« 今週は歩かない週でした | トップページ | 為替介入は意味がない!? »

TPP参加は反対

 本日は雨です。昨日から雨で、畑もテニスもバイクもお手上げ。こんな雨に降り込まれた週末は久しぶりだな~。10月も今日と明日で終わり。いよいよ、2011年の後半戦。

 2011年を振り返るには、まだ早い。何とか済ますべきこと、済まさなければならないこと、済ましたい事、それを片付けなければ。

 2011年まだまだ達成していないことは、思慮深さ、先読み、そんな考える力がまだ足らない。足らんな~。もっと知識を積み重ねて、考える力を付けたい。

 TPPに関して。アメリカに留学してきた学者先生たちが「賛成、賛成」と言い出している。私は反対。グローバルスタンダードと言って、追従した金融業界は今、どうなっている?アメリカの言っていること、やっていることはアメリカの金持ち連中がより金持ちになるための方策、施策を実行しているに過ぎない。

 歴史の大きな流れから言って、アメリカの凋落は間違いなく進行している。そして、その凋落に引きずられようとしている日本。この円高もある意味仕組まれたこと。

 よく、投資家動向だとか新聞に載るが、実際は、アメリカの1%未満のお金持ち立ちが自分の資産をどこに移動させれば儲かるか?それの動向であると言える。だから為替などと言っても、本当の輸出入決済額などタカが知れている。為替で儲けたいお金持ちが右往左往して、円高を作り出してる。同じ事が、ウオン安をつくりだしているのも同じ原理。

 円高が進みすぎている現状で、TPPに参加したからと言って日本の国益にはならない。それしても原発推進派の先生方と同じような人達が、TPP推進派としてプロパガンダに参加してる。日経新聞の記事は実にそれに満ち満ちている。日経は体制よりといった表現でなく「アメリカ寄り」と言ったほうがいい新聞である。

 TPPに参加すると、また日本の資産、財産がアメリカに吸い取られる。それが分かっているのだろうか?分かっていて、政治家は賛成しているのだろうか?

 例えば、遺伝子組換え作物が流入している。この現象が加速する。将来への不安要因の増大ではないのか?

 現在の遺伝子組換え作物は、例えば農薬の耐性を持たせ、雑草は殺し、作物を生きの来させる。これは既に耐性雑草の出現で、訴訟問題に発展しているとか。小ざかしい人間、歴史の浅い人間のやることは、まだまだ稚拙である。つくづく雑草との共存、昆虫との共存、そういった農業を目指すべきだと感じる=畑をして思うことである。

 そんな遺伝子組換え種も、農産物も日本に入り始める。狂牛病の時、アメリカの狂ったようなプロパガンダは忘れられない。アメリカからの食肉は安全だ、と言い張るヤカラが多かったこと。食の安全は売ってはいけない。これは将来を担う子供達、将来を左右することだから。

 医療も崩壊か?国民皆保険である医療保険制度もターゲットとなる。高度医療などで、すでにその傾向は出ているが、これが益々加速する。

 TPPに参加しないと、韓国などに負けると言う人が多い。これは間違い。既に負けている分野は、負け。勝っている分野は勝ち。これはTPPなど関税の問題でなく為替の問題で、同じモノで韓国と戦うコト自体が間違っている。韓国とは違う道を歩むべき。

 人、労働力の自由化をどう考えるのか?この点の論考を余り見ない。就労ビザ不要になり、TPP域内の就労自由化は議論されない。これだけ円高なんだから労働力の流入が当たり前となり得るが、、、、、、、。だれも書かないな。

 そんな事で、アメリカの圧力に屈するTPP参加には反対。

 雨の一日。さて、さて。どうしたものか。

|

« 今週は歩かない週でした | トップページ | 為替介入は意味がない!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/53117091

この記事へのトラックバック一覧です: TPP参加は反対:

« 今週は歩かない週でした | トップページ | 為替介入は意味がない!? »