« ツーリング 長崎・島原 | トップページ | 9月のこれまで(18日、日曜)までのは、、、、 »

アメリカの状況

 オバマ大統領の演説があり、雇用を拡大する為に、

Again and again last night, President Obama repeated a simple four-word sentence. He was making a demand of Congress. The sentence was: Pass this jobs bill.

 Job Bill と言う法案を議会は早急に通すべきと言っていますが、、、、、。

 ところで、フードスタンプと言う制度をご存知でしょうか?そう食事の配給を受けることができるものだそうです。

 

 フードスタンプ(低所得者層向けの食料配給券)受給者も依然として増え続けており、今年5月時点での受給者数は全米で約4580万人と、前年同月比で12.1%増を記録した。ニューヨーク州では、約302万人が、政府の援助なしには食事にも事欠く状況だ。わずか6年前には、全米で2570万人しか助けを必要としていなかったことを考えると、貧困化が急ピッチで進んでいることが分かる。8月2日に成立した財政赤字削減策の下で社会保障費がカットされると、貧困率(09年時点で14.3%)が倍になるという調査結果も出ている。

http://jp.wsj.com/US/Economy/node_291926/?nid=NLM20110819

 そう、食事に事欠く人たちが4580万人だそうです。失業率云々もありますが、このフードスタンプにも注目すべきでしょう。日本にはホームレスは存在しているが、、、、、フードスタンプ制度がないのか、無くてやれる社会なのか。

 アメリカの貧困率は治安を悪化させ、社会負担を増やす。格差社会の行き着く先。努力して、そして運のイイ、エクゼクティブは別にして、普通の生活すら難しい人々が多いのもアメリカ。アメリカンドリームとこの現実の差。

 さて、この状況はどうして生まれるのか?身分制度みたいなものになりつつある。フィリピンなどのスラムが有名だが、スラムはどこの国にでもある。しかし、格差が大きい社会は社会自身の健全性が損なわれていると私は考える。

 治安の悪い社会は、いい社会とは言えないと私は思うのだが、、、、、、、。

 110819

|

« ツーリング 長崎・島原 | トップページ | 9月のこれまで(18日、日曜)までのは、、、、 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/52710673

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの状況:

« ツーリング 長崎・島原 | トップページ | 9月のこれまで(18日、日曜)までのは、、、、 »