« 金型産業 | トップページ | 2011年の占い Ⅱ »

義理の祖父の法事

 今日は義理の祖父の13回忌の法事がありました。久しぶりにお会いする方が多く、少し若返った感じがしました。

 そう、故人を偲ぶと言うのは、実は自分がその人と接していた頃の事を思い出すと言う事。実は法事も同窓会も同じ脳の働きを促すのだと、気付きました。

 13回忌と言うと、実に12年前。下の娘が生まれた一年でした。正月に下の娘の為に、ウサギのぬいぐるみを買って帰ってきた義理の祖父を思い出しました。とてもそんなコトをするお爺ちゃんではなかたのですが、、、、、、どうしたワケだかその時ばかりは、一番したのひ孫にそんな正月から、しかも早朝から初詣に独りで出かけて、ウサギをぶら下げて帰ってきた、、、、、そんな事を思い出しました。

 私は結構気に入られていた孫婿でしたね、、、、結構その頃から経済の話をしていました。現在の景気動向、今後の先端技術の動向。その頃と言っている内容分野には変わりがないかも、、、、、、モット分野を広げるべき????

 まあ、そんな事をお経を聞いた後にボーと思い出しました。実に、日頃絶対に思い出さない内容の事を思い出す、そんな大切な時間が法事なのかもしれません。脳の活性につながるのかも?ね。

 義理の祖父が亡くなる前の2年前に九州に家族で引っ越してきて、その見送りをすることができた?のか、どうかは別にして、そんな事があって、干支が一回りした今年、その義理の祖父の法事に出席できたのは、それはそれでご縁だなと感じるワケです。今回は家内は来なくて、私が代理で出席したのですが、、、、、、九州はそれなにり遠いな。

 今度干支が一回りすると、、、、、私は60歳だね。この先の12年は結構濃い予感がします。取り巻く経済環境、世界情勢、そして自分の商売の行く末、、、、、、楽観はしませんが、まあ何とかなるさと思って、淡々と生きて行く。そう、先を感じ、未来を考え、将来を推察しながら。

|

« 金型産業 | トップページ | 2011年の占い Ⅱ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/50548918

この記事へのトラックバック一覧です: 義理の祖父の法事:

« 金型産業 | トップページ | 2011年の占い Ⅱ »