« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

安易に妥協?

 なかなか難しい問題ですが、妥協点をどこにするか?

 私はプロフェッショナル意識が生まれたのが30代後半だと思います。自分のする仕事に責任と妥協しない点を設けだしたのがその年代だったでしょうか?

 遅いといえば遅い。何に付けても遅い。奥手と言えばイイのかもしれないのですが、どうも目覚めが遅いみたいです。

 さて、、「プロフェッショナルとは?」と言う質問を茂木さんがNHKのプロフェッショナル番組で質問しますが、、、、、色々な回答があるのは承知で言えば、妥協点だと思う。その妥協点が自己満足(勝手に妥協する)点だと考えています。

 最近、元部下がやった仕事がまさに、その「自分は取り合えず頑張った、もう時間がないから、この程度で。」と言う問題に直面した。明らかに、足らない努力、何も人の心を打たないプレゼン資料。そんな、余りに適当な、いい加減な資料を作成して、それで自分で妥協する若い人がいた。私なら、絶対妥協できないレベルであったが、「元」部下だから、、、、、現上司がOK出してしまえば、、、、どうにもならない。

 そんな結構苦い事がありました。それは、明らかに私のレベルから言えば「プロフェッショナル」な仕事ではない。でも、よく考えれば、ほとんどの人はこんな自己満足のレベル「頑張りました」と言う話が多い。それはそれで、、、、、、、言いも悪いもそんな物だろうが、、、、、個人的には「それがプロフェッショナル?」と言いたい事が余りに多い。

 実に情けない。それも妥協か???????

 こんなのが結構ストレス。自分の力の及ばない情けない事が、結構自分が情けなくなりストレスとなる。

 ストレスが掛かると、太るので、、、、、、ストレスは、不要です。現在、頑張ってダイエット中。結構お腹が空いていることが多い。耐えるのは嫌い、何とかうまくやり過ごしたいものです。ダイエットは、、、、、やはり大変。本日の体重は、、、79.6Kg(トイレ前)。結構頑張っていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の記憶

 人の記憶というものは、基本ビジュアル。英単語であっても、スペルで意味だとかシュチエイションだとかは覚えない。基本ビジアルである。

 色々覚えないといけないことが多いが、、、、、覚えるなら映像=ビジュアルとして覚えると、覚えがいい。だから授業なのだろう。授業などほとんど受けなくとも、算数だろうが、英語だろうが、まして、社会や理科など、覚えるコトはできるはず。最近、それに気付いて、ビジュアルで覚えるようにしている。

 例えば、統計的なものなど。半導体の順位など、その売上の数字。あるいは物の物性など。これは数字で覚えようとしても、無理。

 例えば、曲げ強度の数字など。これは曲げ強度測定試験片を思い浮かべ、そして、それを破壊試験(三点曲げ)試験をしている光景を思い浮かべる。そこで、強い材質、弱い材質。曲がってしまう材質など、、、、、。そうすると数字に意味が出てくるので、覚えやすい。無味乾燥な数字であっても、こうやって、映像化=ビジブルすれば結構頭に残る。まあ、単独でなく、色々な物の比較がいいとは思うが。

 昔、豆腐の角に頭をブツケテ死んジマエ!と言う言葉があったが、その言葉の映像として思い浮かぶから、「記憶」に残るのだろう。「そんなバカな」と言う映像が頭に思い浮かぶ。

 覚えた映像が狂えば、記憶も狂う。そう、記憶=映像などは実にいい加減。まあ、それが人間らしいのだが、、、、、、最近は映像で個人でも容易に記録できる事が、、、、、果たしのいいのやら。

 まあ、そんな事を最近考えています。そういった意味では「記録術」と言うのも目を通すべきかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実に旨い

 最初にお礼を。家内とカブの生産者と販売=柴原商店殿にとにかく、感謝。

 カブをサラダにしました。実に旨い。キューピーのシーザスサラダドレッシングも美味しいのは言うまでも無いのだが、カブが実に微妙に、旨かった。

Sn3k0152 カブとトマトとキュウリのサラダ。実は、この映像はお代わりの映像で、一杯目は既にいただいた後で、余りに美味しいので二杯目です。

家内のレシピに従って、グラグラに煮立ったお湯に、厚剥きして、櫛型に切ったカブを投入。20秒と言われたが、カブが多く、煮立ってこなかったので1分。

次にそれをザルに上げて、しばらく放置。でもお腹が減っていたので、触れるぐらいの熱さ=50℃ぐらい?にしてレンジで50秒(家内には20秒と言われたが、量が多いので)。

 粗熱をとって、食べやすい大きさに切って、サラダに。これが実に美味しい。

 葉も付いていたので、それは油揚げと煮びたしにするつもりだったが、、、、、、油揚げがイマイチの物しか近くに売っていなかったので、厚揚げを薄く切ったもので代用。酒とみりんと、白だし、醤油少々で味付けしたら、これも美味しかった。しかし、サラダのカブが旨かった。

 そんな幸せの単身赴任独りの夕食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結構気分は観るもので左右されるんだ~

 映画「ハンニバル・ライジング」のDVDを観ました。あかんな~暗い映画は。暗くなる。今週号の「週刊金曜日」に本多勝一さんが「戦争と呼ばず、侵略とすべき」と言うコラムを書いていた。殺される側は「ライオンに食わせ」(ローマ時代)られようと、原爆の放射能で殺されようと、殺される側にとっては「殺される」と言う一点において「同じ」と断じている。

 まさに、その通り。これまで、銃で殺されることも、爆弾で殺されることを「殺す側」は同じと言っていはいない。しかし、殺される側に取っては、同じである。また、その家族にとっても、、、、同じである。そこで「ハンニバル」に繋がるのだが。

 侵略と言う行為からは、「生産的な」とか「文化的な」とか言う事象は生まれない。侵略からは「戦争」が導き出され、「侵略戦争」には「侵略する側=殺す側」とその反勢力としての「侵略される側=殺される」側が確かに存在する。

 何とも難しい。人類の歴史は戦争=侵略と侵略されることが、歴史と言えば歴史。

 まあ、能天気に自動車学校など通っている私が言う事では無いのかも知れないが、今でも侵略戦争は起きており、そして、理不尽な殺害は起こっている。殺害だけでなく、理不尽な心の傷、身体的傷は起こっている。

 とっても、今日は心がササクレテイル。こんな気持になるのも、映画=DVDのせいしら?困ったものである。人の心の闇は、、、、、、実に深い。そう、バイオハザードXと同じ様に、「悪魔」は誰の心の中にも居る。その悪魔=野獣の心をいかに飼いならすか?それが、、、、、、文化と呼ぶのかもしれない。

 今日は闇が深い。

 明日の午後から天気は下り坂。雨でもヨガに行く予定。カッパ着て、自転車で。

 さて、バイクはどうしたものでしょう?12時間は乗らないと検定受けれないのだけれど、3時間乗りました。あと9時間。来週は月曜と水曜の二回だけの予定。なかなか上手くならない(上達が遅い、頭と運動能力が摺り合わさっていない)。バランスも悪いし、ウインカー出すとか、ギヤーを二段にするとか、三段とか、、、、、体と頭がマッチしていないのである。これは、やはりアラフィフ(50歳ぐらい)のせいかもしれない。

 まあ、年齢は嘘を付かない。それなりに、老化しているのだから。

 明日は、DVD返して、バカ陽気なビデオを一本借りてこよう。気分変えないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月末の今週の出来事

 個人的な動き。

 自動車学校で始めて実技を行う。大型二輪。反射神経、体力がやはり20台の頃に400ccのバイクを乗っていた頃とはかなり違う事を実感。

 月曜~木曜 4日間 お昼は弁当。弁当男子になる。

 土曜日 体重79.6Kg 体脂肪27.8 これまでで一番軽くなった。

 火曜 テニス教室。3月15日が最終日。チョットは上手くなった?感じがするのは、、、、、、まあ、チョットだけ上手くなったハズ。

 先週日曜はヨガ。結構、続けている。

 木曜は終日会議。

 土曜の夜は映画 「バイオハザードX」と「I am Legend」 をレンタルビデオ(DVD)をPCで観る。I am Legend の映像は夢にまで出てきて困った。久しぶりに見るビデオは結構いけるかも?成人向けビデオには興味は無い。あと、娘が死ぬ映画=例えば「世界中(世界の中心で愛を叫ぶ)」みたいなのは、ダメ。泣けて困る。あと、恐いのもダメ。ひたすら馬鹿らしいアクションか、心理物がいい。

 こうして今週を振り返ってみると、結構学生みたいな生活。自動車学校、ヨガ、テニス、DVD映画。これだけ取り上げると、まさに学生。しかし、これも通勤時間が10分だという事が大きい。都会は、ひたすら通勤で体力と時間を使い果たす。ヤッパリ田舎の生活はいい。

 ちなみに、最近の料理でVery Goodなのは、オムレツ。ベーコンやソーセージを小さくして先に軽く焼く。その上に卵+牛乳+ワイン+白胡椒を溶いたものを掛ける。ふたをして弱火で4分ぐらい。ふっくら美味しいオムレツが出来上がる。弁当に入れてもよし、パンと一緒に朝食にしてもよし。

 ちなみに今週の朝食は自分で焼いたリーンなパンでした。と、言う事で、金曜の昼食の買い弁以外は全部自分で作っている。これも画期的な事。我ながらやりすぎといった感じ。あまりやりすぎると、、、、、続かない。

 そんなコトで、土曜はお惣菜造りに専念。夕方はまたもや自動車学校に大型二輪を乗りに行く予定。これは自転車で15分。

 18歳の時に始めた一人暮らしを48歳で追体験中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PDCA?

 PDCAて知っています?Plan Do Check Action これって企業ビジネス的には結構使われる言葉です。内容は、、、、、、、、Plan 計画を立てて、その計画通り行い、そしてCheck=レビューとも言います を行い、Action=修正行動を行う。こんな内容ですが、、、、、、、言葉は知っていても、やれる人は成功者です。

 そう、私の場合で言えば、昨年12月には体重は80Kgを切っているのが目標でした。ちなみに、先日-0.2Kg切って、写真を載せました。なんと遅れる事2ケ月以上。途中でAction = 修正行動した?もともと計画性の無い私。

 PDCAを回せる人はすばらしい。僕はPDCA何てあたり前と言う=建前だけの人がたまにいます。その人は、、、、、、、?

 面白くない人です。そして、人間らしい人とは、PDCAなんて唱えない人です。恋愛自身がPDCAだと、、、、、そもそも恋愛は成り立ちません。そして、ビジネスもPDCAなビジネスには情熱なんて持てません。PDCAを回せるビジネスにはイノベーションが無いビジネスですね。タマにPDCAと言う建前を言う自分が嫌いです。

 で、PDCAに関連して言うのですが、企業には予算と言うものがあります。予算とはおおよそ、入りと出を計画するということ。入りが減ると、出を抑えようとします。でも入りが予想より多い場合は、出を増やそうとはしません。いつでも出を抑えようとします。とにかく稼ぎ(利益)がいいのはいい事だ!と皆さん言います。果たして、幸福感の無い、情熱の無い、達成感の無い、稼ぎ(利益)はそんなに楽しいですか?個人事業だと、頑張って稼いだら、ご褒美を自分にしようとするのが、人間らしい幸福感です。企業組織になったとたん稼ぎが多くとも、出を押さえるといった組織が多いのには、、、、、、目を背けたくなる感じです。

 今の日本の企業は、人を雇いません。そして設備投資もしません。そして、人をやたらと解雇したがります。まして、団塊の世代の雇用を守ろうとする余り、現役の給与を上げず、新入社員すら余り雇わず、そして、、、、何を目指すのでしょうか?今の日本はホント、萎縮しています。団塊の世代が実験を握っているから、なおさら、、、、、、。何ですね。

 PDCAは結構です。日本の社会もできればPDCAで回してもらいたいものです。今の政治も、企業経営も。建前で無く、本当の部分で語って、行動してもらいたいものです。そすれば建前のPDCAは、、、、、、、嫌いなPDCAは無くなると思うのですが。

 ドラッガーは「イノベーション」を重視しています。イノベーションは絶対に計画通りには行きません。だからイノベーションなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の技術と生き残り Ⅱ

 レコード針から、磁気テープが開発され、それからビデオテープに。そして、FDD、HDD。また、光はCDから、MD、DVD、ブルーレイと来ています。

 FDDを発明したのは本当かどうかは、定かでないが、Dr.中松だとか、、、、。物にしたのはIBM。FDDの発展形がHDD。HDDのヘッドはMRヘッド⇒GMR⇒TMRと進化を遂げている。この当たりの発展に関してはすべて日本で行われている。記録密度をいかに上げて行くかが競われており、1inch角にどれだけ記録できるかで表記される。現在、800Gが試作だそうである。

 HDDのヘッドはTDKと日立(IBM買収)が日系であるが、シーゲイトも強いようである。セットメーカーはこれらのヘッドを購入して(垂直生産もあるが、、、、、、そんな時代ではないようです)、HDDパッケージとして組み立てている。(以下引用)

2010年の世界でのハードディスクドライブの出荷台数シェア[11]は次の通りである。

Western Digital 31.3%

Seagate 30.3%

HGST 17.2%(日立)

東芝 10.9%

Samsung 10.3% (引用終わり)

 まあ、日立も生産はほとんどUSAのようだから、日系と言うだけなのかもしれないが、水平磁気記録から垂直になったことで、飛躍的に記録密度は高くなった。それは東北大学での開発であったそうだ。

 光ヘッドもLDを使ったものを最初に商品かしたのはそソニーであり、その発展形のブルーレイディスクもSonyが中心になってまとめた技術である。

 日本はなかなかいい技術を世界に先駆けて開発している。こういった技術=文化土壌があるのは、大したものである。しかし、その生産となると、圧倒的に安い人件費の国に行ってしまう。日本人の雇用には、、、、残念ながら貢献しない。困った現象である。

 昔、昔、MRヘッドの前、MIGタイプのヘッド生産治具(道具と行った意味)に関わった事があり、当時から見ると、サラリーマン人生での変貌に驚く。短期間の内に、これだけ変わるものだと感心する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つくづく、、、、

 仕事のタメの仕事。目的を失った書類、意味が分からなくなった行為。それでも人間は仕事だと言って、何だかんだと言いながらお勤めになるわけである。

 例えば、Aと言うものを作って売る一連のメーカーの目的は、Aを喜んで買っていただく「顧客(お客様と言った方が私は好きなのだが、、、)」から代金=お金をいただく行為が目的(=これが利潤追求と言われる民間企業の生業)だとすれば、他の色々な行為が、全てそこに集約されなければ「効率的」とは言えない。

 無駄が大好きな人間のやることだから、目的から逸脱するのも仕方が無いかとは思うが、、、、、、その逸脱した行為が度を超すと、若い人の給与は上がらない、なぜなら「仕事の為の仕事」を作り出している団塊の世代と、団塊の世代前の人達がいる。若い人がどれだけ組織の中で努力しても、給与は「仕事の為の仕事」をする連中に吸い上げられている。最近ではあの手この手で「仕事の為の仕事」を増やしている。例えば、内部統制だとかコンプライアンスだとか、、、、、。

 単に税金や年金、健康保険で搾取されるだけでは足らずに、、、、給与でも搾取される若者よ!巡り合わせが悪いとしか言いようがないが、、、、、。実社会の年寄の半分以上は尊敬には価しない。ハッキリ言えば「ダニ」に近い寄生虫、いやいやそんな生易しいものではなく、「タカリ」である。それを意識することも、憤どうることもしない若い人が実に多い。

 今日はチョット過激か?でも、これが世代搾取である。何ともやりきれない。本当はもう少し具体的に書きたいのだが、、、、、そうもいかない。しかし、コンプライアンスも内部統制もアメリカから言い出した(グローバル化?)事なのか?経緯は不明である。そのうち調べよう。しかし、世代搾取はどんどん明確に進んでいる。

 今日は色々考えることの多い一日であった。

 そうそう、19:00~21:00(2時間)までテニスも行きました。

 血の巡りがイイので、過激になったのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リバウンド?

 体重計に今朝乗ると、、、、、80.4Kg。少し割り引いても、80Kgは切れていない。リバウンド?思い当たる節がほとんど無い。減っている可能性が高いと思って乗った体重計なのに。

 やっぱり、頑張ろう。野菜中心。そうか、昨日は鳥のつくね(鳥ダンゴ?100g相当)鍋と、塩さば焼きと二つ動物性タンパク質があったからな、、、、、。何か厳しい。痩せると言うのは実に難しい。

 さて、本日は雨。カッパを着て自転車で出社。寒い雨は結構大変。それにもまして、自転車のドロよけが不十分で泥はねが起こるのが、、、、、、困るのである。

 昨日はヨガ+筋肉トレーニングを行っているのだが、、、、、多少筋肉通あり。多少期待したのだが、見事に体重計はOver。

 明日から少し、テンパッテいる理由の行事がある。寝坊しないようにしないと。

 平穏な経済状態はなかなかいい。いつまで続くのかが心配であるが。しかし、経済活動は何となく低調な感じがするのは私だけだろうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の技術と生き残り Ⅰ

 今度は日本の技術を紹介していこうと考えている。まず最初に、ヘッド。
 古くは蓄音機、レコードプレーヤー。そして、光ヘッド(CDやMD、DVD、ブルーレイ)。磁気ディスク=磁気テープ、FDD、HDD。

 古い話で若い人は知らないのかもしれないが、CDで音楽を聴く前は蓄音機⇒レコードプレイヤーであった。レコードプレイヤーは溝に刻みが入っており、その刻みをサファイア、ルビー、ダイヤモンドの針で読むといった実にアナログ的世界。このアナログのレコードプレイヤーが現在のCDと変わらない音質を実現でき、高度に音楽を再現できると言うのは、にわかに信じがたい現象であろう。誰がどういっても、レコードプレイヤーは一時代を築いたことに、なんら変わりは無い。

 さて、レコードプレイヤーと平行して磁気テープが普及した。磁気テープはアナログでの音楽から始まり、次にビデオデッキに移行し、大容量記録メディア=バックアップとししての存在は現在でもある。この磁器テープの技術もすごいが、、、、、、順次、順繰りに話を回して生きたい。

 磁器テープが全盛だったころに、FDD=フロッピーディスクが登場し、続いてHDD=ハードディスクが登場した。現在でも大容量記録メディアとししての地位は高い。

 さて、HDDの先にになるのか、平行して存続するメディアになるのか分からないが、フラッシュメモリーと言うものもある。次にPRAMだとかRDRAMといった半導体素子型記録メディアも控えている。PRAMはサムソンはまだ研究しているようだが、エルピーダはさっさと開発を止めた。RDRAMは次世代として期待されている記録媒体である。

 記録媒体と一口で言っても、これだけの種類があり、それぞれにストーリーがある。そのストーリーを語ってみたい。全部日本の技術。

 そして、日本の技術の種類としては、記録媒体の次は、光関連(白熱球、蛍光管、有機EL、LD、LED、蛍光体、レーザー、CCD、COMS、赤外線センサー、光増感素子、(気体、固体)レーザー発信機、)などなど。語りだすと沢山ありすぎて、、、、、。まあ、ボチボチ語りましょう。

 そんな分けで、本日分はレコードプレイヤー。レコードプレイヤーの針にはダイヤモンドが使われるのが、今では主流。そもそもレコード針自身が主流から、遥か遠のいているので、何が主流だと言われそうだが、、、、、。レコード針を工業的に生産している会社は世界で私の知っている限り、1社。他に工房的な所で作られているようだが、詳しくは知らない。
 ダイヤは先端数μmのSR(球状な形をしてる、決してピン角ではない)をしており、その先端を加工するのは今でもアナログ的な世界である。ダイヤを加工するとなると、思い浮かぶのはレーザーだとかダイヤに対してダイヤになるが、そんな物は使わない。詳しい加工方法はココでは述べることは差し控えるが、摩擦熱だと言うこだけを伝えておきたい。ダイヤモンドに下穴を孔を明けるのはレーザーだが、その穴を仕上るのは、摩擦熱。ダイヤモンド先端を仕上るのも摩擦熱。
 その技術がレコード針だけでなく、ガラスを切る装置にも使われている。液晶用ガラス切りを製造してメーカーは世界で2社。レコード針も液晶ガラス切りも日本のローカルメーカーである。決してハイテクな世界ではないが、日本の技術を支える大切なメーカーであり、技術である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと達成!

 やっと、やっとです。昨日、何かの加減で、一瞬79.9Kgが出たのですが、、、、。そう体重の話。本日は、昨日の節制も手伝ってか、79.8Kgとしっかり出ました。これで、大型二輪の免許取得に行けます。

Sn3k0149 馬鹿らしいことをしてますが、、、、、しかし、70Kg台に体重がなったのは、何年ぶりかしら?少なくともここ5年は80Kg以上でしたら。

まあ、目標が低いと言えば低いのですが、それは、一つのベンチマーク、一里塚ですから。

次ぎは、77Kgを切って、晴れて大型バイクを購入しましょう。さすがに自転車での行動範囲は、チョットストレス。せっかく九州に住んでいるのに、色々な温泉にも入りたいし、久住連山も行きたいし、、、、まあ経済的に許せばですが。なんとしても、あと3Kg。

 そうそう、もうすぐ春です。暖かくなれば、バイクもいいのです。寒い冬は厳しいですが、春からは鉄の馬にまたがり、、、、、なかなか中年男の夢としては小さいですが。

 と、言う事で、本日も頑張って、ダイエットに励みましょう。

 世間の話題から遠のいていますが、テレビ無し。まあ、しかし、新聞は読んでいるので。経済問題が波風立たずに、静かな湖面の様相ですが、まあ、それはそれ。心配ばかりしても仕方が無い。株もかなり損切りしたし、、、、、。そう、結局株では儲かっていないな、、、、、、。資産運用とか言う資産と言うほども無いから。まあ、中古バイクを買うお金ぐらいには、なろうかと。とにかく、元気であれば、何とかなるさ。 

 昨日、肩こり、首コリから軽い頭痛になっていました。PCも本も何しても、首からが痛くて。銭湯に入りに行って温めたのですが、なかなか。そんな事を家内と話して、痛み止めを飲んで見ました。効きましたね。本日は軽い。軽さをさらに進める為に、午後からはヨガに行く予定。天気も何とか曇りをKeep。雨さえ降らなければ、自転車である程度は行けますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日届きました

 どうだっていい、たわいも無い話題。ソファーが届きました。

P1000002 この写真だと色がイマイチ分からないので、もう一枚。

P1000003立て横修正ができないので、横向きに。色はベージュ。真っ白ではないので。鏡越しに見ると少し白っぽいが、、、、、。2Pとは言え、結構な大きさ。まあ大きさがないと、座り心地は生まれない。

 そんな分けで、少し快適に、そして少し文化的になりました。このソファーの上に掛けるラグが要るのですが、、、、、まあ、そのうちに。

 2月に入って、旧正月(春節)だとかで経済活動はイマイチ動きが悪かったようですが、週明けから動きが出そうですね。バンクオブアメリカ(バンカメ)破綻は2チャンネル的噂で囁かれていますが、本当の所はどうなんでしょうか?実態経済はBRICsの旺盛な需要に引っ張られて、右肩上がり。10-12月の決算発表が出ていますが、のきなみ製造業は好成績ですね。しあしな~日本の雇用が拡大しない。どうしたモノやら。

 昨日、「電池覇権」大久保隆弘著、東洋経済新報社 電池覇権 ―次世代産業を制する戦略を読み終わりました。どこの業界も、そして大きい業界、大きなマーケットであれば、あるほどグローバル化、世界を相手にしなければ生き残れない。日本のマーケットは世界の5%。

 半導体敗戦を読んだ後だけに、なかなか厳しい。ヤッパリ団塊世代のオジサン、いやいやおじいさん達が大きな敗因を作ったと言える。そして、「売国奴」と言われる技術を売りに、、、、、。日本のエンジニアは実に恵まれていない。サイエンシストも同じだが。だから流出して良いと言うワケではないが、、、、、、。この当たりの事は別の機会に。

 しかし、大きな流れとしては、日本凋落の法構成は止められないかもしれない。この話題も別の機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連絡ありました

 連絡がありました。さすが、日本社会。明日13:00~14:00の間に届けるとの話。何を?そう、一昨日書いたソファーの件です。届くのです、文化的生活のアイテムが、テレビの無い我が家に。

 まあ、ソファーが実際に届いてから、、、、、写真でもアップしましょう。ソファーベットといかに違うか?そんな比較はできないのですが、、、、、。

 本日は輸出管理(外為法)のセミナーに行って来ました。実に真剣な、真摯な話で、それなりに為になったのですが、実は人の作ったルールの説明で、、、、、。実に複雑な、そして実に、、、、、。(言ってはいけない単語。)

 法律と言うのは面白い事が分かりました。日本だけなのかも?しれませんが、、、、。法律(国会で作る)があり、政令があり、省令があり、、、、、、。枝葉を作る事で、官僚の存在感は増すわけで、、、、、、。法律の下の政令、省令を公務員である官僚が結構勝手に作っている事実が、、、、、。こんな事を書くモンではない。ヤバイ、ヤバイ。

 と、言うセミナーを受けて、アメリカの意向、そしてアメリカの覇権、そして官僚の覇権を実感した次第です。いいのかな?こんな事で。

 さて、そんなコトをやっている中、電池覇権(大久保隆弘著)を読んでいます。自分の所属する業界を重ねながら、、、、。小さな業界なんですが、半導体、LCD、LED、電子デバイス、そんな業界と同じく、キャッチアップを受ける業界で、、、、、、。どうないといけないのか?それが良く見えました。そう、業界再編に動かないと、、、、、、果たしてどこまでできるかな?自分の所属する会社すら変えれなくて、業界再編は、、、、、、、。そんな自虐的なコトを考えていると、幕末の高知の武市半平太みたいな、、、、、縮こまった考えに陥る。

 しかし、日本は負けて来ましたね。造船、鉄鋼、半導体、液晶、リチュームイオン電池、電子デバイス、、、、、、、、、全部負けてますね。見事!!!!ここいらで負けるコトを止めないと。団塊の世代は、放置しておいて、、、、。そろそろ、団塊の世代の下が日本を支えるコトをしないと。技術の流出を行ったのはほとんどが競争社会で生きてきた団塊の世代。

 日本の雇用を生む施策を、これから行わないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連絡ないな~

 先週土曜に買ったソファの配達連絡来ないな~~。いつ届くのだろう?

 同じく先週買った鏡=ミラー⇒姿見はこちら。

Sn3k0146 反対側の壁は白、この面の壁が黒。黒い壁紙はイマイチ。でもこのビビットなオレンジの鏡のフレームはなかなか似合うと自画自賛。

 テレビ無しの生活、ホントテレビ無しで平気になりつつある。テレビの話には付いて行けないが、、、、、その分沢山の本が読める。

 さて、昨日はテニス教室。雨でしたが、体育館=アリーナの中でやるので、天気は関係ない。体を動かすのはなかなか楽しい。テニスはまして楽しい。テニスとゴルフと言うのは似ているのかも?思ったところに打ち返すことが大切。それができないのは未熟者。

 そんなワケで、テニス火曜日、ヨガ日曜、場合に寄っては木曜夜もヨガ?しかし今週はチョット無理。テンパッテいるので、、、、、、。半分あきらめているが、、、、、人間と言うのは、何かしらしないと収まらない動物。暇を持て余した江戸時代のご隠居さんは、、、、、、隠居したら早くに死ぬらしい。退屈するのが、よくない。まあ、退屈するには程遠い好奇心。

 今朝体重計に乗ると、食事後、排泄行為前で80.8Kg。あと800Kgで取り合えず之目標達成だが、、、、、、前回、この体重で83Kgぐらいまでリバウンド(年末)。何とか80Kgを切って、、、、、、限定解除=大型バイク免許取りに行きたいものである。九州は暖かくなりつつある。日が差す日中はホント暖かい。バイク日和も近い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言った事を守らないヤツ

 世の中には言った事を守らないヤツ=ヤカラが多い。それが、指導的立場にある連中=団塊の世代に多いのは、、、、、、日本の試練かしら?

 団塊の世代が特殊なのではなく、ある一定の割合で、言った事を守らない人がいる。それが団塊の世代は母数が多いので、どうしてもそんなヤカラの絶対数が多いと言う事。まあ、それだけでは割り切れないが、、、、、、。

 今の菅総理は1946年10月生まれで1947年~1949年生まれを団塊の世代と呼ぶ定義からすれば、2ケ月程早いが、ほぼ団塊の世代と言える。

 そんな菅総理だが、TPPは言いだすは、疎い発言はするは、、、、、、言った事は守らない典型的な人物。私の周りにもエラソウナ事を言う割には、自己の実行が伴わないヤカラがいる。そんなヤツは大体団塊の世代が、その少し下の世代。

 そんなヤカラが幅を利かせている日本の社会は、実に不幸だ。日本の借金=国債が増えても日本は破産しないと真面目にノタマウ人がいるが、その借金の返済に付いては考えが行かないらしい。そんなバカな事を唱えているのも、逃げ切り世代と言われる団塊の世代。

 今日は実に不愉快な日。あまり愚痴は言いタクハ無いが、、、、、、。

 結構テンパッテいるので、余計に愚痴るのかも?知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧正月あけ

 旧正月が明けます。東南アジアは旧正月を祝うのが正統派。日本は太陽暦に移行して、サッサと太陰暦を捨ててしまったケド、ほとんどのアジアは旧暦正月が本当の正月としている。

 韓国でも、台湾でも、中国でもベトナムでも。多分、タイだとか、マレーシア、インドネシア、ラオス、カンボジア、ミヤンマーもそうではないかと想像するのだが。

 旧正月中の経済は静かだったが、、、、、、、中国元の切上がどう進むのか?それにより、日本¥の値上りも変わってくる。どの時点で80円を切り、70円台に突入するのか?その時、株はどこまで安くなるのか?そして、日本経済はどんな状態になっていくのか?

 分からないことだらけ。余りに変化が激しく、分からない事が多い。どうしたものやら。

 いずれにても、旧正月明け、動きはあると思う。アメリカの金融危機がどうなるか?も、注目である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お買い物

 色々考えた末に、ソファーを買いました。ネットで色々の意見を見て回ったら、ソファーベットについて「中途半端」と言う記事がほとんど。ソファーとしても、ベットとしても中途半端で、使いずらいと言う意見が大半。

 実は、ニトリのソファーベットを買うつもりでいたのだが、、、、、ネットの書き込みを見て、「大川に見に言ってからでも遅くは無い」と思い、昨日大川に行ってきました。会社の若い人の車で行きましたが、、、、、、21年前、結婚に当たり、家具を大川に買いに行って、そして、13年前に転勤で九州住まいをした時にスライド式本棚を購入した時以来。

 家具屋が減りました。また、家具の展示が変わりました。嫁入り道具と言われる箪笥などは陰を潜め、ソファーやテーブル、ベットなどが中心になっていまし。箱物と言われる家具は備え付けのクローゼットに取って代わられたのでしょうか?家具の産地の大川も変わったな~と、、、、時代が変わるのが、余りに早い。

 さて、肝心なソファーは展示品のアウトレット品、色は白、2Pを買いました。価格は予定の予算(=ニトリのソファーベット価格)の半分=15,900円でした。届くのは来週になりそうです。

 それともう一つ、鏡=姿見を購入。これは新品ですが、また、安い。2,500円でした。枠はビビットなオレンジ。少し華やいだ感じがします。

 と、言う事で18,400円のお買い物。

 相変わらず、テレビ無しの生活。テレビ無いおかげで、ネットと書籍三昧。今日はこれから図書館に本を返すのと、借りに行こうと思っております。

 昨日は、車で大川まで連れて行ってくれた若者と晩ご飯を一緒に。大根鍋=大根をピーラーでスライスして、豚肉と少しのシメジ、ゴボウ、日本酒+水の鍋。これが美味しかった。実に当たり、低カロリーで、かつ、実に旨い。

 また、トマトが安かったので、鶏肉(モモ)をトマト煮込みを作成。これは、白ワインを使用。これも、実に旨い。

 今日はごぼうを買ってこよう。鍋にゴボウは欠かせない。蓮根も美味しい季節。寒い中育った蓮根は今が一番美味しいかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肩コッタな~

 PCに終日向かって、色々と、、、、。そんな事してたら、肩がコッタな。ヤバイな、体に悪い。今日の夜はヨガに行ってもいいな~と思っていたのに、すっかり忘れていました。

 風呂に入って、、、、、よりも、ヨガのストレッチの方がよっぽど肩コリには効きます。ストレッチがイイのに、、、、、。自分で独りでは、ろくにやらない。やり方を知らないわけではないのに、、、、、。自堕落な自分である。それでも、まあ、いいか、、、自分を許すのが大切と、斉藤一人さんも言っていることだし。

 今日は節分。夕方、新日鉄と住金の経営統合のニュースが飛び込んできた。そんなには驚かなかったが、、、、、、チョットタイミングが色んな意味で遅い感じ。それでも、大丈夫、遅くない。

 神戸製鋼はどうするのか?半導体業界の富士通といった状態。JFEと統合した方が、、、、、富士通の半導体は東芝とかな?ルネサスはないな、ルネサス自体が右往左往=外から見た感じだが、経営が悪い。スピードが遅いのと、ヤッパリTopの能力が、、、、、、すごろくじゃ無いんだから。

 ルネサスの重複事業は削減されずに、、、、、スピード感ないな~。日本的と言えばそうだが、優しさは無責任さでもあるのだが、、、。

 ルネサスは元々は日立と東芝の合弁、それにNECが加わり、さらに混迷を深めている。エルピーダの坂本社長の前の時代みたい。それぞれの出身企業の悪い点を持ち寄ったみたいな、、、、、。日本の半導体復活は、無理なのかな?

 鉄鋼の方がやる気があるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自炊と自炊

 自炊とは自分で飯を作る事。他の自炊とは、書籍や雑誌をデジタルデーターとして取り込む事。

 最近、名実共に両方の自炊に励んでいる。品質管理だとか、5Sだとかウダウダ能書きを垂れるやつに、自分の周りのペーパー山を平気でいる連中が多い。書類の始末も判断の一つ。しかし、その書類の山はOKで、工具、道具などの片付けだけをウダウダ言うヤカラが多い。

 結局、自分の事は棚上げにして、「5Sは大切だ!」などとノタマウ。そんなデキナイやつに限って、自分の自慢話も多いと来たもんだ。

 と、言う人物になりたくないのと、ダイエットの為に自炊をしている。ここ二日は弁当男子までやっている。これが、美味しいのだ。自分の弁当=ダイエットだったのだが、それが実は美味しい弁当=カロリーを少しオーバーになっている。煮物が美味しい。蓮根が実に旨い。蓮根が美味しいのは季節要因?それとも自分の味付けのせい?

 自炊は食べたいものを作って食べれる。実に幸せである。最近は肉を食べなくて平気。肉は味わいの為に必要であり、ガッツリ欲しいとは思わない。

 書籍の自炊は、気分がいい。取り込んだ後はスッキリ捨てれる。どんどん荷物が減る。気分的にはダイエットが進んでいる感じ。こちらの自炊も実に精神衛生上良いのでアル。

 本と言うのは、どうしても捨てる気にならない。知の宝庫といった概念がどうしてもそうさせる。でも、読み返すことはほとんど無い。で、あれば、読めるように、検索できるようにしておけば、、、、、、、まあ、気持の持ちようであるが。本当に検索して探す書籍がどれだけあるんだか??????

 と、言う事で、かなりテンパって来てますが、自炊の毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年の占い Ⅴ

 フェイスブックと言うSNS(ソーシャルネットワークサービス)が話題になっている。基本はアメリカ発のネット上でのもので、現在、6億人が登録しているとか、、、、、。このサイトは① 言語は英語、② 実名での登録、当然社会的属性(住所だとか、勤務先だとか)も登録必要。

 この実名と言うところが、アメリカらしい。日本の個人情報はダダ漏れなのに、色々な会社は個人情報管理にものすごい神経を使っている。費用対効果を余り考えていない処置であると言える。

 個人情報ダダ漏れの一つに、卒業名簿がある。その他の名簿も実に多く流れている。その反面、義務教育過程でのクラスの名簿すら作れないと言う事実もある。どうも、日本社会は過剰反応し過ぎるキライガある。

 さて、フェイスブックを語るまでも無く、また、「日本語が無くなる日」と言う書籍で語るまでも無く、英語圏は益々増えている、増殖している。これはアメリカが凋落し、落ちぶれても、この現象はしばらく(100年単位)なくならない。

 プロモーションを考える場合、日本語のプロモーションでは日本語の分かる人にしか伝わらないと言う事。今後、日本は人口減少、経済成長も望めない。まして、急速な高齢で、社会構造が「低消費」社会構造となってきている。今後、伸びて行く企業、成長を目指す企業は、BRICsに代表される人口増加、高成長国を商売相手に目指さないと、、、、、、。それには、やはり英語でのプロモーションがどうしても必要となる。

 楽天やユニクロが英語を社内で推進しているのは、よくニュースになるが、実際、海外ビジネスを目指す場合はどうしても、英語に慣れ親しむ必要がある。そんな、事があたり前になる起点の年が2011年かもしれない。

 一時期、資材&購買と言う部所が、色々な物を購入するのに入札を導入したことがある。また、公官庁での購入は形外化しているとは言え、入札制である。今後、英語と日本語の併記の入札が行われる可能性は高い。そして、しばらくすると、英語表記だけの入札も?そうすると、中国やインドメーカーが応札する可能性も無いとは言えない。

 まあ、IT技術は色々な壁を簡単に乗り越えてしまう。私が現時点で考えている事以上に、大きな広がりがあるだろう。ハーバード大学だとか、その他の有名大学の講義は現在ネットで見る事ができる。記録としてもすごいが、それ以上に、英語を使いこなせる人の情報取得機会は劇的に変化している。

 インドでは政府主導で20US$=1600円PC開発を行っている。用はネットに繋がれば、教育の機会が増えるといった考え。スマートフォン、タブレットを始めとして、これまでのPC概念ではない商品がどんどん進んでくる。そして、英語言語での情報はすさまじい勢いで増えていく。クラウド化、スマートフォン化、タブレットPC化など、色々これらの技術で語りたいことはあるが、いずれにしても、日本語だけにこだわっているのは既に、それだけでガラパゴス化していると言える。

 ゴルフの石川遼が注目されるのは、世界で戦って、好成績をあげるから。ワールドカップやアジアカップのサッカーが皆が注目するのは、世界で戦う日本選手がいるから。そう、日本だけで、何とか済まそうと言う時代では無くなったと言う事。それをどこまで深く受け止めるかは、今からの日本人に問われる事となる年になりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年の占い Ⅳ

 最近読んだ書籍;副島隆彦 「日米地獄へ道連経済ー”どん底”は2012年!
 アメリカの凋落は、アメリカ中央銀行=FRBの金融緩和と言う名のUS$印刷しまくりを指摘するまでも無く、大変なものである。その点を、アメリカが凋落していくに当り、日本がどんな金融影響を受けるかを過激に語っている。

 ロックフェラーとかロスチャイルドとかの話はイマイチよく分からない(裏づけする情報源を持たないと言う意味で)が、アメリカのUS$安政策はよく分かる。アメリカの持っている借金は巨大で、また、実体経済の労働者雇用が増えない事実もその通り。その為にUS$安に誘導しているのは、よく分かる。それにより、日本の円が相対的に高くなるのもよく分かる理屈である。

 そのUS$安(暴落)&円高(高騰)により、日本の株価は下がり、国内の雇用は増えない。製造業の空洞化はどんどん進み、日本からの輸出は困難になる。当たり前といえば、余りに当たり前の話である。そして、政策的にTPPに参加することで、アメリカからの食料をはじめとした輸出攻勢にさらされる。その上、移民、始めは低価格と言う名の労働者移動がTPP協定内で起こり、マスマス雇用は厳しくなる。介護分野にも沢山の発展途上国からの人の移動が起こるかも。

 そんな事が起こる起点の年が2011年なのかもしれない。

 日本のメーカーはコングロマリット化していく起点でもある。割安になった企業買収で、沢山の海外子会社を持ち、為替によるリスクを減らすこととなる。日本電産のように、海外生産比率が8割といった会社は為替リスクはそれほど感じなくて済む。そんな会社はより強くなるが、海外とのつながりを持てない中小企業は苦しむこととなる。それは、かつて明治維新で下駄やぞうりが靴に取って代わっていった時代に似ている。下駄屋やぞうり屋は、転進&変化できなければ潰れるしかなかった。数が減っていった。日本のマーケットに固執する企業は、減っていく方に入り、海外取引に目を向けていく会社は生き残る可能性は増える。

 現代はインターネットと言うIT技術が発展し、物流も非常に容易になっている。情報発信、プロモーション方法も国の壁を越えることは容易である。その壁を壁と感じるのか、あるいは、チャンスと考えるのか、かなりの差が生じそうである。

 次は海外プロモーションを考えてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »