« 無農薬&無肥料農業の考察 | トップページ | 原発について »

本当に美味しい野菜と筋肉痛の日曜日

 今週は、結構マッタリとした一週間でした。来週も、結構マッタリの予定です。

 5日月曜 通常業務

 6日火曜 昼近くから外出 昼食は古賀インターでのカツ丼

 7日水曜 博多でセミナー 昼食はリンガーハットの皿うどん¥520

 8日木曜 博多でセミナー 元祖長浜屋ラーメン そう、このラーメン屋に大学生時代にS君に連れられて来た記憶が、、、、、確かかどうかは分からないが、、、、。

 9日金曜 通常業務+夜は忘年会でイタリアン ワインを少し飲み過ぎました

 10日土曜 朝畑で一時間少し作業。それからHさん宅に行って、実にマッタリとしたコタツに入って、過ごしました。昼食は中華料理定食がお勧めとのことで、行ったのですが、昼食は既に終了(13:00を過ぎていた)。向かいのラーメン屋でサービスセット(ラーメンと餃子)=600円なり。それから、山芋(自然薯)を探しに山を散策(散歩)。目処は立ったので来週、堀に行くコトになった。

 11日日曜 午前中テニス。Jさんからまたもや、カブとニンジンと薩摩芋をいただく。このカブは小カブで生のままが実に美味しい。サラダ感覚で食べるのが一番良さそう。午後からヨガと筋トレ。筋肉痛になってしまいました。

 無農薬+無肥料野菜を食べるたびに思うのだが、実に美味しい。それに加えて、体が喜んでいるのが実に分かる。 そう、疲労回復が早い。そして、疲労しても、食べれば大丈夫といった感じがする。命が体の中に入って、再生していく感じがするのだ。チョット大げさかも知れないが、市販の野菜とそんな感じまで、違う。筋肉痛も、無農薬+無肥料野菜を食べれば、回復が実に早い。

 食は体を作る元。元気の元は食事にあり。精神的にも肉体的にも、無農薬無肥料は実に良さそうである。無肥料の意味は、ダイバシティー(多様性)かもしれない。無肥料で野菜が育つと、収穫時期も収穫量もかなりバラツク。そのバラツキこそが意味があるのかも。肥料(=栄養)過多で育つと、収穫量は増えても、旨みという臭さが減るようだ。栄養の少ない状況で育つと、頑張って、育つようで、頑張って育った野菜は、、、、、体にいいような感じがする。

 私の畑では、スナップエンドウと間引きのニンジンが育っている。後は、島ラッキョと玉ねぎが来春。イロイロ種も撒いて見たのだが、、、、まだ目は出ていない。春まで出なかったりして、、、、、チョット撒くのが遅かったかも。

 まあ、そんなワケでJさんの野菜も美味しいし、間引いたニンジンやスナップエンドウも実に旨い。チョット、自慢できる野菜たちである。

|

« 無農薬&無肥料農業の考察 | トップページ | 原発について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/53459291

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に美味しい野菜と筋肉痛の日曜日:

« 無農薬&無肥料農業の考察 | トップページ | 原発について »