« 2つの関連性 TPPと中東の民主化 | トップページ | 国勢調査の結果発表 »

日本国内生産の選択

 パナソニックの動きを見ていると、余りに急激なので「?」と思ってしまう。パナソニック経営陣が何らかの情報を得て、守りに入ったと言うコトなのだろうか?

 プラズマディスプレー(PDP)の撤退、そしてテレビじ事業の縮小。それに伴う半導体デバイス事業の縮小。

 いきなり日本国内で投資していた案件をチャラにするなど、何らかの情報を得たのか?そう、世界恐慌(パニック)などの情報を?

 11月末にパニックが発生しそうだとは思っているが、こんなのは雰囲気でしかない。明らかな根拠はない。CDSだとかファンドだとか先物取引だとか、そういった金融手法のどれかが打撃を受けるだけで、投資化=アメリカの富裕層の1%未満の人々=アメリカの凋落を一番危惧している人々が疑心暗鬼になりつつあるということ。

 そんな中で、パナソニックの縮小のニュースは更にそれに輪をかける話になりそうである。何かが起こるコトを予測して、手仕舞い始めた?そんなところかもしれない。

 日経新聞など、オ気楽な記事を読んでいるだけでは、富裕層の現在の疑心暗鬼など分からない。ネットの世界は嘘が多いが、それでもテレビの嘘よりはまともな気がする。

 マスゴミはゴミと化す。ネットは嘘も本当も入っている。後は自分の眼力である。真実を見極める眼力こそが必要な時代。そう、今が特別でなく、いつの時代も嘘と真実が分からない状態で混在したノは事実。

 さて、パナソニックの動きには注目したい。

|

« 2つの関連性 TPPと中東の民主化 | トップページ | 国勢調査の結果発表 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/53075499

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国内生産の選択:

« 2つの関連性 TPPと中東の民主化 | トップページ | 国勢調査の結果発表 »