« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

最近の先端産業動向 Ⅰ

 2011年5月31日
 最近、経済動向のまとまった記事を書いてこなかったので、ここいらで。

 世の中ではスマートフォンが流行り、そのスマートフォンでインターネットをPC同様に見て、You Tubeも見る。iPadでは、書籍を読みながらメールで仕事をする。そんな世界がアメリカだけでなく、日本、ヨーロッパ、韓国、台湾、中国で起きている。そして、今後ロシア、インド、ブラジル、ベトナム、タイ、インドネシアで広がる。PCを使わないで、インターネットで通信、ダウンロードが可能な時代となる。

 日本の大手電機メーカー(東芝、日立、三菱、富士通、NEC、沖、ロームなど)社員はPCの持ち歩きは禁止されている。そして、PCに入ったメールは携帯に転送されて、それを読んで次のアクション(電話での指示等)が行われる。

 PCの販売台数が3億5千万台/2010年 だったのをスマートフォンはブッチギリで4億台を超えた。2011年は4.5億台を超えると言われている。

 ちなみにスマートフォンの中でもアップル社のiPhoneは低温ポリシリコン型液晶画面を使用。サムソンは有機EL画面を使用している。低温ポリシリコン型液晶は、シャープ、IPS-α(日立+Panasonic+Canon)、TMD(元は東芝松下ディスプレー、現在東芝モバイルディスプレー)の3社で、アップル社が投資の肩代わりをすると言う事で話題になった。有機ELは日本で一部Sonyが商品化して話題になったが、サムソンとLGが大きく投資して、現在も継続投資中である。

 アメリカのアマゾンは紙の書籍を電子書籍(電送データー=ダウンロード)売上が超えたと言うことで最近新聞の話題になっていた。と、言うことは、日本もそういった時代がすぐそこまで来ていると言える。
 電子書籍を読むための端末には、Sonyの「Reader」、Amzonの「Kindle」が有名だが、スマートフォンでも読める、タブレットでも読める。当然PCでも可能であるが、、、、、、PCで書籍読んでいる話は余り聞かない。

 と、なると勢い、スマートフォン、タブレットの需要はしばらく止まらない。Sonyのウオークマンに替わり、アップルのiPodが世の中を席巻した。それと同じ、あるいはもっと大規模なことが、現在進行中と言える。

 さて、そういったスマートフォンなどの携帯端末に使われる部品は?あのインテル=IntelがCPUを供給している?これがIntelのシェアは10%未満である。また、ハードディスクでなくSSD(Solid State Drive=フラッシュメモリーで構成された記憶装置)が使われる。フラッシュメモリーの需要は増えるが、省電力型であることが携帯端末の必須条件。
 また、DRAMもPCで使われるDRAMでなく、携帯端末用のDRAM需要が拡大しており、その最大シェアメーカー=エルピーダメモリーがPCDRAM専業メーカーが苦戦する中、好成績を残している。

 今後、PCのDRAMへの投資は抑制され、あるいは集約されていくのかも?そして、新たにスマートフォン用のCPUマーケット、スマートフォン用のSSDマーケット、スマートフォン用のDRAMマーケットが活発化するのは当然と言えば、当然。

 ここで注目しないといけないのは、PCマーケットの成長鈍化、近い将来の成長停止、あるいはピークアウト。東日本大震災前からクラウド化が言われていたが、震災後、特に日本ではクラウド化がかなり加速しそうである。加速することで、セキュリティー向上をはかると言うわけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半導体設備投資減速!

 やって来ました。半導体業界の設備投資が減速。25%以上のシフトダウン。

 詳細は掴めていないが、サムソンのフラッシュメモリー投資が減速?確証は無いが、、、、多分。

 理由がイマイチ分からないのだが、、、、、月曜に韓国の知合いに確認して見よう。何が起こっているのか?

 事件は会議室では起きていない。どんだけ会議しても、事実は掴めない。事実は現場に行かないと分からない。まあ、現場に行っても分からないヤカラはいるのだが。

 さて、この先どう動くのか?チョット注目。

 そうそう日経新聞でもその傾向の記事は出ている。しばらく注目である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また辞める人が

 何があったのか?分からないが、業界人が仙台にある会社を辞める。彼は私より少し若い(5歳ぐらい?)のであるが、、、、、、。業界内で転職するワケではなさそう。古株の業界を知っている人がまた辞める。

 先週の金曜日、集まりがあり、色々な方と話す機会があった。特に65歳のハーレーダビットソンを乗っている社長さんと色々話す事ができた。まあ、余り際どい話はないのだが、、、、、、、。まあ、色々示唆的な事を聞く事ができた。

 その社長さんは、先日、ハーレーに乗っていて、寝たらしく、ガードレールに激突して、怪我をされたとか、、、、、、。ヤッパリバイクは安全な物ではないのだ。それでも乗りたいのである。そのリスクを取っても、乗りたいのである。

 九州北部は土曜日から雨。台風通過もあって、結構な雨。梅雨入りしたはずなのだが、、、、、。台風が来るので、ガレージのある所にバイクは避難。本日は午前中雨。昼から曇りと言っていたのに、夕方からまた雨。雨だな、、、、、、。

 畑の様子を見に行け無い。困ったものである。水遣り行く必要はないのですが、、、、バイクだと雨の日に動けない。まあ、カッパ着て動くことも可能ではあるのですが、、、、、、。

 昨年から、体重減80Kgを切れば大型二輪の免許を取って、大型バイク購入して、、、、、。目標を持ってやって来たのだが、さて、次なる目標は?この目標がイマイチ決めれていない。何かを学ぶ、あるいは資格に挑戦?ウ~ンどうも怠惰な毎日。もうチョット刺激的な、充実した生活をおくるためにも、目標持たないと。

 まあ、ヨガ、テニス、ツーリング、畑が取り合えずの週末行事。通勤時間が少ない利点を活かして、もっと目標持って、、、、、と思うのですが。

 そんな週末でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自分の高齢化に対するイメージ

 最近、色々と考える事があるのが自分の高齢化。

 自分が49歳と言う、Yさんに言わせると「中年ではないですよ、初老ですよ!」と言われてから、年齢のこと、自分の年齢を重ねる事=高齢化のことを考えるようになった。

 自分が年を重ねる姿をイメージできないと、アナリストとしていかがかと思う次第である。高齢化社会、高齢化社会と言いながら、自分はその枠外にいるようだと、真実は語れない。

 年を重ねるという事は、あらゆる肉体的老化が伴うと言う事。確かに経験は若いものには負けないが、しかし、健康面での不安は増大する。

 体力だけに関して言えば、鍛えているかの違いで結構鍛えている方々は「すごい体力」と言える。私のテニスの先生のJさんなど明らかに私より体力ある。チョット見にはとても60台前半には見えない。私の少し上の兄貴分的に見える。実際には一回り違うのだが。

 また、私の会社の先輩であったHさんは、毎日ランニングによる脳内麻薬に浸っている人で、体脂肪は極端に低く、毎日ランニングによる快感でどんどん健康になっているようである。

 さて、そんな自分の高齢化を想像しないと始まらない。どんな10年後が実現可能なのか?あるいは死亡の可能性は?また、死んでいなくとも、どんな生活をしているのか?あるいは、どんな生活をしたいのか?

 その想像が必要だと、最近よく思うようになった。

 男は65歳から70歳で半分ぐらいの人が死ぬ。平均寿命が延びて、その死亡のピークは70歳台に伸びて入るようだが、、、、、、人は100歳でほぼ死んでいる。それを考えた統計を思い浮かべれば?そう、ピークは必ず100歳前のところにあるが、死ぬのは0歳から始まっている。ロングテールは右側にはなく左側にあるのが、年代別死亡状況である。

 第二の人生が65歳から始まるなど、実に悲しい。第二の人生はせめて10年は欲しいところ。で、あれば、本来であれば50歳後半からリタイアしても、個人差であるはず。しかし、最近は年金問題で65歳までは働かそうとしている。確かに年金の問題は大きいが、第二の人生の楽しみに消費する行為を妨げてはいけないと思うのだが、、、、、。そう思うのは私の実のオヤジが63歳で亡くなっているのが大きく影響しているようだ。

 自分の第二の人生を想像して、何をしているのか?何がしたいのか?この当たりをよく考えたい。これも民度向上の必要なコトだと思うのだが、、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業存続の条件考察

   企業存続に必要な条件。
 PHPビジネス新書「時代の”先”を読む経済学」 伊藤元重著にはこうある。
 ① もっとガンバル。競争相手よりガンバル。
 ② 他の企業と違ったことをする。同じ土俵では戦わない。
 ③ 競争相手が消滅するように仕組む

 この手法が語られている。しかし、私はもう一つ加えた。

「顧客を正確に評価する。」

 これは、例えば携帯電話では、日本の人口はどれだけで、どれだけの人がいて、何人自分の商品を買ってくれるか?あるいは、世界には携帯電話を使う、あるいは使いそうな人々が何人いて、その人達はどんな携帯電話が購入できるのか?
 この考えがマーケティングと言われる手法になる。しかし、マーケティングは誰しも行っている(ハズ)。しかし、顧客を正しく評価することはある種マーケティングとは異なる。天性とまで言わないが、ある主の直観力が必要になる。その直観力を磨くには????どんな方法が。一般論は言えるが、果たしてそれが正しいかは自分では評価できないので、あまり偉そうな事は言わない。
 顧客を正しく評価することは、現代の人気作家も行っているのではないだろうか?あるいはAKB48を企画して実行した方々にも。これはマーケティング力ではなく、ある種の直感がそう判断させるのだだろう。

 顧客を正しく評価して、そしてウエート付け(選択と集中とも言う)を行い、注力すべき点、注力すべき顧客を絞り込む。これが企業が存続するのに必要な条件の一つではないだろうか?
 と、言うのも、最近コンプライアンスだとか、内部統制だとかで、やれる事と言えば、与信管理(売掛金の取り逸れを無くす事)や、権限の遵守など実にくだらない事を進めている。それを進めれば日本の会社は存続できると、言わんばかりの「バカ」さ加減で、日本の企業はある種衰退していている。これは欧米が仕組んだ罠かもしれないと私は思う。ISO9001だとかISO14001だとかも同じ土俵で、欧米が日本企業衰退を仕掛けているのではないかとすら思っている。(こんな事を言えば、どこかから石が飛んで来そうだが、、、、)

 東日本大震災で被災したルネサス那珂工場は自動車向けデバイス生産が多かった。さらにデジカメ向けのISシェアも世界トップ。そのルネサスが「赤字」企業である。世界でこれだけ影響力のある会社が赤字であるのは何故か?それは顧客を正確に評価していないからでは無いかと私は考えているのだが。
 顧客の持っているポテンシャルを正確に評価して、その上で、必要とあれば値上げ、あるいは価格設定を高く行うなどの事ができるはず。まあ、競争相手も正確に評価し無いといけないが、、、、、、。

 ある種ビックリするのは車両向け部品は、赤字で生産を取り止める時には、供給責任で、3年分以上の在庫を持つ事が常識化しているとか、、、、、、。これでは生産止めるに止めれないし、さらに、止める段に大変な赤字を背負い込むこととなる。こんな契約あり?そう、契約ではなく、収めている他のビジネスに影響させないように、、、、、、と、言う暗黙の了解であるようだ。この辺りは当事者でないので深くは知りえないのであるが、、、、、。私の上の娘が生まれる時に始まったビジネスが18年継続して終焉した(2009年)。その時に聞いた話である。その部品は自動車の車載部品と言われるもので、その為に生産中止の年には大変な注文をもらった。在庫しないといけないので、、、、、とのこと。

 顧客を正しく評価するというのは、こういった事も含めて、正しく評価すべき。顧客を正しく評価するのは簡単ではないが、、、、、、でも必要なことだと考える。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狼煙

 デジタル時代に狼煙(のろし)とは実にアナログ。しかし、このサイトを是非見て頂きたい。どうも、涙腺が緩んでならない。

 http://fukkou-noroshi.jp/posters/#iwate

 自分の仕事、自分の今ある生活を大切にして生きようと思う。遊びも、仕事も、生活も。投げ出さず、アキラメズ、日々生きることを大切にして。

 実にいい、ポスターだと思いませんか?

 広げたいポスターだと?

 ぜひ、広げましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柴田商店さん

 私の食べる野菜は、最近でこそJ先生(名前出していいかの許可をもらってないので、、、、テニスの先生でもあり、畑の先生でもありんす)の切干大根、スナップエンドウ、干し筍、そして玉ねぎをいただくのですが、基本的には柴田商店さんで調達。トマトが大盛で100円。一鍋に入りきらずに二鍋料理しました。トマトと鶏肉煮。オレガノだとか乾燥バジルなど入れないで、唐辛子と塩だけのシンプルが、実に旨い(塩、鳥肉、トマト、ニンニク、オリーブオイル、唐辛子)。

 次に作ったのが、J先生からいただいた玉ねぎと柴田商店さんで購入したニンジン、トマト、ジャガイモと牛肉少々。基本トマト意外は肉じゃがの味付けで。これも実に美味しい。こんなに美味しいなら、、、、、、料理屋開こうかしら?と思ってしまうほど。(味付けは、みりん、日本酒、砂糖少々、白出汁、唐辛子)

 余りに美味すぎ。

 さて、本日は5時に起きて、7時集合で畑をやりました。先週、耕した畝を細かく砕いて、、、、、、砕く事案が実に沢山掛かる。もう、耕運機入れたい。人力では、、、、、。と、言う事で、本日若手が加勢。二十台のK君。Sさんもお子さんとご一緒にと誘ったのですが、本日は幼稚園の父兄参加ンとのこと。で、大の大人4人で耕して、もう一畝を作りましたが、、、、、苗を、買いました。どうしても、と言う事でトウモロコシ4本。そして、バジル2本、カボチャ1本、プチトマト2本、おくら2本、ナスビ2本。しめて1000円チョット(安い苗を購入)。

 さて、どうなるか?本日夜は雨の予想。雨振ってくれればイイのですが。降ってくれないと、明日も水遣りに行かないと、、、、、。

 午前中は畑で終わり、その手伝いの若者と昼食スパゲッティーを食べて(バジル塩味のベーコン、玉ねぎ(J先生のもの、実に美味しい)入り)、解散。

 その後図書館に行って、入った事の無い温泉にバイクで行って、、、、、。もう、疲れ果てた感じ。本日の営業は終了状態。そうそう、家内からの依頼宅配便も無事届き、もう、いけない。

 本当は、パンを焼く予定だったが、、、、、、体力無い。パンは買って、明日に体力温存。ヤッパリ一番のダメージはタンクトップで野良仕事したこと。3時間ぐらいで、焼けてしまいました。両腕ヒリヒリ状態。これが体力消耗の一番の原因かと、、、、、、。

 それにしても、畑も楽じゃない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは愚痴かな?

 今日は不快な事があった。その不快さをよく噛みしめてみた。料理をしながら。

 本日の夕飯は、肉じゃが(昨日作成したもの)と豚ロースのバジルステーキ、そしてご飯とべったら浸け。他に少々のゴボウのキンピラ。

 これを食べ終わって、その上で、干したけのことニンジン玉ねぎと鳥のモモ肉100gの味噌煮を作成。味噌味と言うのが味噌?野菜昆布と言われるものと、輪切りの唐辛子が入っています。なかなか美味。干し竹の子が、、、、、歯ごたえを作っています。

 さて、そんなアレンジ料理を作りながら、本日の不快を分析。まあ、嫌味、あるいは嫌がらせなのですが、、、、、それが本当の理由ではないようで。

 その当て擦りみたいな事に至る理由を考えていたのです。そう、元は私がその人を軽蔑しているから。ではどうして軽蔑しているから?学がないとか、勉強しないとか、新聞を読まないとか、、、、どうもそんな表層的な事では無い様で。

 根本的に自分の人生を生きていない人が、嫌なのだと分析。人の考え、権威、あるいは全体の流れに乗る人達が根本的に嫌い=軽蔑しているという事がどうもハッキリした。自分であまり自覚していなかったが、自分の人生を生きていない人達が、、、、、一番いけないのが、被害者意識で凝り固まった人達が一番嫌いで軽蔑していたのだと分かった。ある種、自分の近親者にいるのだが、、、、、、。

 被害者で生きると言うのは、常に「自分は悪くない、環境が、他人が、あの人が悪いから、、、、」と言う意識でいる人達。結局、自分の責任で生きていない。自分の人生を生きていない人達。これが、どうも鼻に付いていけない。それを、軽くイナス人としての幅が余りない。どうしても、嫌悪感が出てしまうのだろう。

 もっと、幅のある人格になるべき、、、、、ではあるが、それはそれで、自分で無くなるような、、、、どうも難しい。

 意外と、不快な事があると、最近は、、、、少し反省して、そして哲学的になるようで。。。。。。。。。。。

 まあ、そんな独り暮らしです。どうも、考えが甘いな~~。もっと、許容範囲が大きくなりたいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気持ちは走り始めています

 東日本大震災はまだまだ大変です。被災された方々にお見舞い申し上げます。3.11に茨城県の「いわき」にいらっしゃった方の話を聞きました。海岸沿いの火力発電所に営業で行っていたとのこと。事務所にあがるエレベーターを待っている時に地震が起こったとのこと。それからは、大揺れだったので、営業的には仕事が済んでいて、「レンタカーで帰ります」と言って、その火力発電所を後にした直後に、その火力発電所は津波で被災したそうです。3分違えば、、、、とおっしゃっていました。

 チョットした判断、チョットした時間の差で人の運命はゴロット変わるものです。そう、毎日を大切に生きる事こそ、最も大切なのでしょう。

 この間の日曜日は、忙しかった。朝の7時から先週草刈した畑を人力で耕す事をして、二時間。家に帰って、シャワーを浴びて、テニスに。テニスを昼までして、それからJさんの自宅で昼飯をご馳走になり、Jさんの畑に一緒に行って、無農薬、無肥料農業について簡単なレクチャーを受けて。そして実際の作業=草刈をさせてもらいました。スギナが畑に生えて困っている状態。根を枯らせる農薬があるのはあるけど、ここは当然人力で。単に刈ればいいだけでなく、根っ子も摘み取らないと、すぐに増えて来るそうで、、、、、、実に手間。農薬だとか肥料が要らない分、人の手でその分を稼がないと。しかし、その野菜の美味しい事。実に美味しい。そのうち、知合いにネット販売しようかと思うぐらい、実に美味しい。スナップエンドウは先日記事にしたけど、植わっていた韮(ニラ)の実にニラらしい味で、そして味が濃ゆくてそして、甘い。ニンジンの小さななものをもそのままカジッタけど、実にニンジン臭いニンジンで、、、、、不思議な食べ物でした。

 そういった不思議な感動のある野菜を作ってみたい。と、言う事で今週の土曜日に何とか苗を植える事ができるような畑に、するべく、頑張る予定。

 と、言うことで、この間の日曜日は、一日中外で遊んでいました。今週の土曜日もそうなる予感が。

 やれることをやろうとすると、必然的に時間が足らない。バイクに乗ってツーリングもしたい、畑もしたい、ヨガもしたい、テニスもしたい。ついでに本当は陶芸もしたい。もっと欲張れば、資格も取りたい、、、、、、、勉強もしたい、本も読みたい、料理も美味しい物を作りたい。料理の腕を磨きたい。掃除洗濯もそこそこコナシテ、住んでるアパートにはゴーヤが一株、シシトウ2株、レモングラスとオレガノ、プチトマトがそれぞれ一株。そんな家庭菜園もやって、その上、土を耕して、人の畑で無農薬・無肥料農業を学んで????これはチョット広げすぎかな?平日は当然仕事=サラリーマン家業をしています。

 年齢も49歳、そんなに無理は利かないが、、、、やりたい事は前向きに。インタビューしたい方には無理言って押し掛ける。考えて、実行に移す。前向きに。

 そんな2011年になりそうだ。せめて、来年お3月末までは九州にいたい。よし、頑張ろう。

 中小企業診断士に興味あり。チョットハードル高いか????

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョット痛い土曜日でした

 朝6:30ぐらいに起床。寒くて起床。前日(金曜日)は久しぶりに外に飲みに行ったので、朝食のパンを冷凍から降ろすのを忘れていて、メニュー変更。チャーハンにしました。それは、それなりに旨いのだが、、、、、、朝からチャーハンはヤッパリ何だか違う。

 朝食を食べて、掃除して、あれこれしていたら8時過ぎて、さてバイクツーリングの待ち合わせ場所にいざ、出陣。

P5140178  今日は単独で無く、若いT君(20台後半)と一緒。一路、山道を経由して星野村。気を使った運転をしてくれて、助かりました。彼は、JR九州新幹線全線開通の幻のCMにバイクの上に立って手を振っていた若者。その時のバイクは今日のバイク(お兄さんのバイクを借りてキテくれたようだ、私のスピードに合わせて)。ではなく、今日はオトナシイばいくとのこと。

P5140179  星野村の望遠鏡のある所までいったのだが、、、、、そこで、Uターン(山道=傾斜)をしようとして、やってしまいました、コケました。右ターンでコケて、メーター関連が多少ユガム事象。体は右肘と右膝にすりむき打撲。怪我の具合は大した事は無いのだが、コケた自分に結構凹む。もっと、素人らしく慎重になるべき。何でそんないい加減なUターンをしようとしたのか??????

 まあ、そんなチョット痛いツーリングも3時ぐらいには帰ってきて、、、、、さて、さて。クリーニングを知合いの店に出しに行ったら、何とその方が私のブログの存在を知っていた、、、、、。これまた驚き。私のブログを知った理由は、単純段なんだが、驚き。「バイク買ったの知ってますよ」と言われて、ブログの話を多少して、、、、、驚き。世間は狭い。

 まあ、そんな事で、チョコット痛い土曜日。一昨日の木曜日はヨガ=ジムに行って、筋肉痛なのだが、果たして打撲で痛いのか、筋肉痛の痛いのか?分からない。日曜日は朝7時前から畑耕しを試して、、、、10時からはテニス。午後はJさんの畑で手伝い。ウーン明日大丈夫かな?????

P5140180  夕食はどうしても「ウナギ」が食べたい感じで、イオンでウナギ弁当が30%Offだったので、それをいただきました。

 上がウナギ弁当。定価598円のところ、30%Offで418円。左下はトマトスープチキン入り。右下はゴボウの鳥ダンゴ入りキンピラ。下の二品は帰ってきて作った作品。

 たまには、弁当もいいか?

 それにしても、、、、、ウナギ弁当なるものを小学校6年生の時に新幹線の中で、当時800円だったと思うが(大変高価だったので、記憶している)、それを食べたのが始めて。その頃よりも安価になっていろうと言うのは、ヤッパリデフレ?と言うのだろうか?

 体が痛いので、今日は風呂に入らず、早く寝るコトとしよう。明日も色々詰め込んだスケジュール。楽しもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠すのに懸命?

 福島第1原発3号機(プルトニュム原料)がどうも爆発したらしい。よく分からないが、かなりヤバイ。プルトニュウムの半減期は約3万年。それが飛散すると、我々は永遠(とは言わない3万年?)に汚染された世界で生きないといけない(生きれるなら)。地上に逃げ場は無くなる。

 まあ、そんな深刻な放射能汚染数字はどこの測定器も示していないので、まだ大丈夫。

 東京電力社長(清水氏、元調達=資材担当だった人)が国会答弁で、「年金の減額は検討していない」など発言して、それに噛み付いた「菅首相」と言う図式。これは3号機の爆発を隠す為の狂言?政府の管理下に入れば、JALと同じく、年金は減額、あるいは廃止すべきもの。そんなコトを国会で答弁させられる清水社長も菅首相も役者やな。

 隠すべき事を隠すためには手を尽くす。バカなマスゴミはそれが「首を取った」ような報道をする。どうして、福島第1原発の本当の話をしないのか?国民がパニックになるから?逃げられない国民が暴動を起こすから?それは自分の保身?やっぱり、現在の官僚が牛耳る政府は信用できないな~。まっとうな政治家がリーダーシップ取るべきなのだが、利権でまみれて、「仕方が無かった」と言うのか?歴史としては?第二次世界大戦の敗戦と同じか?今度は世界が許してくれないが。

 マスゴミも菅首相も、保身はあきらめて、まっとうなリーダーシップの政治家=例えば小沢元幹事長にバトンタッチすべきでは?このままだと、、、、、世界大戦の敗戦状態になりはしないか?

 とっても、不安な状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうして心が温かくなるんだろう?

 九州新幹線全線開通のコマーシャルは、東日本大震災の為に、放映を取り止めている。しあし、このCMを見ると、九州の人々の明るさと、元気の良さに、とっても心が温かくなるのは、どうしてだろう?

 ぜひ、皆さんに見てもらいたいCM=テレビコマーシャルです。テレビを持たない私が勧めるのも何ですが、YouThubeにあがっています。http://www.shuku9.com/cm.html

 そうそう、昨日、雨模様の関西は奈良に仕事で行って来ました。昼飯時に、せっかくだったので、法隆寺前と言うJR駅で下車して、法隆寺門前のうどん&蕎麦や出昼飯を食べました。その梅うどんがこちら。

P5100173 梅干のスパさが出汁に意外に良く相、なかなか旨かった。右のご飯は、古代米の赤米を混ぜて炊いたご飯で、香ばしかった。法隆寺前のうどんと言うのも、おつでした。

 そうそう、法隆寺には入らなかった(小市民で、仕事中に観光はできない)のですが、門前まで行ったので、修学旅行生が門前に集まっている風景を一枚。法隆寺前の正面の門には、やはり、仁王が二人チャンと門番をしていて、一方は口を開き、一方は口を閉じ、そう「あんうん」でした。それは、それでお決まりで、古からの流れを感じました。

P5100172  修学旅行の中学生を見ていて、自分にもそんな時期があった事を思い出しました。

 雨が降らずに、蒸し暑い初夏といった感じでした。そこに熱いうどんを食べたので、しばらく汗が干かずに、往生しました。

 今度は中まで入って参拝したいものです。元、奈良に住んでいた者としては。学園前には行かないな、、、、、仕事でも。まして、住んでいた千代ヶ丘は、、、、遠いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無農薬、無肥料農業

 知らないというのは実に残念なことです。これまで49年間生きてきて、無農薬は知っていましたが、無肥料農業と言うのを知りませんでした。無農薬、無肥料野菜がこんなに美味しいなんて?

P5080169 今日の夕食です。お肉(国内産豚肉のバジルソース焼き)は半分以上食べてからの撮影で、申し訳ありません。写真に写っているのは右上が根菜味噌汁、右下は大根と厚揚げの煮物。大きなお皿にキュウリの下にあるスナップエンドウ、これが今日のメインディッシュ。薄い塩水で湯がいただけで、こんなに美味しいスナップエンドウ、いやこんなに美味しい野菜は食べた記憶が、、、、、、感動です。

 ちなみにフォークの右上にあるのは、冷凍しておいたエノキ茸のバター炒め。それにしても、無農薬、無肥料がこんなに美味しい野菜を育てるとは?育てて、収穫した方=Jさんの許可を得ていないので、ここで公表は致しませんが、関西地方(京都)では宅配便でこの手の野菜が手に入るとか、、、、、。さすがですね。体にいいとか、そんなことでなく、純粋に美味しい。

 と、いう事で、来週日曜日に雨でなければ、テニスの後に、Jさんの畑を少し手伝わさせていただくことになりました。楽しみ。知らないことを知るのは、実にワクワクする。

 東日本大震災で被災した福島第1原発に関して、副島隆彦先生が熱い意見をブログに掲げていた。一読の価値ありと私は思う。http://www.snsi.jp/

 そんな、日曜日も終わろうとしています。元気に過ごせて、感謝。神に感謝、家族に感謝、そして関わった方々に感謝。明日はお出かけ。

 何か、無農薬、無肥料の野菜を食べたら、人の世の出来事が、少し良く分かる気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もしかしてパワースポット?

 念願の、そして思い出の阿蘇、大観望に行って来ました。もちろん、Bigバイク=愛車のXJR1300で。

P5070163  ちなみにセルフタイマー撮影です。久しぶりの阿蘇。青春を謳歌した阿蘇です。

 過去に同じシーズンで、阿蘇高岳の頂上岩の上から、足をブラブラさせながら水を張ったばかりの水田に雲が映る風景を多分21歳ぐらいに観たのですが、それと良く似た風景が今日も観れました。

 チョット雲が多いですが、そこはご愛嬌、実に素晴らしい景色でした。

 菊池渓谷から上がり、大観望まで気持ちよく走り、それから小国に抜けて、鯛尾金山を素通りして、矢部と言う地名で地元蕎麦をいただき、熊本方面に向い、三加和温泉で一風呂浴びて、帰って来ました。

 本日の走行距離204Km程度。ガソリンは12リットル使ったので燃費は17Km/リットルでした。山道多かったので、こんなものかな?もう少しいいかな?とは思っていたが、、、、、、。まあ、趣味の世界なので。

 P5070168

八女市の矢部で食べた「まんどき蕎麦」がこれ。うどんのように太い蕎麦麺で、チョコット甘口のお出汁。右下の漬物みたいなのは、煮物でゴーヤの煮物。蕎麦も地方色あって美味でしたが、煮物もなかなか旨かった。

 この後、この周辺で雨が降り出し(大した雨ではないのだが、、、、、)、星野村に寄って帰ろうかと思っていたのだが、あきらめて、熊本法方面に下った次第。

 大観望はバイクの集う場所。すごい本格バイクがキレイに揃っていました。それ以上に、大観望の上の気持ちのいい事。もしかして、ここはパワースポット?かな?と思ってしまった程。何か、小さな悩み事は吹っ飛ばしてくれる場所のようでした。

 ちなみに、バイクの運転は、まだまだ。まだ恐々運転中。とても、他の人とツーリングできるレベルに無いと痛感。しばらくは、独り、自分のペースで、出掛けることとしましょう。

 それにしても、思い出の地だけあって、気持ちは20台。なんか、若返ったツーリングでした。

 次ぎは、星野村だとか、鹿児島だとか、別府だとか、宮崎だとか、、、、、行きたい所は、一杯ある。やれる時に、やっておこうと思う本日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写楽展

 ゴールデンウイークの一つのイベントとして写楽展に行ってきました。その時のチケットがこちら。

Photo

 ある意味、海外に流出したおかげで残ったのかも?日本のコレクターが持っていたら第二次世界大戦で大半は焼失したかも?

 シュルレアリスムを見た後だけに、日本の浮世絵がいかにすぐれているか?が、、、、、、身にしみる気がするのは私だけだろうか?

 しかし、写楽はやっぱり謎だな、、、、。ついこの間の江戸時代の話なのだが、人の世のすること、謎めいている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクのリスクで考える事

 戻って来ました。九州・福岡。単身赴任です。4月28日晩~5月4日夕方まで自宅で、家族と過ごしました。ヤッパリ、家はいい。安心できるのはいい事です。

 約一週間家を空けるので、バイクを預けていました。預かってくれる方がいるのが、実にありがたい。預かり先からバイクに乗って帰って気ました。一週間ぶりにバイク、愛車=XJR1300にまたがり、すこしドキドキしながら帰って来ました。どうしてドキドキするかと言うと、車専用道路で80Km/hで走ると、結構振動と風圧で、、、、、たかが80Km、されど80Km 高速を走るのはまだ少し先かも。

 コーナーをろくすっぽバイクを倒して曲がれないし、そんなリスクは担げない。そう、年齢もあるが、もし、万が一、コケでもしたら、と思うと昔にみたいな乗り方はできない。昔はある種無謀だったのだろう。リスクの大きさを計れなかったと言うほうが正解かも。

 若気の至りと言うのかもしれないが、、、、、、、原子力発電関連の事故だけは若気の至りはマズイ。後世=3万年に渡る半減期で、我々の、そして人類の子孫にドンだけのリスクを負わすことになるのやら。その辺り正確に評価してもらいたい。今後、建設する世界中の原子力発電所とその核燃料のリサイクルについて。

 バイクのリスクは個人のリスク。万が一他人を傷つける事があっても保険で賄える大人としての処世術が成り立つ。しかし、、、、、、原発はその保険すら引き受けてくれるレベルに無い。つまり、そんなリスクを計れない事は大人として、社会人として行ってはならないと言う事が今回の福島原発ともんじゅで分かってきた。

 京都大学の小出先生が、人生を掛けて訴えてきた事を、地震国日本が身を挺して世界に訴えていかなくてはならない。果たして、本当に福島第1原発ももんじゅも終束するのはいつなのだろうか?

 オサマビン・ラディン殺害の今の発表は何を隠したがっているのか?アメリカは?まさか日本の原発事故ともんじゅの行く末が余りに悲観的で、、、、、それから目を逸らそうと言う戦略では無い事を祈る。もっと他の事象に対する戦略である事を。

 それにしても、現代の事象はまさに「複雑系」で、どこでどんな相互作用が働いているのか、評価し難い。

 もっと分かるようになりたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »