« 世界でイロイロ起こっているみたいですね | トップページ | 冬至と言う日 »

組織のトップ考察

 組織のトップと言うのは実に重要だと言われます。特に民間企業のトップは、会社と会社に勤める従業員の運命も左右します。

 東京電力ほど大きくなると、それだけでなく福島原発で立ち退きを余儀なくされた人達の運命まで左右しています。

 どうも、福島原発の海水を入れての冷却が遅れたのは、トップの判断が無かったタメのようです。私自身はそういった技術的な知識はないのですが、、、、、。どうも最近ネットで調べていると、海水投入冷却が遅れた為に、二号機、三号機の水素爆発が起こったようです。

 海水を入れると「廃炉」にしないといけない。その余りの大きな損失に足がすくんでしまったのかもしれません。そう、その為により大きな損失と迷惑を引き起こすとは考えずに。

 東京電力の例を出したが、実際には組織のトップは実に重要である。パッション=情熱=やる気が無いトップがいかに組織を腐らせるか、、、、身をもって体験しましたから。何もしない、何も判断しない、判断を先送りすると言うコトは、、、、確実に組織を蝕みます。

 そういった組織はトップを変えるしか手はありません。外科手術と言っていいのかもしれません。この外科手術が上手く行くには、患者=組織に体力が残っていないと、上手く行きません。なかなかこういった外科手術は簡単には行われませんが、、、、、でも、行わないと組織が壊滅します。

 今回、縁あってそういった場面、その渦中にいて体験できると言うのは、なかなかある事ではありません。貴重な体験だと思っています。2012年は私にとって、その外科手術後の再スタートの年です。

 2011年は、単身赴任生活立上、

 テニスを開始(1月)

 東日本大震災に東京で遭遇(3.11)、

 大型バイク免許取得(4月)、

 大型バイク購入(4月)、

 畑を借りて農作業開始(5月)

 九州と関東をバイクで往復(8月)、

 あと、プライベートで韓国1回、ベトナム1回の海外旅行。

 その他、イロイロ。

 そう、始めたのはバイク生活、畑での農業、テニスです。来年は、また、新しい事を始めたいと思うのです。そう、明日死んでも後悔しないように。

 組織のトップのコトをもう少し考えて書く予定だったのだが、、、、、、横道に逸れた話となってしまった。

|

« 世界でイロイロ起こっているみたいですね | トップページ | 冬至と言う日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/53548229

この記事へのトラックバック一覧です: 組織のトップ考察:

« 世界でイロイロ起こっているみたいですね | トップページ | 冬至と言う日 »