷が、崖が、川が待っているのか?新たなスタート。新学期みたいである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イランね、、、、

 イランでの緊張が高まっています。核武装疑惑です。

 でもそれは表面的な話で、本当は原油高で一儲けを考えているヤカラの方針でしかなさそうです。

 原油が200US$/バレル を目指す馬鹿者がいるのでしょう。ホルムズ海峡閉鎖など騒げば騒ぐほど原油は高騰。投機筋(ギャンブル資本主義の方々)は、そこに賭けていると言う事。

 困ったものです。

 日本の新聞は、本当のことを書かない。それは、小沢元幹事長の記事について顕著でしたが、世界動向も同じですね。

 200US$/バレルになると、どんな事が起こるのか?それを次回交雑して見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ2月

 1月も後半戦。怠惰な仕事をしていた付けが今になって、怒濤のように押し寄せてきている。サバケナイ。事務処理など、誰よりも素早く、そして完成度80%でやれる自信があるのだが、、、、、進まない。結構情けない状況になりつつある。もうすぐ九州 単身赴任生活が終わると言うのに、身動きができない。

 バタバタすると言うのが一番嫌いな言葉なのだが、自分の今の姿は「バタバタ」して「四苦八苦」している。それが、「なんてことない」はずの事務処理に。こんなはずではなかった!のにね。

 それで、最近のブログも面白くないのかも。もう少し経済考察記事があっても、、、、と思うのだが。

 さて、2月1日で東京転勤。ほとんど転職にちかいものがあるのだが。転職した経験は無いが、まあ、似たり寄ったり。M&Aでの状況変化である。この変化を楽しみたいものだ。しかし、ブログには書けないな~~。プロフェッショナルとしてのプライドかな?それに、これはFreeで公開すべきモノでは無いだろうと思う、スケベ心がある。

 私の所属する業界は実に狭い。各会社のキーマンはほとんど知合いであり、動きはすぐに伝わる。悪いコトはできない。抜け駆けもできない。イノベーションはありだ。そして、、、、、、合体や協同もあり。それが敵対してようとも。

 東京、一番気になるのは「通勤時間」である。もう、圧倒的に面白くない時間を過ごさないといけない。何とかならんのかな?あの満員電車は。座れる必要はないが、立って本を読むだとか、新聞を読むだとかできないと、面白くも何とも無い時間である。

 さて、2月1日に出て来いと言うのであるから、出て行くが、単身赴任先である現在の住まいを引き払うのは2月後半にしようと思っている。それも2月始まってからだね、決定できるのは。

 2月は、取り合えず都会暮らしのリハビリ。まずは、腰を据えて、考えてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実に美味しい豆乳味噌汁

 経済ネタは一杯あるのですが、なぜか身近な日常生活話題が多くなりつつあります。

 さて、本日ご紹介の味噌汁は、豆乳を1/3ぐらい、水を2/3。具は、白菜、ニンジン(Jさんからもらった無農薬無肥料ニンジン)、玉ねぎ、ブナシメジと豚バラ肉少々(たったの50g これは少し少なすぎたカナ?)。出汁は羅臼の昆布と豚肉の出汁のみ。

 味噌は九州の6米麹4大豆の九州白っぽい味噌。

 これが、まさにホワイトシチュウー状態で、味噌汁。実に美味しい。とんでもなく旨い。自分で作っておいて、なんですが、これまで食べた味噌汁の中で、5本指に数えられる旨さ。

 ちなみに一番は信州で食べたナメコ味噌汁。これは美味しかった。朝、野生のナメコを収穫して、そのまま味噌汁にした優れもの。これは、忘れられない。

 と、言う事で、この豆乳と九州味噌はしばらくイロイロ試ししたいレシピです。

 ちなみに、本日は10時からテニス。2時半ぐらいにジムでウエイトトレーニングに励み、3時半からヨガ。雨がボソボソと降るので、バイクで移動。バイクも濡れてしまいました。

 まあ、恐慌が来ようが、槍が降ろうが、美味しいご飯を食べるために、お父さんとしては、頑張るのだ!と言う食事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこまで行くのでしょうか?記録容量は?

 このブログを書いているPCはTOSHIBA製のDynaBookE6/515CME は調べると、2002年の10月販売のようである。今年2012年なのでジャスト10年使用かしら?すごい、この東芝製PCが持つのもすごいし、XPでまあまあインターネットが見れるも、大したものである。HDDは37GB。

 会社で使っている携帯可能のノートPCはDynaBook SS 1610 90C/2 も2004年製なので、これも結構ロートルで、PowerPointで写真を多数使うと途端に動かなくなる。HDDは57GB。HDDではなくSSDに変えているので、チョットはましか?

 これ以外に会社でディスクトップが一台。この詳細は忘れたがDellの2009年ぐらいだったと記憶している。

 イロイロ事情があって、今回、フラッシュメモリーと外付けポータブルHDDを購入。フラッシュメモリーは64GB。HDDは1TB。現在、リーズナブルな価格で買える外付けとしては一番容量が大きい。しかし、これは現在2012年一月のコトで、今年の12月頃には容量が倍になっている可能性は大きい。

 そもそも、使っているPCよりも大きな容量の外付け記憶装置が必要なのか?そう、そうは思うのだが、まあ、この際、リーズナブルに手に入る一番大きな容量を買っておこうと思った次第。

 そうそう、私のデジカメ(個人使用)は実に使いやすいオリンパス CAMEDIA X-2000。2003年3月の販売だったようです。デジタル製品で10年使いこむのは、実にすばらしいと自画自賛。これは撮影容量が小さく、写真が実に扱いやすい。携帯電話などの高画質映像よりも、ズーと使いやすい。ストロボも機能するし、レンズが収納するタイプなので、鞄に放り込んでおいてもレンズが汚れる心配が無い。このカメラも9年も使っている。ちなみに使っているメモリーカードは64MB(単位をあわせると 0.064GB)。これでも70枚+αの映像保存が可能。

 ロートルなPC環境に最新のメモリーを持ちこんでも、あまり上手くは行かないのだが、まあ、そこは、一応最新を買って、後で考えればいい話。

 それにしても、SDDあるいはフラッシュメモリーはどこまで伸びるのやら(20nmが一つの限界に近いものだと思うのだが、、、、まあ根拠は光の波長でしかないが)、そしてHDDもどこまで?最近の物理学での新聞記事からすると二段で記憶できるとか?つまり、一段の記録でしかなかったのが複数階層の実現性があるとか?物理の発見が、市場に出回る時間は、昔は30年ぐらいあると思っていたのだが、どうも最近は5年単位のような気がする。

 高エネ研、原研、セルンなどで研究されている成果が、5年後には商品に影響を及ぼしているかもしれない。チョット加速し過ぎのきらいはある。人類の寿命が余り無いのかも?まあ、私の代ではないので、気楽だが。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コダックが破産申請、潰れましたね

 過去に、カメラが好きな方だったら黄色と黒のコダックの写真フイルムは知らない人は少ないだろうと想像します。

 と、言う事で、久しぶりの経済ネタ。

 どうして経済ネタが少ないかと言うと、ある特別な人向けにメルマガ配信をしていまして、そこに経済ネタは取られていると、言うわけ。それで、経済ネタの更新が減っています。そのメルマガを転載するわけにはいかないので、、、、。

 コダックと下駄屋。明治維新、西洋からイロイロな物が技術が入ってくる、その時期の下駄屋がコダックと同じであったと想像するのです。私は、この下駄屋の話を好んでするので、このブログでもどこかで書いたかも知れませんが。

 明治維新で西洋文明が押し寄せてきた時に、下駄から靴と言う文化的、技術的イノベーション=技術革新が日本では起きました。そのイノベーションに対応できた下駄屋は靴屋に変身して、継続できたでしょう。しかし、大分分の下駄屋は、多くの下駄屋が歩んだ破綻と言う経路を経たと想像します。今でも下駄屋はありますが、それは残存の利で存続可能となったワケで、下駄の需要が極端に減ってしまったら、多くの下駄屋は残れません。

 職を変えるのが、当然と言えば当然。しかし、その職、あるいは事業を変えると言うのは言う易し行うは難しで、実に難しい。そして、Top企業であればあるほどその成功体験を捨てれなくて、「まだこの路線で利益が出ているから、まだ、何とかなるのではないのか?」と思ってしまうのは人間の考えるコトです。

 二番手の富士フィルム(旧 富士写真フイルム)は、写真フィルムを捨てて、新たな航海へ乗り出しました。しかし、業界トップのコダックは、それが上手くは行かなかった。

 私自身がそういった過去の成功体験に捕らわれていた組織に所属し、そこから距離を置こうと四苦八苦した経験があります。距離を置くのが実に難しい。離れたくとも放してくれない、そんな状態がズート続きました。その状況から、コダックの破綻は皆さんの対岸の火では無いコトは確か。

 そう、成功体験が通じるのは、その製造業、あるいはそのシステムが伸びている間であり、伸びが止まった瞬間から明治維新の下駄屋の状況が生まれます。どんなに素晴らしい下駄でも、どんなに安価な下駄でも、イノベーションにより使われなくなった商品やサービスは、寿命を終えるのです。

 そんな技術他にあるの?と、思われる人は、ある種イノベーションとの距離があるので、気楽な人達です。例えば、DRAM。20nmの線幅が出現した瞬間に、30nmの線幅技術は陳腐化し、見向きもされなくなります。

 今後考えられることは、カーボン繊維での軽量化技術が多分、劇的に値段が下がるでしょう。現在は、カーボン繊維と樹脂の複合体(CFRP)技術ですが、カーボン繊維と金属(CFRM)のが安価にできる方法が確立されれば、、、、、鉄鋼需要は極端に減ります。これが、イノベーションの恐い所です。巨大な鉄鋼産業が「後、10年の寿命」などと経済紙が書く日は近いかもしれません。

 コダックの事象から学ぶべきは、新たなイノベーションに乗るしか生き残る手は無いと言うコト。自らそのイノベーションを生まないといけないのかも。Sonyがウォークマンで世界を席巻していたその絶頂期に、ipod相当品を生んで、自ら絶頂期のウォークマンを潰さないといかなかった。それがデキナイのが、人間でもあるのですが。

 そんなことを考えたコダック社の破綻でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気なご高齢者!?

 昨日、20日金曜 飲み会の二時会に歌を唸りにスナックに行きました。まあ、カラオケボックスぐらいの低料金で、と、言う誘いに乗り、出かけたわけですが。

 その店自体はなんら変わったお店ではなかったのですが、、、、、、。後から来られたご高齢の男女。総勢10人ぐらい。失礼ながら「どんな集まりですか?」と尋ねたところ、「中学校時代の同級生仲間」とのお答え。なんと76歳集団でした。狭いお店で、歌い、踊り出すは、しまいにはこちらの歌に合唱で参加されるは。

 タマガッタ(方言かな?魂がふっとんだ と、言う意味)。76歳の、男女です。結局11時ぐらいまで、飲んで、食って、歌って、踊って騒いでいれました。

 ウーン、すごい。まあ、気持ちいいすごさです。

 特にこの文章には落ちは無いのですが、自分自身は、76歳に仮に生きていたとして、元気に夜の街に繰り出して、飲んで騒げるだろうか?そうは、ありたいと思うし、また皆さん元気で明るい、笑いが絶えない。とにかく面白かった。

 いいな~と思いながらの、驚きでした。

 ご高齢の皆さん、街に飲みに行きましょう!そして、楽しみましょう!そうすれば、日本経済も元気になります、よね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銭湯はあったまります

 最近、寒いので温まる為に近所の銭湯に。自分の家で、自分ひとりの為に風呂を沸かすのは、値段の問題でなく、何かもったいない。それに、排水溝に髪の毛・老廃物は溜まるし、風呂の壁は濡れるので、スクラバーで水を掻き取らないといけないし、、、、。

 銭湯は温まるし、その上、掃除の手配はいらない。

 そんな分けで、最近銭湯に行く機会が増えている。せっかく九州にいるので、温泉に入りに行きたい所ですが、足がバイクしかなく、帰りの寒さを思えば、近くの銭湯です。もう少し暖かければ、温泉もありなのですが、、、、。

 銭湯も場合によっては廃業してしまうかも?流行らないのだろうな~。

 寒い冬は銭湯、なかなか良いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新できてないな~

 何だかかんだとしていると、最近ネット見ないで、本と雑誌と新聞の日々。当然ブログの更新もしていない。

 9日月曜 成人の日なんだけど、朝から大阪出張。6時チョット過ぎの電車に乗り、大阪へ。この日は大阪泊。大阪でO君、S君、Jさんと居酒屋で会食。

 10日火曜 朝から訪問面会。14時からのMeetingの為、北九州に移動。Meeting後、軽く焼き鳥を食べて会食。

 11日水曜 病院と歯医者に。仕事は普通の日。

 12日木曜 これまた実に普通の日。18:00~Kさん来社、会食。

 13日金曜 13:00~久しぶりに会議に出席。パートナー(外注)さんと、会食。12時近くまで二次会。

 14日土曜 N君、K君、Sさんと新年会。10時過ぎにうつらうつらしてしまい、解散。

 15日日曜 掃除をして、テニスに行って、ヨガ+ウエイトトレーニング。そして、夜にHさん、Hさん、Jさんと新年会。

 16日月曜 朝から勉強会で早出。Hさん、Hさん、Kさん、Mさん、Jさんと会食予定。

 こうして見ると、水曜日だけ、一人晩飯。あとは色々な人と会食。これでは、ブログ更新できないね。会食=飲み会だから。こんな生活はする予定ではなかったのに。9日と10日が余計だった気がします。

 1月も半ばを過ぎ、正月気分も無くなり、センター試験だとかがあったり、、、、、。それにしてもテレビの無い生活は快適。

 しかし、9日辺りから体調が思わしくなく、何かイマイチ。不調である。喉が痛かったので「風邪」だと思っていたのだが、もしかしたらこれが花粉症かも????

 精神的ストレスから来るものかもしれない。鼻づまり、軽いセキとクシャミ。体温計は持っていないので、熱の有無は不明。何か、イマイチなんだよね~。まあ、年末の腰痛よりはズーとましな状況ではありますが。

 そんな分けで、今週も多少会食がありますが、、、、、。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

美味しいパン

 今朝の朝食は、美味しいパン。実に美味しかった。多分、体にもよさげな感じ。

 「パンの木」と言うドイツ風パンを置いているパン屋。天然酵母使用だとか。水、木、金、土の週4日だけ店を開けている。ご婦人が一人でパン焼きから販売までやられていらっしゃる。

 チョット高いので、毎日、毎日と言うわけにはいかないが、たまにはこんな美味しいパンを食べたい。自分で作れればいいのだが、天然酵母でのパン作りは未だに経験が無い。機会があれば挑戦したい。

 もっと言えば、ドイツにパン作りの修行に行きたいものである。しかし、ドイツに行くと、毎晩美味しいビール、ザワークラウト、ソーセージで太るだろうな~。パンも美味しいが、全てが高カロリーだもの。

 それにしても、美味しいものを三食キッチリいただく生活は、なんとも贅沢である。幸せを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sonyが動く?

 2012年3月期の決算予測では4期連続の赤字予定のSony。普通、4期も赤字だと社長交代だと思っていたら、以下の記事が。

 Sonyの現社長ストリンガー氏は1ヶ月の内、1週間程度しか日本にいないとか、、、、。英国在住だとか、、、、。そんな形で社長がやれるものなのか?と言う疑問を船井幸雄氏が書いていた。

 いずれにしても、会社と言う組織の精神的リーダーは社長であることには変わりは無い。真摯でない人物が組織の長をやれば、その組織は真摯で無くなる。こんな当たり前の事が、実はドラッガーは指摘している。ドラッガーが指摘するということは、そんな真摯でない「ヤカラ」が組織のTopに居座ることがあるということの裏返し。

 人間、生身の生き物である。欲(物質欲、権力欲、などなど)もアリ、失敗もする。しかし、真摯でない者と真摯である者の違いは紙一重なのかもしれない。それでも、その紙一重の真摯である者にこだわりたいものである。

http://mainichi.jp/select/biz/news/20120108ddm008020085000c.html

ソニー:経営立て直し、課題山積 新社長に平井氏、テレビ事業低迷

 ソニーが平井一夫副社長(51)を4月にも社長に昇格させる方向で調整に入った。ハワード・ストリンガー会長兼社長(69)は昨春から平井氏を後継の最有力候補とする意向を示しており、「順当な人事案」(同社幹部)とみられる。ストリンガー氏は会長とCEO(最高経営責任者)に残留する方向だが、12年3月期に4年連続最終赤字となる責任を問う声もあり、新体制が抱える課題は山積している。

 「平井氏はリーダーの立場。副社長昇格は後継者となる第一歩だ」。ストリンガー氏は11年3月、報道各社の取材にこう述べ、平井氏を後継者とする考えを鮮明にしていた。

 厚い信任の背景には、平井氏がソニー・コンピュータエンタテインメント社長として、赤字だったゲーム事業を再建した手腕に加え、ネーティブ並みの英語力や、ソフト部門の経験など共通点が多い点が指摘される。

 平井氏は11年4月に消費者向け製品全般を統括する副社長に就任後、サイバー攻撃による顧客離れの深刻化を回避したほか、テレビの液晶パネルの調達コスト削減を図るため、7年以上続いたサムスンとの合弁会社の解消に踏み切った。ただ、テレビ事業は12年3月期で8年連続の営業赤字となる見通しで、「構造改革は道半ば」(アナリスト)。ストリンガー氏は平井氏への権限委譲で立て直しを軌道に乗せたい考えとみられるが、平井氏の手腕は未知数の部分もある。

 一方、ストリンガー氏のCEO続投案は、人事を決める取締役会でも焦点となりそうだ。12年3月期は4年連続の最終赤字に沈む見通し。今年70歳と高齢の点や、「ソニーらしい魅力あるヒット商品を出せていない」(業界関係者)こともあり、昨年6月の株主総会では一部株主から公然と社長交代を求める意見が出た。

 同社関係者も「大きな成長を達成していないストリンガー氏の長期政権に対する評価を考えれば、今回の案がすんなり通るとは思えない」と明かす。【竹地広憲】

==============

 ◇平井一夫氏(ひらい・かずお)

 国際基督教大卒。84年CBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)。ソニー・コンピュータエンタテインメント社長などを経て09年ソニー執行役。11年4月から代表執行役副社長。東京都出身。

毎日新聞 2012年1月8日 東京朝刊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

単身赴任先に戻りました

 5日 16:15羽田初のJALで九州の単身赴任先に戻りました。12月28日に九州を離れたので、9日ぶりの単身赴任先への帰宅です。

 独りの、そしてテレビの無い生活に戻ります。あり意味寂しいのでしょうが、自宅より広々していると感じるのは、何故でしょう?空間の問題もありますが、やはり精神的なものが大きいのかも?家族は大切で、トッテモいいのですが、それは離れたら分かる話なのかもしれません。なかなか、その真っ只中にいると、家族と言う絆を感じるのは難しいのかも?

 いろいろ、感じることの多い正月でした。

 何はともあれ、元気で過ごせるのが、ホント幸せなコトだと感じる今日この頃です。明日(6日)から仕事。9日は出張で大阪。10日は大阪で用事を済ませて、北九州。それから帰ってきます。

 つまり三連休だったのですが、7日土曜8日日曜の普通の休みとなります。

 さて、2012年、世界も変わりますが、己も変わらないと。広い知識と深い洞察力でビジネスの世界を渡って行きたいものです(カッコイイー!)。

 今年は海外出張が増える感じ。そして、円高を実感することとなるような気がします。

 九州の田舎で過ごした2011年は記念すべき年なのでしょう。田舎暮らしに終止符を打たないといけないのは、実に心残りですが、、、、、、。2月の話で、まだ1ケ月ぐらい時間はあります。この時間を大切にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣でおみくじを引きました

 ほんとんど占いも、おみくじとも縁の無い私ですが、初詣の増上寺でのおみくじだけは、ここ数年継続しています。

 昨年は多分「末吉」だったと思います。「我慢の年である」と言うようなコトが書いてあって、「そうか、我慢か、、、、、」と思ったことを思い出します。

 今年も増上寺に初詣にお参りに行きました。増上寺には私の「祖父」にあたる方が祭られています。戦争末期に緑十字船として民間船であったにも関わらず、沈められた「阿波丸」という船に乗船していて、それで亡くなったので、増上寺にその碑があり、そこにお参りに行きます。

 その増上寺、まずは阿波丸の碑に参って、それから本殿に参り、最後に大黒殿に参ります。その大黒殿でおみくじを引きます。

 今年のおみくじは「大吉」でした。内容は、、、、

 桃桜花とりどりに咲き 出でて風長閑(のどか)なる庭の面哉(おもかな)

 長閑な庭の美しい花の咲き匂って春の盛りの楽しい様に上吉(じょうきち)の運に向かいます けれど油断せずに信神して 行い正しく些(いささ)かも付不義の楽しみに身を過たぬ様にせよ

 願望 斬々(ぜんぜん)吉運に向いて思わず早く叶う

 待人 来ます

 失物 出る 低い所

 旅行(たびだち) 早く行くが利

 商売(あきない) ひそかにすれば吉

 学問 安心して勉学せよ

 相場 無理をすると大損

 争事 初は悪く後勝

 恋愛 他人の言動に惑わされるな

 転居(やうつり) 時を置け

 出産 さわりなし 安産

 病気(やまい) なおる 信神せよ

 縁談 気長く思いすてず居れば 心のま々になります

 こんなおみくじでした。

 さて、2012年は世界経済は結構波乱ですが、物造り企業としてのスタンスは変わらないと思います。金融業界=血液は結構出血やら、梗塞やら色々起きるでしょう。実体経済にも影響は当然あるでしょうが、それでも人は生きていきます。必要な物は必要で、伸びる産業は伸び、必要とされる事業は必ず残ります。

 2012年は私にとってどんな年になるか分かりませんが、「大吉」と言う運に自身を持って、そして自分を戒めて、「精進」したいと思いました。

 2月には単身赴任解消となりそうです。そして、新たな仕事が始まります。また、場合によっては転居をしなくてはならないかもしれませんが、なるようにしかならないので、「時を置け」に従おうとは思います。

 このおみくじには金色のミニチュア縁起物が入っており、今年は「大黒天」でした。お金持ちになるかも?まあ、そんなことより健康で過ごしたいものです。腰痛もかなり良くなってきました。

 そんな正月2日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »