« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

どうしたんだか?

 実に久しぶりに腰痛。腰が痛い。ぎっくり腰状態。昨日、痛いな~と思っていたら、今朝はより悪化。本格的に腰痛である。

 一昨日の中華料理の飲み物である紹興酒を沢山飲んで、そんでもって、昨日は二日酔い。午前中はよろしくなく、午後から年賀状作り。遅いな~。

 そんな不摂生をしたせいか、年の瀬に腰痛に悩まさせられるとは、、、。トホトである。

 今日は30日晦日。明日はいよいよ大晦日。今年の反省をバネに来年に向けて、心静かにプランを練らないと。しかし、腰が痛いと、何だか頭の中がまとまらないのも事実。困ったものである。

 ユーロが100円台を付けている。長い目で見れば、ユーロを買うのは有効な資産運用だろうが、FXで取引するのは投機であり、趣味ではない。日本の財政問題、年金問題、健康保険問題などを考えると、資産はフライトさせるべきなのかも。しかし、私の資産など大した額ではないので、そんな努力も面倒である。まあ、株価が暴落しても回復するであろう株を買っておくのも手かもしれないが、、、、では暴落した時に買えばいいのだが、どこが底だか、、、、神様でもご存じない。

 まあ、健康あっての仕事、趣味、楽しみである。腰痛を抱えながら、「ホント、健康第一だな」と思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬至と言う日

 今日は24日土曜。そのクリスマスイブの日に、冬至(2011年は22日木曜でした)の話をすると言うのも、何だかな、、、、、。外しているよなと、思うのですが。

 冬至、今日の日経夕刊の「飯嶋和一(作家)」さんの「イブに見る夢」というプロムナードと言う欄に書かれている話。

 「(冬至は)世の東西を問わず、太陽の復活を祈り、自らの再生を願う、太古からの特別な一日だった。」と記してある。

 22日木曜は、私にとって記念すべき日であった。重い重圧、どうにも和解できない人間関係、身動きできない拘束感。こういった感覚からの開放の日であった。

 そう、「太陽の復活を祈り、自らの再生を願う」と言う、実に私にピッタリとマッチする言葉である。この二年ぐらい、自分を拘束する事象を、振り払って、好き勝手なコトを始める衝動に駆られた日が多かった。そして、そんな誘惑も誘いもあったが、自分がしてきた約25年の仕事が否定されるようで、飛び出すことをタメらった。サラリーマン生活で築いてきた経験、歴史を否定されるようで、悔しかったのかもしれない。

 そういった拘束に、22日木曜 開放される事象となり、実に嬉しかったし、気分が良かった。願っただけでなく、自ら仕掛けて動いた結果であるだけに、良かったと思う。そして、これは一つのステプであり、まだまだ過程である。ある種のスタートである。これからが本番であるのは、理解しているが、それでもこのステプに来た事を喜びたい。

 と、言うことで、クリスマス・キャロルとはいかないが、自らの再生を願う。どんな再生か?主人公のグルージのようにはいかないだろうが、自ら変わる事を恐れないで、変わろうと思う。

 クリスマス・キャロルは家にあった「少年少女児童文学全集」で一度読んだハズなのだが、ほとんど記憶に無い。中学1年の時だったと思うのだが、グルージの変身は覚えていない。もう一度読んでみようか?

 自分以外の人を変えるのは至難、ほとんど無理かもしれない。変えるなら、自分。そう、自ら変わる、再生することが、我々に可能な事だと最近、とみに思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組織のトップ考察

 組織のトップと言うのは実に重要だと言われます。特に民間企業のトップは、会社と会社に勤める従業員の運命も左右します。

 東京電力ほど大きくなると、それだけでなく福島原発で立ち退きを余儀なくされた人達の運命まで左右しています。

 どうも、福島原発の海水を入れての冷却が遅れたのは、トップの判断が無かったタメのようです。私自身はそういった技術的な知識はないのですが、、、、、。どうも最近ネットで調べていると、海水投入冷却が遅れた為に、二号機、三号機の水素爆発が起こったようです。

 海水を入れると「廃炉」にしないといけない。その余りの大きな損失に足がすくんでしまったのかもしれません。そう、その為により大きな損失と迷惑を引き起こすとは考えずに。

 東京電力の例を出したが、実際には組織のトップは実に重要である。パッション=情熱=やる気が無いトップがいかに組織を腐らせるか、、、、身をもって体験しましたから。何もしない、何も判断しない、判断を先送りすると言うコトは、、、、確実に組織を蝕みます。

 そういった組織はトップを変えるしか手はありません。外科手術と言っていいのかもしれません。この外科手術が上手く行くには、患者=組織に体力が残っていないと、上手く行きません。なかなかこういった外科手術は簡単には行われませんが、、、、、でも、行わないと組織が壊滅します。

 今回、縁あってそういった場面、その渦中にいて体験できると言うのは、なかなかある事ではありません。貴重な体験だと思っています。2012年は私にとって、その外科手術後の再スタートの年です。

 2011年は、単身赴任生活立上、

 テニスを開始(1月)

 東日本大震災に東京で遭遇(3.11)、

 大型バイク免許取得(4月)、

 大型バイク購入(4月)、

 畑を借りて農作業開始(5月)

 九州と関東をバイクで往復(8月)、

 あと、プライベートで韓国1回、ベトナム1回の海外旅行。

 その他、イロイロ。

 そう、始めたのはバイク生活、畑での農業、テニスです。来年は、また、新しい事を始めたいと思うのです。そう、明日死んでも後悔しないように。

 組織のトップのコトをもう少し考えて書く予定だったのだが、、、、、、横道に逸れた話となってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界でイロイロ起こっているみたいですね

 北朝鮮で総書記長の死去、中国で人件費の高騰とそして、ストだとか暴動だとか?

 欧州ではソブリンリスクの増大、それに引き摺られてメガバンク危機。景気の減速、太陽電池政策の後退。

 タイでは洪水の後始末と、リスク管理の見直し。

 インドもブラジルも経済成長率の減速、ロシアでの投票不正だとか、アメリカの陰謀だとか、、、、。

 日本の福島原発発生源の放射能汚染が、まだ収束する気配は無い。そして、福島原発処理の目処も、、、、40年かかるとか?本当かな?40年で終わるのでしょうか?

 結構、どこでもイロイロな事が起きています。先行き不安、一寸先は闇。まあ、それは今に始まった話しではないのですが。

 わが身にもイロイロと起こるようで、、、、、。ここでは言えないビジネス上の事件も起こるし、それを切欠に足を引っ張るヤカラの暗躍が、また起こるのかと思うと少し気が重い。

 とは言え、明日は冬至。ゆづ湯に入り、カボチャをいただかなくては。

 あしたが一日の日中と言われるお天道様が顔を出している時間が一年で一番短い日。明日は過ぎれば、日々日中が伸びる、明るくなるキッカケの日です。イロイロな事がいい方向に転がり始めるのでしょう。

 そう、思って、明日もガンバルのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然薯掘り

 昨日は朝から自然薯掘りに出かけました。

 自然薯は山に自然に生えている大和イモのことで、チョット貴重とされています。畑のある山にありそうなので、農閑期と言う事もあり、行って来ました。

 土曜日 集まる人達が、皆さん用事が出来て、来れなくなり、結局二人で掘りに出かけました。いやー人数が少なくて、大変でした。

 しかし、なんとかゲットできました。

 P1010420

帰りに、畑でニンジンを間引いて、スナップエンドウを5つぐらい収穫してきましたので、それと一緒に撮影。

 なかなか美味しかったですよ。

 土曜の晩は自宅で忘年会で、チーズホデュでしたか、自然薯のスライスもいただきました。

 自然薯掘りは、それなりに大変で、もう少し道具が充実しないと、、、、、。自然薯掘りの道具だけでは足らず、根を切る物、周りを掘るスコップなどが必要ですね。今年はもう終わり。先週は山芋の葉がまだ残っていて、分かりやすかったのですが、今週は、葉が枯れて、萎んでしまい、イマイチ分かりづらかった。

 いすれにしても、初体験としては上出来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お風呂ラジオの写真

 クリスマスプレゼントのようなお風呂ラジオをアップしておきます。

P1010417 本体(左)と外箱です。本当の名称は「防滴AMラジオ」ですね。完全防水ではないようです。

 まだ、お風呂で使ってはいませんが、感度は決して悪くないようです。

 かわいいラジオですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスプレゼント?

 本日、佐川急便でお風呂ラジオが届きました。RKBラジオ 18:30からある「とっておきの夜なのだ」に応募して多分8回目ぐらいで当選しました。

 そう、ラジオに応募して物を当てたのは、生まれて始めての経験。さらに、ラジオに投稿したのも多分この番組が始めて。福知高子とヒーマンが面白おかしく、番組を構成しています。

 福知高子(姫)さんは非常に読書家であるようで、物知りです。ヒーマンは元 肥満だったそうで、その過去を元に「ヒーマン」と言う芸名?を付けているようです。RKB=福岡のラジオです。

 相変わらず、テレビを持たないので、ラジオかCDを聞く毎日ですが、ラジオ番組で「お風呂ラジオ」が当たるなんて、2011年も悪いコトばかりでは無かったと言うことでしょうか?

 そんなワケで、トッテモ「ごキゲン」なよるなのです。

 さて、ご機嫌な内に寝るとしましょう。昨日は、ソファーで寝て、ベットに移って、電気付けパナッシで寝て、布団被らず、余りの寒さに4時に目を覚まし、布団被って、寒くて震えていました。そんなことをするから、本日は調子がイマイチの日でしたが、何とか乗り切りました。明日も何とか乗り切れることでしょう。

 さて、ご機嫌な「お風呂ラジオ」を使うのはいつなのでしょうか?

 ちなみに、このアパートに単身赴任で住むようになり、お風呂を沸かしたのは多分5回ぐらい。10回いには届いていない。風呂に入りたくなれば、銭湯か温泉で済ます冬です。自分で湧かして入るのは面倒だと言う事が、その原因。ちなみに風呂には入らなくとも、シャワーは毎日浴びますので、決して不潔なことはありません。

 弁解まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイバーシティー=多様性

 ダイバーシティー を訳すと「多様性」だとか。

 多様性こそが過酷な生存競争を打ち勝つ手段かもしれない。

 Jさんに師事させて頂いている「無農薬&無肥料農業」はまさにダイバーシティー。と、言うのも、どんな野菜、作物でも、潤沢な肥料を与えると、均一な出来栄えになるとか。しかし、その潤沢な肥料で育った作物は、美味しさがイマイチであることもあるが、台風などの被害に会い易い。

 Jさんの作るお米は台風が来ようが、結構な日照りが続こうが、チャンとお米も野菜もできるそうだ。ただし、潤沢に肥料を与えた場合に比べて8割程度が限界なようだが。そして、潤沢に肥料を与えなかったタメに、育ちにバラつきが生まれる。良く育つ固体種、小さな固体種など。そう、まさにダイバーシティー。

 人間の組織もダイバーシティーの方が実際強い。エリートだけ、同質な人間だけで固めた集団は、ある時点ではイイのかもしれないが、、、、、台風などの過負荷が掛かると、ポッキット折れたりする。多様性こそが人類の存続、種の存続条件かも。

 そのダイバーシティーに逆行しているのが、遺伝子組換え作物。そして、工業的発想の均質化、標準化。逸脱した考え、逸脱した行為こそが、次へのステップになり得る。サボる人もいれば、勤勉な人もいる。でも、その多様性こそが人類が生きてきた道である。

 ダイバーシティー=多様性に関しては、もう少し考えて見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発について

 現時点での原子力発電は危険が一杯と言う事がハッキリした。それでも原発を推進するのは、、、、、、どうしてかな?

 まあ、人それぞれ立場があるのは分かるが、プルトニュームの半減期について

半減期はプルトニウム239の場合約2万4000年(α崩壊による)。

 2万年も人類は管理可能だろうか?そう、2万年以上の管理方法か、もしくは半減期を減らす技術(例えば何らかのビームを当てるコトで半減期が進むか、崩壊しなくなるなど)が無いと、、、、、使ってはいけない技術である。将来、そのような事が可能になるだろうから、今はそれを使ってヨシと言うのは、現在の日本の健康保険や年金制度のような、問題の先送り、世代搾取でしかないと思うのだが、、、、、、。

 そんなワケで、今の原子力発電に関しては、軟着陸させるしか、術は無いはずのだが、、、、それでもワケの分からない利権や、年寄の固執によるものだとかで、推進されるようだ。日本では新たな原発はほぼ不可能だが、それでも暗躍するヤカラがいる。

 さてさて。私自身としては、原子力発電技術は、イロイロな意味で、残すべき技術であるとは思うが、その技術としての残し方が問題。さて、どんな残しかたがあるのだろうか?

 さて、原発反対を表明したら、何らかの反応が多くあるのだろうか?チョット心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に美味しい野菜と筋肉痛の日曜日

 今週は、結構マッタリとした一週間でした。来週も、結構マッタリの予定です。

 5日月曜 通常業務

 6日火曜 昼近くから外出 昼食は古賀インターでのカツ丼

 7日水曜 博多でセミナー 昼食はリンガーハットの皿うどん¥520

 8日木曜 博多でセミナー 元祖長浜屋ラーメン そう、このラーメン屋に大学生時代にS君に連れられて来た記憶が、、、、、確かかどうかは分からないが、、、、。

 9日金曜 通常業務+夜は忘年会でイタリアン ワインを少し飲み過ぎました

 10日土曜 朝畑で一時間少し作業。それからHさん宅に行って、実にマッタリとしたコタツに入って、過ごしました。昼食は中華料理定食がお勧めとのことで、行ったのですが、昼食は既に終了(13:00を過ぎていた)。向かいのラーメン屋でサービスセット(ラーメンと餃子)=600円なり。それから、山芋(自然薯)を探しに山を散策(散歩)。目処は立ったので来週、堀に行くコトになった。

 11日日曜 午前中テニス。Jさんからまたもや、カブとニンジンと薩摩芋をいただく。このカブは小カブで生のままが実に美味しい。サラダ感覚で食べるのが一番良さそう。午後からヨガと筋トレ。筋肉痛になってしまいました。

 無農薬+無肥料野菜を食べるたびに思うのだが、実に美味しい。それに加えて、体が喜んでいるのが実に分かる。 そう、疲労回復が早い。そして、疲労しても、食べれば大丈夫といった感じがする。命が体の中に入って、再生していく感じがするのだ。チョット大げさかも知れないが、市販の野菜とそんな感じまで、違う。筋肉痛も、無農薬+無肥料野菜を食べれば、回復が実に早い。

 食は体を作る元。元気の元は食事にあり。精神的にも肉体的にも、無農薬無肥料は実に良さそうである。無肥料の意味は、ダイバシティー(多様性)かもしれない。無肥料で野菜が育つと、収穫時期も収穫量もかなりバラツク。そのバラツキこそが意味があるのかも。肥料(=栄養)過多で育つと、収穫量は増えても、旨みという臭さが減るようだ。栄養の少ない状況で育つと、頑張って、育つようで、頑張って育った野菜は、、、、、体にいいような感じがする。

 私の畑では、スナップエンドウと間引きのニンジンが育っている。後は、島ラッキョと玉ねぎが来春。イロイロ種も撒いて見たのだが、、、、まだ目は出ていない。春まで出なかったりして、、、、、チョット撒くのが遅かったかも。

 まあ、そんなワケでJさんの野菜も美味しいし、間引いたニンジンやスナップエンドウも実に旨い。チョット、自慢できる野菜たちである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無農薬&無肥料農業の考察

 先週はJさんからいただいた野菜が沢山あり、なかなか幸せな一週間でしたが、先週末あたりから、市販の野菜を買い足しています。

 Jさんの所は「無農薬&無肥料」をモットウニ農業をやられています。商売としてではなく自前で食べることを前提に。以前は、生業として「無農薬&無肥料」農業で生計を立てていらっしゃったとのこと。

 「無農薬&無肥料」野菜は実に美味しい。じつは、どうも美味しいだけでなく、元気が出る事が最近分かってきた。味が濃いのは、まあ想像していただけるはずですが、その濃い野菜は、どうも元気を作り出してくれるようです。

 要は、その野菜を食べていたら、調子がいいと言う事。頭の回転が良いように感じます。また、ジムなどでトレーニングしても、筋肉痛やダルサなどがどうも軽い気がするのですが、、、、、もしかしたら思い過ごしかも知れませんがね。

 まあ、とにかく美味しいと言うのが、私の琴線にヒットしている理由ですが。

 最近、もう一つハマッテイルのが、十勝スマートチーズと海苔です、この十勝スマートチーズを海苔で巻いて食べると、実に美味しい。また、これがワインにあうんだな、これが。これも、美味しいので、食べ過ぎに注意していますが、、、、、イチオシです。

 と、言う事で、美味しい三昧しているので、ダイエットは進んでいません。これも困ったことですが。

 無農薬&無肥料野菜を何とか商売にして、皆さんに広げたいものだと思うのですが、アイデアがイマイチ湧いてこない。B to B の商売ばかりしているので、コンシューマーの商売は分からないのが実際。チョット偏ったマーケッターだとは思っていますが、、、、、。ホント、広げたくなる美味しい野菜です。

 まあ、チーズと海苔も実に美味しいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バジルの種取り

 バジルの花が枯れ果てた枝を、種を取るべく解体しました。実にいい香りがするんですね。バジルと言うのは、イタリア料理に欠かせない香味野菜=ハーブです。

 種取りで、種が小さく、小さなモノが見難い私には結構な負担でした。

 しかし、すごい香り。実に幸せになります。

 来年、撒いて芽が出るかは分かりせんが、頑張って撒いてみようと思います。

 小さな幸せ、大事にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メディカルと言うマーケット考察

 メディカル=医療マーケットについて考察してみた。

 今後、日本は超高齢化社会に入っていく。その状況下、健康保険、国民&厚生年金、介護制度の社会福祉費用は年々1兆円の伸びを示す。つまり年々1兆円のマーケット拡大だと言える。
 だから、この分野 介護だとか医療分野に参入しよう、などと考えるのは誰もが考えること。
 果たして、本当に年々1兆円増えるのだろうか?

 この1兆円はどこから出てくるお金だろうか?健康保険に関しては、老人健康保険への拠出金として、健康保険組合は徴収保険料の6割を拠出することとなっている。昨年、西濃運輸の健康保険組合が廃業した。それは、このままでは健康保険組合として成り立たないと言う現実を前に、協会健保制度があるので、社員にはマイナスの影響が少ないとの判断。

 多分、2012年からそんな健康保険組合が増える。そして、健康保険組合制度自身の見直しが行われることとなろう。そうでなければ、健康保険制度自身が持たなくなる。
 
 介護保険に関しても同様のことが言える。現役世代が、リタイアした世代の面倒を見ることは無理な話。現役世代は子育てをして、そして老人介護まで行う余裕は無い。まして、年年歳歳収入は減っている現実がある。このまま、社会福祉費用が1兆円づつ増える現実が続くことは、現実的ではない。

 従って、メディカルマーケットへの参入は、リタイア組を相手にしたマーケットに挑戦する場合は、保険料によって賄われる分野ではなく、例えば「サプリメント」のような保険とは無関係の健康補助食品のような分野である方が望ましい。
 健康保険で賄われる分野の伸びを当てにしたビジネスは今後リスクが高くなる。高級有料介護施設などは、個人資産を当てにした事業であり、その分野へのアプローチはありだとは思う。しかし、介護保険だとか、健康保険適用内でのビジネスは今後どうなるか?分からないのが現実では無いだろうか?

 老人への薬の出しすぎが問題となっている。

後期高齢者の負担の現実;
医療給付費の5割を公費で、4割を現役世代の加入する医療保険で負担し、残りの1割を高齢者の保険料で負担するように設定されている。

 現役世代が減少し、高齢者が増えていく現実に、どうにも制度が付いて行ってしない。この社会福祉制度の分野での破綻が5年ぐらいで起こると思われる。その引き金になるのは、日本国債の暴落であろうことも事実。そう、現在は銀行に預けたお金は、国債で運用されるが、その預貯金ももう底をつく。それが後5年。そうした場合、国債の買い手が国内銀行ではなく、海外投資会社(ファンド)まで広げざる得なくなり、そして暴落という、欧州 ギリシャなどで起こっている事が、現実に日本でも起こる可能性がある。

 そんな10年以内の高リスクビジネスには手を出すべきではないと、言うのが私の考え。

 まあ、将来の事考えても、意味の無い話かもしれない。でもな~、若い人はそんな事も知らないで、世代搾取されるんだよな~。何だかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州の紅葉は、イマイチの年

 最近、経済関連に関しての記事は、、、、、別のところで書いているので、ここでは掲載しなくなりつつありますが、、、、、でも、やはり掲載したいな~。今後の運用を考えて見たいと思います。

 先週、矢谷渓谷経由で鯛生金山の道の駅経由、中津江⇒日田⇒うきは⇒田主丸⇒久留米の独りツーリングをしましたが、目の覚めるような紅葉には出会うコトができませんでした。今年は、12月入るまで、余りに暖かい日が続いたので、鮮やかな紅葉しないで散ってしまったようです。

 バイクの走行距離は200Km程度。全部下道。ETCカード入れるの忘れて、高速使う気にならず、ずーと下道。山の中の道は落ち葉が多くて、スリップが恐くて、、、、、慎重に走りました。

 タンデムしているアベック(夫婦だろうな~)を何組か見かけて、日本も変わりつつあるのかも?と、そんな感触を持ちました。タンデムもいいかもしれないな~。

 今週の記録;

 11月28日月曜 通常モードの仕事

 29日火曜 これまた通常モード 18:30~歯医者

 30日水曜 特に何も無しの通常モード 

 12月1日木曜 午後から、天神でセミナー。夜8:30からはヨガ。

 2日金曜 通常モードの仕事。

 3日土曜 午前中 畑。昼食をK君と一緒にスパゲティー。キューピーのバジルソースにベーコンと取れたてのスナップエンドウ+Jさんからもらったカブサラダを乗せて食しました。夜はHさんJさん他と忘年会。スタートが8時なので、お腹空いたし、、、、、、夜は遅くなるし、、、、。スタートは早いほうがいいですね。

 4日日曜 布団を干して、10:00~12:00テニス 14:30~図書館、15:00~ジム+ヨガ 愛車XJR1300と一緒に年賀状用写真を撮り。ちなみにジムからの帰り、ライトの電球が切れていることに気付いて、バイク屋に。1560円で修理してくれました。本日は、クタクタになりました。

 う~ン、3日も4日もお腹の調子がイマイチ。お酒の飲み過ぎかしら?

 いよいよ12月になりました。2011年もあと残すところ、27日。さて、さて、やり残したコト、やりたいのにやれなかったコト、積み残しのないようにサッサト片付けないと。

 明日からネジ巻いて、スピードアップしないと。

 2012年を気持ちよく迎えるためにも。来年は辰年です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »