« 本当に美味しい野菜と筋肉痛の日曜日 | トップページ | ダイバーシティー=多様性 »

原発について

 現時点での原子力発電は危険が一杯と言う事がハッキリした。それでも原発を推進するのは、、、、、、どうしてかな?

 まあ、人それぞれ立場があるのは分かるが、プルトニュームの半減期について

半減期はプルトニウム239の場合約2万4000年(α崩壊による)。

 2万年も人類は管理可能だろうか?そう、2万年以上の管理方法か、もしくは半減期を減らす技術(例えば何らかのビームを当てるコトで半減期が進むか、崩壊しなくなるなど)が無いと、、、、、使ってはいけない技術である。将来、そのような事が可能になるだろうから、今はそれを使ってヨシと言うのは、現在の日本の健康保険や年金制度のような、問題の先送り、世代搾取でしかないと思うのだが、、、、、、。

 そんなワケで、今の原子力発電に関しては、軟着陸させるしか、術は無いはずのだが、、、、それでもワケの分からない利権や、年寄の固執によるものだとかで、推進されるようだ。日本では新たな原発はほぼ不可能だが、それでも暗躍するヤカラがいる。

 さてさて。私自身としては、原子力発電技術は、イロイロな意味で、残すべき技術であるとは思うが、その技術としての残し方が問題。さて、どんな残しかたがあるのだろうか?

 さて、原発反対を表明したら、何らかの反応が多くあるのだろうか?チョット心配。

|

« 本当に美味しい野菜と筋肉痛の日曜日 | トップページ | ダイバーシティー=多様性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/53459516

この記事へのトラックバック一覧です: 原発について:

« 本当に美味しい野菜と筋肉痛の日曜日 | トップページ | ダイバーシティー=多様性 »