« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

美味しいレシピ

 料理の腕は自分でも感心するぐらい、ますます磨きがかかり、、、、、。まあ自己評価がほとんどですが。

 今日はオクラとツナカンのゆずゴショウ入りマヨネーズアエ。これは素晴らしい出来栄えでした。まあ、ツナカンが素晴らしく美味しい焼津産の物をお中元でいただいたので、それが決め手ですが、、、、。しかし、オクラとゆずゴショウは合うな!

 と、言う事で、実に美味しい夕食を頂きました。

 今週は、

日曜 娘の事で、、、、、。色々。睡眠不足。

月曜 千葉⇒福岡移動。

火曜 午前中 マイペース 午後 図書の片付けに邁進

水曜 午前 金属加工屋さんに相談に。帰ってきてから来客。そのお客とダイエットには禁忌のラーメンを食べに。 午後は結構マイペース。

木曜 午前 会議 午後 会議を抜け出し若者をピックアップして、取引先工場へ。工場見学他、色々教わる。夜は久しぶりにヨガ。

金曜 午前中会議を少しこなし、後はマイペース。

土曜 朝から畑。草取り、苗植え、鍬の修理、人力鍬で耕作。少し竹取り。昼食はそうめん。チョット食後寝てしまい(1時間弱)、余りの暑さに起きて、図書に。それから食料品のお買い物。

 こうして見ると余り心が躍る週では無かったですが、外見と裏腹に結構心は嵐でした。さて、9月に訪れるであろう嵐に備えて、、、、、、色々考え、行動しないと、、、、、。チョット面倒でも。

 嵐の内容はここでは語れないのだけれども、、、、、、。しかし、仕掛けた側の人間としては喜ぶべきか?ウーン、分からない。

 まあ、こんな一週間でした。

 明日(日曜)は午前中テニス。平和だな~。

 さて、米国のデフォルトどうなりますかね?????

 来週は嵐。ところで台風は????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書籍 奇跡のリンゴ

 「奇跡のリンゴ」を図書館で借りて、読みました。農業と言うものの奥深さ、地球生命の微妙さ、バランス。

 この書籍を読む前に「成長の限界、人類の選択」を読んだからなおさら、無農薬、無肥料農業の重要さが心に染みた。

 植物は、営業が足らなければ、根を張って、より多くの栄養を得ようと努力する。そうすることで、ひ弱な農業でなく、力強い農業、生命力あふれる農業。その方向を持たないと、人類の将来は暗いかも?

 ロハスな生活と言うのがあるが、、、、、、そういったスローフードなどの価値が今後大切にされる。そう、何と言っても人間の生体は、外からの栄養を得て、体を作るわけで、食物と言うのは非常に重要な、そして大切な要素である。その大切な要素を大切に考えないで済まそうという価値感を修正する必要があるようだ。

 今、やっている畑。遊び、趣味であるが、実に面白い。こういった本を読むと、より面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮目

 潮目と言う言葉がある。ネットから、

流れゆく物事が向かう方向。また、情勢が変化するその境目。「汚職発覚で県政の―が大きく変わる」

 まさに日本と言う国の2011年は潮目にいると言えそうである。3.11での東日本大震災、続いて福島第1原発爆発事故+放射能飛散。経済的にもサプライヤーチェーンの寸断やら電力事情の悪化やら。
 感じ方、考え方もかなり変わったのではないだろうか?消費が冷え込んでいると言われるが、消費者意識の変化だと見ることもできる。そして、何よりも「この先何が起こるか分からない」といった不安、先行き不透明感が共有されている。
 
 そこで、どう考えるか?
 先行き分からないからこそ、そこで萎縮するのでなく、前向きに、今やれること、今やりたいことを実行する。色々な言い訳を付けて、「やらない」で先送りしてきた事を、あきらめないで実行する。
 色々な人がいて、それができない人もいる。しかし、「目覚めた」人が増えたような気がする。好きなこと、やりたかった事を実行に移す人が増えているような、、、、、そんな気になるのは自分だけだろうか?
 料理、自炊(本当の食事を作る自炊と、持っている書籍のデジタル化の自炊)、テニス、畑、バイク(ツーリング)、ヨガ、ダイエット、そして英語。もしかしたら中小企業診断士資格への挑戦?チョット手を広げすぎかな?
 どうも、2011年の後半戦もかなりアップテンポで過ぎていきそうな勢い。ヤッパリテレビを見ている暇は無いな。と、言いながらも、単身赴任先のPCが余りに動作しない。ネット動かすのにえらく時間が掛かる。機能的な問題だろうと思っている。なんせ、購入してから、かれこれ10年は経過している(XP)。テレビとPCの一体型20インチのPCは千葉の自宅で使用中。動きは軽快、機能は色々。今後、必要なHomePage立ち上げるのに、ヤッパリ要るかな?
 どうせ買うなら、、、、、、それとも自作?3Dは必要ないが、タッチパネルは非常に楽だし、、、、、予算を考えないと。経済的思考からすれば、費用対効果?を考えないといけないのだが。自分で使う物に費用対効果を考えてもな~。14万円程度の出費はなかなか厳しい。それこそ、副収入の仕事を持たないと、無理かも?
 そうか、副業か~。興味あるけど、、、、、、今の状況からすれば、お酒を止めれば時間の捻出は可能だが、、、、、。お酒止めれば、ダイエット効果も高いし、、、、お金も出て行かないし、、、、、いいこと尽くめなのだが、ビール(もどきがほとんど)の一杯が、「幸せ」を感じる最高の時間であるからして、、、、、、。
 ホント弱いな~。
 さて、どうするか?悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LED記事を見て

 LEDの価格について下記の記事があったので、参考までに添付します。

ご存知の通り、LEDは照明の世界では「省エネの切札」と言われています。LEDと張り合っていたのが有機ELですが、圧倒的に価格が下がっていくLEDになかなか追いつけないのが現状です。

 LEDの主流はサファイア基板をベースにその上にGaN(窒化ガリュウム)を成長させて、そのGaNを半導体化することで、青色(Blue)光を発します。その青色を赤(Red)と緑色(Green)の蛍光体を通すことで、白色化します。

 Red、Greenの蛍光体は窒化物系でセラミックス粉末です。

 LEDを造る為に、大きく成長する産業分野があります。

 サファイア 高純度アルミナが原料で、その原料を使って単結晶を引揚げます。この高純度アルミナと単結晶製造分野は毎年30%以上の成長を見込んでいます。

 サファイアに膜を付ける装置MO-CVD(Metal Organic-Chemical Vapor Deposition)が伸びる。造っても造っても足らない状態。

 先に出した蛍光体(RとG)も成長分野です。

 その他、LED周辺の部品も大変な勢いで伸びています。例えば、放熱用の部材だとか、リフレクターだとか、、、。

 詳しく書くと、本になりそうなぐらいの成長分野です。

 2010年LED照明用マーケット 5億ドルと言われています。2020年には135億ドルになると言われています。おおよそ年率1.4倍の成長となり、ある種とほうもない成長と言えます。

照明のLED化が今、世界的に進んでいます。

LED照明器具に搭載される白色LEDの寿命は、4万時間以上と蛍光灯の約4倍もあるので

交換頻度が少なく、かつ消費電力が蛍光灯に比べて10~40%少ないといった利点が

あるからに他なりません。

特に日本では、2010年4月に施行された改正省エネ法への対応策として、

LED照明の導入企業が増え、そして東日本大震災後、その勢いは増しています。

こうしたLED化の動きを後押しするのが、白色LEDの低価格化です。

白色LEDは、白熱電球や蛍光灯といった既存光源に比べて、高価とされてきました。

光束1lm当たりの単価(明るさ単価)は、2005年時点では10円/lm程度。

それが、2011年に入ってからは、業界平均で約0.7円/lmにまで下がりました。

この単価下落は、今後もしばらく続くとみられており、このままのペースで進めば、

2015年には0.2円/lmを切り、ついに白熱電球と同等といえる水準になるでしょう。

忘れてはならないのが、白色LEDの発光効率向上も今後数年は続くということです。

カタログ値が200lm/Wにも達する白色LEDは、2012~2013年に登場するとみられ、

実使用条件で200lm/Wに達するものも、5年以内に製品化されると予想されます。

安価かつ高効率な白色LEDが手に入ることで、

照明関連事業に参入する土壌が整い、市場はさらに拡大するチャンスが生まれます。

機器メーカーのみならず、ゼネコンやIT企業などが新規ビジネスとして取り組み、

人感センサや照度センサといったセンサ類とIT技術を連携させた明るさ制御などの

技術が注目を集めることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑の様子を撮影してくるの忘れました、、、、

 暑い、その上に台風がどうもやってくるようで、、、、。

 今朝畑に行って、ひと汗かいてきました。約1ℓぐらい?キュウリとナスとトマト用に支柱を山から切り出して、インゲンを植えるべく、耕して。

 P7180253

 ナス、バジル、シシトウ、ミニトマトとソーセージのぺペロン知ーノ風スパゲティーが本日の昼食。

 ナスとバジルとミニトマトは畑の収穫物。シシトウは庭のプランターから。

 ナスが生のままでも美味しい。これにはマイッタナ~。何にもしていないのがこんなに美味しいなんて。

 今日は独りでしたので、共同作業の友人諸君、すみません。先にチョコットいただきました。

 畑の風景を撮影してくるのを忘れました。竹で炭を作る予定。もっと山から切り出さないと、、、、それにしても竹薮はどうしてあんなに蚊が多いのかしら。虫除けスプレーなど何するものぞ、といった襲う元気さには、困ったモンです。

P7180252 庭のプランターの様子はこんな感じ。トマトは今晩にもいただこうかしら。シシトウは当たりハズレがあり、なかなかいい感じ。オレガノとレモングラスがどう使おうか?思案中。

 それにしても、九州は紫外線量が明らかに多くて、そして暑くて、植物が良く育つ。雑草もね。

 先日、八女の林業試験場のニュースがあり、竹林が繁殖し過ぎて困っているとのこと。そう、九州は竹林の勢いが強くて、、、、、、国産の筍を取らなくなったからだとか。安価な中国産が入って来て、筍掘る人が減ったからだそうです。今春、竹林で筍探したケド、余りに日当たりが悪くて、筍無かったから、真実味があります。ある程度の日照がないと、筍も生えない竹林になっている様で、、、、、。頑張って竹炭作成に挑戦してみましょう。でも、まだかなり時間が掛かりますが、、、、、。

 アウトドアが多い夏です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑考察

 現在、地主の息子さん(と言っても50台後半)の厚意により(巻き込んでいる)、畑を始めた。始めるに当り、先生をおねがいしたのが、Jさん。無農薬、無肥料農業。Jさんの作る野菜をおすそ分けいただいて、いたく感動したのでした。無農薬は好ましいのは言うまでもないのですが、無肥料と言うのは?

 生物何でも同じらしいですが、潤沢な栄養が存在する環境下で育つと、身(実)が引き締まらないので、美味しくない。飢えている状態で育つと、一生懸命根を張って、栄養を取ろうとハングリーになり、実の引き締まった食物が育つ。

 確かにJさんの作る作物は美味しい。チョット真似てみたいのだが、、、、、無肥料はなかなか大変である。生育にばらつきは出るし、、、、、育つかどうかも不明である。まあ、しかし、一度やってみるのもいいかと思うのであった。

 趣味の畑のチョットすごいところは、耕運機などの機械を使わないこと。ひたすら鍬で耕かす。草刈だけはエンジンつきの草刈機を使うのだが、それ以外は、ひたすら人力。誰か耕運機貸してくれないかな?あと、刈り取った草を堆肥化しようと考えている。これも、チョコット勉強して始めないと、、、、、、。簡単ではなさそう。

 人力で畑をやるのは、いかに大変か。あまりエクササイズにはならないのだが。5年も雑草だらけで放置していた「耕作放棄地」は、瘠せている。そこで、竹炭を作って、砕いて、撒いてみるアイデアを持っている。まずは、竹炭用の竹の切り出しから。取り合えず、6本切り出して、放置してみることとした。竹薮の蚊の多いこと。すごい数の蚊の襲来に会った。取り合えず、竹の乾燥工程から。

 人類は、2050年にはピークアウトせざる得ない。これは、食料問題、水問題、環境問題がそうせざるえなくなるようだ。これは「成長の限界 人類の選択」と言う本からの受け売りだが、2050年には私は生きていたとすれば88歳。そんな困った世の中になっているのは困ったことなので、ヤッパリ農業を色々試してみようと思うのであった。土作り、作物作り、汚染低減。果たして、どこまで出来るやら。まあ、趣味の範囲、土曜の早朝と決めているので、できる範囲で、試してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の先端産業動向 Ⅳ

 久しぶりに先端産業動向の話。

 LEDが注目されている。これは、白熱球に比較して十分の一、蛍光灯に比較しても三分の一のエネルギー消費量で、かつ長寿命。蛍光灯の3倍程度の寿命とか?LEDは固体発光なので、劣化が非常にし難い。しかし、周辺部材は普通の電機部材を使っているので、そちらの寿命の方が問題かも?10年使って、火災を起こすなどと言ったリスクが無いワケでもなさそう。長寿命と言うのは、それなりにリスクのある話。

 LEDを一般照明でなく、投光器や水銀ランプの代替、車のヘッドランプの代替など高出力の物への要求が高い。問題になるのは、熱。電気から光への変換効率が高いとは言え、高出力にすると熱の問題が大きくなる。LEDの発光チップは1mm角以下の小さな物であり、その小さなチップにかなりの電力を注ぎ込むワケで、小さいだけに熱集中の問題が大きくなる。

 その熱を逃がすのに、熱伝導率のいい物質を使うと言うのはこれまで、普通に行われてきた。サブマウント(LEDの小さなチップを乗せる板)に熱伝導率が良くって、絶縁の窒化アルミが使われたりしているが、その下に普通の銅板では問題がある。高熱伝導のMMCやカーボンなども当然検討されるのだが、ここに来てヒートパイプと言う私にとって伏兵であった技術が来そうである。

 ヒートパイプは古い技術で、お風呂の追い炊き湯沸器などに使用されたり、車両の放熱などの一部に使用されたり、、、、、。結構使われる所が多いのだが、小さくして、その上で、ヒートパイプ性能を行うとは、、、、、。人間、色々考えて進歩する者ですね。

 ヒートパイプの信頼性が高く、汎用化してくれば、、、、、LEDだけでなく、LSIの放熱、EV車のモーター放熱など色々用途は増えそうである。これは、チョット注目すべき技術だと、思った次第です。

 そう、投資家ならこういったメーカーに投資を考える?私は取り合えずは、その技術の拡大用途に突っ込んでみたい気がしますが。

 今後、こういった現象があちらこちらに起こるだろうと思われます。まさに激動。技術もマーケットも。そういった意味では、ある種の連鎖反応を起こすのが人類なのかもしれません。

 発電方法の変換、電力貯蓄概念の変換、省エネといったレベに無い各種要素技術の変換、省エネ価値の変換、浪費、消費哲学からの転換、成長の限界と言うの概念への転換。

 そんな変換、転換の時代の起点が3.11であったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭のプランターから

 庭に3つプランターを置いているのですが、その中のししとうが収穫できました。取り合えず3本です。

Sn3k0356 魚焼きコンロで焼いて食べました。当たり(辛い)でした。チョット子供は食べられない辛さ。

 畑の方は、トウモロコシが小さい背丈でもう小さな実を付け始めています。これはやはり、栄養が足らないから、早く子孫を残そうと急ぐからでしょうか?

 この他、ナスビ、オクラ、バジルなど根付いているのですが、どれも成長がイマイチ。ヤッパリ、よっぽど痩せている土地なのでしょう。雑草を堆肥にして、それを鋤きこんで肥料にするしかないですね。

 それにしても、粘土質の元田んぼはなかなか手強い。もっと時間を使えば何とかなるのだろうケド。これも、なかなか厳しい。

 それしても、雑草の強さはどこから来るのでしょうか?痩せていようと、刈られようと、どんどん成長します。セイタカアワダチ草の強さはこれまたすご。小さい内に刈っておかないと、エンジン付き草刈機でも大変なこととなります。

 もう少し時間を費やすべき?だと思いますが、、、、、。さて、どの時間を当てますか?やりたい事が多すぎて、困りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

230Kmぐらい走ってみました

 土曜日、お給料をもらうお仕事はお休み(あえて丁寧な言葉を使ってみました。嫌味になりますね)。

 朝、5:30起床、洗濯、掃除、朝食をとって7時過ぎになってしまい、いざ畑に。本日はとにかく草刈と耕し。先週植えた唐芋=ベニアズマは何とか根付いてくれたようです。とにかくすごい雨でしたからね。

 畑を10時までやって、帰ってきてシャワーとオヤツ。

 11:25発 阿蘇方面に。熊本大学前を通過して、熊本運動公園を見ながら熊本空港から俵山。トンネルは通らず、山越えで。かなり道が悪くなっていて、、、、、とてもコーナーを楽しむといった道ではなくなっていました。

P7090223  久木野村経由、地獄温泉に行ってみました。3つの温泉が楽しめるとかですが、、、、600円のお会計を済ましたフロントで、お勧めは?と尋ねたら、「すずめの湯=混浴」との回答。硫黄の臭いがするすずめの湯に25年以上ぶりに入りました。以前入ったのは、垂玉温泉で九探連を開催した(私の後輩が)時に、翌早朝にすずめの湯に入って(と思われる)依頼。

P7090227

 お婆ちゃん方がタオルを巻いて3名ぐらい入っていらっしゃって、お爺さん方が6名ぐらいでしたか?とても艶のある雰囲気ではありません。しかし、お湯はすばらしく、実に気持ちのいい湯でした。あがった後、汗が引かずに困りました。

P7090230  高森を経由して宮地に出て(こんな道だとはすっかり忘れていました)、宮地を過ぎた辺りで雨に会い、ガソリンスタンドでしばらくお休み。それから、赤水経由の菊池に抜けました。

 走行距離230Km程度。なかなかのツーリングでした(単独)。

 チョット遠くまで。ヤッパリ泊りで遠くに行ってみたいものです。

それにしても、畑での作業も、暑い夏のツーリングも、熱い昼の温泉も、汗をかいた、かいた、そんな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sustainable society

 どうも人類はSustainable societyは無理なようです。人口が今年中に70億に達し、化石燃料を燃やして消費するライフスタイルは、食料は、気候は????

 人類の目指すモノがありません。皆が豊か=アメリカみたいな、社会がもし仮に実現したら、地球が3つ4つ必要な状態らしいです。

 20%の人達が80%のエネルギーを消費している現代、これが仮に残り80%の人達がエネルギー消費量が増えれば?ハッキリしているのは貧困層の20%の人々は飢えていますし、アメリカ的な消費をする余裕がどうも地球には無さそうだと言う事。

 この先、色々な要素が絡みあって、何が起こるか?分からないのですが、福島第1原発事故は、再生可能エネルギー(原子力は含めない、核燃料廃棄目処が立っていない現状としては当然か?)シフトを起こすキッカケと言う歴史の起点であると思われます。

 日本は年金問題、介護(保険含めた)問題、健康保険問題といった目先の問題に加えて、放射能汚染問題も抱えて、さて、さて。そんな役割を担うように日本は位置しているのでしょう。

 Sustainableと言う英語を、上手く発音できないので、、、、、、。これでも困っていますが。

 先日、話をさせていただいたベンチャー企業であり医者であるT先生は「介護などビジネスとして成り立たなくなりますよ」と言う事をオッシャッテいらした。介護保険、健康保険などの破綻は目の前に迫っている。これが現実なのですが、明日ではない。そう、あと5年ぐらいはありそう?しかし、リスキーなビジネス(この判断は私の意見)。

 どんな将来が待ってるのでしょうか?ホント、持続可能=Sustainableでないな~。

 まあ、仮に持続可能で無かろうとも、努力してあがくのが人間らしい。Sustainable societyを目指してあがこうかと思う今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の書籍から

 無農薬&無肥料農業のJさんに薦められて「成長の限界 人類の選択」を図書館で借りました。チョットすごい本です。全部はまだ読んでいないのですが、将来像をいくつか提示しているのが、、、、、。まあ、全部読んでから、再度、推薦文は書きましょう。

 「競争の作法」斉藤誠著 なかなかこれもすごい書籍。貧困層の報道はされても、豊かで高収入を得ている「既得権者」は物言わず。製造業の人件費は1990年頃から下がっていない。そう、低収入層はこれらの高収入層によって搾取されている。これを団塊の世代の批判としては書いていないが、ジェネレーションギャップを生む素地は、、、、、、、日本の人口構成も原因ではあるが、既得権者=団塊の世代以上人達の既得権が大きな原因である事は明らか。これから、健康保険、介護保険、年金が崩壊するがどういった形で崩壊するのか?どう、着陸するのか?なかなか難しい。

 まさに着陸のモデルが「ギリシャ」の問題。デフォルト寸前で回避したようだが、、、、、。日本の株価は、回避した事で1万円を伺う高値になりつつあるとか。これまで安めに推移していた株価が、もどりつつある。PERの価に注目している。

 それにしても、知らない世界の何と多い事。書籍もそうだが、生の情報も。なかなか多岐に渡って知識を得るのには、骨が折れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月最後の週は

 2011年の6月も終わってしまった。今日は2日。決して忙しい週では無かったが、、、、何故か余裕が無かった。

 今日(2日土曜)の食事メニュー;朝食 トースト6枚切1.5枚、トマトミートソース(自家製)+チーズでサンドして、インスタントコーヒー。それをパワーに畑にいざ出陣。薩摩芋(唐芋とも言う)=紅東の苗をゲットして、植えました。昼食はキユピーのマヨツナのスパゲティー+クロワッサンのお菓子。

 料理をして、16時過ぎにチョコットバイク乗りにお出かけ。温泉まで。

夕食は、料理しておいた

「納豆」+

「蓮根+ゴボウ+ニンジン+鳥肉の煮しめ」+

「ゴボウ+ニンジン+厚揚げのキンピラ」+

「ゴーヤチャンプルスペシャル(ゴーヤ+厚揚げ+豚肉+擦りゴマ+卵+味噌味)」+

木曜ぐらいに料理した「大根と厚揚げの煮しめ」+

ビール+

トウキビ

チョット豪華ですが、これはチョットづつ。弁当などの次なる食事のおかずとなります。それにしても、最近、手際がいいな~と我ながら思うのであった。

擦りゴマとゴーヤがこんなに合うとは思わなかった。とっても美味しい。多分、ゴーヤとピーナツバターも合うんだろうなと思うのだが、、、、、ハイカロリーは敬遠しておかないと。ベトナムで食べた、「ゴーヤの肉詰めスープ仕立」は実に旨かった。これを作るには、小ぶりのゴーヤが2本以上と、挽肉と具材を用意しないといけないので、結構大変であるが、ご馳走の一品になる事は請け合い。ベトナムでもニガ瓜=ゴーヤがあるとは、、、、、チョット知らなかった。

 休みの日は実に忙しい。土曜は雨が降っていなければ畑。昼過ぎに柴原商店で野菜を買って、料理をして、チョコットツーリングの温泉巡りを行い、夕ご飯は実に安楽な夕食を頂いて、暮れて行きます。そうそう、畑で沢山汗をかいて、泥だらけになって、帰ってきてシャワーと洗濯。これは欠かせません。

 27日月曜 なんとなくカッタルク始まる。夕方、余りに青空で、梅雨明けた?といった感じでした。

 28日火曜 終日会議と言う名の我慢大会 

 29日水曜 午前中外出、暑くて、夕方ビアガーデンに。

 30日木曜 資源ゴミを出す日で久しぶりにビン等を出せた、午後 来客 Iさん相変わらず元気。

 1日金曜 博多で脳ミソかなり刺激して、その後ビール等を軽く一杯。K社の田中先生(同じ歳)はかなり刺激的でした。さすが元脳外科なだけあるな~。T社のKさんも私と同様の悩み。同じ悩みを分かち合えるのは答えは違ったとしても、チョット嬉しい。

 2日土曜 畑で汗だく。

 あ~一週間が経つのはヤッパリ加速している。やりたい事やらないで、時間が過ぎて行く。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »