« 菜園考察 | トップページ | まあ経済は大変だけど、それで生活が崩壊するワケでなし、、、、 »

本格的にヤバイな~

 2008年の9月 リーマンショックの時に状況が似てきた。PIIGS=ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン。これのイタリアが引き金を引くのだろうか?リーマンショックの前には、サブプライムローン問題が表面化して、それでも何とか表面上は平静を保っていたが、リーマンショックと伴に、おとずれた静かな、そして猛烈な不況。恐慌と呼んでイイのかも?

 2009年の正月明けに電話が鳴らなくなった。そんな事があり得るのか?と不思議に思ったが、色々手を打つ前に、ドンドン不景気が深化していった。そんな2009年の正月明けが、また訪れようとしている。

 猛烈な不景気。そして、世間も事務所も、全てが静かになる。

 今回のEU=欧州連合=ユーロ通貨圏の問題は、結局の所、基軸通貨であるUS$との覇権争いである。US$が何とか基軸通貨としての地位を生き延びさせたいとあがけばあがくほど、世界はそれに引きズラレテ、、、、、どんどん深みにはまっていく。

 2009年の3月に思ったのだが、真面目に一生懸命働いたらイイのか?と思っていた価値感が吹っ飛んだ。真面目だけでは生き残れない。歴史を学び、現実の世界で何が起こっているのか?そして、生き延びる道を探して、その道で生き延びるしか手はない。真面目であっても、決して生き残ることには繋がらない。観察し、見極めて、分析して、道を探らないと、自分の周りの人達(家族や仕事仲間、そして友人)を幸せにすることはできない。

 まずは、自分が余裕を持って生きる道を探らないと。自分に余裕が無くて、どうして周りの人達を幸せにすることができるものか、、、、、。

 しかし、チョットヤバイ。

 中国の経済成長はどうも2011年までで、2012年からはもしかしたらマイナスかも?そうすると中国の体制崩壊が起こる可能性が高くなる。中東の民主化の飛び火である。

 アメリカはヨーロッパのEU圏の優であるイタリアがデフォルトすると、それを理由に自分もデフォルトする可能性が、、、、、、。アメリカの国債がデフォルト状態(US$の極端な安など)が起こると、中国の外貨準備も半減する(当然日本も半減どころではないが)。あらゆる通貨危機が訪れる。

 EU vs US$ とばっちりは中国元とJP¥。そう、台湾だろうと韓国だろうと、ましてベトナムであっても無傷ではいられない。日本の年金生活者も現役世代も、かなり酷いことになるのかな、、、、、。困ったな、、、、、。

 まあ、イノベーションによる成長産業に喰らい付いて生き延びるしか方法は見当たらないのだが。

 さて、さて。11月末~クリスマス前に何かが、例えばリーマンショックのようなものが発生するのかな?イタリアのデフォルトにより、アメリカのシティーバンクの破綻とか?いずれにしても金融が世界の大不況=恐慌を招くのだろうな。

 何度か、ここで取り上げてきた成長産業に対して、もう一度おさらいの意味もあり、考えて見たい。それが生き残りの術かもしれない。

|

« 菜園考察 | トップページ | まあ経済は大変だけど、それで生活が崩壊するワケでなし、、、、 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/52846544

この記事へのトラックバック一覧です: 本格的にヤバイな~:

« 菜園考察 | トップページ | まあ経済は大変だけど、それで生活が崩壊するワケでなし、、、、 »