« 2011年の占い Ⅳ | トップページ | 自炊と自炊 »

2011年の占い Ⅴ

 フェイスブックと言うSNS(ソーシャルネットワークサービス)が話題になっている。基本はアメリカ発のネット上でのもので、現在、6億人が登録しているとか、、、、、。このサイトは① 言語は英語、② 実名での登録、当然社会的属性(住所だとか、勤務先だとか)も登録必要。

 この実名と言うところが、アメリカらしい。日本の個人情報はダダ漏れなのに、色々な会社は個人情報管理にものすごい神経を使っている。費用対効果を余り考えていない処置であると言える。

 個人情報ダダ漏れの一つに、卒業名簿がある。その他の名簿も実に多く流れている。その反面、義務教育過程でのクラスの名簿すら作れないと言う事実もある。どうも、日本社会は過剰反応し過ぎるキライガある。

 さて、フェイスブックを語るまでも無く、また、「日本語が無くなる日」と言う書籍で語るまでも無く、英語圏は益々増えている、増殖している。これはアメリカが凋落し、落ちぶれても、この現象はしばらく(100年単位)なくならない。

 プロモーションを考える場合、日本語のプロモーションでは日本語の分かる人にしか伝わらないと言う事。今後、日本は人口減少、経済成長も望めない。まして、急速な高齢で、社会構造が「低消費」社会構造となってきている。今後、伸びて行く企業、成長を目指す企業は、BRICsに代表される人口増加、高成長国を商売相手に目指さないと、、、、、、。それには、やはり英語でのプロモーションがどうしても必要となる。

 楽天やユニクロが英語を社内で推進しているのは、よくニュースになるが、実際、海外ビジネスを目指す場合はどうしても、英語に慣れ親しむ必要がある。そんな、事があたり前になる起点の年が2011年かもしれない。

 一時期、資材&購買と言う部所が、色々な物を購入するのに入札を導入したことがある。また、公官庁での購入は形外化しているとは言え、入札制である。今後、英語と日本語の併記の入札が行われる可能性は高い。そして、しばらくすると、英語表記だけの入札も?そうすると、中国やインドメーカーが応札する可能性も無いとは言えない。

 まあ、IT技術は色々な壁を簡単に乗り越えてしまう。私が現時点で考えている事以上に、大きな広がりがあるだろう。ハーバード大学だとか、その他の有名大学の講義は現在ネットで見る事ができる。記録としてもすごいが、それ以上に、英語を使いこなせる人の情報取得機会は劇的に変化している。

 インドでは政府主導で20US$=1600円PC開発を行っている。用はネットに繋がれば、教育の機会が増えるといった考え。スマートフォン、タブレットを始めとして、これまでのPC概念ではない商品がどんどん進んでくる。そして、英語言語での情報はすさまじい勢いで増えていく。クラウド化、スマートフォン化、タブレットPC化など、色々これらの技術で語りたいことはあるが、いずれにしても、日本語だけにこだわっているのは既に、それだけでガラパゴス化していると言える。

 ゴルフの石川遼が注目されるのは、世界で戦って、好成績をあげるから。ワールドカップやアジアカップのサッカーが皆が注目するのは、世界で戦う日本選手がいるから。そう、日本だけで、何とか済まそうと言う時代では無くなったと言う事。それをどこまで深く受け止めるかは、今からの日本人に問われる事となる年になりそうである。

|

« 2011年の占い Ⅳ | トップページ | 自炊と自炊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/50726374

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年の占い Ⅴ:

» TSUTAYA ガラパゴス [新聞を読んでもわからない人のための最新ニュース]
<お買い得情報> 一度食べたら病み付きです!超うまいっ!フロム蔵王楽天市場店へGO! 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、上記商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で2000円分のお買い物ができる楽天カードの申込は下記をクリック!! 楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント中! -------------------------------------------------------------------- 【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベルの格安旅行情報はこ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 01時18分

« 2011年の占い Ⅳ | トップページ | 自炊と自炊 »